名言DB

9412 人 / 110637 名言

吉田沙保里の名言

twitter Facebook はてブ

吉田沙保里のプロフィール

吉田沙保里、よしだ・さおり。日本のレスリング選手。三重県出身。中京女子大学卒業。綜合警備保障所属。レスリング全日本選手権優勝者吉田栄勝、テニス元国体選手吉田幸代の娘として生まれる。3歳でレスリングを開始。世界カデット選手権、世界ジュニア選手権をそれぞれ二連覇。その後、数々の大会で優勝。アテネ、北京、ロンドン五輪で金メダルを獲得。レスリング世界選手権、アジア選手権、アジア大会でも多数の金メダルを獲得。国民栄誉賞を授与された。

吉田沙保里の名言 一覧

自分の決めた道で、一日一日を精いっぱい努力し、試合で勝つことで、様々な人との出会いがあり、世界が広がった。


世界の大舞台で連勝できた要因は、超負けず嫌いな性格だから。それと「何が何でも金メダルが欲しい」という動機。


「約束」は「何が何でも勝つ」という覚悟となり、力になる。プレッシャーになると思う人もいるかもしれませんが、それは当人の受け取り方次第。


私は勝ち続けることで成長したんじゃなく、負けて強くなってきたんです。


試合が終わったとき、私の手が上がっていればいい。大事なことは、表彰台の一番上に立つことだけ。


あの試合を振り返って一番思うのは、慣れの怖さですね。なあなあの気持ちで、なんとなくマットに上がってしまいました。試合が始まっても、ガムシャラに攻めず、相手の出方を見たり、時計をチラ見したり。世界選手権で1ピリオド取られたシーンが頭をよぎったりしました。タックルに入ろうとしても、躊躇する自分がいたんです。
【覚書き|ロンドン五輪直前のワールドカップでロシアのワレリア・ジョロボワに敗れた試合を振り返っての発言】


「五輪前に負けてよかった」そう思いました。自分の中にどこか甘さがあったのでしょう。あの負けは、自分の意識を変えてくれました。精神的にも強くなれたし、技術的にも進歩できました。連勝中なら絶対にそんなことしないでしょうけど、初心に戻って練習に打ち込みました。
【覚書き|北京五輪直前のワールドカップで敗北し、連勝記録が119勝で止まったときを振り返っての発言】


(金メダルを逃し)悔しいですが、銀メダルもきれいだなと思えるようになりました。勝つことだけが人生ではない。努力する過程も大事だと思えるようになったのも、レスリングを続けてきたおかげです。


実力の差などいろいろと考えられますが、一番の敗因は、相手の「勝ちたい」という気持ちが私より上回っていたこと。五輪の決勝という世界最高峰の舞台において、最後はメンタルの差が勝敗を分けた。

【覚え書き|リオデジャネイロ五輪で金メダルを逃したことについて】


連勝記録が119で途切れた時、私はショックで立ち直れなくなったんです。その時は母から、「あなたが勝っている時はほかの選手が泣いているんだよ。一度負けたぐらいでクヨクヨしない」と言われました。その言葉を聞いて、「そうか、そうだよな。いつまでも落ち込んでいたらダメだ」と思えた。それからは悔しいことや辛いことがあれば、ワーッとひとしきり泣いて、気持ちを切り替えられるようになりました。


コーチを含め、様々な方から頂いた励ましや助言を原動力にしてきましたが、特に父や母からの言葉には、私のレスリング人生を支えてもらったと思っています。幼い頃、父はよく私に「もしおまえが途中で負けたら、おまえに負けた子が泣いてしまうぞ」と言いました。私は「そうか、勝たなきゃいけない」と思えて目の前の相手に全力で向かうことができた。


4歳の時、試合で同い年の男の子に負けたことがあったんです。そのまま勝ち進んで優勝した彼が首からぶら下げている金メダルを見て、私は欲しくてたまらなくなった。そして父に、「メダルが欲しい!」と泣きながら駄々をこれました。すると父は「あれはスーパーで売ってないし、勝った選手しかもらえない。そんなに欲しいなら帰って練習しなさい。次の試合で勝ったらもらえるから」と私に言い聞かせた。「金メダルが欲しい」。私はその一心で練習し、1年後の同じ大会で優勝しました。私がレスリングに真剣に取り組んだきっかけは、4歳の頃の「金メダルが欲しい」という思いが始まりであり、その動機はずっと変わっていません。「誰にも負けたくない」「金メダルが欲しい」という強い思いが根底にあったからこそ、必死になってこられた。


