名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

吉田精一の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

吉田精一のプロフィール

吉田精一、よしだ・せいいち。日本の国文学者(近代文学)。明治時代、東京出身。東京帝国大学国文科卒業。東京大学で文学博士号取得。二松学舎専門学校教授、拓殖大学教授、中央大学教授、東京教育大学文学部教授、ミシガン大学客員教授、東京大学文学部教授、埼玉大学教養学部教授、大妻女子大学教授・学部長、大妻女子大学名誉教授などを務めた。主な受賞に毎日出版文化賞、芸術選奨文部大臣賞受賞、日本芸術院賞を受賞。主な著書に『近代日本浪漫主義研究』『自然主義の研究』『現代文学論体系』など。

吉田精一の名言 一覧

言葉づかいという言葉があります。近所づき合いという言葉もあります。しかし、どの辞書にも「言葉づき合い」という言葉はありません。私は、人生はこの言葉づき合いの積み重ねと思っているのです。


吉田精一の経歴・略歴

吉田精一、よしだ・せいいち。日本の国文学者(近代文学)。明治時代、東京出身。東京帝国大学国文科卒業。東京大学で文学博士号取得。二松学舎専門学校教授、拓殖大学教授、中央大学教授、東京教育大学文学部教授、ミシガン大学客員教授、東京大学文学部教授、埼玉大学教養学部教授、大妻女子大学教授・学部長、大妻女子大学名誉教授などを務めた。主な受賞に毎日出版文化賞、芸術選奨文部大臣賞受賞、日本芸術院賞を受賞。主な著書に『近代日本浪漫主義研究』『自然主義の研究』『現代文学論体系』など。

他の記事も読んでみる

宇佐美進典

氷山の一角というように、世の中で見えている事象は、本当に一部でしかありません。逆に見えないところに、大きな問題やチャンスがある。


ジム・ステンゲル

女性というのは他人が思うイメージに比べ、自己イメージの方が悪いことが明らかになっている。しかし女性はそのような本音をなかなか明かさない。マーケットリサーチの世界では、顧客の潜在意識を読み解く競争がすでに始まっている。


柳川範之

論述形式で答える試験の場合、問題集を律儀に順序通り解こうとするのではなく、答えを先に見てしまいましょう。そうすれば試験の大事なポイントがわかるだけでなく、「この問題にはこうやって答える」という解答の仕方がわかります。解答の仕方がわかれば、何を理解すればいいのかもわかります。勉強の課題が見つかるので、効率はよりアップするはずです。


古森重隆

私自身、これまでずっと会社のためにベストを尽くしてきました。その結果、自分も成長できました。会社のためにベストを尽くすことは、自分のためにベストを尽くすことであるとわかると、サラリーマンにとってのひとつの問い、「仕事と人生は両立するだろうか」という問いが解けます。


丸山邦治

これまで我々の中心顧客は寿司屋さん、高級ホテルなど言うなればプロの料理人でした。そもそも弊社には、規模を追うというカルチャーが存在しませんでした。それゆえ無理な投資を必要としてこなかったことが最大のアドバンテージとなった。


石渡美奈

ヒントは現場にしかない。


永守重信

買収した会社が自社の領域とは離れた島のように見えても、次に間をつなぐ橋のような技術を買う。あるいは自前でつくる。橋ができたら、周囲を少しずつ埋め立てていく。橋の両側を埋め立てられれば、下は内海になる。あとは水をかき出すだけで、大きな陸地、つまり広い市場を対象にした事業ができあがるというわけだ。そこまでの構想が描けなかったら、新事業に取り組んではいけない。


伊藤正裕(起業家)

コミュニケーションの一番の基本は誠意をもって話すことです。そして、相手の表情やしぐさに目を向けるようにしてください。表情には必ず感情が現れています。メモを取る相手の手が止まっていないかなど、相手を観察して、話の方向性を決めることです。


寺尾玄

「みんなが必要とするものを作ればいい」。それは大いなる気づきでした。会社設立から6年、遅かったですね。倒産寸前になって気づくなんて。そこから気持ちを切り替えました。受注は止まり、製品の組み立て作業もなくなった。暇な時間だけは売るほどある。考える時間はたっぷりあるのだ。だったら、新しい商品を考えて作るまで。できるできないは関係ない。前々からつくってみたかった次世代の扇風機をつくろう。みんなに必要とされる良い扇風機をつくれば必ず売れるはずだ。そんな気持ちで挑んで生まれたのが、バルミューダの起死回生の一手となった自然の風を再現した扇風機「GreenFan」でした。


メンタリストDaiGo

人生の満足度というのは「自分の人生をどれだけ自分でコントロールできるか」に比例する。


廣瀬光雄

人と同じことをやっていると、先行している人に勝てない。先行している会社の方がいつも強い。


別所哲也

友人にショートフィルムの試写会に無理やり連れていかれました。渋々観ていたら、これがもう驚愕の面白さで。「ショートフィルム=実験映画=エンターテインメント性が希薄」という先入観にとらわれていた自分を恥じると同時に、すっかり虜になってしまったんです。帰国後、その魅力を友達に熱く話すのですが、これがまったく伝わらない。ならば、実際に観てもらうしかないということで、映画祭をやることになったんです。