名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

吉田章宏の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

吉田章宏のプロフィール

吉田章宏、よしだ・あきひろ。日本の教育心理学者。東京出身。東京大学教育心理学科卒業、アメリカ・イリノイ大学でPh.D.取得。数々の大学で教鞭をとった。そのほか、日本教育心理学会名誉会員、アメリカ「現象学的心理学誌」編集顧問などを務めた。著書に『授業の研究と心理学』『心に沁みる心理学 第一人称科学へのいざない』『ゆりかごに学ぶ 教育の方法』『子どもと出会う』ほか。

吉田章宏の名言 一覧

教えるとは学ぶ人の世界を豊かにし、それによってその人の自我を豊かにすること。それとともに教える人自信も、その世界と自我を豊かにし、それによって教える人と学ぶ人がともに育つことである。


吉田章宏の経歴・略歴

吉田章宏、よしだ・あきひろ。日本の教育心理学者。東京出身。東京大学教育心理学科卒業、アメリカ・イリノイ大学でPh.D.取得。数々の大学で教鞭をとった。そのほか、日本教育心理学会名誉会員、アメリカ「現象学的心理学誌」編集顧問などを務めた。著書に『授業の研究と心理学』『心に沁みる心理学 第一人称科学へのいざない』『ゆりかごに学ぶ 教育の方法』『子どもと出会う』ほか。

他の記事も読んでみる

井上礼之

バランスがいいとはいえない人材が、独自の個性でつかんだ情報なりアイデアなりを、上手に現場にフィードバックするには、経営陣がともに現場に入り込んで、強力にサポートしてやるくらいの体制を整えないと意味がありません。そうでないと、ただの奇人変人で終わってしまいます。結果、その人を潰すことにもなりかねません。


橘木俊詔

統計や経済理論を使い分析すると、直感とは違った現実社会の別の顔が見える。


冨安徳久

仕事という人生の大部分を占めるものを理解すると「何のために生きるのか」が見えてくる。


坂本孝

より多くのケーススタディに遭遇できるのは、大企業よりも中小企業です。一方で、ケーススタディの質は、大企業のほうが圧倒的に高いでしょう。規模の大きな案件や重大な案件は、資金力のある大きな組織に属してこそ、携わることができる可能性があるのは間違いありません。ケーススタディの質と量。どちらがより大事だということではありませんが、どちらかしか選べないのであれば、中小企業で場数を踏むほうが成長につながると思います。仕事は、量をこなすことで質へと転換されていきます。それに大企業に就職したからといって、皆が質の高い経験をできるわけでもありません。事業の中核を担うような仕事に恵まれる人は、ごく一部です。


羽生善治

「ミスしたから、うまくいった」というケースもあります。将棋の対局では良い手を指そうとするものですが、「間違えたからこそ結果的にうまくいった」ケースもある。逆に、「正しい手を指したけれど、勝てなかった」ケースもあるわけです。つまり、選択と結果は必ずしも一致しない。しかしそこに、物事の機微があるとも言えます。だからといって、「ミスした方がいい」わけではありませんが。


野村克也

野球に限らないだろうが、「一流」と呼ばれる人間は、100人に1人いたらいいほうだ。しかし、そんな才能ある人間も、必ず多くは脱落していき、ダメになっていく。努力するよりもラクな道を選んで、成長しなくなるからな。俺の知る野球の世界でいえば、堕落の原因となるのが「酒、女、ギャンブル」の3つだよ。


米山久

初めから理想論に終始しても、現実的な利益につながらなければ、相手は動いてくれないということです。理想について語るのは、実際に生産者の所得向上を達成してから。


吉田穂波

あなたが誰かに頼られたら、喜びを感じませんか? 人は誰かに頼られることで元気になるものですし、頼むというのは何よりの信頼の証です。人からモノを頼まれるのは相手にとっても気分のいいことだと、開き直ってしまうべきです。ただ、頼るほうも、その感謝と喜びの気持ちを相手にしっかりと伝えなければなりません。


高岡浩三

相手が何を望み、何に困っているかを考え、それを解決する方法を伝えなければ、人を説得し、動かすことなど到底できない。


ダン・ケネディー

私はほとんどの場合、プロジェクトの計画と実行を同時に進める。完璧を期すのではなく、ときには質を犠牲にしても、とりあえず製品を送り出すことを優先する場合も多い。欠点の矯正や微調整は市場にデビューさせたあとですればいい。


金児昭

会社を経営し、その収入・支出の流れをつかんで計算することが「企業会計」ですが、これと同じように家庭を経営し、その収入と費用をつかんで計算することが「家庭会計」で、これを縮めたのが「家計」です。


上田真(経営者)

現場は色々なことに気付いている。現場からの意見を最大限尊重することを意識してきた。