吉田沙保里の経歴・略歴

吉田沙保里、よしだ・さおり。日本のレスリング選手。三重県出身。中京女子大学卒業。綜合警備保障所属。レスリング全日本選手権優勝者吉田栄勝、テニス元国体選手吉田幸代の娘として生まれる。3歳でレスリングを開始。世界カデット選手権、世界ジュニア選手権をそれぞれ二連覇。その後、数々の大会で優勝。アテネ、北京、ロンドン五輪で金メダルを獲得。レスリング世界選手権、アジア選手権、アジア大会でも多数の金メダルを獲得。国民栄誉賞を授与された。

他の記事も読んでみる

平本あきお

人が何かに「とらわれる」のは、ある意味でしかたのないこととも言えます。しかしまず、自分が一体何にとらわれているのか。それを考えるだけでも、人生を変えるきっかけになります。


野田順弘(オービック)

人材の成長には時間がかかります。それを踏まえて、焦らずに愛情をもって部下を見守ってやる。その姿勢が部下を育て、ひいては組織を強くすることにつながっていくのです。


濱田秀彦

上司への報告には、基本的な考え方があります。仕事の発注者に対し、進捗状況や結果を伝える“情報提供サービス”だということです。サービスである以上、相手の希望や好みに合わせるべきでしょう。


藤巻幸夫(藤巻幸大)

職場環境なんて、社員のヤル気次第でいくらでも変えられる。いま、仕事がつまらないと感じている人に聞きたい。「一体、どんな仕事なら面白いと感じるんだ?」。考えてごらん。楽しく生きている自分の姿を具体的にイメージしてみればいい。それが答えなんだよ。イメージした自分を、現実に変えていくために行動する。それすらできないような人間なら、そもそも仕事をする資格なんかないと思ったほうがいい。


野路國夫(野路国夫)

開発技術者と生産技術者が一体となって開発を行い、生産性の向上や製造コストの低減を実現しています。これがコマツの強みのひとつです。


長島徹

帝人のDNAは「みんなが平気でモノを言える会社」です。モノを言ってチャレンジし、少しずつ変えるのです。


トム・ケリー(IDEO)

IDEOには「How might we ~(どうすれば我々はそれができるか)」という課題の発見方法があります。「How」の部分は「どうするか」と同時に、それが常に改善が可能なことを前提として、どう実現していくかを表しています。「might」に関しては「How」に対してひとつの確定的な答えがあるのではなく、無限の可能性があるということを示しています。最後の「we」の部分は、1人の話ではなくて、みんなで連携してプロジェクトを進めることを意識するということです。この言葉を実践していくことで、より自由な発想が生まれる文化をつくり出せる。いまでは多くのシリコンバレーの企業で使われています。


二宮尊徳(二宮金次郎)

道徳なき経済は犯罪であり、経済なき道徳は寝言である。


吉田鋼太郎

しっかり稽古を積み、腑に落ちない演出を指示されたら、自分の意見を言うことにしています。自分が納得がいくまで準備ができていれば、どんな大舞台でもプレッシャーなんて感じません。やっぱり、稽古の時からとことんやるしかない。


加藤進(住友商事)

入社して最初に配属されたのが大阪本社の鋼材貿易部。くぎや針金、金網を担当する課でした。大手鉄鋼メーカーの鋼板を扱う隣の花形部門に比べると地味ですが、めげずにがんばりました。


池井戸潤

優秀な人はどんなときでも引く手あまただし、学生時代に遊びほうけてきたような人は簡単に就職できない。時代に関係なく、自分の怠慢や愚かさを景気のせいにしても、何の解決にもなりません。


盛田昭夫

使うのは若い人だ。若い人たちがそれでいいというのだから、いいじゃないか。
【覚え書き|「ウォークマンという名称は英語的におかしいのでは?」と質問した社員に対しての言葉】


鎌田浩毅

決断しないまま先に進んでみると、自然と最良の答えが見つかることもある。まずは、自分の信念に基づいて一旦やるか、やらないかを決めて実行し、そのあとで内容を改善すればいいのです。


山口周

「何かをやめる」ことの重要性を私が強く意識するようになったのは、コンサルタントになって2年目、毎日2時間しか寝られないほど忙しかった頃のことです。当時、私はタバコを吸っていました。ビルの外の喫煙所までの往復時間を含めると、1本吸うために15分。1日に10本くらい吸っていましたから150分、2時間半もタバコに費やしている。ということは、タバコをやめれば睡眠時間が倍になると気づいて、私はピタリとタバコをやめました。これはややくだらない例ですが、本当に忙しいと「余計なことにかける時間を削ろう」という圧力がかかるものです。


岡野雅行(岡野工業)

人からだまし取るような儲け方をしちゃダメだよ。そんな暇があったら「技術を覚えろ」って俺は言いたい。それは営業の技術だって、経理の技術だって一緒だよ。本当に誇れるような仕事の技術があれば、必ず一生仕事できるから。俺なんて生涯現役だよ。