名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

吉田知明の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

吉田知明のプロフィール

吉田知明、よしだ・ともあき。日本の経営者。個別指導塾スタンダードを展開する「SCホールディングス」社長。鳥取県出身。大学卒業後、家庭教師のトライを経て家庭教師派遣事業を開始。その後、個別指導塾スタンダードを開業。

吉田知明の名言 一覧

早いうちから将来のお金についてプランを設計して行動に移すことが欠かせない。


どうせ働くなら、仕事は楽しい方が良いに決まっています。一人の人間として充実した生活を送ることができ、明るい将来像を描ける会社にしていきたい。


毎年11月に行っている社内運動会は、私自身も楽しみにしている、非常に盛り上がるイベントです。エリアごとにチーム分けを行うと一体感が生まれ、普段の仕事にも良い影響を与えてくれます。


どこで働くかは社員にとって大切なことですから、できるかぎり希望に添うようにしています。当社の個別指導塾が初めて北海道に進出したのは、新入社員の希望がきっかけでした。よくよく聞いてみると「恋人と離れたくない」という理由だったようで、その社員も2年くらいで別れて「もうどこでもいいです」となりましたが(笑)。


グループ内のすべての関連企業は学習塾を経営するために存在している。


学生時代、家庭教師で担当した生徒の成績が上がったら、保護者が涙を流して喜んでくれた。自分の仕事に対して、他人が涙を流してくれる経験は、そんなにあるものではありません。この仕事をしていると、何度でもその機会があります。


吉田知明の経歴・略歴

吉田知明、よしだ・ともあき。日本の経営者。個別指導塾スタンダードを展開する「SCホールディングス」社長。鳥取県出身。大学卒業後、家庭教師のトライを経て家庭教師派遣事業を開始。その後、個別指導塾スタンダードを開業。

他の記事も読んでみる

坂東眞理子

日本の能力ある女性はなかなか管理職になりたがらないといわれますが、私はこれはロールモデル(お手本)がいないことに一因があると思っています。周りに女性管理職がいないと、「管理職は大変だ。責任が重いし期待される。プライベートを犠牲にし、立派な成果を出し続けなければならない」と思い込んでしまいます。女性管理職がいれば「あの人ができるんだから、私にもできるだろう」と考えられます。社外でもいいので「そこそこの女性管理職」のロールモデルを持つとよいと思います。


城繁幸

常にその仕事が持つ意味を多角的に考える癖をつけることが大事。その仕事は機械に置き換え可能か。誰でもできるか。ほかのスキルと組み合わせて、プラスアルファの価値を出せないか。そうして置き換え不可能な人材になることが重要になってくる。


泉谷直木

予定を受けるときには、ひとつだけ注文を付けています。事前に資料を用意し、面談の目的を明確にしてほしいということです。資料がないとか、説明の焦点がぼやけているようなときは、もう一度考え直してもらいます。というのも、社長という仕事は猛烈に忙しく、漫然とした会合に時間を費やすわけにはいかないからです。


了徳寺健二

両親から特別に何か言われたわけではありませんが、「義理を果たせ」という言葉は印象に残っていますね。要するに、人に感謝して、恩には報いよということですね。


ロアン・カン

欧米でも日本でも、資料のシートにすべて細かく詰め込み、プレゼンターの話がシートの補足になってしまうことがあります。これではその場でプレゼンを行う意味がありません。あくまでもプレゼンターの話がメインで、資料のシートはそれを補足するシンプルなものであるべきです。


小松圭太

売るだけでなく管理までしっかり手がけるというのも、当社のこだわりです。たとえば、不動産投資の最大のリスクの一つが「空室」ですが、当社にはそれを最小限にするための様々なノウハウがあります。


似鳥昭雄

僕の一生の目標は、アメリカ研修で決定しました。当時日本人の給与所得は、アメリカに並びつつあるのに、生活レベルはどうしてこうも違うのだろうと衝撃を受けました。理由は、日用品全般の価格の低さにありました。日米の給与は一緒でも、アメリカの物価は日本の三分の一でした。日本人の給料を3倍にすることは僕にはできません。しかし、価格を三分の一に引き下げることはできる。そうすれば結果的に日本人の生活はいまの3倍は豊かになるはずです。


野本弘文

自分たちの持てるところ、できることを最大限にやっていくことに尽きる。


倉岡寛

大学を卒業してグーグルへの入社を決めたことも大きな転機でした。私が大学院を修了した当時、まだ日本ではグーグルの存在があまりメジャーではありませんでしたが、1年目から大きな仕事を任せてくれました。世の中を変えようと新しい事業に取り組む企業風土も良かったですし、エンジニアが自由闊達に話をし、自由に活動できる組織も自分にとっては刺激になりました。ここで、これからの世の中がどう変わっていくのか、そして、ユーザーが何を欲しているのか、を考える習慣ができたような気がします。


高城幸司

モチベーションが下がっているとき、真っ先にすべきことは、自分の立ち位置を確認すること。自分は何がしたくてその会社に入ったのか。いまはどんな部署にいて、その仕事は自分の将来にどう活きてくるのかを考えるのです。導き出された答えに納得できれば、目先の成果に一喜一憂することはありません。


武田邦彦

研究というのは、いまできないことを可能にするためのものなのですから、現在の技術で困難であることはやめる理由になりません。


小熊英二

いまは多様化が進んで、万人が納得する「社会を代表するもの」が成立しにくい。ビジネスでも、「これが今年の流行」といったものはなくなっている。