名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

吉田正樹(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

吉田正樹(経営者)のプロフィール

吉田正樹、よしだ・まさき。日本の経営者、テレビプロデューサー、演出家。ワタナベエンターテインメント会長。兵庫県出身。東京大学法学部卒業後、フジテレビに入社。関西支社のスポット営業部を経て、編成局第二制作部に移り、フジテレビの看板バラエティ番組の制作に携わる。AD、ディレクター、プロデューサーなどを経て第二制作部企画担当部長、バラエティ制作センターライン部長などを務めたのち退職。その後、ワタナベエンターテインメント会長に就任。そのほか、SBIホールディングス取締役などを務めた経営者。

吉田正樹(経営者)の名言 一覧

プロデューサー時代、あえて「やめる」ことの重要さも学びました。テレビでできることは有限で、何かをやめなければ、新たな企画は打ち出せない。


オリジナリティーという言葉が何かと尊ばれる昨今ですが、そこが「他の誰も面白いと思わないところ」なら、オリジナルであることなど意味はありません。


昔は本でもレコードでも、店頭でたまたま目についたものを買うことで、自分の世界が広がることがありました。しかしいま情報は「指定して取りに行くもの」になっています。目的をもって検索すればいくらでも情報が手に入るけれど、逆に、「偶然の出会い」は乏しくなっています。しかし、ツイッターの他人の発言には、それと似たような効果があります。僕はあえてフォローする人の人数をあまり絞り込まずに、雑多な情報が流れるダイナミックさを味わうようにしています。


そのブログが自分と合うかどうかを見極めるには、そこで勧めているものを積極的に試してみることでしょう。その人が褒めた店に行ってみたり、本を読んでみたりすれば、「なんだ、この程度のものをあんなに褒めちぎっていたのか」と思うかもしれません。逆にまだ知られていない、いいものを紹介していたら相当な目利きだとわかります。


情報収集では誰のブログでもいいというわけではなく、「どんな人が書いているか」が重要です。直接当人を知っているのでなければ、内容をよく吟味する必要があります。そのかわり、「この人なら間違いない」と思えるブロガーが見つかったら、自分の代わりにいろいろなものを見聞きして判断してくれる、もうひとつの目や耳ができたようなものです。


ネットでいつも見ているのは、個人のブログが中心です。なぜなら大量の情報が網羅してあるだけのニュースサイトはかえって見づらいからです。それより誰か信頼できる人が優先順位をつけてくれたものを読む方がいいのです。


関係を成熟させるには、必ず実際に会って話さなければいけません。しかし、時代の気分を知り、最初の出会いを得るには、ツイッターは十分有益なツールであることは間違いないでしょう。


リーダーは目指すべき頂を示し、そこに至るにはどんな頑張りが必要かを示し、あえて任せ、その失敗のリスクを引き受けながら、勇気を持って前に進む。そんな存在であるべき。


失敗を重ねさせるには「ムチャぶりと丸投げ」が一番です。私自身、フジテレビ時代は、ひたすらムチャぶりをされて、そしてムチャぶりをして、失敗の限りを尽くしてきました。しかし、これこそが今の私を支える財産です。


経験の豊富さとは失敗の数で計るべきで、想定内のことを繰り返した経験なんて、いざというとき、何の役にも立たない。失敗したことのないやつに、大事な仕事なんて任せられない。


少々物騒な比喩ですが、自分が面白いと思うアイデアの山を登る途中に「白骨死体」を見つけたら自信を持って進んでいい。白骨死体とはそのアイデアを実現しようとしたものの、志半ばで断念した人がいた記録のことです。「他の人も思いついたアイデアだったか」「実現は難しいのか」などと落ち込む必要はない。「面白いと思う人が他にもいたんだ!」と心強く思っていい。そして、倒れた先人に敬意を表しつつ、それを越え、しっかり登り切る。


マネジメントにおいて大事にしているのは「旗を立てること」と「ムチャぶり」です。旗を立てるとは、目指すところを明快にすること。


吉田正樹(経営者)の経歴・略歴

吉田正樹、よしだ・まさき。日本の経営者、テレビプロデューサー、演出家。ワタナベエンターテインメント会長。兵庫県出身。東京大学法学部卒業後、フジテレビに入社。関西支社のスポット営業部を経て、編成局第二制作部に移り、フジテレビの看板バラエティ番組の制作に携わる。AD、ディレクター、プロデューサーなどを経て第二制作部企画担当部長、バラエティ制作センターライン部長などを務めたのち退職。その後、ワタナベエンターテインメント会長に就任。そのほか、SBIホールディングス取締役などを務めた経営者。

