吉田沙保里の名言

吉田沙保里のプロフィール

吉田沙保里、よしだ・さおり。日本のレスリング選手。三重県出身。中京女子大学卒業。綜合警備保障所属。レスリング全日本選手権優勝者吉田栄勝、テニス元国体選手吉田幸代の娘として生まれる。3歳でレスリングを開始。世界カデット選手権、世界ジュニア選手権をそれぞれ二連覇。その後、数々の大会で優勝。アテネ、北京、ロンドン五輪で金メダルを獲得。レスリング世界選手権、アジア選手権、アジア大会でも多数の金メダルを獲得。国民栄誉賞を授与された。

吉田沙保里の名言 一覧

自分の決めた道で、一日一日を精いっぱい努力し、試合で勝つことで、様々な人との出会いがあり、世界が広がった。


世界の大舞台で連勝できた要因は、超負けず嫌いな性格だから。それと「何が何でも金メダルが欲しい」という動機。


「約束」は「何が何でも勝つ」という覚悟となり、力になる。プレッシャーになると思う人もいるかもしれませんが、それは当人の受け取り方次第。


私は勝ち続けることで成長したんじゃなく、負けて強くなってきたんです。


試合が終わったとき、私の手が上がっていればいい。大事なことは、表彰台の一番上に立つことだけ。


あの試合を振り返って一番思うのは、慣れの怖さですね。なあなあの気持ちで、なんとなくマットに上がってしまいました。試合が始まっても、ガムシャラに攻めず、相手の出方を見たり、時計をチラ見したり。世界選手権で1ピリオド取られたシーンが頭をよぎったりしました。タックルに入ろうとしても、躊躇する自分がいたんです。
【覚書き|ロンドン五輪直前のワールドカップでロシアのワレリア・ジョロボワに敗れた試合を振り返っての発言】


「五輪前に負けてよかった」そう思いました。自分の中にどこか甘さがあったのでしょう。あの負けは、自分の意識を変えてくれました。精神的にも強くなれたし、技術的にも進歩できました。連勝中なら絶対にそんなことしないでしょうけど、初心に戻って練習に打ち込みました。
【覚書き|北京五輪直前のワールドカップで敗北し、連勝記録が119勝で止まったときを振り返っての発言】


(金メダルを逃し)悔しいですが、銀メダルもきれいだなと思えるようになりました。勝つことだけが人生ではない。努力する過程も大事だと思えるようになったのも、レスリングを続けてきたおかげです。


実力の差などいろいろと考えられますが、一番の敗因は、相手の「勝ちたい」という気持ちが私より上回っていたこと。五輪の決勝という世界最高峰の舞台において、最後はメンタルの差が勝敗を分けた。

【覚え書き|リオデジャネイロ五輪で金メダルを逃したことについて】


連勝記録が119で途切れた時、私はショックで立ち直れなくなったんです。その時は母から、「あなたが勝っている時はほかの選手が泣いているんだよ。一度負けたぐらいでクヨクヨしない」と言われました。その言葉を聞いて、「そうか、そうだよな。いつまでも落ち込んでいたらダメだ」と思えた。それからは悔しいことや辛いことがあれば、ワーッとひとしきり泣いて、気持ちを切り替えられるようになりました。


コーチを含め、様々な方から頂いた励ましや助言を原動力にしてきましたが、特に父や母からの言葉には、私のレスリング人生を支えてもらったと思っています。幼い頃、父はよく私に「もしおまえが途中で負けたら、おまえに負けた子が泣いてしまうぞ」と言いました。私は「そうか、勝たなきゃいけない」と思えて目の前の相手に全力で向かうことができた。


4歳の時、試合で同い年の男の子に負けたことがあったんです。そのまま勝ち進んで優勝した彼が首からぶら下げている金メダルを見て、私は欲しくてたまらなくなった。そして父に、「メダルが欲しい!」と泣きながら駄々をこれました。すると父は「あれはスーパーで売ってないし、勝った選手しかもらえない。そんなに欲しいなら帰って練習しなさい。次の試合で勝ったらもらえるから」と私に言い聞かせた。「金メダルが欲しい」。私はその一心で練習し、1年後の同じ大会で優勝しました。私がレスリングに真剣に取り組んだきっかけは、4歳の頃の「金メダルが欲しい」という思いが始まりであり、その動機はずっと変わっていません。「誰にも負けたくない」「金メダルが欲しい」という強い思いが根底にあったからこそ、必死になってこられた。


