名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

吉田直人(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

吉田直人(経営者)のプロフィール

吉田直人、よしだ・なおひと。日本の経営者。「イオレ」社長。立教大学経済学部経営学科卒業後、広告代理店勤務、フリー編集者などを経て起業。ホワイトT&R、シオンコーポレーション、グラムス、サイバービズ(のちのザッパラス)、イオレなどを設立。

吉田直人(経営者)の名言 一覧

倒産直後は銀行などを逆恨みしたこともありましたが、それでは前には進めません。他責ではなく自責が浮上の第一歩です。


私自身多くの人の助けがあってここまでこれましたから、これからは助ける側にまわりたいと考えています。


(イオレ設立に投資してくれたのは)ゲームメーカー時代から、うまくいって駄目になる過程をずっと見ていてくれた方たちです。何もないところからのスタートでしたが、皆さんのそういう気持ちを粋に感じましたし、その気持ちが自信にもつながったので、こうして復活できた気がしています。


大学時代、実家がつぶれかかり、仕送りがなくなって学費から生活費まで自分で稼がなければならなくなりました。環境というのは恐ろしいなと思いますが、平々凡々と生きてきた子供が「やるしかない」となると自立していくものなんですね。その時の経験は、素晴らしく、今に生きていると感じます。


ゲーム会社を経営していた1995年に喉頭がんになり、声が出ない、食べられない状況で85キロあった体重が60キロまで落ちました。病気のことは社員に黙っていましたが、今考えると社員は薄々感づいていたと思います。結婚もしていなかったですし、子供もいなかったので、とにかく「作品を残して死のう」と思っていました。


「らくらく連絡網」は、小学校のサッカーチームの監督が、当社に依頼があり作成したメーリングリストを「雨の日などの連絡網に便利だよ」と対戦相手の監督さんに勧めてくれたところから始まり、野球、バスケットボールなど、スポーツチームに広がっていきました。こちらが何もしなくても、クチコミでどんどん会員が伸びていくところが驚異的だなと思いました。最初はたった30人向けに作ったサービスが、気が付いたら38万団体670万人に利用されるサービスになっていました。


32歳で喉頭がんになりました。当時経営していたゲーム会社は成長していましたが、誰に聞いても「あの作品ね」といわれるような代表作がなかった。それならば、そういう作品を作って、名前を残して死のうと思っていました。社員には病気を隠していたので、断腸の思いで突っ込んでいく私の思いが社員には理解できず、「社長が狂った」と言われていました。社員との距離は広がる一方で、社員もどんどん辞めていつてしまい、最終的に銀行による貸しはがしの影響で、会社は倒産してしまいました。


32歳のとき、咽頭がんが見つかりました。どうせ死ぬならファイナルファンタジーのような超大作をつくって死のうと考え、銀行から融資を受け、資金をつぎ込みました。社員は「社長は気が狂った」と思ったようです。その後、がんは根治しましたが、銀行の貸し剥がしが始まりました。まず最初に定期預金がフリーズされ、次に普通預金が引き出せなくなり、やむなく1997年7月に会社は倒産。私自身も自己破産しました。ただ、破産してからの方が友達が増えましたね。

【覚え書き|その後、支援者たちとともにサイバービズ(のちのザッパラス)を設立】


リーマンショックによって、金融工学の人材がネット業界に入ってきてアメリカでアドテク(ネット広告技術)が大発展を遂げて、マーケットで株が売り買いされるように、広告をリアルタイムで売り買いする仕組みができました。この技術が日本にも入ってきまして、僕らの一番の弱みだった広告枠の在庫がないという課題を克服することができました。つまり、クライアントさんから広告出稿の依頼をいただくのに出す場所がないという状況から、ユーザーさんがLINEやツイッターなど、当社以外の媒体やサービスをお使いになっていたら、LINEやツイッターにクライアントさんの広告を出せるようになったんです。


当社は今、データベースを元にしたアドテクを使った広告代理店になりつつあります。去年、凸版印刷と資本業務提携をしました。凸版印刷が持っているデータと当社が所有しているデータを連携させて、より効果の高いターゲティング広告を打てるデータベース連合をつくったということです。今後も提携先の拡大により、さらにリッチなデータベースを構築していきたいです。


(再起できたのは)もう本当に株主さんのおかげです。破産経験がありますし、ザッパラスも会社を作ってすぐ「やはり自分でやりたい」といって飛び出してしまったので、正直、多くの方からは「何を考えているんだ」と思われていたと思います。破産経験があるので金融機関との取引きは難しかったのですが、20数名の株主の方から7000万円を超える出資をしていただいてイオレを起業することができました。「世の中を応援する会社をつくりたい」という思いから、サッカーの応援の掛け声「オーレ」にちなんで「イオレ」という社名をつけたのですが、応援するより、自分がずっと応援されている立場です(笑)。


