名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

吉田淑則の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

吉田淑則のプロフィール

吉田淑則、よしだ・よしのり。日本の経営者。化学メーカー「JSR」社長。愛媛県出身。大阪府立大学大学院工学研究科修士課程修了、同大学で工学博士号を取得。「日本合成ゴム(のちのJSR)」に入社。取締役、研究開発本部副本部長、研究開発本部四日市研究所長、常務取締役、専務取締役、副社長などを経て社長に就任。

吉田淑則の名言 一覧

社員一人ひとりの考え方を変えられたからこそ、事業転換に成功できた。


チャレンジにはリスクがつきもの。


「指示待ち」や「受け身」といった風土を変えたいなら、トップが先頭を切らないといけない。社長時代、私は年の半分ぐらいしか本社にいなかったと思います。


社長一人では発信力が限られます。役員にはみんな、社長のメッセージを社内に伝える「伝道師」役をしてもらいました。


全社の力を結集するには、ゴールを明確にしておく必要があります。中期経営計画などを策定する際には、必ず数字で達成目標を掲げるようにしました。社長が何を考えているのか、数字があればメッセージが伝わりやすくなります。


仕組みを作るだけでは人は動きません。そこで私は、経営トップとして3つのことを心掛けました。ひとつ目は「率先垂範の徹底」。ふたつ目は「目標を数字で示すこと」。3つ目は「トップのメッセージを社内に伝える伝道師の育成」です。


グループ子会社の改革も断行しました。本社の幹部が「余生」を過ごす場所ではなく、将来有望な若手が経験を積む舞台に変えました。小さな組織だと様々な機能を勉強せざるを得ません。そこで成長した人を本社に戻すことで、組織を活性化するのが狙いです。


社長に就任してまず手掛けたのが、人事・評価制度の改革です。減点主義を廃してチャレンジを推奨。研究所と営業など、部門をまたいで情報共有に努め、コラボレーションを実現できる人を、高く評価していく。人事部の名称も「人材開発部」に変え、教育を重視する方針を示しました。


優秀な人材を選抜して採用しているはずなのに、なぜか社内に覇気がない。どうすれば社員を主体的に働かせ、組織のベクトルを一致させられるのか。社長としてJSRを率いた8年間、企業風土の改革に最も力を注ぎました。


吉田淑則の経歴・略歴

吉田淑則、よしだ・よしのり。日本の経営者。化学メーカー「JSR」社長。愛媛県出身。大阪府立大学大学院工学研究科修士課程修了、同大学で工学博士号を取得。「日本合成ゴム(のちのJSR)」に入社。取締役、研究開発本部副本部長、研究開発本部四日市研究所長、常務取締役、専務取締役、副社長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

Mr.マリック

何かを作り出す仕事には締切りが重要。


吉田寿

頼られる人材になるためにも、「断らない」を実戦してみるといい。


太田肇

労働力の多様化が進めば進むほど、個人を生かせる職場づくりに注力しなければ、会社と従業員とのミスマッチが生じやすくなるのは当然である。


渡邉幸義

経営のノウハウ、人脈、お金を持たない私が一つだけ大事にしたものは「考え方」。松下幸之助、中村天風、安岡正篤を徹底的に勉強し、哲学を確立しようと努めました。


南佳孝

あれは、楽譜を欲しいという人がいたの。だったら、覚えて歌ってもらった方が僕としては嬉しいから「あげる」ということでね。

【覚え書き|楽譜や音源を公式サイトで公開していることについて】


寺田和正

作ってくれる人がいるから商売が出来る。


新谷功

変化の厳しい時代の海図は、今日と明日では違う。いたずらに規模を追求しても変化に対応できません。小粒でも本業に特化した特徴ある企業が生き残る時代だと私は信じています。


世良公則

この前、ライブの後に、楽屋に3人だけ、抽選で握手でもしましょうという企画をやったのですが、当選して来てくれた3人のうちの1人が19歳の女の子なんです。「どっから俺のこと知ってるの?」と聞いたら、僕の比較的新しい曲に政治家をちょっと皮肉ったような曲があるんですけど、その歌がいいです、と言うんです。あんたのバラードでも銃爪(ひきがね)でもないわけです。自分が日頃感じていることを歌ってくれる人として僕をみている。そういう子がいると、自分が古いキャリアなどにこだわることが改めてつまらなく感じられる。


小池利和

私自身、昔から高尚な物言いや高い目線で話をする人間が好きではありませんでした。それよりも、楽しく自然に人生を生きている方がいい。


出雲充

いくら努力しても、新人がそうそう大きな業務を任せられることはありませんが、コピー取りなどの雑務は新人でもベテランでも同じくチャンスがあり、しかも漠然とやっている人が多いので差をつけやすい。工夫して仕事の効率を上げれば時間の余裕ができ、その時間で先輩たちの仕事を手伝えば可愛がられて、「こっちの仕事もやってみる?」といったチャンスも回ってくるわけです。


赤井益久

國學院大學の基本にある神道に「中今(なかいま)」という言葉があります。人は過去から未来へつながる「今」に生きている。「今」の自分は過去の延長であると同時に、未来の自分を生み出す。だから「今」を大切に生きるべきなのです。


榛葉昌寛

イタリアの音楽を表現するには身も心もイタリア人になりきるしかない。そこではじめの2年半は、もっぱらイタリア人とだけつきあい、食べるものも彼らとまったく同じものしか食べないと決め、日本食は一切食べませんでした。おかげで15キロ太りましたが、今ではイタリアにしっかりと根をおろすことができたように思います。