吉田沙保里の経歴・略歴

吉田沙保里、よしだ・さおり。日本のレスリング選手。三重県出身。中京女子大学卒業。綜合警備保障所属。レスリング全日本選手権優勝者吉田栄勝、テニス元国体選手吉田幸代の娘として生まれる。3歳でレスリングを開始。世界カデット選手権、世界ジュニア選手権をそれぞれ二連覇。その後、数々の大会で優勝。アテネ、北京、ロンドン五輪で金メダルを獲得。レスリング世界選手権、アジア選手権、アジア大会でも多数の金メダルを獲得。国民栄誉賞を授与された。

他の記事も読んでみる

矢内廣

ぴあの企業理念でもありますが、「ひとりひとりが生き生きと」できるような世の中を作っていきたいという思いがあります。生まれも育ちも違うのだから、一人ひとり違う嗜好性で生き生きと生きる時代になると、雑誌『ぴあ』の創刊時から思っていました。


尾山基

スポーツ用品業界にはかつてない地殻変動が起きています。SNSが当たり前の時代となり、ブランドが消費され、飽きられるスピードもどんどん速くなっています。グローバルで競争している各社は、その地殻変動への対応に追われています。


三宅宏実

人は本気で変わりたいと思った時に力を発揮し、行動に移して、壁を乗り越えられる。そうして一つひとつ壁を乗り越える度に、少しずつ心が強くなっている。


棚橋弘至

何か嫌なことがあると、顔の前で指を一回転させて、パチンと鳴らしながら「わーすれろ!」と言う。おまじないみたいなものだけど、これでバッチリ気持ちが切り替わります。


青木利勝

その道だけで食べていくことは簡単ではない。しかし、苦労して身につけた技術は自分だけのもの。辛いときにこそ自分を支えてくれる。


ジャン・ポール・ゲティ

自分で100%の努力をするよりも、むしろ100人の1%ずつの努力を味方につけたいところだ。


藤井清孝(経営者)

ビジネスマンにとって、いま何が一番重要なのかを先入観なく本質的に考える力が必要です。経営者ならチームをつくる力、社員や株主や親会社など垣根を越えてコミュニケーションする力、トップにいながら現場の鼓動を感じる力も必須です。


山中伸弥

米国の研究者は、ビジョンを持つこと、そして世界中から人材を集め、チームを作ることが得意です。ビジョンはボスが提示し、ハードワークは多様な人材が行う。そうやってうまくいっているケースが、米国には多いように思います。


酒井博文(経営者)

私は社長業の一方で、今もプロジェクトマネージャーとしてプロジェクトを担当し、常に現場を回っています。そうしないと、顧客のニーズや社員の気持ちに敏感になることはできません。


松本晃(経営者)

成果を出すために自分の時間をどう使ったらいいかについて真剣に考えるといい。会社が求めているのが何時間働いたかではなく、成果だから。


藤井孝一

以前私は金融会社で営業の仕事をしていましたが、バブル期の採用だったので、「バブル採用の人間はいずれ淘汰される」といわれていたんです。「これはマズイな、知識武装して、会社にとって必要な人間にならないといけない」と思い、ビジネスに必要な読み書き算盤を身につけようと思ったのです。それは、英語、インターネット、会計です。


安渕聖司

毎日の運動にしても、洗顔や歯磨きと同じように習慣化してしまえば無理なく続けられます。軽い運動でもいいので毎日続けるほうが重要。


スティーブ・ジョブズ

私は断言できます。もし私がアップルをクビになっていなかったら、こうしたことは何一つ起こらなかっただろうと。それは苦い薬でしたが、患者には必要だったのでしょう。
【覚え書き|アップルを離れた時期に行った技術開発がアップルを救ったことについて】


古賀信行

人事異動で未知の分野の仕事を任されることになったとします。もちろん現場レベルは、その分野に精通している人たちでなければ仕事になりません。しかし、その上のレベルでマネジメントする人であれば、その仕事に詳しくなくてもいい。そこで大切なのは、知ったかぶりをするのではなく、わからないことを自覚することです。そうすれば、わかっている人にあるレベルまでは仕事を委ねることができる。


北畑稔

ビジネスの世界は、不確実性とリスクを減らす努力をしていきながら、しかし、どこかのタイミングで思い切って選択して前に進むしかない世界であり、しかも、自分の選択に対して結果責任を持たなければならない世界です。


ページの先頭へ