名言DB

9429 人 / 110879 名言

吉田秀雄の名言

twitter Facebook はてブ

吉田秀雄のプロフィール

吉田秀雄、よしだ・ひでお。日本の経営者。大手広告代理店「電通」社長。福岡県出身。東京帝国大学経済学部卒業。日本電報通信社(のちの電通)に入社。同社の4代目社長を務めた。

吉田秀雄の名言 一覧

摩擦を恐れるな。摩擦は進歩の母、積極の肥料だ。でないと君は卑屈未練になる。


頭は常に全回転。八方に気を配って、一分の隙もあってはならぬ。サービスとはそのようなものだ。


自信を持て。自信がないから君の仕事には迫力も粘りもない。そして厚味すらがない。


計画を持て。長期の計画を持っていれば、忍耐と工夫と、そして正しい努力と希望が生まれる。


周囲を引きずり回せ。引きずるのと引きずられるのとでは、永い間に天地の開きができる。


取り組んだら放すな。殺されても放すな。目的完遂までは。


難しい仕事を狙え。そしてこれを成し遂げるところに進歩がある。


大きな仕事と取り組め、小さな仕事はおのれを小さくする。


仕事とは、先手先手と働き掛けて行くことで、受け身でやるものではない。


仕事は自ら創るべきで、与えられるべきではない。


吉田秀雄の経歴・略歴

吉田秀雄、よしだ・ひでお。日本の経営者。大手広告代理店「電通」社長。福岡県出身。東京帝国大学経済学部卒業。日本電報通信社(のちの電通)に入社。同社の4代目社長を務めた。

他の記事も読んでみる

森正文(経営者)

起業したばかりのベンチャー企業というのは、実績もないので信頼性も低く、倒産の可能性も高いものです。そういった風潮の中で、IT系ベンチャー企業が有名になるには、取引先のブランド力や信頼度を借りることが、最短の近道だったんです。だから、一番最初は、センチュリーハイアット東京のスイートルームを自社のネットオークションに出してほしいと頼みに行きました。


井上邦博

価格が安いと、数を売らないと数字が伸びないし、高額品を売るためには、商品知識がしっかりした販売員がいないと売れない。


室伏広治

結果を出せたのは、目的と目標を定めて最短の軌道を描くことができたからだと思います。目的とは「最終的に実現したいこと」、目標は「その目的のために実現させるべきこと」です。


野本弘文

東急グループでは現在、グループ経営の効率化を目指す委員会を立ち上げ、議論を重ねています。例えば高いワインを東急ストアが販売する際に、一番安く仕入れることができるルートを持つグループ会社を活用すればいいのです。グループ各社が得意分野に力を注ぐことで利益率が上がり、リテール部門として最適化を果たすのです。


中桐啓貴

お金持ちの方達は10年先を見て人材育成を行います。ある経営者は、見込みのある若い社員を大学院に行かせ、その間に2年間、アメリカに留学させました。留学から帰ってきて大学院を修了したら、今度はアメリカの会社で2年間くらい働かせて経験を積ませます。留学費用などがかなりかさむ計算ですが、すべて会社持ちです。10年後の会社をつくるのは人だと考えているので思い切った投資をするのです。


南部靖之

創業した当時、就職難の時代で、とくに大卒女子の就職率は16%でした。難関を突破して入社しても昇進で男性に大差をつけられ、さらに結婚して退職すると、もう一度働きたいと思っても再就職は不可能でした。そんな女性に雇用の場を提供することが、私の最初のビジネスでした。ターゲットを「子育てを終えた30代の女性」に絞り、雇用形態が正社員かパート、アルバイトしかなかった時代に、派遣という新しい雇用形態を企業に提案しました。


北山ひとみ

今、私が経営者としてこうして立っていられるのには、様々な先生方の思想に触れたことが大きく影響していると思います。


松本晃(経営者)

私は60~75歳は、人生をエンジョイする時期だと思っています。「それは若い頃では?」と思う人もいるでしょう。しかし若い時に「エンジョイ」してばかりでは、後に何も残らない。趣味やスポーツ、余暇を楽しみ、「人生をエンジョイする」のもいいでしょう。しかし私は、人生で大事なことは、世のため人のために働くことだと思っています。そのためなら、若い頃の時間はある程度、犠牲にしてもいい。その結果うまくいけば、60~75歳はエンジョイしてもいいのではないか。そう思っています。


ヤマシタトモコ

今回は地に足を着けた話を、と思ったから描いたのかもしれないですね。周りの友達とか、あるいはツイッターでたまたま目にした言葉の中に、呪縛を感じている人たちを目にする機会が多かったこともあるかもしれない。何歳までに結婚とか出産とか、家族との関係だとかで「うっ」となっている人を見て、「やめちまえ!」って言いたくなったんだと思います。自分が気にしなければ、意外と気にならないもんだなみたいなことが、結構あるから。


島田荘司

いろんなことを調べて書くのが好きなんですよ。自分ではそう真面目な方だと思っていないんだけど、テレビのお笑い番組を見ているよりは、小難しい本を読んでいる方が楽しいんです。