他の記事も読んでみる

堀尾正明

HNKアナウンサーって、実は全国に500人以上もいるんです。そのうち、東京に行って活躍できるのはほんの一握りだけ。僕はかなり早い段階から、「東京には一生行けないだろうな」と思っていました。いわゆる出世コースからは、完全に外れてましたから。それで、30代になったあたりからは、あえて「NHKアナウンサーらしくないアナウンサー」を目指すようにしたんです。


加藤照和

2週間の研修のあと、配属されたのは経理部門でした。元々、営業志望で入社しましたから、正直なところちょっとがっかりしました。そんな時、東京・八重洲の地下街を歩いていて、たまたま立ち寄った書店で目に留まったのが、『松下経理大学の本』でした。私が当初抱いていた経理のイメージは、この本によって完全に覆されました。経理は単なる会計係ではなく、「企業経営の羅針盤」の役割を果たすべきもの、つまり、経営管理、経営経理でなければならないと述べられています。ですから本書の冒頭には、「初めに経営基本方針ありき」と謳われていました。大学時代に経営学を学んできたものの、経理から見た経営という観点には初めて気づかされました。


越智仁

長時間労働の抑制を語る前に、なぜ長時間労働しなければいけないのか、という根本的な問題を考える必要がある。残業削減のために、19時になったらオフィスの電源を落として、社員を帰らせるような一律的なシステムは、本質的な回答にならない。


坂本真綾

本を読むと自分では見つけられない感覚を教えられるし、歌詞を書くうえで影響されることも多いです。自分の表現したいことに合致する言葉を探すのが楽しいんです。


孫正義

私は、難しい課題は最善の贈り物だと思っています。より早く学べて、どうやって解決するのか、生き残るかたくさん学べますからね。


星﨑尚彦(星崎尚彦)

当初、「何もしなければ倒産する」という状態でした。そこで業界の常識だった「レンズは0円」という売り方をやめることにしたんです。10年前から競合の多くがレンズを無料にして、フレームのみの価格で販売するようになりました。当社もそれに倣って始めたのですが、価格競争に巻き込まれ、利益が出なかった。これをやめ、増加する中高年層をターゲットにして、接客重視の「アイケア」サービスに転換しました。


安永竜夫

もう黒子の集合体では生き残っていけない。自分たちで自分の運命を決められるようになる必要がある。


室伏広治

人の話に耳を傾けるだけではなく、それを応用して自分のものとし、いかに向上させるかが大事。それがハンマー投げの奥深さや楽しさなんです。


石川康晴

マネタイズできる可能性という点では、いずれフィッティングルーム(試着室)も広告スペースとして売れると想定しています。このスペースで「自撮り」した写真を、自分の「インスタグラム」に上げるお客さんがたくさんいるので、室内の写真を拡散させるチャンスに変えるのです。フィッティングルームを「物を伝える場所」に変えられれば、お金を稼げるスペースに変わるはずです。


柳澤大輔

今年の社員合宿のテーマは「カヤックらしい解散方法とは?」でした。そういうことをテーマにみんなで考えてもらっています。 例えば、もし会社が潰れるとしたら、それは経済的に苦しくなったとか、突き詰めていっちゃうと、社会から必要ないと思われているということだと思うんです。それは受け入れなきゃいけない。でも、それでも最後に、価値ある何かを実行することができたら。社員が他社へ転職するとしても、それはアドバンテージになります。


羽生善治

将棋の世界での流行の最先端をつくっているのは、20歳前後のプロになっているかいないかくらいの人たちのアイデアから生まれていることが非常に多い。だから若い世代に対しては、育成というよりむしろ学ぶことがあります。


澤田秀雄

ハウステンボスはモナコと同じ大きさがあります。広さは経費を考えるとマイナスですが、マイナスは裏返すとプラスですから、大きな敷地を利用して、ほかではできないことをいろいろ試せばいい。