名言DB

9413 人 / 110706 名言

吉田正昭の名言

twitter Facebook はてブ

吉田正昭のプロフィール

吉田正昭、よしだ・まさあき。日本の経営者。運動特化型デイサービス「元氣ジム」などを展開する「ルネサンス」社長。大阪府出身。京都産業大学経済学部卒業。ピープル(のちのコナミスポーツ&ライフ)執行役員専務、ルネサンス取締役執行役員などを経て社長に就任。そのほか日本フィットネス産業協会会長を務めた。

吉田正昭の名言 一覧

少子化で人口が減っても20年後、30年後に我々の事業が存続していくために、その領域に先にリーチしていくことが大事だと考えています。


今まで家に閉じこもっていた方が仲間と会って話をすることも大きい。今でも印象に残っているのは、元氣ジム1号店の大船の開所初日にいらっしやった方は、服装も何も構わないおじいちゃん、おばあちゃんばかりでした。それが半年経つと、ブランドのTシャツを着て、おばあちゃんは薄化粧して来ている。友達と会話して、できないことでも楽しくワイワイ言いながらやっている。


モチベーション維持の対策はタブレットを利用した「効果実感」ですね。動画や静止画をiPadで撮影し、ご自分の動きをビジュアルで見て理解していただいています。運動した後では歩き方や姿勢が改善するので、ご自分で運動前と運動後を見比べるだけで「やっぱり体を動かしたら変わるね」と自信を持っていただき、それがモチベーションになっていると思います。


吉田正昭の経歴・略歴

吉田正昭、よしだ・まさあき。日本の経営者。運動特化型デイサービス「元氣ジム」などを展開する「ルネサンス」社長。大阪府出身。京都産業大学経済学部卒業。ピープル(のちのコナミスポーツ&ライフ)執行役員専務、ルネサンス取締役執行役員などを経て社長に就任。そのほか日本フィットネス産業協会会長を務めた。

他の記事も読んでみる

山本梁介

正直なところ、「ホテルがエコなんてケチくさい」と、私は当初尻込みしていたのですが、市民が一所懸命に取り組む姿を目の当たりにし、その熱心さに心を打たれました。町がきれいになるにつれ、市民の表情まで明るくなっていく。「エコというのはすごいパワーを持っている。人の心まで元気にする」。そう痛感させられました。


江上治

私の知っている「稼げる人たち」は、例外なく時間について自分なりの考えを持ち、その人らしい使い方をしている。ある事業家は、すべてを先へ先へと前倒しし、スピード感一杯で生きることを基本方針にしていたし、別の事業家は時間の使い方を徳川家康の生き方に学んだと断言した。


森猛(経営者)

介護業界の世間的な3Kのイメージについては昔とあまり変わりませんが、新卒で入社した職員から、実際は全く違ったという感想を聞くこともあります。今後は、業界を挙げて新たなイメージを作っていきたい。


岸田雅裕

「欲しいものは妥協せず、手に入れる」が、私の行動原則。限りあるお金の範囲内で「なりたい姿」を実現するために、ちゃんとマイルールを定めています。それは、「使うと自分が成長できそうなもの」だけを、買うということ。


松田丈志

僕は4歳の頃から、宮崎県延岡市の東海(とうみ)スイミングクラブで久世由美子コーチの指導を受けながら練習してきました。ビニールハウスの中に作ったプールは有名ですが、温水プールになったのも僕が高校に入ってからです。宮崎でもさすがに冬は超寒くて、夏は超暑い。そんな環境の中、競い合う選手もおらず、黙々と1人で練習してきました。おのずと自分と向き合う時間が多くなり、自分で自分を追い込める力が身につきました。だから、恵まれた環境でチームメートと一緒に練習している選手は甘く思えて、負ける気がしなかった。負けてたまるもんかという気持ちで試合に挑んでいました。


吉田穂波

仕事で消耗しているときこそ、休日を何もせずに過ごすのではなく、自分の気持ちが高まることをするべき。私は「自分を満たすもの・鼓舞するものリスト」を作って、手帳と一緒に持ち歩いています。落語を聞いて笑ったり、音楽を聴いたり、読書をしたり、あるいは入浴や映画鑑賞をしたりすることで、元気を得られます。自分が何から元気を得られるかを普段からメモしておくことも大切。


柚木治

ファーストリテイリングに入社した理由は、お客様に近い仕事がしたかったからです。実家が八百屋で、そこからできるだけ遠ざかろうと、でかい組織や商社マンに憧れて大学卒業後は伊藤忠商事に入社しましたが、結局、原点に戻ってきてしまいました。もう一つは本気で「日本発世界一をめざす」と掲げている会社でしたから、そのチームの一員でやりたかったのです。


前刀禎明

日本の聴衆に多いのが、静かに聴いているから興味がないのかと思ったら、懇親会で「感動しました」とやってくる人。聴いていないわけではない。


熊野英介

携帯電話から金が採れるので、廃棄物の回収が進んでいますが、採った残りはゴミになります。今は捨てる代金より金の価格が高いからいいでしょうが、これでは本当の意味のリサイクルとは言えません。私が目指す持続可能社会の実現はそういうことではなく、例えば製品を金属以外全部、燃料として使えるように最初から作ればいいのです。産業界は100%資源化できる製品作りにもっと努力すべきです。


並木裕太

人に比べて、スマホを見ている時間が圧倒的に少ないです。1日せいぜい30分程度でしょうか。情報を遮断する目的もあるし、もう一つには思考する時間をつくるためでもあります。


喜多川泰

子供というのは、好きな子が希望している学校を目指して急に猛勉強をはじめたり、失敗することで強くなることもあるので、その成長のきっかけを邪魔してほしくないんですね。人は自分が痛みを経験することで他人に寄り添うやさしさを知るので。


林野宏

私はビジネスの世界で「運とツキ」を呼び込んできましたが、それは勝負ごとによって磨いてきたものです。経験からいうと、運とツキは万有引力の法則と同様に、人に働きかけるもので、あっちの人、こっちの人と移り変わっていくものです。自分に運とツキが来ているのに、それを逃すと運とツキは逃げ、相手がミスをすると自分に戻ってくるのです。


エリザベート・バダンテール

愛とは非常に不安定なもの。そして、それは日々築いていくもの。


林野宏

ビジネスを成功させるのに一番大事なのは情熱。2つ目に危機感。


吉田泰則

クールビズが普及してからよく見かけるのが、ビジネスシーンでカジュアルダウンしすぎている人です。クールビズだからといって、自宅で着るようなだぶついたポロシャツやズボンといった格好だと、それだけで「この人に仕事を任せて大丈夫なのか」と、相手に不安感を与えてしまいます。