名言DB

9429 人 / 110879 名言

吉田洋一郎の名言

twitter Facebook はてブ

吉田洋一郎のプロフィール

吉田洋一郎、よしだ・ひろいちろう。日本のプロゴルフコーチ。「日本ゴルフスイング研究所」代表。著書に『ゴルフは「捨てる技術」で上手くなる!』『世界のトッププロが使うゴルフの基本テクニック』『スーパースローでよくわかる! ゴルフのきほん』。

吉田洋一郎の名言 一覧

ミスが出たときに、多くの人は、身体の動きだけに原因を探します。が、実は心の状態を悪くし、それが身体の動きを悪くするという、メンタルのミスも往々にしてあるのです。これに気付いていないと、いつまでもラウンドで実力を出し切れないことになってしまいます。


ミスは過去、次のプレーは未来です。そしてそれらは今の自分には「コントロールができないこと」なのです。それなのにこれらについて考え、怒り、落胆や不安を感じた状態でプレーするのはマイナスにしかなりません。そうした心の状態では良いパフォーマンスが出せないのです。


次のショットのための情報を集め、どう打つか決断し、イメージを描く。そしていつもどおりのルーティーンを始める。いつもやっていることを同じように遂行することこそ、良いパフォーマンスを出す確率を高める心の状態なのです。


結果に執着せず、期待を手放し、良い意味で諦めることも必要。「人事を尽くして天命を待つ」の心境でしょうか。今できることを考え、すべきことをやったのならば、それで自分の仕事は終わりです。結果を決めるのは自分ではなく、それがどんなものになろうとも自分には非がないと考えます。自分には制御できない原因によって結果が悪くなったとしても、「ゴルフとはそういうものだ」と受け入れることも必要な能力と言えるでしょう。


特に準備に最善を尽くした場面などでは、良い結果を期待してしまいます。しかし結果も未来であり、それに期待し過ぎれば、力むこともよくあるものです。また、もしかするとその場面でイメージどおりに打てたのに、キックが悪くてラフに入ったりディボット跡だったりということもままあります。期待し過ぎていると、そうした望ましくない結果に反応して、機嫌が悪くなり、それがまた動きに影響する悪い流れに入ってしまいがちです。


吉田洋一郎の経歴・略歴

吉田洋一郎、よしだ・ひろいちろう。日本のプロゴルフコーチ。「日本ゴルフスイング研究所」代表。著書に『ゴルフは「捨てる技術」で上手くなる!』『世界のトッププロが使うゴルフの基本テクニック』『スーパースローでよくわかる! ゴルフのきほん』。

他の記事も読んでみる

貞松成

事業としては保育事業と介護事業がメインです。保育事業においては認可保育所や小規模保育、介護事業においては高齢者介護と障がい者介護を運営しております。また、これらの施設で培ったノウハウを元に、全国の保育施設に保育士の労務の削減や生産性の向上を目的とした業務支援ソフトウェアを開発し、提供する事業も行っています。


小池栄子

変わることを恐れていたら、失敗しないかもしれないけど成長もない。


柴田昌治(コンサルタント)

「自分は正しい」と思い込まず、安易に答えを出しそうになったときは、「そもそも、この答えでよかったのか?」と考える習慣をつけるべき。


村田昭治

人間が身につけるべき優れた精神として、「オープンマインド(開かれたこころ)」「タフマインド(強い精神)」「テンダーマインド(やさしさ)」の3つがあると、ハーバードビジネススクールで教わった。私が接触して秀でた方だなあと印象づけられた経営者は、たしかにこの3つの精神をお持ちであった。


坂井哲史

「カフェなんだからコーヒーの味で差別化すればいいじゃないか」という意見もあるでしょう。でもチェーン店の場合、これは無理ですよ。こだわり過ぎるとオペレーションが複雑化してしまい、誰もが手軽にできるものではなくなってしまいますからね。だからコーヒー以外の部分で差別化する必要があり、うちの場合はそれをフードでやっているんです。


水野操

これまでは、「優れたアイデアや技能はあるが、資金がなくて商品化やサービス化ができない」という中小企業やベンチャーは非常に多かった。ところが今は、3Dプリンターのように低価格でもの作りができる技術が次々と登場している。誰もが最新のテクノロジーに手が届くようになったことで、新規参入が進んだり、既存のメーカーとベンチャーが協業したりと、今までになかったビジネスを生み出すチャンスも増えるはず。


佐々淳行

人に投資する時にはお金の使い方も大事です。師である後藤田正晴さんは「佐々は自分のカネで奇麗に飲む」と評してくれました。組織のお金でおごっても駄目なのです。


マーガレット・サッチャー

政治家たるもの、哲学がなくてはいけない。


正田修

変化を恐れる会社は危険。動いている会社、企業は変化することの方がはるかに安全。


加藤進(住友商事)

上司の指示に従って業務を遂行するだけ、あるいは調整能力に長けているだけでは、上に上がっていくのは無理だ。上を目指すためには企画力が問われる。企画力の源泉、それは好奇心だ。いろいろな話を聞いて、ふむふむと頷くだけで済ますか、それは本当かと好奇心を持って自ら調べるかで歴然とした差が生じてくる。