名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

吉田洸二の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

吉田洸二のプロフィール

吉田洸二、よしだ・こうじ。日本の教師、高校野球監督。長崎県立清峰高校野球部監督。山梨学院大学卒業後、母校の佐世保商業高校野球部監督などを経て、清峰高校野球部の監督に就任。同校を甲子園初優勝に導いた。担任科目は社会科。

吉田洸二の名言 一覧

勢いというものは曖昧で漠然とした印象にすぎないんですが、それがないと優勝できなかったりします。確実に言えるのは、勢いをつけるには全員の参加が欠かせないということです。


部員全員が同じ目標に向かって進み、一人一人が自分の持ち味と能力を発揮しなければ、チームは強くなりません。


「なんで選手は頑張れないんだろう」ではなく、「なんで選手を頑張らせることができないんだろう」と自分を反省しています。


始業前の朝の練習では、自分の求める基準に達するまで基礎体力を鍛え上げます。生徒たちには有無を言わせずひたすら走らせます。一方、放課後の練習は、生徒たちのやりたいことをやらせます。朝の練習が終わった後に、「今日は何を練習したい?」と聞いて、半分は彼らの選んだ練習をします。


目を通したビジネス書のなかで特に印象に残ったのが、「部下は上司の鏡」という言葉でした。その言葉の説明には、「部下が動いてくれないのは、上司である自分の言動に原因がある。部下にどうこう言う前にまずは自分を見つめなおすべきだ」と書いてありました。この言葉に照らして考えてみると、生徒が集中して練習に取り組んでくれないのは、私が立てた練習メニューに原因があることに気付きました。


控え選手の役割は重要です。普段の練習も、控え部員たちのテンションが低いと活気が出ません。「レギュラーだけで頑張っていればいい」といった雰囲気が広がると、チームの勢いが失われてしまいます。


普段はレギュラーよりも控えの選手とコミュニケーションを多くとるように心がけています。


吉田洸二の経歴・略歴

吉田洸二、よしだ・こうじ。日本の教師、高校野球監督。長崎県立清峰高校野球部監督。山梨学院大学卒業後、母校の佐世保商業高校野球部監督などを経て、清峰高校野球部の監督に就任。同校を甲子園初優勝に導いた。担任科目は社会科。

他の記事も読んでみる

吉田尚記

雑談と言えば天気の話、と思っている人は多いでしょう。それは正しいのですが、切り札の数は多い方が、何かと便利です。私のおススメは、「きどにたちかけせし衣食住」。季節(き)、道楽(ど)、ニュース(に)、旅(た)、知人(ち)、家族(か)、健康(け)、世間(せ)、仕事(し)、衣類、食、住まいに関する話題を出せば、話に詰まることはないという先人の知恵です。


砂山拡三郎(砂山擴三郎)

リストラに対し事前に正しい対処法を知っておくことが重要。とくに、「人員整理の必要性」「解雇回避努力義務の履行」「被解雇者選定の合理性」「手段の妥当性」の整理解雇の4要件を満たさない場合は「辞めない」と意思表示を。会社の言いなりになって自主退職に追い込まれるのが一番損。会社都合にさせるだけで失業保険はすぐにもらえますから。


赤塚保正

売れる地域で売れるものを売る。


茂木健一郎

みんな一斉にヨーイドンでスタートし、みんな一緒にゴールインしようという日本社会ならではの同調圧力が教育現場にもはびこり、大人になっても苦しんでいる人は多いと思う。だってアメリカでは、学校ではなく自宅で勉強する子は200万人単位でいて、むしろオーダーメードの教育を選べることでアイビーリーグに合格する優秀な人間もたくさん出ていますよ。飛び級や留年も普通ですしね。同学年が一斉に同じ速度で歩んでいくという「理想」はむしろ特殊で奇異ですよ。


キケロ

自信とは、心が確信できる希望と、信頼を持って、偉大なる栄誉ある道に乗り出す感情である。


西山昭彦

仕事では「評価」以上に「評判」が大事。年代や役職が上がるほど、多くの部下の面倒を見ることになります。その人に部下を預けても大丈夫かと、人柄を見ないといけない。だから人事考課では評判を判断材料にするんです。


今泉嘉久

「オフィスは企業の理念を社内外に伝えるメディアだ」と私は考えています。オフィスのデザインを通じて、その企業のビジョンや独自性を広く伝えることができるのです。


梅原一嘉

他店は価格で勝負していますが、弊社の武器はサービスです。うちではお客に商品の話をできるだけでは二流。お客と何でも話せるくらい親密な関係を築くことが大切。


弘兼憲史

どんな情報が要・不要か、情報が正しいかどうかを考え、見極めること。そして成長するために必要な情報は、努力してでも手に入れてください。


尾原蓉子

高校2年生の時、交換留学生で米ミネソタ州に行きました。出発前に母が仕立ててくれた洋服を着て学校へ行くと、友達に「Yoko, so different!」と言われるのです。「変わってるわね」とけなされたのだと思い、次の日は違う服を着ていくとまた言われます。落ち込んでいると、ホームステイ先の妹が「何を言ってるの、それは褒め言葉なのよ」と言うのです。そこで初めて、周囲の人たちが皆、いかに個性を大事にして他人と違う自分になろうと努力しているかに気づきました。働く人も、医師であれ清掃員であれ、自分の得意なこと、やりたいことをその時々にやれる形でやっている姿を見て、職業観が大きく変わりました。


山口拓己

親会社ベクトルの上場を後押ししてくれた方から「魚は頭から腐るものなんだよ」と言われ、ハッとしました。組織はトップから腐る。上場ゴールが起きるのもトップの責任だと改めて考えさせられました。


林野宏

私がクレディセゾン(旧西武クレジット)に転籍した当時、社内は下を向いている社員ばかりでした。無理もありません。前身の緑屋は経営危機に陥り、セゾングループに入った後も再建がスムーズに進んでおらず、連戦連敗でした。こうした社内の空気を変えるために、私は「日本一のカード会社になる」というビジョンを掲げました。社員が下を向いてしまうのは夢や希望がないからで、顔を上に向かせるためには視線を向ける対象が必要だったからです。この目標を、月10万枚のカード発行という数字で示しました。1年で120万枚。当時、業界トップだったJCBのカード有効会員数は約700万人。JCBが現状維持なら計算上は6年で抜けます。一見、無謀ですが、具体的な数字に落とし込めば、決して手が届かないものではないとわかります。