名言DB

9419 人 / 110788 名言

吉田洸二の名言

twitter Facebook はてブ

吉田洸二のプロフィール

吉田洸二、よしだ・こうじ。日本の教師、高校野球監督。長崎県立清峰高校野球部監督。山梨学院大学卒業後、母校の佐世保商業高校野球部監督などを経て、清峰高校野球部の監督に就任。同校を甲子園初優勝に導いた。担任科目は社会科。

吉田洸二の名言 一覧

勢いというものは曖昧で漠然とした印象にすぎないんですが、それがないと優勝できなかったりします。確実に言えるのは、勢いをつけるには全員の参加が欠かせないということです。


部員全員が同じ目標に向かって進み、一人一人が自分の持ち味と能力を発揮しなければ、チームは強くなりません。


「なんで選手は頑張れないんだろう」ではなく、「なんで選手を頑張らせることができないんだろう」と自分を反省しています。


始業前の朝の練習では、自分の求める基準に達するまで基礎体力を鍛え上げます。生徒たちには有無を言わせずひたすら走らせます。一方、放課後の練習は、生徒たちのやりたいことをやらせます。朝の練習が終わった後に、「今日は何を練習したい?」と聞いて、半分は彼らの選んだ練習をします。


目を通したビジネス書のなかで特に印象に残ったのが、「部下は上司の鏡」という言葉でした。その言葉の説明には、「部下が動いてくれないのは、上司である自分の言動に原因がある。部下にどうこう言う前にまずは自分を見つめなおすべきだ」と書いてありました。この言葉に照らして考えてみると、生徒が集中して練習に取り組んでくれないのは、私が立てた練習メニューに原因があることに気付きました。


控え選手の役割は重要です。普段の練習も、控え部員たちのテンションが低いと活気が出ません。「レギュラーだけで頑張っていればいい」といった雰囲気が広がると、チームの勢いが失われてしまいます。


普段はレギュラーよりも控えの選手とコミュニケーションを多くとるように心がけています。


吉田洸二の経歴・略歴

吉田洸二、よしだ・こうじ。日本の教師、高校野球監督。長崎県立清峰高校野球部監督。山梨学院大学卒業後、母校の佐世保商業高校野球部監督などを経て、清峰高校野球部の監督に就任。同校を甲子園初優勝に導いた。担任科目は社会科。

他の記事も読んでみる

増田寛也

行政にとって、民間企業と協働するよさは持続可能性の向上にあります。行政が実施するモデル事業は、「補助金の終わりとともに事業も終わってしまう」ということになりがちです。その点、企業と組めばマーケティングや事業価値を高める方法を学ぶことができ、事業の継続性が高まります。


佐渡島庸平

『宇宙兄弟』は単行本の3巻くらいまでは売り上げが伸び悩んでいました。宇宙というテーマが難しいと思われたのか、女性読者が少なかったんです。そこで約400軒の美容室に単行本を無料で配りました。「美容師の休憩室に置いてください」という手紙を添えてね。美容師は仕事中にお客さんと話しますから、その会話で作品を薦めてくれたらいいなと考えたんです。結果、アンケート調査で「美容室で薦められた」という声が目立つようになり、売り上げを伸ばせました。


進藤孝生

憎らしい人の中にも必ず良いところはある。私は話をよく聞いて、相手の良い部分を探し出すのは得意です。


酒巻久

いまは、各分野の専門家が力を合わせてひとつのプロジェクトを進める、という仕事のやり方が大半だと思います。別分野でわからないことがあったとき、「この部分はどうすればいいの?」と気軽に聞ける人物が社内外にいれば、状況を一気に打開できます。仕事を進めるために、人脈は欠かせません。


武田双雲

本当は我慢していいことって一個もないと思うんです。「ノー」だったら、早く「ノー」と言ってくれよ、と。偽りのイエス、消極的なイエスが積み重なると、お互いに不幸せ。一番つらいのは、「ノー」と言い合えず、我慢して、一方が急に爆発してしまう状態ですよね。


鈴木義幸

行動に向けた変化を起こすためには、「未来肯定形の質問」をすることが必要です。それは、「今日、部下たちに一体感を持たせるために何をしよう」「リーダーとして成長するために5分投資するとしたら、何をしようか」「絶対に失敗しない保証があるなら、何をしよう」といった未来に向けたポジティブな問いかけです。


田中仁(経営者)

世の中に足りないもの、補完できる商品が開発されれば必然的に消費者の支持を勝ち取ることができる。


了徳寺健二

私は努力によって人は運命を切り拓くことができると信じています。それは知力を養うことだと。さらに知力は全てを凌駕すると。


安田隆夫

間違ってはいけないのは、変わるのは売り手側、すなわち店であって、絶対に相手を変えようとしてはいけない。店が変化することで、いつの時代にも、ワクワク・ドキドキするドン・キホーテを演出していくということである。


細田収

集客して販売する力がなければ、商品が優れていることも伝えられません。それなのに、営業力の大切さに気づいている起業家は、恐らく半分以下だと感じます。