名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

吉田秀彦の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

吉田秀彦のプロフィール

吉田秀彦、よしだ・ひでひこ。日本の柔道家。愛知県出身。幼少期から柔道をはじめ、全国中学校体育大会準優勝(中量級)、高校時代インターハイ(軽重量級)優勝、大学時代全日本学生体重別選手権78kg級3連覇など華々しい成績を収める。明治大学4年時に柔道世界選手権に初出場銅メダル。大学卒業後、新日鉄に入社し、同社柔道部で活躍し多くの大会で成績を残した。バルセロナ五輪で金メダルを獲得。現役引退後は、吉田道場を開設し柔道を教えている。また、総合格闘技にも進出して活躍。各地で柔道の普及活動を行っている。

吉田秀彦の名言 一覧

練習に集中するためにも、気分が乗らない日は思い切って練習を休む。遊ぶときはとことん遊ぶ。だからこそ、限界を超えた減量も乗り越えられた。


やってきたこと以上の成果は出ない。


自分から先に攻めて、いかに自分の組み手にもっていくか。守りに入ったら負けますよ。たとえ、相手の得意技を知っていたとしても、警戒していたら技をかけられない。


金を獲ったのは得意技の内股です。軸になる技があると、相手が警戒するので他の技も掛かる。得意技があることで、他の技も効くんですよ。


単に2時間の練習をこなすのではなく、考えながら取り組んだ。乱取りも、右組み・左組みの選手とバランスよくやるのはもちろん、力の強い選手や、やりづらい選手を相手に選んでいた。


最初はただの物真似でも、何度も繰り返すうちに、自分の形になっていくものです。
【覚書き:強い選手の試合や試合VTRで観察し、得たものを体得するというトレーニングについて語った言葉。先輩の古賀稔彦氏の真似をして無精ひげを生やしたという逸話が有名】


柔道でも総合格闘技でも、やはり練習ですよ。練習こそが、不安を取り除き、心の隙間を埋めて、自信を生み出す一番の方法なんです。


練習はとにかく、良より質ですね。そのためにも、オンとオフを切り替えるために、練習を終えたら仲間と食事に行ったり、飲みに行ったりと、リフレッシュの時間は大切にしています。


試合になっても、相手の攻撃を無理に読もうなどと考えず、自分がとにかく練習で培ってきたものを発揮する。技術的なことを言えば、総合格闘技でずっと打撃でやってきた選手には、同じ土俵で太刀打ちしようとしても、敵わない。でも、苦しい練習を耐えてきたという自信があれば、大一番でも自分の力は発揮できるものです。


道場とはひと言でいえば、「人間形成の場」です。道場に入れば、自分一人で練習するわけじゃない。みんなと一緒に稽古を積むわけですから、他人と比べて、自分の強い部分、弱い部分も見えてきます。とくに子供は、周囲の人にどうやって接すればよいか、何をしたらよいかに気づかされます。ですから、「肉体的に強くなる」というのは、後からついてくることで、まずは道場で、地道に練習に励む。そうした地道な練習から、辛抱する力、自分への自信みたいなものを養ってもらえれば、と思っています。


柔道が好きだけど仕事がない。そういう人たちのために、柔道を子供に教えられる環境をつくりたい。また子供にも、柔道を通して心技体を鍛えられる場を提供したい。そのために自分ができることが、道場を開設することだったのですが、そうした柔道界の底辺を広げていくには、まだまだ時間がかかりそうです。


道場で子供と接していると、辛抱できない子供が増えている気がします。やはり、親が甘やかすからでしょう。でも、苦痛を避けてばかりいると、人の痛みも想像できない大人になってしまうと思います。


僕が小さかったころには、悪さはしても、人間味のある親分肌のガキ大将がいたものです。そういう昔ながらの子供の関係みたいなものを、この道場はもう一度つくれる場にしたい。そして、ひとつの町にそうした道場がひとつずつあるような環境を、少しずつでもつくっていけたらと思っています。


それは僕が柔道家だから。ただそれだけです。道着を着た対戦は動きが制限され、相手に掴まれやすくなるなどデメリットばかり。でも、僕は自分のバックボーンで勝負したかったんです。

【覚え書き|総合格闘技の試合で柔道着を着用していることについて】


総合格闘技をやって良かった。いろんな意味で視野が広がりましたね。アマチュアのときは勝てばいいという気持ちだけでしたが、プロはお客さんを喜ばせる必要がある。次につながれば、負けても成功という考え方は勉強になりました。


いまでは得意技の内股ですが、最初は見よう見まねでした。先生の内股がカッコよくてね。始めたばかりの小学生の大会では反則負けにもなりました。でも、吉田といえば内股と言われるまで諦めなかった。得意技を作るのは自分次第。日々の練習や考え方で何年もかけて身につきます。


柔道界に戻るという意識はありません。僕は一度も、柔道界を離れたつもりはない。僕は職業として総合格闘技を選んだだけ。常に柔道家としてのプライドを持って戦っていましたから。


これくらいなんともないです。一番痛かったのはジェームス・トンプソン戦のあと、腎臓疾患で入院したときの静脈注射。見たこともないくらい太くて長い注射器で、メチャクチャ痛かったよ。

