名言DB

9412 人 / 110637 名言

吉田秀雄の名言

twitter Facebook はてブ

吉田秀雄のプロフィール

吉田秀雄、よしだ・ひでお。日本の経営者。大手広告代理店「電通」社長。福岡県出身。東京帝国大学経済学部卒業。日本電報通信社(のちの電通)に入社。同社の4代目社長を務めた。

吉田秀雄の名言 一覧

摩擦を恐れるな。摩擦は進歩の母、積極の肥料だ。でないと君は卑屈未練になる。


頭は常に全回転。八方に気を配って、一分の隙もあってはならぬ。サービスとはそのようなものだ。


自信を持て。自信がないから君の仕事には迫力も粘りもない。そして厚味すらがない。


計画を持て。長期の計画を持っていれば、忍耐と工夫と、そして正しい努力と希望が生まれる。


周囲を引きずり回せ。引きずるのと引きずられるのとでは、永い間に天地の開きができる。


取り組んだら放すな。殺されても放すな。目的完遂までは。


難しい仕事を狙え。そしてこれを成し遂げるところに進歩がある。


大きな仕事と取り組め、小さな仕事はおのれを小さくする。


仕事とは、先手先手と働き掛けて行くことで、受け身でやるものではない。


仕事は自ら創るべきで、与えられるべきではない。


吉田秀雄の経歴・略歴

吉田秀雄、よしだ・ひでお。日本の経営者。大手広告代理店「電通」社長。福岡県出身。東京帝国大学経済学部卒業。日本電報通信社(のちの電通)に入社。同社の4代目社長を務めた。

他の記事も読んでみる

野副州旦

苦しい現実に対処するうえで、夢は欠かせない要素です。そう考えると経営者の仕事とは、会社の夢を描くことかもしれません。


駒崎弘樹

僕らの世代は、批判のことを「DIS(ディス)る」といっています。DISはラップ文化のひとつですが、僕らの世代は社会をDISることに限界を感じているんです。タイタニック号が今まさに沈没しようとしているときに、「船長、ダメじゃん」とDISっても、何にもならないですよね。だとしたら、もう自分たちで穴をふさぐしかない。DISるのは後でもできるから、とりあえず板とトンカチ持とうぜ、という気持ちで社会起業する人が多いのだと思います。


酒巻久

支援を求める相手は、多くの場合「成功者」です。つまり、自分も若き日に夢と大望を持ってチャレンジをした人です。そうした人物は、熱意ある者にかつての自分を重ねます。周囲の理解を得られぬ中、あきらめず奮闘した経験なども蘇るでしょう。その記憶が心に火をつけ、「応援しよう」という気持ちを起こさせるのです。


遠藤功

もっと若い人にやってもらうしかありません。海外でも30代、40代が主戦力になるべきです50代後半の過去の成功体験を引きずった人では、自己正当化に走ります。もっとダイナミックに新陳代謝をしないと。


辻野晃一郎

新しいことをやるのにはリスクがあります。でも、やらないリスク、機会損失が本当は一番痛いんです。これは決して現代だけの話ではなくて、リスクをとってチャレンジすることは、世の中を発展させるうえで最も大切なことです。ソニーだって、かつてはモルモットと言われたくらい、他社がやらないリスキーな商品開発をしていました。その姿勢が人々を魅了したのです。


安延申

社長が、「うちの社員は駄目で働かない」と公言している企業はダメ。どんなダメ社員でもおだてて使う器量がなければいけない。


尾平泰一

人材・組織戦略については、社員の潜在能力を人事部門が見分けることができない問題もあります。それで人材が社内にいないからと、外から引っ張ってきて失敗するのです。やはり社内で継承されてきたノウハウやDNAは重要です。それを教え込みながら明示化し、多様な事業モデルに対応できるようにしていく必要があります。


堺屋太一

何でも自分で決められる、ということは、自分で決断することに慣れていない人にはつらい。籠の中に飼われていた鳥は、籠から急に出されたらどこへ行っていいかわからない。


千田潤一

アンケートで英語学習の精神面での悩みを聞いたところ、第1位は「伸びを感じられない」。確かに、リスニングの学習で成長を実感するのは、リーディングやスピーキング以上に難しい。しかし、それだけ難しいからこそ、やる意味は大いにある。リスニングの壁を乗り越えれば、飛躍的な成長が見込め、使える英語の姿が見えてくる。


松本大

単行本はめったに読まないんです。雑誌は大好きで,見出しだけをチェックするのが一番好きです。雑誌の多い本屋さんへ行ってバーッと見るんですけ どね。中吊りとか新聞の下のほうのもよく見ますね。週刊ポスト・現代・新潮・文春のうち毎週,2冊ぐらい目を通します。書籍を読むとしたら古今和歌集のよう な古典、小説なら谷崎潤一郎や永井荷風が好きですね。いわゆるビジネス書は生まれてこの方、読んだことがないですね。エコノミストが書いたものは基本的に は余り当てにならないと思っています。ただ,ビジネスマンが書いたものは経験に基づいていて勉強になりますが、一番読みたい失敗談を書くビジネスマンはほ とんどいませんよね。


西井孝明

我々が預かっている資本には限りがありますから。それを有効活用するには、相対的に重要性が下がったものはやめて、次の成長を担う分野に乗り換えなければなりません。


犬塚尚美(悠木そのま)

「私はいつも割り込み仕事ばかりで予定が立てられない」とイライラしている人がいますが、いつもであれば、それは割り込み仕事ではなく定型業務と言えますね。


西本智実

具体的な目標を掲げ、それに向かって鍛錬を続けていけば、夢は必ず叶う。


伊達公子

以前は、自分がこう思ったら人の話に耳を貸さないことがありました。頑なでしたね。テニスをする機会を与えてもらっているというのにそれに感謝できず、当然のことのように思っていたかもしれません。でもいまは、テニスが続けられることを本当にありがたく思っています。時間を大切にするようになったのも、そうした精神面の変化が影響していると思います。


神尾友信

現在は院長という立場ですから、名医といわれる医師を含めてすべての人が私の部下です。医師の中には、この手術については自分が一番だと考えるプライドの高い人もいますから、正直ムカッとくることもありますよ(笑)。でも、あくまで医師という狭い世界のことだと思えば、実際に怒るところまでは至りません。