名言DB

9419 人 / 110788 名言

吉田洸二の名言

twitter Facebook はてブ

吉田洸二のプロフィール

吉田洸二、よしだ・こうじ。日本の教師、高校野球監督。長崎県立清峰高校野球部監督。山梨学院大学卒業後、母校の佐世保商業高校野球部監督などを経て、清峰高校野球部の監督に就任。同校を甲子園初優勝に導いた。担任科目は社会科。

吉田洸二の名言 一覧

勢いというものは曖昧で漠然とした印象にすぎないんですが、それがないと優勝できなかったりします。確実に言えるのは、勢いをつけるには全員の参加が欠かせないということです。


部員全員が同じ目標に向かって進み、一人一人が自分の持ち味と能力を発揮しなければ、チームは強くなりません。


「なんで選手は頑張れないんだろう」ではなく、「なんで選手を頑張らせることができないんだろう」と自分を反省しています。


始業前の朝の練習では、自分の求める基準に達するまで基礎体力を鍛え上げます。生徒たちには有無を言わせずひたすら走らせます。一方、放課後の練習は、生徒たちのやりたいことをやらせます。朝の練習が終わった後に、「今日は何を練習したい?」と聞いて、半分は彼らの選んだ練習をします。


目を通したビジネス書のなかで特に印象に残ったのが、「部下は上司の鏡」という言葉でした。その言葉の説明には、「部下が動いてくれないのは、上司である自分の言動に原因がある。部下にどうこう言う前にまずは自分を見つめなおすべきだ」と書いてありました。この言葉に照らして考えてみると、生徒が集中して練習に取り組んでくれないのは、私が立てた練習メニューに原因があることに気付きました。


控え選手の役割は重要です。普段の練習も、控え部員たちのテンションが低いと活気が出ません。「レギュラーだけで頑張っていればいい」といった雰囲気が広がると、チームの勢いが失われてしまいます。


普段はレギュラーよりも控えの選手とコミュニケーションを多くとるように心がけています。


吉田洸二の経歴・略歴

吉田洸二、よしだ・こうじ。日本の教師、高校野球監督。長崎県立清峰高校野球部監督。山梨学院大学卒業後、母校の佐世保商業高校野球部監督などを経て、清峰高校野球部の監督に就任。同校を甲子園初優勝に導いた。担任科目は社会科。

他の記事も読んでみる

関口康

BCG(ボストン・コンサルティング・グループ)に転職したころは、本当に苦労しました。それまで商社に勤めてきてそれなりに自信があったのですが、それがまったく通用しなかったからです。担当案件の課題をA4にまとめて書きだすと、ダメ押しをされ、バサバサと半分以上切られてしまう。自信が揺らいでいた時期は、1年ぐらい続いたでしょうか。それでもなんとか踏んばっているうちに、問題を発見できる能力がレベルアップし、成果も徐々に出るようになりました。そのときの経験は、製薬業界に移ったいまも、非常に役立っています。


数土文夫(數土文夫)

文章を書くのは、忍耐を必要とする作業です。しかし、私は、自分の手で実際に文章を書くことがますます重要度を増す時代になってきたと考えています。企業の存在意義は価値の創造です。しかも、時代にあった新しい価値。リーダーはそれを表現する言葉を持ち、人々に伝える必要があるからです。


谷口祥子

相手の名刺がシンプルなときは、肩書きに注目。「イメージコンサルタント」などのカタカナ職業や、「○○第一部○○推進室」など漢字が長々と並んだ部署名は、「どんなお仕事なんですか」と質問するチャンスです。


本田宗一郎

本田技研って会社が今日あるのは、パートナーがよかったからってだけじゃない。最大の理由は会社に若さがあったってことだろう。俺も藤沢も若かったけど、周りがみんなもっと若くて、エネルギーのある奴らばかりだったんだ。若い社員たちは、俺がどんなに叱ろうが、怒鳴ろうがびくともしない。かえってやる気を起こすんだ。これが年寄りばかりだったら、そうはいかないよね。


原田泳幸

改革というのはやはり全社員が痛みを伴うんです。そうやって、みんなの痛みを伴いますが、結果的には不幸になる人と幸福になる人といるんですよ。そこはやはり割り切らなければしょうがない。みんなの反発を恐れたり、みんなをハッピーにしようとしたら絶対改革はできない。


マーク・トウェイン

銀行家というのは、太陽が照っている時に自分の傘を差しだし、雨が降り始めるやいなや傘を返せというようなやつだ。


原田泳幸

全社一丸となって残業ゼロに取り組んでいると、資料の1ページ目から読み上げるような会議や、パワーポイントにワープロの文章を貼りつけて読ませるといったプレゼンテーションは自然と減り、その分生産性は確実に高まってきました。いまでは全社員の平均残業時間は一桁です。しかも、2009年上半期には過去最高の営業利益を叩きだしました。仕事は時間ではありません。質とスピードなのです。


藤田晋

一般的なピラミッド型の組織構造の場合、「縦の人脈」は自然と作れても、部署をまたいだ「横の人脈」は作りにくいもの。だからこそ、意識して横の人脈も積極的に築いていくことが大切です。その足掛かりになるのは、他部署に散らばる「同期」の存在。まずは同期入社のメンバーとのつながりを大事にして、そこから人脈を広げていくといい。


三村孝仁

55歳で中国の巨大市場の本格開拓を任せられました。もちろん最初は右も左も分かりません。業種に関係なく、いろいろな人にひたすら話を聞きました。そこでとても大きな気づきを得ました。


レイ・クロック

諦めずに頑張り通せば、夢は必ず叶う。もちろん、努力もせずに手に入るものではない。好き勝手にやればいいというわけではない。リスクへの覚悟が必要だ。ひょっとしたら無一文になるかもしれない。しかし、一度決めたことは絶対に諦めてはならない。