名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

吉田沙保里の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

吉田沙保里のプロフィール

吉田沙保里、よしだ・さおり。日本のレスリング選手。三重県出身。中京女子大学卒業。綜合警備保障所属。レスリング全日本選手権優勝者吉田栄勝、テニス元国体選手吉田幸代の娘として生まれる。3歳でレスリングを開始。世界カデット選手権、世界ジュニア選手権をそれぞれ二連覇。その後、数々の大会で優勝。アテネ、北京、ロンドン五輪で金メダルを獲得。レスリング世界選手権、アジア選手権、アジア大会でも多数の金メダルを獲得。国民栄誉賞を授与された。

吉田沙保里の名言 一覧

自分の決めた道で、一日一日を精いっぱい努力し、試合で勝つことで、様々な人との出会いがあり、世界が広がった。


世界の大舞台で連勝できた要因は、超負けず嫌いな性格だから。それと「何が何でも金メダルが欲しい」という動機。


「約束」は「何が何でも勝つ」という覚悟となり、力になる。プレッシャーになると思う人もいるかもしれませんが、それは当人の受け取り方次第。


私は勝ち続けることで成長したんじゃなく、負けて強くなってきたんです。


試合が終わったとき、私の手が上がっていればいい。大事なことは、表彰台の一番上に立つことだけ。


あの試合を振り返って一番思うのは、慣れの怖さですね。なあなあの気持ちで、なんとなくマットに上がってしまいました。試合が始まっても、ガムシャラに攻めず、相手の出方を見たり、時計をチラ見したり。世界選手権で1ピリオド取られたシーンが頭をよぎったりしました。タックルに入ろうとしても、躊躇する自分がいたんです。
【覚書き|ロンドン五輪直前のワールドカップでロシアのワレリア・ジョロボワに敗れた試合を振り返っての発言】


「五輪前に負けてよかった」そう思いました。自分の中にどこか甘さがあったのでしょう。あの負けは、自分の意識を変えてくれました。精神的にも強くなれたし、技術的にも進歩できました。連勝中なら絶対にそんなことしないでしょうけど、初心に戻って練習に打ち込みました。
【覚書き|北京五輪直前のワールドカップで敗北し、連勝記録が119勝で止まったときを振り返っての発言】


(金メダルを逃し)悔しいですが、銀メダルもきれいだなと思えるようになりました。勝つことだけが人生ではない。努力する過程も大事だと思えるようになったのも、レスリングを続けてきたおかげです。


実力の差などいろいろと考えられますが、一番の敗因は、相手の「勝ちたい」という気持ちが私より上回っていたこと。五輪の決勝という世界最高峰の舞台において、最後はメンタルの差が勝敗を分けた。

【覚え書き|リオデジャネイロ五輪で金メダルを逃したことについて】


連勝記録が119で途切れた時、私はショックで立ち直れなくなったんです。その時は母から、「あなたが勝っている時はほかの選手が泣いているんだよ。一度負けたぐらいでクヨクヨしない」と言われました。その言葉を聞いて、「そうか、そうだよな。いつまでも落ち込んでいたらダメだ」と思えた。それからは悔しいことや辛いことがあれば、ワーッとひとしきり泣いて、気持ちを切り替えられるようになりました。


コーチを含め、様々な方から頂いた励ましや助言を原動力にしてきましたが、特に父や母からの言葉には、私のレスリング人生を支えてもらったと思っています。幼い頃、父はよく私に「もしおまえが途中で負けたら、おまえに負けた子が泣いてしまうぞ」と言いました。私は「そうか、勝たなきゃいけない」と思えて目の前の相手に全力で向かうことができた。


4歳の時、試合で同い年の男の子に負けたことがあったんです。そのまま勝ち進んで優勝した彼が首からぶら下げている金メダルを見て、私は欲しくてたまらなくなった。そして父に、「メダルが欲しい!」と泣きながら駄々をこれました。すると父は「あれはスーパーで売ってないし、勝った選手しかもらえない。そんなに欲しいなら帰って練習しなさい。次の試合で勝ったらもらえるから」と私に言い聞かせた。「金メダルが欲しい」。私はその一心で練習し、1年後の同じ大会で優勝しました。私がレスリングに真剣に取り組んだきっかけは、4歳の頃の「金メダルが欲しい」という思いが始まりであり、その動機はずっと変わっていません。「誰にも負けたくない」「金メダルが欲しい」という強い思いが根底にあったからこそ、必死になってこられた。


