名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

吉田正樹(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

吉田正樹(経営者)のプロフィール

吉田正樹、よしだ・まさき。日本の経営者、テレビプロデューサー、演出家。ワタナベエンターテインメント会長。兵庫県出身。東京大学法学部卒業後、フジテレビに入社。関西支社のスポット営業部を経て、編成局第二制作部に移り、フジテレビの看板バラエティ番組の制作に携わる。AD、ディレクター、プロデューサーなどを経て第二制作部企画担当部長、バラエティ制作センターライン部長などを務めたのち退職。その後、ワタナベエンターテインメント会長に就任。そのほか、SBIホールディングス取締役などを務めた経営者。

吉田正樹(経営者)の名言 一覧

プロデューサー時代、あえて「やめる」ことの重要さも学びました。テレビでできることは有限で、何かをやめなければ、新たな企画は打ち出せない。


オリジナリティーという言葉が何かと尊ばれる昨今ですが、そこが「他の誰も面白いと思わないところ」なら、オリジナルであることなど意味はありません。


昔は本でもレコードでも、店頭でたまたま目についたものを買うことで、自分の世界が広がることがありました。しかしいま情報は「指定して取りに行くもの」になっています。目的をもって検索すればいくらでも情報が手に入るけれど、逆に、「偶然の出会い」は乏しくなっています。しかし、ツイッターの他人の発言には、それと似たような効果があります。僕はあえてフォローする人の人数をあまり絞り込まずに、雑多な情報が流れるダイナミックさを味わうようにしています。


そのブログが自分と合うかどうかを見極めるには、そこで勧めているものを積極的に試してみることでしょう。その人が褒めた店に行ってみたり、本を読んでみたりすれば、「なんだ、この程度のものをあんなに褒めちぎっていたのか」と思うかもしれません。逆にまだ知られていない、いいものを紹介していたら相当な目利きだとわかります。


情報収集では誰のブログでもいいというわけではなく、「どんな人が書いているか」が重要です。直接当人を知っているのでなければ、内容をよく吟味する必要があります。そのかわり、「この人なら間違いない」と思えるブロガーが見つかったら、自分の代わりにいろいろなものを見聞きして判断してくれる、もうひとつの目や耳ができたようなものです。


ネットでいつも見ているのは、個人のブログが中心です。なぜなら大量の情報が網羅してあるだけのニュースサイトはかえって見づらいからです。それより誰か信頼できる人が優先順位をつけてくれたものを読む方がいいのです。


関係を成熟させるには、必ず実際に会って話さなければいけません。しかし、時代の気分を知り、最初の出会いを得るには、ツイッターは十分有益なツールであることは間違いないでしょう。


リーダーは目指すべき頂を示し、そこに至るにはどんな頑張りが必要かを示し、あえて任せ、その失敗のリスクを引き受けながら、勇気を持って前に進む。そんな存在であるべき。


失敗を重ねさせるには「ムチャぶりと丸投げ」が一番です。私自身、フジテレビ時代は、ひたすらムチャぶりをされて、そしてムチャぶりをして、失敗の限りを尽くしてきました。しかし、これこそが今の私を支える財産です。


経験の豊富さとは失敗の数で計るべきで、想定内のことを繰り返した経験なんて、いざというとき、何の役にも立たない。失敗したことのないやつに、大事な仕事なんて任せられない。


少々物騒な比喩ですが、自分が面白いと思うアイデアの山を登る途中に「白骨死体」を見つけたら自信を持って進んでいい。白骨死体とはそのアイデアを実現しようとしたものの、志半ばで断念した人がいた記録のことです。「他の人も思いついたアイデアだったか」「実現は難しいのか」などと落ち込む必要はない。「面白いと思う人が他にもいたんだ!」と心強く思っていい。そして、倒れた先人に敬意を表しつつ、それを越え、しっかり登り切る。


