名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

吉田正昭の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

吉田正昭のプロフィール

吉田正昭、よしだ・まさあき。日本の経営者。運動特化型デイサービス「元氣ジム」などを展開する「ルネサンス」社長。大阪府出身。京都産業大学経済学部卒業。ピープル(のちのコナミスポーツ&ライフ)執行役員専務、ルネサンス取締役執行役員などを経て社長に就任。そのほか日本フィットネス産業協会会長を務めた。

吉田正昭の名言 一覧

少子化で人口が減っても20年後、30年後に我々の事業が存続していくために、その領域に先にリーチしていくことが大事だと考えています。


今まで家に閉じこもっていた方が仲間と会って話をすることも大きい。今でも印象に残っているのは、元氣ジム1号店の大船の開所初日にいらっしやった方は、服装も何も構わないおじいちゃん、おばあちゃんばかりでした。それが半年経つと、ブランドのTシャツを着て、おばあちゃんは薄化粧して来ている。友達と会話して、できないことでも楽しくワイワイ言いながらやっている。


モチベーション維持の対策はタブレットを利用した「効果実感」ですね。動画や静止画をiPadで撮影し、ご自分の動きをビジュアルで見て理解していただいています。運動した後では歩き方や姿勢が改善するので、ご自分で運動前と運動後を見比べるだけで「やっぱり体を動かしたら変わるね」と自信を持っていただき、それがモチベーションになっていると思います。


吉田正昭の経歴・略歴

吉田正昭、よしだ・まさあき。日本の経営者。運動特化型デイサービス「元氣ジム」などを展開する「ルネサンス」社長。大阪府出身。京都産業大学経済学部卒業。ピープル(のちのコナミスポーツ&ライフ)執行役員専務、ルネサンス取締役執行役員などを経て社長に就任。そのほか日本フィットネス産業協会会長を務めた。

他の記事も読んでみる

阿川佐和子

インタビューをする時は、こちらが聞きたいことやテーマは当然あります。ですが、例えば相手の方が松葉づえをついていらっしゃったら、「今日は足が痛いことで頭がいっぱいだろうな」ということをまず考えます。その気持ちに配慮した上で、「相手が話す気になるように聞く」ことを心掛けています。


八ツ井慶子

将来必要な資金を守るためには早くからの準備が重要。加えて、家族全員で話し合うことも大切。


荒川詔四

組織が自信を持ってスピードをあげられるように、中期計画という枠組みを最重視しています。基本方針や基本戦略を定めた中期目標を社員全員がしっかり理解し、自らの役割を認識すれば、無駄がなくなり、迅速化します。


ミロコマチコ

動植物はみんな、すごく素直に生きていると感じます。生きるか死ぬかの状態に、常に直面している。そういう存在に強く憧れます。生き物を描くと、自分もそういうものになれた気がするんです。


鳥内浩一

すべての市場が縮小しニーズが変わった。業界の常識なんて固執していたら、変化したビジネス環境で成果は出せない。むしろ素人発想のほうがお客さん目線でアイデア力が出せる。


木村皓一

小さいころ出来なかった分を取り戻す勢いで野球に熱中していますが、野球で体も心も少年に戻ることが健康の秘訣かもしれません。


鈴木敏文

顧客がどの商品から手に取ったか、「顧客の立場で」数字を見ることが大切です。売り手は「量を多く売りたい」と考えるため、どれが多く売れたか、売れた量に目が奪われがちです。確かに、量で見るのが一番楽です。しかし、売り手から買い手へ視点を変えると別の数字が見える。もの余りの買い手市場では、つねに顧客の立場で数字を見る視点を心がけなければなりません。


似鳥昭雄

本当にお客様のためになっていれば必ず利益が後からついてくる。私たちはブーメラン効果といっています。


井上礼之

世界で通用するリーダーを育てるには、とにかく「修羅場を多く踏ませる」ことに尽きると思っています。


坂本孝

師匠なしでは、大きな人物にはなれない。


村上綾一

私がよくやるのは、散歩中に目に入った数字を暗算で掛け合わせていく計算遊びです。道路の標識や道端の看板などに書いてある数字を、頭の中でどんどん掛け合わせていくのです。室内ですと、パッと時計を見たときに指していた長針、短針、秒針の数字を掛け合わせたりします。このときのポイントは「暗算をする」ということです。たとえ2桁以上になっても、文字に頼らず頭の中で計算することが、地頭力の強化につながります。


小泉文明

決して自分から逃げてはいけません。人に注意する行為は自分にもかなりのストレスがかかる。その後の関係も頭によぎるから、言葉尻や言い方をマイルドにしがちです。本当は100の厳しいことを言うべきなのに、嫌われたくないあまりに70~80に抑えてしまった経験がある人は結構いるでしょう。私も部下に降格を伝えないといけない時がありました。しかも部下は年上で、心理的には結構厳しい状況です。でも逃げるのは駄目だと思ったから、口頭から手紙へとアプローチを変更。対面で躊躇して70しか伝えられない恐れがあるのなら、手紙で100伝えた方がいいと思ったのです。降格の理由や今後望んでいる仕事に対する姿勢などを、時間をかけて言葉に落とし込んで手紙にしたためました。結果は、相手も「こんなに真剣なフィードバックを受けたのは初めてで、とてもありがたい」と真摯に受け止めてくれました。