吉田沙保里の経歴・略歴

吉田沙保里、よしだ・さおり。日本のレスリング選手。三重県出身。中京女子大学卒業。綜合警備保障所属。レスリング全日本選手権優勝者吉田栄勝、テニス元国体選手吉田幸代の娘として生まれる。3歳でレスリングを開始。世界カデット選手権、世界ジュニア選手権をそれぞれ二連覇。その後、数々の大会で優勝。アテネ、北京、ロンドン五輪で金メダルを獲得。レスリング世界選手権、アジア選手権、アジア大会でも多数の金メダルを獲得。国民栄誉賞を授与された。

他の記事も読んでみる

西條剛央

「ふんばろう東日本支援プロジェクト」は気持ちだけを原動力とする、無償のボランティアたちで動く組織です。彼らが力を最大限に発揮してくれる組織にするため、意思決定の方法には気を配りました。従来型のトップダウン型、多数決型はいずれも少数派の新しい考えが採用されにくく、嫌々動かざるをえない人が出る。そこで「ふんばろう」は「第三の道」として、真っ当さを問う議論を積み重ねました。


末木紳也

30代後半からの年代は中間管理職となり、仕事でマネジメント能力を求められる機会が多いものです。資格でいえばコンサルティングが身につく中小企業診断士や人事・労務のエキスパートになれる社会保険労務士あたりが最適です。


徳重徹

初めて会う方に私が必ず話すのが、自分の信念や想いです。営業される相手にしてみれば、私や私の会社が、新しくビジネスを始めるにあたって信用・信頼に値するのかを判断することが何より重要。ですから営業では、ビジネスプランの提案や自社商品の説明よりも先に、まずは自分がどんな考えを持ち、何を目指しているかを語るべきなのです。


澤上篤人

いつの投機も熱狂が過ぎ去ってみれば、一体何を追い回していたのかとなって、残るのは笑い話ばかり。本来の価値とか将来の価値の高まりに向けて資金を投入していく、我々長期投資家にすれば別世界の話だよね。


永野毅

事業環境が厳しい時こそ、そして我々の経営の難易度が高まっているからこそ、事業の目的、存在意義に立ち返り、真にやるべきことを一人一人考え抜くことが大切だ。


殿村美樹

大脳の働きは「知・意・情」の3つに分かれると言います。特に人を動かすには「情」が大事。そして「情」をつかむには、味のある手描きイラストが最適。


近藤良平

子供を広いところに連れていくと、意味なく走り回ってはしゃぐでしょ? あれをやるのはきっと、もう理屈抜きに感覚的に、体を動かすことが楽しいからだと思うんですよ。みんな根っこのところには、そういうものを持っているはずなので、体を動かすことで逆に、いろんな感覚や感情を解放できればと思ってます。


大前研一

多くの人は取り掛かりやすい締め切り時間のある定型業務を先に片づけようとする。そして、クリエイティブな作業を残りの時間に疲れ切った頭でやろうとする。これでは成果は出ない。ちなみに私はマッキンゼー時代、鉛筆を持って自らレポートを書いたことは一度もない。そのかわり、上がってくる報告や分析を基にひたすら顧客の立場で戦略を考えた。それが自分の仕事の本質だと理解していたからだ。


堀之内九一郎

人は普段の生活で、気取りや見栄、外聞といった人間らしさからなかなか自由になれません。人間らしさが、どれほど人間の行動を制限しているかに気付く人はあまりいません。そんな人間らしさとやらをかなぐり捨てたとき、自分の本当の目標は見えてくるような気がします


桜田厚(櫻田厚)

癌や交通事故で亡くなった旦那さんの跡を継いだ奥さんも少なくないのですが、女性オーナーに代わって失敗したケースはほとんどありません。これは私なりに考えていることなのですが、男性は事業がうまくいって2、3店舗持つオーナーになると「自分はできる」と勘違いしてしまうんですね。周りもおだてるものだから、他の事業に手を出したり豪邸を建てたり、本業と関係ない所でお金を使ってしまいます。結局、最後はそれで失敗してしまうんですよね。ところが女性はあまりそういうことがありません。岐阜のあるオーナーさんはお母さんから事業を承継されたんですが、それから本人が頑張って着実にお店を増やしていますよ。


森澤篤

論理思考(ロジカルシンキング)のベースは「事実」と「ロジック」である。しかし、「事実がないと答えが出ない」と思い込み、調査を繰り返してばかりいては、物事が進まない。ビジネスとして意味のあるスピードで仕事を進めるためには、大局的観点での見極めやメリハリが重要になる。厳密に論理的に考えようとこだわりすぎると、商機を逃してしまう危険性が高まることも忘れてはいけない。


坂本勇人

チャンスに打順が回ったとき、ドキドキすることはありません。むしろワクワクする。