名言DB

9419 人 / 110788 名言

吉田洋一郎の名言

twitter Facebook はてブ

吉田洋一郎のプロフィール

吉田洋一郎、よしだ・ひろいちろう。日本のプロゴルフコーチ。「日本ゴルフスイング研究所」代表。著書に『ゴルフは「捨てる技術」で上手くなる!』『世界のトッププロが使うゴルフの基本テクニック』『スーパースローでよくわかる! ゴルフのきほん』。

吉田洋一郎の名言 一覧

ミスが出たときに、多くの人は、身体の動きだけに原因を探します。が、実は心の状態を悪くし、それが身体の動きを悪くするという、メンタルのミスも往々にしてあるのです。これに気付いていないと、いつまでもラウンドで実力を出し切れないことになってしまいます。


ミスは過去、次のプレーは未来です。そしてそれらは今の自分には「コントロールができないこと」なのです。それなのにこれらについて考え、怒り、落胆や不安を感じた状態でプレーするのはマイナスにしかなりません。そうした心の状態では良いパフォーマンスが出せないのです。


次のショットのための情報を集め、どう打つか決断し、イメージを描く。そしていつもどおりのルーティーンを始める。いつもやっていることを同じように遂行することこそ、良いパフォーマンスを出す確率を高める心の状態なのです。


結果に執着せず、期待を手放し、良い意味で諦めることも必要。「人事を尽くして天命を待つ」の心境でしょうか。今できることを考え、すべきことをやったのならば、それで自分の仕事は終わりです。結果を決めるのは自分ではなく、それがどんなものになろうとも自分には非がないと考えます。自分には制御できない原因によって結果が悪くなったとしても、「ゴルフとはそういうものだ」と受け入れることも必要な能力と言えるでしょう。


特に準備に最善を尽くした場面などでは、良い結果を期待してしまいます。しかし結果も未来であり、それに期待し過ぎれば、力むこともよくあるものです。また、もしかするとその場面でイメージどおりに打てたのに、キックが悪くてラフに入ったりディボット跡だったりということもままあります。期待し過ぎていると、そうした望ましくない結果に反応して、機嫌が悪くなり、それがまた動きに影響する悪い流れに入ってしまいがちです。


吉田洋一郎の経歴・略歴

吉田洋一郎、よしだ・ひろいちろう。日本のプロゴルフコーチ。「日本ゴルフスイング研究所」代表。著書に『ゴルフは「捨てる技術」で上手くなる!』『世界のトッププロが使うゴルフの基本テクニック』『スーパースローでよくわかる! ゴルフのきほん』。

他の記事も読んでみる

川田修(ライフプランナー)

私がお客様の過去を聞く際は、単に出来事を追うのではなく、そのときの感情を聞きます。お客様が企業の経営者なら、先代から会社を継いだときはどんな気持ちだったか、社長になった当初はどんな苦労があったか、といったことをお聞きするのです。すると、話を聞くうちに、相手に興味が湧いてくる。「そんなに大変な思いをしながら、ここまでやって来たのだな」と思うと、その人の力になりたいという気持ちになります。こうしてお客様への愛情が生まれれば、テクニックなど使わなくても、自然と親身になれるはずです。


桜田厚(櫻田厚)

モスでは、できるだけダイレクトコミュニケーションを心がけるようにしています。お客様とのコミュニケーションもそうですし、社内でも同様です。


田中雅子(コンサルタント)

人を巻き込むとは、指示を出すことではありません。マネジメントの本来の意味は、会社が掲げる目標に向かって、メンバー一人一人を自走させることです。重要なのは「自走させる」という点です。指示して動かすのではなく、メンバーの強みだけを活用して、モチベーションを刺激しながら、彼らが自発的に動くようにすることがマネージャーの役割です。


ピョートル・フェリクス・グジバチ

「優しさ」というのは、まず自分を見てくれているという心理的安全性が根本です。自分をちゃんと見てくれていない人に、叱られても冗談を言われても心は動かない。この「優しさ」というのは、英語でいうと「Nice(いい人)」ではなく「Kind(親切さ)」です。「相手は何を望んでいるんだろう?」「今はどんな気持ちだろう?」と自分の頭をまっさらにしてそのまま人を見ることが大事です。


新藤兼人

かつて人生50年と言いました。医学が進歩し、環境が整備されたいまは、人生80年です。それも枯れ木のように老いた期間が長引いたのではなく、才能や知識、見識、経験が頂点に達した期間が引き伸ばされました。いまの80歳といったら、昔の60歳くらいでしょう。まだまだ能力はあります。しかも、それは挫折と闘い、それを乗り越えてきた能力だから、覚悟とか勇気とか生き方とか若い人にはないものが含まれます。そういう年齢自体がひとつの才能です。


林野宏

相手に傾きかかった流れを引き戻す迫力は、「勝ちたい」という漠然とした思いではなく、「勝てる」という強い思い込みでしかもたらされません。根拠などなくてもいい。ワクワク、生き生きしているから、より一層の努力ができる。だから、より強い運とツキがついてくるのです。


内藤剛志

仕事が上手くいかないことって誰にでもある。そのとき、才能のせいにするか、自分の努力不足のせいにするかで、その後が決まる。


逢沢明

ゼロサム社会でも、右肩下がりの時代でも「上位にいるものの価値は輝き続ける」。ベストな戦略としては、自分が社会の中で「オンリーワン」な存在であることが望ましい。皆に埋もれてはダメ。目立つほど努力を続けることです。ゼロサム社会は一発逆転ではなく、地道な頑張りで勝つ社会。そして「本当の頂上はどこか?」「そこにいるのは誰か?」、つまり「本物」を見極めた上でトップを目指すことです。


望月晴文

大企業の内部留保が蓄積しているという問題があります。普通の事業会社は現金を手元に置いていくのではなく、効率よく投資することが大事。


岩波貴士

人工知能やロボットの進化により、正社員の仕事がどんどんなくなると言われています。そんな流れの中でひとつの仕事に縛られるのはリスクが高い。これは自営業も同じです。自分や家族の身を守るために、稼ぎの場を広げておいたほうがいいでしょう。