名言DB

9419 人 / 110788 名言

吉田精一の名言

twitter Facebook はてブ

吉田精一のプロフィール

吉田精一、よしだ・せいいち。日本の国文学者(近代文学)。明治時代、東京出身。東京帝国大学国文科卒業。東京大学で文学博士号取得。二松学舎専門学校教授、拓殖大学教授、中央大学教授、東京教育大学文学部教授、ミシガン大学客員教授、東京大学文学部教授、埼玉大学教養学部教授、大妻女子大学教授・学部長、大妻女子大学名誉教授などを務めた。主な受賞に毎日出版文化賞、芸術選奨文部大臣賞受賞、日本芸術院賞を受賞。主な著書に『近代日本浪漫主義研究』『自然主義の研究』『現代文学論体系』など。

吉田精一の名言 一覧

言葉づかいという言葉があります。近所づき合いという言葉もあります。しかし、どの辞書にも「言葉づき合い」という言葉はありません。私は、人生はこの言葉づき合いの積み重ねと思っているのです。


吉田精一の経歴・略歴

吉田精一、よしだ・せいいち。日本の国文学者(近代文学)。明治時代、東京出身。東京帝国大学国文科卒業。東京大学で文学博士号取得。二松学舎専門学校教授、拓殖大学教授、中央大学教授、東京教育大学文学部教授、ミシガン大学客員教授、東京大学文学部教授、埼玉大学教養学部教授、大妻女子大学教授・学部長、大妻女子大学名誉教授などを務めた。主な受賞に毎日出版文化賞、芸術選奨文部大臣賞受賞、日本芸術院賞を受賞。主な著書に『近代日本浪漫主義研究』『自然主義の研究』『現代文学論体系』など。

他の記事も読んでみる

井上英明

僕には社長として考えるべき施策が五つほどあって、大きく分けると「スピリット」「パートナー・ショップ」「カスタマー」「ファイナンス」です。


高橋淳(経営者)

他店より肉は多少美味しいし、サービスも多少は良い。でも圧倒的な差別化はできていませんでした。そこで、本当においしくて、サービスがいい、お客様に心から満足してもらえる店をつくろう。そうしないと存続できないと悟りました。
【覚書き|米国のBSE問題などによって全店舗中3分の2が赤字店になってしまった当時を振り返っての発言】


角田秋生

保護者の方々が一番分からないのは、「公文をやることが、子供の将来にどう生きるのか」です。そこで、第一線で活躍する公文式経験者の声を通じて、その疑問を払拭できればと考えています。


冨安徳久

強みは徹底した人財教育です。葬儀業界は人こそ最大の差別化だと考えています。少子高齢化社会だからと言って、お金をかけて葬儀会館を作るだけでは上手く行きません。葬儀を担う人財を育てなければ成長は難しいでしょう。


北川邦弘

成功する人は、お金は残すものではなく、「残るもの」だと考えています。自分の価値を高め、社会に貢献した分だけ、後から遅れてやってくるのがお金なのです。


水野泰三(経営者)

うちの離職率は流通業ではとても低いのですが、低ければいいものではないとも思っています。たくさん社員がいれば、経営者としては「退社してくれて構わないケース」もないとは言えない。それに平均年齢もどうしても上がっていく。40歳の腹の出たおっさんには、若い10代の女性スノーボーダーの感性に合う接客は難しそうだと思うじゃないですか。そう考えると、離職率が低いのは自分が経営者としては甘いからではないかと思えるんです。離職率が高いことを批判される企業もありますが、私にはいい意味で厳しさがあるんだなとも思えますね。


茂木健一郎

「やる気」って贅沢品なんです。「やる気がわいてきたから、一気に仕事が片づく」なんて、人生の中でそう起こることではないですから。逆に言うと、いつもやる気がある状態だと疲れてしまいます。そうではなく、やる気がなくてもやれるように習慣化することが大事。


おちまさと

会議は何日も前から始まっています。ちゃんと準備することが必要です。僕だって、前の晩は寝られないくらい考えてから会議に臨むのに、当日いきなり「今日は何の会議でしたっけ」なんて若いヤツに言われたら「お前、帰っていいよ」と言いたくもなりますよ。


西内啓

手元にデータがない場合は、足で稼ぐこともできるはず。たとえば、若い女性向けの商品を企画するときに、おじさんが集まって企画を練っても、良いアイデアは出ません。ならば街頭に出たり知人を通じて若い女性たちに「この商品、買いたい?」と聞いて回ってみてはいかがでしょう。それだけでも、データは集まります。限られたサンプルですが、アタリをつけるには十分なはずです。


伊藤由美

日々の努力なくして、35年もお店を続けることはできなかったと思います。