名言DB

9413 人 / 110706 名言

吉田淑則の名言

twitter Facebook はてブ

吉田淑則のプロフィール

吉田淑則、よしだ・よしのり。日本の経営者。化学メーカー「JSR」社長。愛媛県出身。大阪府立大学大学院工学研究科修士課程修了、同大学で工学博士号を取得。「日本合成ゴム(のちのJSR)」に入社。取締役、研究開発本部副本部長、研究開発本部四日市研究所長、常務取締役、専務取締役、副社長などを経て社長に就任。

吉田淑則の名言 一覧

社員一人ひとりの考え方を変えられたからこそ、事業転換に成功できた。


チャレンジにはリスクがつきもの。


「指示待ち」や「受け身」といった風土を変えたいなら、トップが先頭を切らないといけない。社長時代、私は年の半分ぐらいしか本社にいなかったと思います。


社長一人では発信力が限られます。役員にはみんな、社長のメッセージを社内に伝える「伝道師」役をしてもらいました。


全社の力を結集するには、ゴールを明確にしておく必要があります。中期経営計画などを策定する際には、必ず数字で達成目標を掲げるようにしました。社長が何を考えているのか、数字があればメッセージが伝わりやすくなります。


仕組みを作るだけでは人は動きません。そこで私は、経営トップとして3つのことを心掛けました。ひとつ目は「率先垂範の徹底」。ふたつ目は「目標を数字で示すこと」。3つ目は「トップのメッセージを社内に伝える伝道師の育成」です。


グループ子会社の改革も断行しました。本社の幹部が「余生」を過ごす場所ではなく、将来有望な若手が経験を積む舞台に変えました。小さな組織だと様々な機能を勉強せざるを得ません。そこで成長した人を本社に戻すことで、組織を活性化するのが狙いです。


社長に就任してまず手掛けたのが、人事・評価制度の改革です。減点主義を廃してチャレンジを推奨。研究所と営業など、部門をまたいで情報共有に努め、コラボレーションを実現できる人を、高く評価していく。人事部の名称も「人材開発部」に変え、教育を重視する方針を示しました。


優秀な人材を選抜して採用しているはずなのに、なぜか社内に覇気がない。どうすれば社員を主体的に働かせ、組織のベクトルを一致させられるのか。社長としてJSRを率いた8年間、企業風土の改革に最も力を注ぎました。


吉田淑則の経歴・略歴

吉田淑則、よしだ・よしのり。日本の経営者。化学メーカー「JSR」社長。愛媛県出身。大阪府立大学大学院工学研究科修士課程修了、同大学で工学博士号を取得。「日本合成ゴム(のちのJSR)」に入社。取締役、研究開発本部副本部長、研究開発本部四日市研究所長、常務取締役、専務取締役、副社長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

石井力重

頭の概念空間の中で、抱えるテーマと、そこから遠い要素を結びつけて生まれるもの。それが斬新なアイデアであり、ひらめき。


成毛眞

ある思想や理論は、もしかすると、過去においてはその瞬間、正しかったとしても、次の瞬間には時代遅れになっているかもしれません。世の中は常に変化しています。世の中は常に変化しています。わずか10年前、中国が現在のような経済力や政治力を持つと誰に予想ができたでしょうか。アップルも、いまのような復活を遂げるとは誰も思わなかったでしょう。にもかかわらず、我々の考え方が10年前と変わっていないとしたら、仕事で正しい判断を下せるはずがありません。


藤本誠之

皆が何を考えているのか。どういったものが、今世の中に受け入れられているのかを知っておきたい。だから最近は、専ら電車の中では、「ポケモンGO」をやっています(笑)。投資家ならこうした流行を自ら体験することも大切だと思います。


堀場厚

コミュニケーションを促すように新工場を設計した理由の一つは。我々は「技術の遷宮(せんぐう)」と言っていますが、コミュニケーションによって技術がしっかりと受け継がれていくことを狙っているのです。事業を受け継いでいくことを重視することは、京都企業の特徴の一つだと思いますが、経営理念を守るとともに、技術も磨いて受け継いでいかなくてはなりません。


佐藤秀樹(経営者)

国内の運用会社は、我々にとってはライバルでもあり顧客でもあります。と言うのは、国内の運用会社などではあまり運用していない金融商品があるからです。例えば米国が中心のバンクローンなどがそれにあたります。こういった商品は、国内の運用会社では運用が難しいので、運用能力を持つ当社に運用委託するのです。対販売会社という点では国内運用会社は手強いライバルですが、一方で運用商品によっては当社の顧客にもなり得るのです。


菊川剛

スケジュールを調整しながら、1週間のどこかの半日は一切アポイントを入れないで、自分自身の仕事や考え事に集中する時間をとるようにしています。


岩片和行

日常的に現場でスタッフと話していれば、他のスタッフも「気軽に相談してもいい人なんだな」と感じてくれます。


江上治

自分のフィルターを持つことがポイント。自分のフィルターとは自分の視点を持ち、それを通して森羅万象を見るということ。


本田健

一代で財を築く人は、人生をマラソンのようなものだと考えています。視線の先にあるのは遠い先にある目標です。目標達成に向けて、いま自分が何キロ地点にいるのかを意識しながら毎日努力を続けています。


浮世満理子

私たちのベースに「変わりたくない」という強い欲求を持っていますから、いきなり新しいことを始めようとしたり、無理に習慣を変えようとするのはかえって挫折の原因にもなりかねません。継続のコツは、すでにやっていることの「組み替え」をすることです。たとえばダイエットをするなら、コーヒーに入れていたミルクの代わりに、豆乳や低脂肪乳を入れるようにする。それだけでもカロリーを抑えることができます。いきなりブラックを飲むのは長続きしませんが、これなら楽に続けることができるでしょう。


南部靖之

仕事ばかりのメリハリのない生活を続けていると、惰性で働くようになります。すると、新しい発見や感動がなくなり、感性も鈍ってしまう。これじゃあ、仕事の成果は挙がりませんし、人生もつまらないですよね。


櫻田毅(桜田毅)

独立にふさわしい年齢などない。20代でも60代でも、「この仕事に命を賭けられる」と信じる道が見つかったら、その時が独立に最適なタイミング。


松井忠三

人事を全体最適にするには、私情を挟みにくい仕組みが欠かせない。


アマーティア・セン

結局経済学が世の役に立つか否かは、それが数式だらけの抽象的なものであるかどうかによって決まるのではありません。学者自身が何に興味を抱き、どんな問題を解こうとしているのかという「問いを問う」姿勢の有無によるのです。「なぜ」への理由は別段貧しい人のためというのではなくても構わない。しかし、知的でも、道徳的でも、政治的でも何であれ「だから自分はこれをやる」という明確な自覚を持ちたいものです。


J・P・モルガン

君の鉄道だって!?とんでもない。君の鉄道は私の得意先の皆さんの所有物だ。
【覚書き|ある鉄道会社社長への言葉。モルガンには投資家こそ会社の所有者だという信念があった】