名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

吉田洸二の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

吉田洸二のプロフィール

吉田洸二、よしだ・こうじ。日本の教師、高校野球監督。長崎県立清峰高校野球部監督。山梨学院大学卒業後、母校の佐世保商業高校野球部監督などを経て、清峰高校野球部の監督に就任。同校を甲子園初優勝に導いた。担任科目は社会科。

吉田洸二の名言 一覧

勢いというものは曖昧で漠然とした印象にすぎないんですが、それがないと優勝できなかったりします。確実に言えるのは、勢いをつけるには全員の参加が欠かせないということです。


部員全員が同じ目標に向かって進み、一人一人が自分の持ち味と能力を発揮しなければ、チームは強くなりません。


「なんで選手は頑張れないんだろう」ではなく、「なんで選手を頑張らせることができないんだろう」と自分を反省しています。


始業前の朝の練習では、自分の求める基準に達するまで基礎体力を鍛え上げます。生徒たちには有無を言わせずひたすら走らせます。一方、放課後の練習は、生徒たちのやりたいことをやらせます。朝の練習が終わった後に、「今日は何を練習したい?」と聞いて、半分は彼らの選んだ練習をします。


目を通したビジネス書のなかで特に印象に残ったのが、「部下は上司の鏡」という言葉でした。その言葉の説明には、「部下が動いてくれないのは、上司である自分の言動に原因がある。部下にどうこう言う前にまずは自分を見つめなおすべきだ」と書いてありました。この言葉に照らして考えてみると、生徒が集中して練習に取り組んでくれないのは、私が立てた練習メニューに原因があることに気付きました。


控え選手の役割は重要です。普段の練習も、控え部員たちのテンションが低いと活気が出ません。「レギュラーだけで頑張っていればいい」といった雰囲気が広がると、チームの勢いが失われてしまいます。


普段はレギュラーよりも控えの選手とコミュニケーションを多くとるように心がけています。


吉田洸二の経歴・略歴

吉田洸二、よしだ・こうじ。日本の教師、高校野球監督。長崎県立清峰高校野球部監督。山梨学院大学卒業後、母校の佐世保商業高校野球部監督などを経て、清峰高校野球部の監督に就任。同校を甲子園初優勝に導いた。担任科目は社会科。

他の記事も読んでみる

小倉昌男

論理的に考え、倫理観を持ち、わかりやすく説明する。それを続けることで、良い社風ができるのです。


中村清

若くして流さぬ汗は、年老いて涙となる。


石井裕(工学者)

自分にラベルを貼るのをやめましょう。何をやるにしても、クリエーティブであろうとしたら、自分の肩書や専門にこだわってはいけない。


山名昌衛

新しい発想、新しいアイデアで課題解決しなければならない。その鍵を握るのはあくまで人材であり、豊かな発想力やアイデアを形にして、それをお客様の価値に落とし込むまでやり切る、人材力というか、人材の質的転換をやり遂げないといけないと思っている。


三木谷浩史

顧客満足度が、あらゆるビジネスが目的とすべき指標であることは議論の余地がない。顧客満足がなければ、事業は成り立たない。もちろん、M&Aや投資という手法を使って短期的に利益を上げることはできる。しかし、お客さんがついてこなければ、結局いつかは破局を迎えることになる。顧客に支持されてこそ、ビジネスの拡大につながっていく。


藤田晋

会社を辞めるというのは簡単なことではありません。入社すると辞め際が一番難しく、そして大事だと言っても過言ではないでしょう。会社を辞める時に取る行動で、その人の器や人間力が問われます。時間と手間をかけ、とことん誠意を尽くす。良識ある志の高いビジネスパーソンなら、それが最も大切だと分かるはずです。会社を辞める時は、祝福されながら去り、その後も支援してもらえる関係を築きましょう。それに成功すれば第一関門突破です。新天地で活躍できる可能性は大きく高まるでしょう。


神谷浩史

アニメーションの絵は記号に近いところがあって、分かりやすさや、伝わりやすさが優先されているんです。いわば、そこがアニメの最大の魅力であり、特徴だったわけですが、最近は大人向けの難解なアニメも登場してきたことで、それが薄れてきたような気がします。ただ、じゃあ、アニメならではの魅力がなくなったのかと言えば、決してそうではなくて。むしろ、まだアニメの究極形が確立されていないという解釈ができるので、これからさらに発展する可能性を秘めていると言える。そうした意味での未来の期待値は、実写よりもアニメの方が高い気がしますね。


西山弥太郎

社長のあいさつというものはあまり流暢にやっては駄目だよ。もうすこし、訥々(とつとつ)とやれ。君のように棒暗記では軽くていけない。


林原健

一度は死ぬのだから、とにかく前を向いて死ねばいい。後ろを振り返って心配する暇があったら、前に進む。それで死んだら仕方ない。
【覚書き:22歳で帰郷し、苦境に陥っていた林原の再建に取り組んだ時の言葉】


テリー伊藤

自分が手に入れたものを捨てるというのは、確かに怖いことだ。しかし、捨てたときに何かを手につかまないでいるのは、もっと怖い。だから、必死で何かをつかもうとする。それでこそ、次の何かが手に入るのであって、この間の恐怖感が実は面白い。この面白さに一度気がつけばしめたもの。そうなると、捨てることへの恐れを振り払って、次のステップに踏み出していける。


アルベルト・シュバイツァー

一般的に言って、ひとつの世代は、その世代中に生み出された世界によって生きているのではなく、むしろ前時代の世界観によって生きるものである。


出口治明

出世し、人の上に立って支配することが目的のような人物をリーダーにすべきではない。何かを成し遂げたい強い思いがある人をリーダーにすべきだ。