名言DB

9429 人 / 110879 名言

吉田正昭の名言

twitter Facebook はてブ

吉田正昭のプロフィール

吉田正昭、よしだ・まさあき。日本の経営者。運動特化型デイサービス「元氣ジム」などを展開する「ルネサンス」社長。大阪府出身。京都産業大学経済学部卒業。ピープル(のちのコナミスポーツ&ライフ)執行役員専務、ルネサンス取締役執行役員などを経て社長に就任。そのほか日本フィットネス産業協会会長を務めた。

吉田正昭の名言 一覧

少子化で人口が減っても20年後、30年後に我々の事業が存続していくために、その領域に先にリーチしていくことが大事だと考えています。


今まで家に閉じこもっていた方が仲間と会って話をすることも大きい。今でも印象に残っているのは、元氣ジム1号店の大船の開所初日にいらっしやった方は、服装も何も構わないおじいちゃん、おばあちゃんばかりでした。それが半年経つと、ブランドのTシャツを着て、おばあちゃんは薄化粧して来ている。友達と会話して、できないことでも楽しくワイワイ言いながらやっている。


モチベーション維持の対策はタブレットを利用した「効果実感」ですね。動画や静止画をiPadで撮影し、ご自分の動きをビジュアルで見て理解していただいています。運動した後では歩き方や姿勢が改善するので、ご自分で運動前と運動後を見比べるだけで「やっぱり体を動かしたら変わるね」と自信を持っていただき、それがモチベーションになっていると思います。


吉田正昭の経歴・略歴

吉田正昭、よしだ・まさあき。日本の経営者。運動特化型デイサービス「元氣ジム」などを展開する「ルネサンス」社長。大阪府出身。京都産業大学経済学部卒業。ピープル(のちのコナミスポーツ&ライフ)執行役員専務、ルネサンス取締役執行役員などを経て社長に就任。そのほか日本フィットネス産業協会会長を務めた。

他の記事も読んでみる

徳岡邦夫

話を聞きに行って京都大学の先生から教わったのは、日常と非日常のギャップが涙を生むということでした。人は日々ストレスを抱えて生活しています。ただ、ストレスが溜まる一方では生き続ける意欲が衰えてしまいます。そこで防衛本能として、非日常を経験することで脳内物質が分泌され、日常のストレスを洗い流すように涙が流れるのだそうです。つまりお客様に泣いていただくには、普段は体験できない非日常を提供することが欠かせない条件だとわかりました。


田中角栄

相手に喜んでもらうなら徹底的にやってあげることだ。中途半端な親切は生きない。


市居愛

クレジットカードで買い物をすると、現金で買い物するときに比べ、使う金額が23%増しになるというデータがあります。クレジットカードはお金がどれぐらい減るか見えないため、自制心が働かなくなるのでしょう。「そんなにお金を使っているつもりはないのに、お金が貯まらないんです」と私のところへ相談にいらっしゃる方には、先月使用したクレジットカード額をおうかがいします。「10万円くらいかな……?」。そして、実際に使った金額を見せていただきます。正解は15万円。差が1万円以上だった場合は、クレジットカードを使用せず、一度すべて現金会計に戻すようアドバイスしています。それだけで、およそ2割程度の出費が抑えられるので、みなさん驚かれます。


本田弘敏

26歳で200人あまりの所員を指揮した体験は貴重だった。ふだん要領がよく所長に取り入っていた人たちは、顔を見せるものが少なかった。反対に、毎日二時間も三時間も歩いてきて「今日は何をしますか」と真剣に聞いてくるのは、日頃ぶっきらぼうで要領の悪い人たちに多かった。
【覚書き:関東大震災直後に東京ガスの芝営業所長代理として陣頭指揮にあたった時を振り返っての発言】


高松雄康

インターネットサービスは「気持ちを動かす」のではなく「気持ちが動いたものを刈り取る」仕組みが多い。インターネットの仕組みは、需要を興すものになっていない。需要を興しているのは、今もテレビや雑誌などのコンテンツ屋さんが中心。それならば、インターネットが出遅れているこの部分をやるべきだと思った。


柴田励司

誰かが提示した情報を知ったり覚えたりすることは、本当の意味での勉強ではないと私は考えています。世の中に流通している情報のほとんどは、誰かが体験したり聞いたりしたことをまとめた二次情報にすぎません。二次情報には必ずその誰かの主観や意図が入り込んでいますから、それをいくら取得したところで、対象の本質を知ることにはならないのです。


松本晃(経営者)

カルビーの会長に就任したとき、「現在」を起点にするのではなく、「未来」から計画を組み立てました。まず、将来カルビーがどこまで成長していたいかを想定します。そして、それを達成するためには今、何をすべきか、何を改革する必要があるかという現実的な計画に落とし込むのです。


山本梁介

私の実家は大阪・船場で繊維商社「山重商店」を営んでいました。3代目として継いだ後、それまでの従業員と経営の考え方が合わずに店をたたみ、シングルマンション事業へと商売替えをしました。当時は家主宅の一室を間借りする下宿が主流でしたが、若者向けシングルマンションに特化したところ高収益を上げ、関西を中心に最盛期には6000室ほど展開しました。


小堺桂悦郎

抱えている問題は人それぞれでも、お金の問題の本質は「収支のアンバランス」にあります。その収支のアンバランスを解決する方法は3つしかありません。「収入を増やす」「支出を減らす」「借りる」です。考えればすぐ気づくことですが、誰も自分のお金の問題を直視したくはないですから、その単純な真理から目を背けてしまう。それで対処法の選択を間違えてしまうのです。


牛島信

私は、昨今のコーポレートガバナンスの議論の中で何が一番不満かというと、なぜコーポレートガバナンスが大事かという部分なんです。多くの場合、それは経済成長のためだという。それはいいのですが、なぜ経済成長しなければならないのか、何のために稼ぐのか、そうなるとどんな良いことがあるのかが議論されていない。