【覚え書き|右肘の手術をした翌日のコメント】


いまの若い人は、やたらまっすぐで、マジメな子ばっかりでしょ。よさそうに見えるけど、練習から私生活までずーっとマジメで、メリハリがない。合宿中も摂取カロリーを計算して、門限を守って就寝してるらしいし。単純には比較できないけれど、これが日本の柔道界の低迷に繋がっていると思うんです。僕たちが現役の頃はコーチの監視をかいくぐって、飲みに行ったもんです(笑)。


吉田秀彦の経歴・略歴

吉田秀彦、よしだ・ひでひこ。日本の柔道家。愛知県出身。幼少期から柔道をはじめ、全国中学校体育大会準優勝(中量級)、高校時代インターハイ(軽重量級)優勝、大学時代全日本学生体重別選手権78kg級3連覇など華々しい成績を収める。明治大学4年時に柔道世界選手権に初出場銅メダル。大学卒業後、新日鉄に入社し、同社柔道部で活躍し多くの大会で成績を残した。バルセロナ五輪で金メダルを獲得。現役引退後は、吉田道場を開設し柔道を教えている。また、総合格闘技にも進出して活躍。各地で柔道の普及活動を行っている。

他の記事も読んでみる

冨安徳久

21世紀は、心のサービスの時代。心からお客様を思うサービスの時代。


古屋一樹

小売業の基本的・普遍的な要素は「立地」「商品」「サービス」の掛け算で決まる。新しい商品やサービスを生み出し、現場力を上げ、魅力ある売り場を提案していけば、お客様はついてきてくれる。


稲盛和夫

(最初に入った)会社は給料を遅配するような状況で、職場のモラルが非常に低下していました。サボったり、ダラダラと仕事をして残業をしたり。私は残業をすると人件費が上がって会社の経営もうまくいかないと思ったので、残業をしないようにと現場で働く社員たちに徹底したんです。そうすると、残業代を当てにしていた社員たちが、猛反発をしたんです。「役職も何もない若造が」と言って、出荷用の木箱を積んで、その上に私を立たせて、その周辺にみんなが集まって人民裁判のように糾弾が始まって。おまえみたいなやつが会社の回し者になるから困るんだと。その夜、連中は集団で寮にいた私を襲いに来て、けんかになりましてね。窓のガラスが割れて、私は頭を切って血が出たんです。連中は、もうあいつは会社には来ないだろうと思ったでしょう。ところが翌日、私が包帯を巻いて行ったものですから、みんながびっくりして(笑)。それ以降、みんなが言うことを聞いてくれるようになりました。結局、私の強い意志が伝わったのでしょう。物の道理に合わないことに対して自分の説を曲げてまで従うのは、心の底から許せなかったのです。


大川隆法

仕事というものは、必ず成果に結びつけてこそ意味がある。


御立尚資

日本人のコミュニケーション能力がお世辞にも高いとは言い難いのは、まず、日本語という言語がもつ論理的厳密性の弱さや、ムラ社会のなかで阿吽の呼吸を重視してきた文化風土といった原因があります。ただ、なんといっても意見の結晶化の訓練が足りないのが最大の原因です。実際、日本では、言いたいことを簡潔にまとめて、他人に正確に伝達する訓練がほとんど行なわれていません。


中原淳

近年、ミドルマネジャーのプレーイングマネジャー化が進み、現場を持つマネジャーが増えています。そのため、マネジャーの負担が重くなっていると否定的な文脈で語られることも多いのですが、これからの時代、現場を完全に離れてしまうことはリスキーだとも思うんです。


新藤兼人

人は老いれば、老いというものの中にいろんな問題を抱えます。金銭的に恵まれないとか、健康を害するといったことです。しかし、生き方の成り行きの中でそれらにまみれて自滅していくのはやはり悲しい。できれば、闘いながら終わっていきたい。そのためには何のために生きるかという自分の意志や個性、生き方をしっかり持っていなければならないと私は思います。


中野信子

大事なのは、妬みの種類の峻別です。相手を叩きたい、引きずり下ろしたいという「悪性妬み」は、自分も後々苦しくなります。何かを得たいなら、「良性妬み」をうまく使いましょう。自分がその人を超えることで、イヤな妬みを解消するという方向にもっていくのです。妬ましい対象を何とか超えようと何らかのアクションを起こす。すると、その人を超えるだけでなく、そうして得た能力や経験などは自分のものになります。


石川和男(税理士)

朝に覚えたことは、その日のうちにもう一度おさらいしましょう。通勤の時間は、大いに有効活用できそうですね。通勤は、時間のリミットが決まっているのもよいところ。あと10分で電車を降りなくては、というプレッシャーが集中力を高めます。その意味では、勉強の際はいつも「10分」「30分」「1時間」といった時間制限を設けると良いでしょう。


二宮清純

無駄を積み重ねることでしか、プロとしての眼力は磨かれないのもまた事実なのです。
【覚書き|試合が行われている場所に必ず行くようにしているという氏の発言に対し、「予想通りの展開になったら行っても無駄になるのでは?」と問われての発言】


スティーブ・ジョブズ

あなたがテレビのスイッチをオンにするのはあなたが自分の脳のスイッチをオフにしたいからだと思います。それに対してコンピュータで仕事をするのは、脳のスイッチをオンにしたいときではないでしょうか。


天坊昭彦

大局観を養っても、為替や株価、原油価格などのピンポイントでの動きを予測することはできません。しかし中長期的に戦略を考える際には不可欠です。経営に携わる方は、大局観を持って政治や経済の動きを見ることが大切だと思います。