名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

吉田淑則の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

吉田淑則のプロフィール

吉田淑則、よしだ・よしのり。日本の経営者。化学メーカー「JSR」社長。愛媛県出身。大阪府立大学大学院工学研究科修士課程修了、同大学で工学博士号を取得。「日本合成ゴム(のちのJSR)」に入社。取締役、研究開発本部副本部長、研究開発本部四日市研究所長、常務取締役、専務取締役、副社長などを経て社長に就任。

吉田淑則の名言 一覧

社員一人ひとりの考え方を変えられたからこそ、事業転換に成功できた。


チャレンジにはリスクがつきもの。


「指示待ち」や「受け身」といった風土を変えたいなら、トップが先頭を切らないといけない。社長時代、私は年の半分ぐらいしか本社にいなかったと思います。


社長一人では発信力が限られます。役員にはみんな、社長のメッセージを社内に伝える「伝道師」役をしてもらいました。


全社の力を結集するには、ゴールを明確にしておく必要があります。中期経営計画などを策定する際には、必ず数字で達成目標を掲げるようにしました。社長が何を考えているのか、数字があればメッセージが伝わりやすくなります。


仕組みを作るだけでは人は動きません。そこで私は、経営トップとして3つのことを心掛けました。ひとつ目は「率先垂範の徹底」。ふたつ目は「目標を数字で示すこと」。3つ目は「トップのメッセージを社内に伝える伝道師の育成」です。


グループ子会社の改革も断行しました。本社の幹部が「余生」を過ごす場所ではなく、将来有望な若手が経験を積む舞台に変えました。小さな組織だと様々な機能を勉強せざるを得ません。そこで成長した人を本社に戻すことで、組織を活性化するのが狙いです。


社長に就任してまず手掛けたのが、人事・評価制度の改革です。減点主義を廃してチャレンジを推奨。研究所と営業など、部門をまたいで情報共有に努め、コラボレーションを実現できる人を、高く評価していく。人事部の名称も「人材開発部」に変え、教育を重視する方針を示しました。


優秀な人材を選抜して採用しているはずなのに、なぜか社内に覇気がない。どうすれば社員を主体的に働かせ、組織のベクトルを一致させられるのか。社長としてJSRを率いた8年間、企業風土の改革に最も力を注ぎました。


吉田淑則の経歴・略歴

吉田淑則、よしだ・よしのり。日本の経営者。化学メーカー「JSR」社長。愛媛県出身。大阪府立大学大学院工学研究科修士課程修了、同大学で工学博士号を取得。「日本合成ゴム(のちのJSR)」に入社。取締役、研究開発本部副本部長、研究開発本部四日市研究所長、常務取締役、専務取締役、副社長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

横川竟

不思議なものでライバルがみんなジョナサンの真似をして「有機」を売り物にし始めた途端、お客様が目移りしてジョナサンの来店が減るという苦労も味わいました。食の安全は大変な割に実入りが少なくて、いまの品質を守り続ける限り、これ以上の利益は絶対に出せないと思います。


了徳寺健二

若い時は歴史小説中心に乱読でした。30代半ばからは中村天風師、また郷土の雄であられる京セラ創業者の稲盛和夫さんの本も熟読させて頂きました。困難に直間した時は何度も読み返し、先人達の言葉に大いに勇気づけられましたね。


南佳孝

(デビューアルバムは)売れなかったけど作曲は好きだったんで、当時は「下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる。曲さえ書いていれば何とかなるさ」と思ってた。というのは、当時も今もメロディだけは「出せ」と言われれば、すぐ出せるから。当時同じ事務所だったユーミンが手一杯で他の女性歌手の曲を作れない時、「南くんやってくれる?」と言われて受けたら「締切は明日」。それですぐに1曲作ったりとか、そんなこともあったよ。


大山健太郎

社会が豊かになり、イノベーションによって新たな需要を創造していかなければならない今の時代においては、与えられた課題を速く解ける人材ばかりを育てても意味がありません。これまでにない事業をゼロから生み出す、構想力が必要です。それには、標準的な人材ではなく、「自分はこうしたい」という強い願望に突き動かされたリーダーが必要なのです。


樋口武男

事業家になることを目標にしていた私は、大学卒業後、中小の鉄鋼商社に就職しました。商社は業務の幅が広いし、中小なら全体的な仕事の仕組みや流れを身につけやすいと思ったからです。私にとって会社は経営者修行の場であり、大学ノートに会社のすべての書類を書きだすなどして、商業文書の書き方を徹底的に勉強しました。


日覺昭廣

グローバル経営を実践していく上で最も重要なのは、人材の育成です。人を基本とする経営は、グローバルで通じるからです。


南部靖之

謙虚に学び続けるためにつくった会があります。そこでは私はカバン持ちをしています。私自身、会社を創業して、長年、トップを務めていると、周囲は「代表、代表」と言ってくれます。でも、そんな環境にばかり浸っていると、驕りも出てくる。そういう気持ちを戒める意味もあって、年に1回、約2週間、人生の師と仰ぐ方たちと一緒に地中海などの船旅に出かけるんです。先生の皆さんは90歳くらいで、人生の大先輩です。「南部、ちゃんと考えないとダメだぞ」などとお叱りを受けることで、初心や謙虚さを取り戻すことができ、とてもありがたく思っています。


小澤三敏

経営判断に「たまたま」はあってはならないはずです。


前田伸

社長になってすぐ東京タワーが1億5000万人目のお客様を迎えることになり、記念品を贈呈する場に新聞記者の方たちも取材に来ていました。この記念する日に私のコメントを取りにきたのだなと思って対応すると、「社長、新しいタワー(東京スカイツリー)ができるそうですけど、東京タワーは解体するんですか」と思いもよらぬ質問をされ、衝撃を受けました。幸運だったのは東京タワーを巡る文化芸術的な動きがあったことです。映画『三丁目の夕日』で東京タワーがシンボリックに映し出されたり、リリー・フランキーさんの人気小説のタイトルに「東京タワー」の名前がついていたり。先ほどの記者の質問に私が答えるまでもなく、世間が東京タワーを応援してくれました。


ビル・ゲイツ

我が社がこれほど成功しているのは、人に好まれるものを何でも取り入れ、さらにそれを発展させるというアプローチのおかげだ。


赤塚保正

柿安の場合、株主の皆様に喜んでもらうのは株価だけではありません。それは当社で株式の40%を所有しており、関係者を除けば個人株主の方がほとんどですので、株主はすなわち当社のお客様でもあるわけです。だからこそ、我々がお客様が喜ぶ商品を提供できる商売をしていれば、株主の皆様にも喜んでいただけます。


戸塚隆将

基本とは何なのか――。私なりにたどり着いた答えは、「多くの人がすでに知っていること」。その一方で、「成果を大きく左右する本質的で重要なこと」であり、「継続的に実践するのが難しいこと」という三つの要素から成り立つという定義でした。つまり、基本とは知っているだけでは意味がありません。継続的に実践することで差別化されるもの。それこそが基本なのです。