マネジメントにおいて大事にしているのは「旗を立てること」と「ムチャぶり」です。旗を立てるとは、目指すところを明快にすること。


吉田正樹(経営者)の経歴・略歴

吉田正樹、よしだ・まさき。日本の経営者、テレビプロデューサー、演出家。ワタナベエンターテインメント会長。兵庫県出身。東京大学法学部卒業後、フジテレビに入社。関西支社のスポット営業部を経て、編成局第二制作部に移り、フジテレビの看板バラエティ番組の制作に携わる。AD、ディレクター、プロデューサーなどを経て第二制作部企画担当部長、バラエティ制作センターライン部長などを務めたのち退職。その後、ワタナベエンターテインメント会長に就任。そのほか、SBIホールディングス取締役などを務めた経営者。

他の記事も読んでみる

松本大

後継者の条件はイエスマンじゃないことです。どれだけ優秀でも、私の言うことを何でも聞き入れる人では、会社は成長しません。時には噛みついてくるくらいの人がいい。


碓井孝介

覚えたことがアウトプットできるレベルに達したかどうかを確認するには、「自分で自分に説明することができるか」を目安にします。たとえば問題集を解きながら、問題の答えに続いて、なぜその答えなのかを声に出して自分に説明するのです。説明を通じて知識が整理され、覚えた情報が脳に刻み込まれます。


粟飯原理咲

当時は、こんなサービスがあったら面白いなあと思うサイトがなかったんです。一方で、自ら情報を投げかけると、面白いと思ってくれた人たちがワッと集まってくる。未開発市場であるネットでは、ちょっとしたアイデアとやる気さえ出せば、メディアとして発信できる。大きな喜びでした。


ジャック・アタリ

自分の利益ではなく、自分の子どもの利益を考えるべきだ。そして自分が老いたとき、面倒を見てくれるのは自分の子どもだけではなく、ほかの人の子どもでもある。だからこそ、これからの世界に必要なのは、利他主義というイデオロギーだ。


伊藤真(弁護士)

99.9%の普通の人は、一度見たら覚えられる記憶の天才ではありません。筆記具・ノートや書き方を変えたり、覚えたい部分に傍線を加えたり、記憶専用カードを作ったり……。記憶には「あの手この手を使って覚えよう」という貪欲さが欠かせない。


川名潤

イメージが固まったら、イラストであれば誰にお願いして、写真だったらカメラマンは誰でどんな感じの写真を撮ってもらうかを決めて、「大体こんな感じでお願いします」って、僕の方でラフを描いてお渡しします。できあがったものがイメージと違ったら、僕の伝え方の方が悪かったなって反省します。


夏野剛

たとえば2人の部下を使って3年連続で目標を達成した。そのような成功を収めたときに初めて市場価値が高まります。だから30代は正念場です。人を使ってとにかく成果を出すことが大切です。


弘兼憲史

信念を貫くのに必要なのは、「仕事へのプライド」であり、「仕事が好きだ」という気持ち。


片山幹雄

アフターサービスの顧客満足度を高めるためのカギは、見える化です。お客様からかかる電話の件数や、翌日以内に修理を完了する比率など様々な指標を定めておき、それぞれに数値目標を立て、改善活動を進めることを徹底しています。これが各種満足度ランキングで1位を維持するための土台ともいえる仕組みです。


貞末良雄

知識よりも行動が先。動いて体得したことは一生忘れない。


陰山英男

人から見れば多くのことに手を出していると思うかもしれませんが、私としては「周囲が求めることに応え、穴を埋める存在になる」という、非常に合理的な生き方を追求してきただけなのです。その結果、教師としてユニークなポジションを得ることができたのは、自分でも面白いなと感じています。「家を売る教師」なんて、日本中を探しても私くらいでしょう(笑)。「自分には突出した強みがない」と考え、ゼネラリストを目指していた人間が、最終的には唯一無二の個性を手に入れたのだから不思議なものです。


ジョン・テンプルトン

いつも同じ資産を選んではならないし、いつも同じ銘柄選択手段をとってはならない。投資家は常に柔軟でなければならず、固定観念にとらわれてはいけない。長期にわたって最大のリターンを確保するには、人気のある証券や手法から人気のないものにシフトする必要がある。