名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

吉田淑則の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

吉田淑則のプロフィール

吉田淑則、よしだ・よしのり。日本の経営者。化学メーカー「JSR」社長。愛媛県出身。大阪府立大学大学院工学研究科修士課程修了、同大学で工学博士号を取得。「日本合成ゴム(のちのJSR)」に入社。取締役、研究開発本部副本部長、研究開発本部四日市研究所長、常務取締役、専務取締役、副社長などを経て社長に就任。

吉田淑則の名言 一覧

社員一人ひとりの考え方を変えられたからこそ、事業転換に成功できた。


チャレンジにはリスクがつきもの。


「指示待ち」や「受け身」といった風土を変えたいなら、トップが先頭を切らないといけない。社長時代、私は年の半分ぐらいしか本社にいなかったと思います。


社長一人では発信力が限られます。役員にはみんな、社長のメッセージを社内に伝える「伝道師」役をしてもらいました。


全社の力を結集するには、ゴールを明確にしておく必要があります。中期経営計画などを策定する際には、必ず数字で達成目標を掲げるようにしました。社長が何を考えているのか、数字があればメッセージが伝わりやすくなります。


仕組みを作るだけでは人は動きません。そこで私は、経営トップとして3つのことを心掛けました。ひとつ目は「率先垂範の徹底」。ふたつ目は「目標を数字で示すこと」。3つ目は「トップのメッセージを社内に伝える伝道師の育成」です。


グループ子会社の改革も断行しました。本社の幹部が「余生」を過ごす場所ではなく、将来有望な若手が経験を積む舞台に変えました。小さな組織だと様々な機能を勉強せざるを得ません。そこで成長した人を本社に戻すことで、組織を活性化するのが狙いです。


社長に就任してまず手掛けたのが、人事・評価制度の改革です。減点主義を廃してチャレンジを推奨。研究所と営業など、部門をまたいで情報共有に努め、コラボレーションを実現できる人を、高く評価していく。人事部の名称も「人材開発部」に変え、教育を重視する方針を示しました。


優秀な人材を選抜して採用しているはずなのに、なぜか社内に覇気がない。どうすれば社員を主体的に働かせ、組織のベクトルを一致させられるのか。社長としてJSRを率いた8年間、企業風土の改革に最も力を注ぎました。


吉田淑則の経歴・略歴

吉田淑則、よしだ・よしのり。日本の経営者。化学メーカー「JSR」社長。愛媛県出身。大阪府立大学大学院工学研究科修士課程修了、同大学で工学博士号を取得。「日本合成ゴム(のちのJSR)」に入社。取締役、研究開発本部副本部長、研究開発本部四日市研究所長、常務取締役、専務取締役、副社長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

佐治信忠

市場調査ばかり信用するな。ヒットして初めて分かる理由がある。事業展開には数字に表れない時代の感性が必要。


松本晃(経営者)

時代が全くといってよいほど変わってしまったのだから、働き方を変えないと会社に成長はない。


上山信一

プロジェクトの初期段階で、数週間、数カ月先の会議やプレゼンの発表者もあらかじめ決めてしまいます。そうしておけば、指名された人は必死で準備しますし、「急な指名で間に合わなかった」という言い訳もできなくなります。


沢村一樹

はたと気づいたんです。それまでの僕は、「自分はこうあらねばならない」という思い込みが強すぎたのではないか、と。そして、それに縛られて、勝手に苦しんでいただけだった。でも、周囲の人は、自分が思うほど、気にしていないんですよね。それ以来、仕事でもプライベートでも「妙な価値観に凝り固まっていないか?」と自問するようになりました。いまでは、「こうあらねばならない」ことなんて、ほとんどないのではとまで思っています。ダメなのは、犯罪と、昼の番組での下ネタぐらいですよ(笑)。


永守重信

家計簿経営は、収入に見合った生活をするという、家庭の主婦がやっているのと同じです。不景気が来て旦那の給料が減ったら、晩酌でビールを2本飲んでいたのを1本にしてもらって、支出を減らす。でも子供の教育とか、家を持つといった将来の備えや資産形成は苦しくても頑張る。経費を収入の範囲内に収めつつ、投資にも目を配る。これが家計簿経営。


池上彰

若い頃は、難解な本に取り組んで、ウンウン唸りながら、自分の中で「要するにどういうこと?」って、咀嚼していくことがとても大事。


山海嘉之

リスクゼロの世界というのは、何もやらないことと同じ。リスクゼロで済ませても、そのときはいいが、何年か経つと、未来に対する大きなリスクを背負っているということになりかねない。それはどういうことかというと、新しい運営ができなくなっているということです。開拓領域がもうなくなるのだと。


安藤徳隆

日清食品は今年で創業57年目を迎えます。「チキンラーメン」が57歳、「カップヌードル」は44歳、「どん兵衛」「UFO」も39歳になる。いずれも大きな収益源になっている「稼ぎ柱の商品」です。こうした商品の高齢化が進んでいる。ブランドサイクル的に、かなり危うい時期に来ています。


小山田隆(銀行家)

「志」を行員全員がしっかり持って、ひとつの方向に進んでいくことが極めて大事。


遠藤功

小さな予算に合わせた片手間の仕事しかしていなかったら、大きな仕事をもらえるチャンスはこなかっただろう。


中山哲也

いつの時代が苦しかったかと言っても分かりませんが、私は大学を卒業してすぐに当社に入社しまして、先代の父はよく「これから農家と工具屋には嫁が来ないぞ」と言っておりました。代替わりする時にも、父は私の危機感を煽るように「こんな景気が続いたら3年で会社も潰れるな」と(笑)。その意味では、入った時が厳しかったのですから、後は前を向いて進んでいくだけですね。


森川亮

未来を予測するには、大きな流れと小さな流れを見ます。大きな流れは、さほど変わりません。革命が起きるとか、第3次世界大戦が起こるとか、よほどのことがない限り、大きな変化は起きない。でも、小さな流れはちょこちょこ変わります。ですから、いったん大きな流れを見定めたうえで、目の前の小さな流れの変化を見ながら、少しずつ予測して合わせていく。そういう方法を、私は実践しています。