吉田泰則の名言

吉田泰則のプロフィール

吉田泰則、よしだ・やすのり。日本のファッションコーディネーター。男性専門ファッションコーディネートサロン「ライフブランディング」社長。法政大学経営学部卒業後、伊勢丹入社。バイヤーとしてメンズファッションに携わったのち、「ライフブランディング」を設立。著書に『勝負する男のロジカル着こなし術』。

吉田泰則の名言 一覧

クールビズが普及してからよく見かけるのが、ビジネスシーンでカジュアルダウンしすぎている人です。クールビズだからといって、自宅で着るようなだぶついたポロシャツやズボンといった格好だと、それだけで「この人に仕事を任せて大丈夫なのか」と、相手に不安感を与えてしまいます。


吉田泰則の経歴・略歴

吉田泰則、よしだ・やすのり。日本のファッションコーディネーター。男性専門ファッションコーディネートサロン「ライフブランディング」社長。法政大学経営学部卒業後、伊勢丹入社。バイヤーとしてメンズファッションに携わったのち、「ライフブランディング」を設立。著書に『勝負する男のロジカル着こなし術』。

他の記事も読んでみる

白戸太朗

運動する時にやってはいけないことは「マイナス発言」ですね。運動選手は本番前、たとえ悪条件でもわざとプラスの言葉を発して気分を高めます。チームプレーの場合、1人のマイナス発言がチーム全体のモチベーションを下げることもあります。仕事にも共通すること。どうせやるなら前向きに楽しんでやりましょう!


岩崎達也(マーケティング)

リーダーにはいくつかあって、夢や生き様などを語り、憧れをつくる背中で付いて来させるタイプ。明晰な頭脳で戦略を立てる頭で付いて来させるタイプ。懐の深さがあり太っ腹な、腹で付いて来させるタイプ。行動派で「この人がここまでやるなら仕方ない」と思わせる足で付いて来させるタイプ。技術職や職人肌で、この人の技はすごいという腕で付いて来させるタイプがあると思います。


安達保

新たな分野で大きな柱になる買収も視野に入れている。新たな領域への挑戦は、成功体験に甘んじるためのものではなく、自らの事業モデルを進化、変化させるためでもある。


鈴木喬(経営者)

失敗はつきもの。大事なのは、致命傷にならないように、できるだけ小さな失敗にすること。それを繰り返すうちに、この先どんな動きになるかも読めるようになってくる。


塚越寛

人間関係を良くするために何をするかと問われたら、答えはひとつしかありません。それは利他ということです。自分だけの利益を追求するのではなく、他人も一緒に幸せになろうということです。私にとって利他の対象はまずは社員です。


中桐啓貴

お金持ちは人並み以上に時間に気を使う人たちです。


齋藤正勝

金融村の思考だと、どうしても商品を販売して顧客になってもらうことが目的になってしまいます。しかし、取り扱う商品の多角化は限界にきているので、ITと金融を融合したフィンテックを新たなビジネスに据える流れが業界で目立っています。カブドットコムはどんどん金融機関ではなくなっていく。


西田豊明

私は人工知能時代の人間の大きな役割は、「創造的破壊者」であることだと考えています。限られた枠の中のパフォーマンスは人間よりも人工知能の方が優れているでしょう。むしろ人間の役割はその枠組みを壊して、新しい枠組みを構築することだと思います。


藤巻健史

変人扱いされた私が予測したことが現実になり続けている。今後も、常識では考えられないようなことが、いくつも起きるでしょう。


斉藤徹

人が成長していき、成長した人達が組織としてまとまると企業は成長していく、企業の成長は人の成長へと繋がる。


三上俊輔

管理職はいい意味で二重人格になることが重要。立場によって性格を使い分けるということです。経営者の共感を得られなければ、仕事を進められないので、経営者に対しては論理性・スピード・説得力を重視したプレゼンをします。一方、現場に対してはフォローしなければならないので、協調性・調和・対話という姿勢で臨むのです。


西多昌規

脳は長時間、過度の緊張状態に置かれると、オーバーワークで働きが鈍くなります。この状態を続けると、知らず知らずのうちに脳の処理能力が低下し、キレやすくなったり、イライラしたり、頭が真っ白になったり……。それらはすべて、脳がテンパっている証拠なのです。


外山滋比古

体を動かして、汗を流す習慣を持つこと。昔から賢い人は散歩を取り入れていました。一定のリズムで体を動かしていると(余計なことを)忘れやすい。しかもその後に、ふいに面白いことが思い浮かんだりする。


みうらじゅん

「いくら使ってるんだよ!」と思われないと、面白みは出ないですから。応接間に置いてあるラブドールも70万円もするから、笑える。世間で「得ブーム」が続く中、自分はわざと損する「損ブーム」なんだ、と考えればいい。


二子石謙輔

カードローンは多少やっていますが、提携先の金融機関が主力商品と位置付けるようなもの、例えば住宅ローンは絶対にやりません。我々にとっての顧客である金融機関との信頼関係を大事にしています。顧客と競争するわけにはいきません。


ページの先頭へ