吉田秀俊の名言

吉田秀俊のプロフィール

吉田秀俊、よしだ・ひでとし。日本の経営者。「日本ビクター(のちのJVCケンウッド)」「VAIO」社長。東京都出身。上智大学外国語学部ロシア語学科卒業後、日本ビクターに入社。日本ビクター社長、JVCケンウッド取締役、オプトレックス(のちの京セラディスプレイ)副社長、エルナー社長、VAIO社長などを務めた。

吉田秀俊の名言 一覧

大切なのはブランド。ブランドの強化が本当の課題。


今、日本の電機メーカーは、みなさん外国メーカーに押されて大変苦戦をしています。この先、VAIOが新しい姿を見せることで、国産のブランドがまた元気になると思います。ですから、これはぜひお受けして、チャレンジしていこうという気持ちです。

【覚え書き|社長就任要請を受けた理由について】


やはり安曇野(長野県)に根付いたVAIOですから、みなさまの支援や見守り方は温かいです。ここでしっかりとモノづくりを継続しなければいけないと思います。また、安曇野は日本の真ん中にあります。そこから世界に発信するという地図を一度描いてみたら、楽しくなりました(笑)。VAIOは安曇野の一企業として、世界にメッセージを発信していきたい。


VAIOの場合、世界的なブランドであることが大きな武器になります。もう一つは、いったん事業を縮小して固定費が小さくなっていますので、売り上げが上がると利益が出やすい構造に変わっています。いかに売りを伸ばすかに集中すれば、PC事業の収益性は高まりますし、また、それに伴った製品開発を、身の丈に合った形でやっていくことで、黒字の安定化ができると思います。


EMS(受託生産)事業とは、基本黒子で、お客様のご要望に合わせて製品を作るものです。ところがこの3年間を振り返ると、「VAIOが基板設計をしました」とか、「VAIOと組んで作りました」ですとか、いくつかのお客様がVAIOの名前を表に出すことを希望されました。そこで、黒子に徹するばかりではなく、お客様と連携を強化し、パートナーとしての関係まで築いて、EMS事業をアップグレードする流れをつくろうと考えています。


やはり根強いVAIOファンは尖った製品への期待が高いのではないでしょうか。それを今我々は、ある意味封印をしながら、総合パフォーマンスの高い製品に流れています。そこはジレンマを社員みんなが持っています。ですから経営としては、高収益企業を安定させるという大前提を先にやりながら、その都度余力を見ながら、新しいものにチャレンジしていくことになります。もちろん現在でも、ものづくりの細部にこだわるという根底のところは一緒で、VAIOらしさは残っていると思います。


社長を引き受けたとき、社内の人たちや取引先と話をすると、ポテンシャリティー(潜在能力)が非常に高いことがよく分かり、すごい驚きがありました。まずスキルが非常に高い人たちが集団で集まっている。それからEMS(受託生産)事業を実現している設計・製造技術の力強さ。もう一つは、これが一番の驚きでしたが、VAIOのブランドに対する根強いファンが今も非常に多い。それだけブランドが根付いており、VAIOのポテンシャリティーにつながると思います。


吉田秀俊の経歴・略歴

吉田秀俊、よしだ・ひでとし。日本の経営者。「日本ビクター(のちのJVCケンウッド)」「VAIO」社長。東京都出身。上智大学外国語学部ロシア語学科卒業後、日本ビクターに入社。日本ビクター社長、JVCケンウッド取締役、オプトレックス(のちの京セラディスプレイ)副社長、エルナー社長、VAIO社長などを務めた。

他の記事も読んでみる

佐々木義孝

いま、会社まで1時間程歩いて通勤しているのですが、常日頃から二宮金次郎のように歩きながらでも勉強することを心掛けています(笑)。


太田肇

高学歴社員や大企業に入社した人の中には、周囲の評価以上に「自分はできる」と思い込んでいる人が少なくありません。かつて学校の試験でいい成績をとれたことを、社会に出てからも引きずっているからです。つまりは自信過剰。そうした人に現実を知ってもらうには、「同じ条件で仕事をする機会を与える」ことです。自分の名前で仕事をさせ、もし周囲より力が及ばないと知れば、さすがに評価に納得するでしょう。なかには、そこから奮起できる人もいるはずで、一度自分の至らなさを認めた人であればこそ、大きな戦力となるはずです。


