名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

吉田洋一郎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

吉田洋一郎のプロフィール

吉田洋一郎、よしだ・ひろいちろう。日本のプロゴルフコーチ。「日本ゴルフスイング研究所」代表。著書に『ゴルフは「捨てる技術」で上手くなる!』『世界のトッププロが使うゴルフの基本テクニック』『スーパースローでよくわかる! ゴルフのきほん』。

吉田洋一郎の名言 一覧

ミスが出たときに、多くの人は、身体の動きだけに原因を探します。が、実は心の状態を悪くし、それが身体の動きを悪くするという、メンタルのミスも往々にしてあるのです。これに気付いていないと、いつまでもラウンドで実力を出し切れないことになってしまいます。


ミスは過去、次のプレーは未来です。そしてそれらは今の自分には「コントロールができないこと」なのです。それなのにこれらについて考え、怒り、落胆や不安を感じた状態でプレーするのはマイナスにしかなりません。そうした心の状態では良いパフォーマンスが出せないのです。


次のショットのための情報を集め、どう打つか決断し、イメージを描く。そしていつもどおりのルーティーンを始める。いつもやっていることを同じように遂行することこそ、良いパフォーマンスを出す確率を高める心の状態なのです。


結果に執着せず、期待を手放し、良い意味で諦めることも必要。「人事を尽くして天命を待つ」の心境でしょうか。今できることを考え、すべきことをやったのならば、それで自分の仕事は終わりです。結果を決めるのは自分ではなく、それがどんなものになろうとも自分には非がないと考えます。自分には制御できない原因によって結果が悪くなったとしても、「ゴルフとはそういうものだ」と受け入れることも必要な能力と言えるでしょう。


特に準備に最善を尽くした場面などでは、良い結果を期待してしまいます。しかし結果も未来であり、それに期待し過ぎれば、力むこともよくあるものです。また、もしかするとその場面でイメージどおりに打てたのに、キックが悪くてラフに入ったりディボット跡だったりということもままあります。期待し過ぎていると、そうした望ましくない結果に反応して、機嫌が悪くなり、それがまた動きに影響する悪い流れに入ってしまいがちです。


吉田洋一郎の経歴・略歴

吉田洋一郎、よしだ・ひろいちろう。日本のプロゴルフコーチ。「日本ゴルフスイング研究所」代表。著書に『ゴルフは「捨てる技術」で上手くなる!』『世界のトッププロが使うゴルフの基本テクニック』『スーパースローでよくわかる! ゴルフのきほん』。

他の記事も読んでみる

櫻井孝宏

演技に関して、守りに入りたくないというか、下手でも出し切りたいと思って臨んでいます。


橘フクシマ咲江

「外柔内剛」という言葉があります。日本人が国際的な場で働く際は、この考え方が不可欠だと思います。海外の流儀に合わせつつ、内側に日本人としての「芯」を堅持することが大切なのです。


倉田真由美

ダメな男って、基本的に他人のせいにする人が多いんですよ。「俺がこうなったのは会社のせい、上司のせい、親のせい」と。「そんなのが通るわけないでしょ!」と言いたいですね。


戸田充広

物販の副業で稼ぐ際のポイントは2つ。

  1. 自分の得意ジャンルを見つけて専門特化すること。得意分野なら仕入れの際にも何が売れ筋なのか目が利くし、きちんと価格設定もできます。お客様からの質問にも的確に対応できます。
  2. 掲載する商品の写真と説明文を工夫する。検索されやすいようキーワードを工夫するのは当然のこと。そのうえで、商品の状態を適切に伝える写真と丁寧な商品説明で信頼性を上げましょう。説明が誠実であればあるほど売れやすくなります。

宮内義彦

市場原理の働いている社会というのは優勝劣敗の世界です。弱肉強食の世界だとよくいわれていますが、市場経済では、強いものが弱いものを直接打ち負かすわけではありません。売り手が買い手に向かって勝負を挑み、買ってもらえれば勝ち、買ってもらえなければ負けという間接的な勝負です。


後藤忠治

教育、人にものを教えるという仕事は、まっさらな白紙のところに色を付けて、それが見事に開花し、結果的に多くの人たちに喜んでもらえるということ。こんなことは本当に指導者冥利に尽きる。


福澤武

三菱地所は街づくりを仕事としています。仏教に「衆生の善根を開発する」という言葉があるそうで、開発は「カイホツ」と読む。生きとし生けるものが本来備え持っている特性を開いて発揮させることがカイホツだそうです。これは三菱地所が行っている開発とぴったりです。


濱田純一

受験勉強で得た知識を、一度現実と照らし合わせてみることが重要。


鳥原隆志

段取りの上手い人は、問題の全体を把握して、時間内でどう終わらせるかを考えることから始めます。ここで大切なことは、処理すべき案件に優先順位をつけることと、優先順位に応じた時間配分です。段取りの上手い人は、制限時間が60分だった場合、最初の10分で優先順位をつけ、次の30分で重要な案件を処理、残りの20分で簡単な案件を片づけるといった進め方をします。


田岡信夫

「弱者の戦略」というのは、地域を基礎にして、その目標を商品に向けて戦略を立案していく方法になっている。先にも述べたように、弱者というのはまず地域に拠点をつくる。これが弱者の戦略の基本である。


林野宏

日本人は休みすぎだと、私は考えています。私が新入社員だったころは、もっと厳しい環境にありました。休日は少なく、1日の勤務時間はいまよりずっと長くハードでした。私がこう強調するのも、次のように考えているからです。単なるサラリーマン、つまり自分の会社の中でしか通用しないアマチュア・レベルの人材から、プロフェッショナルなビジネスパーソンに脱皮するには、ハードなトレーニングが絶対に欠かせない、と。


樹なつみ

『パッション・パレード』では、バスケをテーマにしたせいで、バスケシーンをたくさん描かざるをえなくなって……(笑)。バスケの知識は皆無だったので、一生懸命本や写真を見て。ビデオを一時停止して、写真を撮ったりもしたと思います。まず黒人選手のゴツゴツした筋肉を模写してみる。実際にマンガにする際には、柔らかいデフォルメが必要です。このおかげで「筋肉って動くんだ!」と発見して、人間の骨格や筋肉を初めてとらえられるようになりました。画家がデッサンをする気持ちに共感します。でも結構失敗もあって、あとで気づきましたが、シュートシーンのつもりでリバウンドを描いてました(笑)。