父は函館の呉服屋で働いていました。その後、地元で呉服屋を起業して既製服から毛皮、宝石、かつらなど女性向けのブティックに事業を拡大していきました。私は当時、志が低く、3人兄弟の長男なので「そのまま継げばいいのかな」くらいの感覚でした。ところが、大学に入ってすぐ、実家がつぶれかかり、実家に帰って家業を継ぐという決められていたはずの人生が急に不安定になってしまいました。結局、会社はつぶれはしなかったものの、仕送りがなくなってしまったので、学費から生活費まで全部自分で稼がなければいけなくなり、大学4年間、社会人のような生活をして大学を卒業しました。


吉田直人(経営者)の経歴・略歴

吉田直人、よしだ・なおひと。日本の経営者。「イオレ」社長。立教大学経済学部経営学科卒業後、広告代理店勤務、フリー編集者などを経て起業。ホワイトT&R、シオンコーポレーション、グラムス、サイバービズ(のちのザッパラス)、イオレなどを設立。

他の記事も読んでみる

樋口武男

親孝行な人は常に好感を持たれるようです。両親に感謝していない人に、立派になった人はいません。親子で会社を引き継ぐ場合も同様です。


久恒啓一

時間管理の最大のコツは、他人に自分の時間を侵食されることなく、自立的にスケジュールを組むこと。先に予定を入れてしまうのです。


勝間和代

毎日、適度な有酸素運動をすると体に良いということはほとんどの人が知っているはずです。だから多くの人がスポーツジムでバイクを漕いだりしているのですが、忙しいとなかなかその時間も見つけられないし、習慣化するのは大変です。しかし、通勤に自転車を取り入れてしまえば、自然に有酸素運動をする時間ができます。スポーツジムに通わなくても体調が良くなり、体脂肪率が下がります。


細谷功

とりわけ、論理思考が求められているのは、大企業や海外とのやりとりの多い企業です。外国人が一定数在籍している、社員の男女比のバランスに偏りが少ない、様々な部門の意思決定者がディスカッションすることが多い、そんな社員構成の企業ほど、論理思考という共通の言語が仕事の前提になっています。


ピーター・リンチ

私は常に、投資家はマーケットの上げ下げは無視すべきだと信じてきた。クラッシュ(暴落)という事態に直面しても、幸運にもマジェラン・ファンド の株主のうち、3%未満の株主しかその週(1987年のNY株の大暴落時)にファンドを解約しなかった。絶望のどん底で売ると、いつだって安値で売っ てしまう。三割の利食いが六回続けば元本は四倍に増えている。


アンジェロ・ボナーティ

パネライは非常にニッチなブランドです。同じリシュモングループに属するカルティエが、宝石から香水、時計など様々な製品を扱っているのとは異なり、時計に特化したブランドです。しかも、防水性と耐久性を追求したスポーツテクニカルウォッチに的を絞っています。ニッチブランドにはニッチブランドの戦略があります。


小熊英二

選択可能性と流動化が深まり、誰もが不安を覚え、「自分はないがしろにされている」と感じている。


観音寺一嵩

初対面で相手を認知し、3秒以内に自分から、にっこりとした笑顔で話しかけるのがポイントです。そのときの話題は天気や気温といった時候の話題や出身地、出身校など、ラポール(信頼関係)づくりに役立つものがいいでしょう。盛り上がりそうな話題が見つかったら、そこから話を展開していくのです。


酒巻久

自分と年齢や体形の近いプロゴルファーのフォームの分解写真をコピーし、自宅や会社の壁、天井などに貼り、常に意識するうちに、体得できるようになる。会社経営も一緒で、私は過去の事例を研究し、どうやって改革したのかを参考にしてきました。これは新製品開発でも同様です。


戸塚隆将

自分の考えを明確に伝えるのが苦手な人は、子供に説明してみるのも有効です。子供に難しい専門用語は通じません。自分の考えの核心部分を一言でわかりやすく伝えるなら、どのような言葉がふさわしいのか。それを突き詰めて考えることで、ぼんやりとしていた自分の考えがシャープになっていくはずです。


上田準二

仕事の本質とは上司の指示に従うだけの「やらされ仕事」から脱却し、自ら動くこと、これに尽きる。


松本大

お金にうまく働いてもらうということは、有望な投資先に資金を投じるということ。