吉田章宏の名言

吉田章宏のプロフィール

吉田章宏、よしだ・あきひろ。日本の教育心理学者。東京出身。東京大学教育心理学科卒業、アメリカ・イリノイ大学でPh.D.取得。数々の大学で教鞭をとった。そのほか、日本教育心理学会名誉会員、アメリカ「現象学的心理学誌」編集顧問などを務めた。著書に『授業の研究と心理学』『心に沁みる心理学 第一人称科学へのいざない』『ゆりかごに学ぶ 教育の方法』『子どもと出会う』ほか。

吉田章宏の名言 一覧

教えるとは学ぶ人の世界を豊かにし、それによってその人の自我を豊かにすること。それとともに教える人自信も、その世界と自我を豊かにし、それによって教える人と学ぶ人がともに育つことである。


吉田章宏の経歴・略歴

吉田章宏、よしだ・あきひろ。日本の教育心理学者。東京出身。東京大学教育心理学科卒業、アメリカ・イリノイ大学でPh.D.取得。数々の大学で教鞭をとった。そのほか、日本教育心理学会名誉会員、アメリカ「現象学的心理学誌」編集顧問などを務めた。著書に『授業の研究と心理学』『心に沁みる心理学 第一人称科学へのいざない』『ゆりかごに学ぶ 教育の方法』『子どもと出会う』ほか。

他の記事も読んでみる

山極寿一(山極壽一)

勝ち組ばっかり作っていたら、チームワークはできませんし、リーダーも育ちません。調整役として、自分で少し力を抑えながら、人々にも勝利のチャンスを与えて、チーム全体で勝っていくということを演出できる人が必要です。


上田輝久

苦労しましたが、自ら方法を考えて、やりたいことをやれる体制にやりがいも感じました。


酒巻久

部下の真価を見抜き抜擢できる上司が一流。しかし、抜擢ならぬ、出る杭を抜いて摘み取る「抜摘」ばかりする二流の上司が実に多い。一流の部下は問題の本質に気付く鋭敏な感性や柔軟な思考力があるから、上司が間違っているときはハッキリものを言う。だから生意気に見える。二流の上司は一流の部下を煙たがり、二流の部下ばかり出世させ、あげくに会社が潰れてしまうのです。


高橋がなり

佐川急便で働いていたときも辛かったよ。だけど体力だけが自慢の僕にとってはまだ楽だった。毎日毎日をサボらずにコツコツ働けば、残りの仕事は減っていく。それでも自分のテリトリーに荷物がドサッと来ると、今日こそは配達と集荷を全部終わらせられずに逃げ出すんじゃないかと思いながら、いつもよりガッツを入れてコツコツ働いているといつの間にか終わっていた。そんな毎日を過ごしながら一年も経つと、筋肉痛もなくなるし、3時間睡眠にも慣れてしまっていた。


本田健

最近の若い人はシェア文化にすっかり馴染んでいます。つい先日も「下着と歯ブラシさえ自分のものなら、あとは何でもシェアOK!」という言葉に驚かされたばかりです。「いい家、いい車、いい服」とモノを所有することに豊かさや幸せを見いだした時代は、もう遠い過去なのかもしれません。


鑄方貞了(鋳方貞了)

リーダーシップが発揮されるには、「この人の言うことなら間違いない」「この人についていこう」と部下に思わせるようでなければなりません。それには、幅広い見識と仕事の力量が必要になります。


青野慶久

世の中の常識とされていることでも、それが本当に正しいことなのか一度疑ってみた方がいいでしょう。固定観念によって「事実」と、自分の「解釈」を履き違えている可能性を考えてみるべきです。


ピーター・ドラッカー

組織が存在するのは組織自身のためではない。自らの機能を果たすことによって、社会、コミュニティー、個人のニーズを満たすためである。組織とは目的ではなく手段である。


伊藤義剛

施設によって東西南北の向きは違うので、太陽の光の入り方が違います。また、天候や季節、1年のうちでも太陽の付置によって、光の入り方が変わります。どれも、ただ標準的な設備を設置して終わりというわけにはいかず、オーダーメードで作り上げています。また、場所やコンセプトによって、気を付ける点は異なります。例えば高速道路の照明の場合は、ドライバーが夜間運転しやすいか、道路の線形を目で自然に追えるような誘導性も考慮しています。


垣内俊哉

全体の3割が障害のあるスタッフで、7割が健常者です。全盲のスタッフもいれば、まったく耳が聞こえないスタッフもいます。たとえば全盲のスタッフは、見えている私には気づかないことに気づくかもしれないし、耳の聞こえないスタッフも私にはわからないことを指摘してくれるかもしれない。そうやって様々なバックボーンを持ったスタッフが経験や感性を活かすことで、よりよいご提案ができると考えています。


鎌田浩毅

現象の奥にある構造が見えれば、予測することができます。予測ができれば、対処ができます。


藤川太(ファイナンシャルプランナー)

FPの資格を取ったとき、これで食べていこうという明確な方針があったわけではありませんでした。ただ、気がついたら、資格試験と関係なく自分で資産のシミュレーターをつくるほど夢中になっていました。不向きなものをどうやって長く続けるか悩むより、ワクワクできて勝手にのめり込めるものを探して勉強したほうが早いのかもしれません。


剣持忠

強い商品がないことを反省し、世界一になれるサービスを特定して、世界一にするまで愚直にやり続けようと決めた。


永井浩二(経営者)

私は細かいほうかもしれません。たとえば社内の飲み会でも、いい加減なのはダメ。「社内だから無礼講でいいじゃないか」と言われますが、普段からいい加減なことをしていると、それがクセになってお客様先でも出てしまう。そうならないように、普段から意識して血肉になるまで刷り込む必要があります。


山本真司

自分なりに到達した答えは、考えることはお茶の作法や水泳の息継ぎのような「身体技術」であるということ。本を読んでできるようになるものではなく、訓練を繰り返して身につけるしかないと。


ページの先頭へ