名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

吉田秀雄の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

吉田秀雄のプロフィール

吉田秀雄、よしだ・ひでお。日本の経営者。大手広告代理店「電通」社長。福岡県出身。東京帝国大学経済学部卒業。日本電報通信社(のちの電通)に入社。同社の4代目社長を務めた。

吉田秀雄の名言 一覧

摩擦を恐れるな。摩擦は進歩の母、積極の肥料だ。でないと君は卑屈未練になる。


頭は常に全回転。八方に気を配って、一分の隙もあってはならぬ。サービスとはそのようなものだ。


自信を持て。自信がないから君の仕事には迫力も粘りもない。そして厚味すらがない。


計画を持て。長期の計画を持っていれば、忍耐と工夫と、そして正しい努力と希望が生まれる。


周囲を引きずり回せ。引きずるのと引きずられるのとでは、永い間に天地の開きができる。


取り組んだら放すな。殺されても放すな。目的完遂までは。


難しい仕事を狙え。そしてこれを成し遂げるところに進歩がある。


大きな仕事と取り組め、小さな仕事はおのれを小さくする。


仕事とは、先手先手と働き掛けて行くことで、受け身でやるものではない。


仕事は自ら創るべきで、与えられるべきではない。


吉田秀雄の経歴・略歴

吉田秀雄、よしだ・ひでお。日本の経営者。大手広告代理店「電通」社長。福岡県出身。東京帝国大学経済学部卒業。日本電報通信社(のちの電通)に入社。同社の4代目社長を務めた。

他の記事も読んでみる

松田千恵子

お金の流れを意識することで、価値のある仕事を見抜けるようになる。新規事業の責任者や管理職になった時に、数字の裏づけを基に必要な予算を得るための力にもなる。


冨田和成

時給で稼ぐ行為にはデメリットが3つあります。最大のデメリットは商品が自分の時間である限り、売り上げに上限があることです。もう一つのデメリットは時間を売り過ぎると機会損失の恐れがあること。最後のデメリットは、時間売りのマーケットは得てして買い手市場なので単価が安いこと。


坂野尚子

リラックスしよう、仕事のことは考えないようにしようといくら思っても、つい考えてしまうことはよくありますよね。私自身は心自体をリラックスさせるというよりは、できるだけ五感に心地よい刺激を与えて、それによって心を癒すようにしています。


佐々木常夫

断言できるのは、どこで働くにしても、腐らず、真摯に働くことがベストということです。成果を上げれば、与えられる権限は大きくなり、仕事の醍醐味が増す。


太田和伸

税理士として駆け出しのころ、お客さんである社長さんに財務のアドバイスをしても、「机上の空論だ」といって一蹴されてしまうことがありました。たしかにお客さんの指摘もごもっとも。それを確かめるために、一度は自分で会社を経営してみたいという思いをずっと持っていました。


ベンジャミン・フランクリン

富への道はあなたがそれを望むのであれば、市場(いちば)へ行く道と同じくらい簡単なものだ。富への道はふたつの言葉にかかっている「勤勉」と「倹約」。つまり時間もお金も無駄にせず、その両方を最大限有効に活用するということだ。


岡田正彦(医学博士)

ストレスは絶対的に悪だということではありません。人類がまだ狩猟生活をしていた頃は、たとえば猛獣との戦いや自然災害がストレスになっていたはずです。人はストレスを感じたとき、交感神経が活発になり、瞳が開き、汗が出て、筋肉が緊張します。それにより瞬間的に大きな力を発揮することができ、生命の危機を乗り越えてきたわけです。それが遺伝子に組み込まれているため、現代人もストレスにさらされたとき、同じ反応が起こるのです。問題は、自然災害や猛獣との戦いがストレスだった時代に比べ、現在はこうしたストレスが頻繁に起こることです。


冨安徳久

社長は理念とビジョンの志、ビジネスに対する思いが全社員の中で誰よりも勝ってなければいけない。


松本大

外資系証券会社の12年間は、朝から晩まで英語漬けだったのに、実際の力はほとんど伸びませんでした。独立してマネックス証券を設立してから2年目に、世界経済フォーラムが開催するダボス会議に出席する機会を得ました。ダボス会議には科学・政治・宗教など全く異なる分野のリーダーが世界中から集まります。当然ながら僕のことを知らない人ばかりで、仕事も英語で一から説明しないと分かってもらえない。僕は自分の仕事や考え方について、必死で相手に伝える努力をしました。マネックス証券の仕事で英語を使う量は以前の百分の一くらいに減っていました。しかし、ダボス会議をきっかけに、多様な業界の人たちと様々な話題について英語でコミュニケーションを取るよう意識して過ごすようになりました。すると、半年後には英語力が10倍くらい高まったという実感が持てたのです。


武田双雲

たとえば、ある商品のコマーシャル用に筆文字でロゴを書いてくださいという依頼が来た時、最初に考えるのは全員の中間に立とう、媒介者として最大公約数の答えを見出していこう、ということ。広告で使うロゴには、メーカーの想い、開発者の想い、コマーシャルを作る監督やプロデューサー、制作会社、間をとりもつ広告代理店の想いがあり、なにより視聴者の気持ちがあります。その複雑な力学の中に、武田双雲という書道家が入ることで新しい化学反応を起こしたい。入らなかったときよりも全員がハッピーになるには、どうしたらいいか。そんなことを常に考えています。


御手洗冨士夫

年に二回の賞与時期の幹部会では、800人の幹部を一人一人壇上に上げて「ごくろうさん」といいながら握手をして、賞与を手渡しします。そのときに、ちょっとした会話をするのですが、心が通じ合うのを感じます。「顔色悪いけど大丈夫か?」「ちょっと風邪をひきまして」とか、「お世話になりました。定年なので最後になります」と言われれば感極まって思わず両手を握ってしまいます。目と目を合わせ、言葉を交わし、手を触れ合う。その数秒のことが信頼関係の土台になり、経営意思を受け入れてくれる信頼の土壌になると思うんです。


岡崎良介

意識していることは再現性ですね。私だけが知っている、でも誰にも検証はできない。そういうのでは個人投資家はついてこない。