名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

吉田知明の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

吉田知明のプロフィール

吉田知明、よしだ・ともあき。日本の経営者。個別指導塾スタンダードを展開する「SCホールディングス」社長。鳥取県出身。大学卒業後、家庭教師のトライを経て家庭教師派遣事業を開始。その後、個別指導塾スタンダードを開業。

吉田知明の名言 一覧

早いうちから将来のお金についてプランを設計して行動に移すことが欠かせない。


どうせ働くなら、仕事は楽しい方が良いに決まっています。一人の人間として充実した生活を送ることができ、明るい将来像を描ける会社にしていきたい。


毎年11月に行っている社内運動会は、私自身も楽しみにしている、非常に盛り上がるイベントです。エリアごとにチーム分けを行うと一体感が生まれ、普段の仕事にも良い影響を与えてくれます。


どこで働くかは社員にとって大切なことですから、できるかぎり希望に添うようにしています。当社の個別指導塾が初めて北海道に進出したのは、新入社員の希望がきっかけでした。よくよく聞いてみると「恋人と離れたくない」という理由だったようで、その社員も2年くらいで別れて「もうどこでもいいです」となりましたが(笑)。


グループ内のすべての関連企業は学習塾を経営するために存在している。


学生時代、家庭教師で担当した生徒の成績が上がったら、保護者が涙を流して喜んでくれた。自分の仕事に対して、他人が涙を流してくれる経験は、そんなにあるものではありません。この仕事をしていると、何度でもその機会があります。


吉田知明の経歴・略歴

吉田知明、よしだ・ともあき。日本の経営者。個別指導塾スタンダードを展開する「SCホールディングス」社長。鳥取県出身。大学卒業後、家庭教師のトライを経て家庭教師派遣事業を開始。その後、個別指導塾スタンダードを開業。

他の記事も読んでみる

森内俊之

ミスを恐れずに挑戦者の気持ちで指し、ミスを繰り返さないことが大切。そのために必要なのは、1回目のミスを許容する余裕。ちょっとくらいいいかと受け止め、意識を転換させる。すると結果的に、それがミスを減らすことにつながる。


北山ひとみ

今、私が経営者としてこうして立っていられるのには、様々な先生方の思想に触れたことが大きく影響していると思います。


森永卓郎

「マニアックな分野でひとり勝ち」することをおすすめします。ニッチな分野なら、AIは「そんな小さな市場に打って出ても費用対効果が見込めない」と考えて、あえて参入はしてきません。なので、ニッチな分野の仕事、クリエイティブな仕事、ロボットにはできない柔軟性の必要な仕事でなら、人は生き残っていけると考えます。


佐伯良隆

「成長性」「収益性」「安定性」、この3つの指標を駆使し、過去10年、最低でも5年の長さで企業の決算書の各項目の変化をとらえることが重要。


新将命

長期の目標は「会社の経営を司る人間になりたい」「ゆくゆくは起業したい」といった多少漠然としていても構いません。何年も先のことをいま具体的に決めるのは無理がありますし、外部環境が変わる可能性も大きいからです。短期目標は「なにを」「いつ」「どこで」「どのようにして」を意識して具体的な内容にすることが大切です。「経営知識を身につけるために今年1年で会計を勉強する」「海外でビジネスを行うために英語を勉強し直す」などのアクションプランの形にするとよいでしょう。このような具体的な短期目標をこなしながら、長期目標を目指せば、目標の達成率は格段に上がるはずです。


岸良裕司

解決策が見つかっても人は動きません。懸念や不安があり、リスクが大きいと思うからです。そこで上の質問で不安点を出し切り、順に「その懸念を解消する方法はないですか?」と聞きます。すると相手は解決策を自分で考えはじめ、結局全てのリスクが払拭されるのです。最後に「解決策を実行するメリットは何か?」と聞いて、反対する理由が解消していることに気づかせます。


大前研一

日本人は情報の収集や活用が、決して下手な民族ではない。下手なのはいまの時代の日本人であって、情報に飢えていた頃の日本人は、それこそ世界でも有数の情報収集力と吸収力を発揮してきた。たとえば戦後、アメリカの技術や工業力とのギャップを思い知らされた日本は、学ぶべき相手をアメリカ一本に絞り、情報収集のための対米ミッションに力を注いだ。


丹羽宇一郎

すべてやり尽くすからこそ、結果がどうであれ受け入れられる。


牛島信

私は、昨今のコーポレートガバナンスの議論の中で何が一番不満かというと、なぜコーポレートガバナンスが大事かという部分なんです。多くの場合、それは経済成長のためだという。それはいいのですが、なぜ経済成長しなければならないのか、何のために稼ぐのか、そうなるとどんな良いことがあるのかが議論されていない。


藤野道格

航空機の研究を始めて以来、独自の開発ができたのは、ゼロから自分たちで取り組んだことが大きかったと思います。多くの人から「中途採用で経験者を入れたらどうか」「他社の技術を採用したらどうか」と言われました。でも自分たちでやらないと、どこが技術の肝になるのかが体感的に理解できません。


古賀信行

市場の動きを判断する際にも、過去を振り返ることは有効です。私は、中長期的な統計データなどを眺めることが多い。そこから、現在の状況を推測します。


竹中宣雄

私は若い社員を相手に話をする機会があると、必ずプロ野球の3割打者の話をします。ご承知のように、プロ野球選手は4月の頭から10月の初旬までの約6カ月間、月曜日と金曜日以外はずっと試合をやり続けます。一回の試合で打席に立つチャンスは4回から5回。このうちの3割ヒットを打てば、一流のバッターだといわれます。2割8分だと凡庸な選手。2割7分9厘だと、ちょっと身分の保証はできないよと。これが、プロ野球の世界です。