名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

吉田秀雄の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

吉田秀雄のプロフィール

吉田秀雄、よしだ・ひでお。日本の経営者。大手広告代理店「電通」社長。福岡県出身。東京帝国大学経済学部卒業。日本電報通信社(のちの電通)に入社。同社の4代目社長を務めた。

吉田秀雄の名言 一覧

摩擦を恐れるな。摩擦は進歩の母、積極の肥料だ。でないと君は卑屈未練になる。


頭は常に全回転。八方に気を配って、一分の隙もあってはならぬ。サービスとはそのようなものだ。


自信を持て。自信がないから君の仕事には迫力も粘りもない。そして厚味すらがない。


計画を持て。長期の計画を持っていれば、忍耐と工夫と、そして正しい努力と希望が生まれる。


周囲を引きずり回せ。引きずるのと引きずられるのとでは、永い間に天地の開きができる。


取り組んだら放すな。殺されても放すな。目的完遂までは。


難しい仕事を狙え。そしてこれを成し遂げるところに進歩がある。


大きな仕事と取り組め、小さな仕事はおのれを小さくする。


仕事とは、先手先手と働き掛けて行くことで、受け身でやるものではない。


仕事は自ら創るべきで、与えられるべきではない。


吉田秀雄の経歴・略歴

吉田秀雄、よしだ・ひでお。日本の経営者。大手広告代理店「電通」社長。福岡県出身。東京帝国大学経済学部卒業。日本電報通信社(のちの電通)に入社。同社の4代目社長を務めた。

他の記事も読んでみる

中山雅史

何が何でも第一線での活躍を目指すというより、ケガのストレスがあっても何とか自分がサッカーを楽しめるレベルまでに持っていければという思いが強かった。そんな姿を見てくれていたトレーナーが、「中山さん、まだ諦められないんでしょう」と、全国のトレーナー仲間に声をかけて、それぞれの専門分野のトレーナーが手助けをしてくれるようになったんです。トップレベルの頃の身体には戻れないにしろ、現状から、自分の体の動きをどこまで向上させることができるのか、挑戦しようと思いました。様々な人のサポートを受けながらピッチに立つことができれば、僕の勝ちだとも思ったりしてね。


ロバート・ルイス・スティーブンソン

希望は永遠の喜びである。人間の所有している土地のようなものである。年ごとに収益が上がって、決して使い尽くすことのできない確実な財産である。


金井英之

会話の守備範囲を広くするには、普段から新聞や本を読むことが基本です。とくに、本は話題探しとして役立つだけでなく、ボキャブラリーが増えることが最大のメリットです。


小林陽太郎

会社にTQC(全社的品質管理)を導入した際、朝香先生(東大名誉教授、朝香鐵一氏)にまず指摘されたのは「あなた方、経営幹部の言っていることは、社員の働きが悪いという愚痴ばかりだ」ということでした。これは私にとって強烈な言葉でした。確かに私の心の中にも、こんな強力なライバルの出現をなぜ現場の人間が見過ごしていたんだという気持ちがありましたから。先生の叱責を受けて「まず組織の上に立つ者が頭を切り替えなければ、競争に勝てる戦略は生まれてこない」と痛感しました。


宮村眞平

製造業であれば、品質が良い製品を、低いコストでつくる。それには技術開発力が必要です。これはトヨタ自動車でも、従業員5人の企業でも変わりません。中小企業でも中小企業なりに、コストを切り詰めながら良い品質の製品を世の中に送り出さなければならないのです。


山極寿一(山極壽一)

失敗しても次のチャンスを与えてくれる仕組みを世の中が作らないと。企業にもそういう仕組みを作ってもらいたいと思っています。それでないと人が育たない。


伊藤美恵

クチコミの効果は最初の一人がどれだけ面白がって話すかで決まります。


小池龍之介(小池龍照)

人はつい、より高級なもの、言うなれば、分不相応なものに手を伸ばしてしまいます。たとえば住宅の場合、3000万円の家なら自己資金と無理のないローンで買えるのに、背伸びして4000万円の家を買ってしまう。その結果、ローンの支払いが苦しくなったりします。もちろん、4000万円の家のほうが設備が整っていたり、交通の便がよかったりということがあるでしょう。しかし、つい背仰びをしてしまう心の内では往々にして、そのも自体がどうしても欲しいというよりも、そうした高級なものを手に入れることで「自分のグレードを上げたい、自分の価値を高めたい」との欲望が働いている場合が多いのです。これもまた「慢(自分の評価への執着)」の煩悩のなせる業です。


ポール・ポールマン

社会を良くするという目的こそが、成長を加速させる。


水留浩一

利益は2桁成長を続けたい。売り上げが伸びていく中でも、本社などの固定費はあまり伸ばさずにしっかりとセーブできていますので、それを継続していく。


安形哲夫

織機のほうがもっともっといろんな事業を持っていて、そこで勉強したことがうちでも生きている。

【覚え書き|豊田自動織機副社長時代を振り返って】


鈴木喬(経営者)

在庫処分になぜ抵抗があるかといえば、「誰がこんな売れないものをつくったんだ」という責任問題になるのを、社員が恐れているからです。「責任は問わない」と言い続け、実際に捨ててもお咎めなしなのが知れ渡るまで、ひたすら忍耐です。