名言DB

9412 人 / 110637 名言

吉田淑則の名言

twitter Facebook はてブ

吉田淑則のプロフィール

吉田淑則、よしだ・よしのり。日本の経営者。化学メーカー「JSR」社長。愛媛県出身。大阪府立大学大学院工学研究科修士課程修了、同大学で工学博士号を取得。「日本合成ゴム(のちのJSR)」に入社。取締役、研究開発本部副本部長、研究開発本部四日市研究所長、常務取締役、専務取締役、副社長などを経て社長に就任。

吉田淑則の名言 一覧

社員一人ひとりの考え方を変えられたからこそ、事業転換に成功できた。


チャレンジにはリスクがつきもの。


「指示待ち」や「受け身」といった風土を変えたいなら、トップが先頭を切らないといけない。社長時代、私は年の半分ぐらいしか本社にいなかったと思います。


社長一人では発信力が限られます。役員にはみんな、社長のメッセージを社内に伝える「伝道師」役をしてもらいました。


全社の力を結集するには、ゴールを明確にしておく必要があります。中期経営計画などを策定する際には、必ず数字で達成目標を掲げるようにしました。社長が何を考えているのか、数字があればメッセージが伝わりやすくなります。


仕組みを作るだけでは人は動きません。そこで私は、経営トップとして3つのことを心掛けました。ひとつ目は「率先垂範の徹底」。ふたつ目は「目標を数字で示すこと」。3つ目は「トップのメッセージを社内に伝える伝道師の育成」です。


グループ子会社の改革も断行しました。本社の幹部が「余生」を過ごす場所ではなく、将来有望な若手が経験を積む舞台に変えました。小さな組織だと様々な機能を勉強せざるを得ません。そこで成長した人を本社に戻すことで、組織を活性化するのが狙いです。


社長に就任してまず手掛けたのが、人事・評価制度の改革です。減点主義を廃してチャレンジを推奨。研究所と営業など、部門をまたいで情報共有に努め、コラボレーションを実現できる人を、高く評価していく。人事部の名称も「人材開発部」に変え、教育を重視する方針を示しました。


優秀な人材を選抜して採用しているはずなのに、なぜか社内に覇気がない。どうすれば社員を主体的に働かせ、組織のベクトルを一致させられるのか。社長としてJSRを率いた8年間、企業風土の改革に最も力を注ぎました。


吉田淑則の経歴・略歴

吉田淑則、よしだ・よしのり。日本の経営者。化学メーカー「JSR」社長。愛媛県出身。大阪府立大学大学院工学研究科修士課程修了、同大学で工学博士号を取得。「日本合成ゴム(のちのJSR)」に入社。取締役、研究開発本部副本部長、研究開発本部四日市研究所長、常務取締役、専務取締役、副社長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

石川康晴

あまり知られていない当社の強みが財務戦略です。第一に低資産。他社が大型店を構える中、当社は約20坪という小型の店舗に特化しています。自社の工場・物流センターを持たず、無理な投資をかけないように工夫しているのです。第二に高粗利。SPA(製造小売業)で中間コストを削減し、製品の利益率を上げています。第三に高回転。店の規模を小さくすることでダントツの商品回転率を誇っています。年間で13回商品が入れ替わりますので、1カ月に1度お店が変わっていくというスピード感をお客様に提供しております。


柳川範之

読み進む際には、要点に傍線を引いたり、ノートやメモを取ったりしないのがポイントです。要点を抜き言きしてきれいにまとめると、いかにも勉強した気になりますが、実際は書くことで安心して、記憶が薄れてしまうのです。それに、本当に重要なことは、勉強していると何度も出てくるので、書かなくても自然と頭に定着します。反対に、書かなければ覚えられないのであれば、そこは覚える必要がないのです。


冨山和彦

事業と機能のポートフォリオ入れ替えが、ごく日常的にできる企業体であることが重要。


富田直美(経営者)

なんでも楽しむ。それが一番。


佐々木眞一

2010年2月24日。豊田章男社長が米議会の公聴会に出席し、たくさんの厳しい質問に必死になって答えました。「私が社長を辞めることになっても、会社が残ればいい」と覚悟していたと後で聞き、「すごいな」と心から思いました。トップ自らが矢面に立つことで、問題は次第に収束していきました。


元谷芙美子

大学での勉強はとても有意義でしたが、同時に机上だけでは分からないこともたくさんあることが分かり、今まで以上に現場の楽しさ、大切さを知ることができました。


原野和夫

一番の情報手段は何といっても直接人に会い、話を交わすこと。それは記者時代の鉄則。


戸塚隆将

子供にやる気を出させるために、親は褒めたり、励ましたりするものですよね。ならば同じように「自分になんと言ってやればやる気になるだろう」と考えてみたらどうでしょうか。私の場合は「自分を褒める」ことでモチベーションを意識的にコントロールするように心掛けています。


奥脇洋子

人は「いま」が一番大切です。加えて「したいこと、好きなこと」を尋ねるのも、話を盛り上げるのに効果的です。誰でも自分が関心のあること、好きなことについては楽しく話すことができます。


茂木信幸

顧客も、愛想笑いをしたり場当たり的な反応をしたり、演技をすることがある。お互いが表層演技を続けていると、核心部分に至りづらくなる。プライベートの話をする、いつもの訪問先とは異なる場所や機会を設けて話をする、といったことが壁を打ち破る、よいきっかけになるだろう。


山本梁介

今年の夏は新潟県の新井の店舗でテントウムシが異常発生して大騒ぎになったんですが、どうしようかと思っていると、滋賀県・南彦根の店舗が虫の駆除のやり方を教えてくれたんですね。実はその数カ月前に琵琶湖でも虫が発生し、南彦根の店舗が退治法を蓄積していたんです。こういう横の連携が実現すると従業員のモチベーションはぐんと上がるわけです。


小野日佐子

多くの学生が、自分に自信を持てず、すぐ自分には向いていないと言ってきます。だから好きなことに突き進み、自信を持てるように背中を押してあげたい。


溝渕利明

何を削り、何を守るのかを考えるのは、リーダーにしかできないこと。


中村義一

「どうしたらそんな発想や工夫が生まれるのか」とよく聞かれますが、最近つくづく思うのは、小さいころからモノづくりの楽しさを身体で知っていることが大切だったということです。私は小学校しか卒業しておりません。中学も戦争で近くの飛行場に動員されたため、卒業していませんが、モノづくりの楽しさを知るという意味では幼少期、少年期は恵まれていました。父が用務員をしていた東京三鷹の国立天文台に遊びに行き、研究員の方が使わなくなった古い望遠鏡を分解させてくれたので、何度分解して組み立てたことか。毎回、その精密な仕組みに驚いたものでした。


松山大耕

孤独というものは心の問題。誰かと心が繋がっていれば、単独であっても孤独ではない。逆に心の繋がりがなければ、人と一緒にいても寂しい。