渡瀬謙

当たり前のことを当たり前にやるだけで、誰でも100点中80点くらいはとれる営業になれます。ところが現実には、それさえもできていない人があまりにも多いのです。なぜなら、自分が失敗していることに気づいていないからです。遅刻が相手を不快にさせ、それが原因で受注できなかったのに、「顧客に買う気がなかったから売れなかった」と結論付けてしまえば、その人はずっと同じ失敗を繰り返すことになります。


佐々木かをり

私は「モチベーションが落ちる」という言い方が好きではありません。この言い方は「周りが、自分の意欲をかき立ててくれない」というニュアンスに聞こえるからです。自分を悲劇のヒーローやヒロインに仕立てるのではなく、主体的に、主導権を持って仕事に取り組むほうが好きです。


田中健介(経営者)

私は得意なものをさらに磨いて無敵なものにすることが生きがいなのです。戦々恐々とするのは好きではない。また運不運が左右する麻雀などの賭け事も好きではありません。


酒巻久

上司はしっかり部下を見て助言し、褒めることで部下は自信がわき、見られることで自覚が備わる。いい経験を褒められると本人はそれを覚えていて、次につながるということは医学的にも証明されています。


松井忠三

創業時の「わけあって安い」は、安くてシンプルで品質が良いという、成熟化の過程に合ったコンセプトでした。これをベースに持ちながら、コンセプトを見直し続けています。


鳥越淳司

工場完成から稼働までの間に改善した項目は、並べれば1000以上あったと思う。食品メーカーにとっての事故の恐ろしさは、前職で痛いほど思い知らされた。あの事故以来、仕事のうえで面倒だとは、一度も考えたことがない。
【覚書き|2000年の雪印食中毒事件を振り返っての発言】


前澤友作

SNSではいろいろな評価をいただいていますが、なかには賞賛もあれば、批判もあります。それは当然だと思います。ただし、愛情のない批判や意見は、案外リツイートされませんから、自然に淘汰されています。だから、評判もとくに気にしません。もちろん、愛のある批判や意見はありがたいですから、謙虚に受け止め、再発防止に役立てたいと思います。


竹中平蔵

これから私たちに問われるのは、人としての基礎力でしょう。では、どうすれば基礎力を鍛えられるのか。残念ながら、哲学書を読んでも答えは書いてありません。大切なのは、その先です。本を読むだけでなく、それをきっかけに自分の頭で考えるのです。日本のエリートは、記憶力勝負の、答えのある問題には強いですが、それでは地頭は良くならず、答えのない問題に対応できません。


佐藤誠(SFPダイニング)

高い経常利益率は、苦しい時代に余力となってくれる。


柳井正

チャレンジしない人生は、意味がない。
チャレンジしない企業も、意味がない。


伊東孝紳

顧客の潜在的欲求を先取りし、他社よりも早く新しい価値を提供し、夢と喜びを叶える。一連の改革は世界の構造が変化する中で、「ホンダらしさとは何か」を呼び覚ます試みにほかなりません。改革を通して源流回帰する。ホンダの思考法です。


安藤忠雄

私は毎年十回以上海外旅行をしますが、そのたびに寸暇を惜しんで建築物を見に行きます。パリのルーブル美術館やサント・シャペルなど、もう何度訪れたかわかりません。日本にいるときは、同じように東大寺や法隆寺に何度も通っています。なぜそんなことをするかというと、それら先人の作品を間近に見ることで、「まだまだ自分は足元にも及ばない」という謙虚な気持ちになり、同時に「自分にはやることがたくさん残されている」「いつかこれを超えるものを創りたい」という気力がみなぎってくるからです。


ジャック・ドーシー

人生は数多くのバランスで成り立っているものであり、会社もまた同じだと考えている。会社組織を作り上げていくうえで、絶妙なバランスを取っていくことが大事になる。


ページの先頭へ