名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

吉田春樹の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

吉田春樹のプロフィール

吉田春樹、よしだ・はるき。東京出身。東京大学法学部卒業後、日本興業銀行に入行。日本興業銀行取締役産業調査部長、和光経済研究所社長・理事長、吉田経済産業ラボ代表などを務めた。そのほか、日本証券経済倶楽部経済研究会幹事長、日本国際フォーラム参与・副政策委員長、東アジア共同体評議会副議長などを務めた。

吉田春樹の名言 一覧

国の青春とは、国民の心の様相をいう。


復興とは、この国難を機として、新しい時代へ向け、これまでの社会組織やインフラを超えた国土や自治体を構築していくことではないだろうか。ただ従前の村や町を復旧するだけでは不十分なのだ。


吉田春樹の経歴・略歴

吉田春樹、よしだ・はるき。東京出身。東京大学法学部卒業後、日本興業銀行に入行。日本興業銀行取締役産業調査部長、和光経済研究所社長・理事長、吉田経済産業ラボ代表などを務めた。そのほか、日本証券経済倶楽部経済研究会幹事長、日本国際フォーラム参与・副政策委員長、東アジア共同体評議会副議長などを務めた。

他の記事も読んでみる

中村貞裕

私は人を集めて遊び場をつくるのが好きなんです。いまの会社では、カフェやホテルのプロデュース、ケイタリング・サービスなどを手掛けていますが、私にとっては全部遊び場の創造です。ですから、自分以外の人が何を考えているのか、いまのトレンドは何なのか、すごく興味があります。


門昌央

上司など、断りづらい相手からの頼みなら、条件つきで引き受けるという方法もあります。22時ごろまでかかりそうな残業を頼まれたら「20時くらいまでならできます」と答えるのです。「できる」「できません」ではなく、その中間をとるわけです。曖昧さを好む日本人に対しては、有効だと思います。


テリー伊藤

よく使う手法は一番遠い場所にあるはずの言葉をくっつけて、まずはタイトルを作っちゃうって作戦。「新しい本のタイトル案、そろそろお願いします」「うーーーん、『合コンでモテる年金問題』。どう?」とかね。一瞬、「なんだ、それ?」って思うじゃない。人って、言葉として両方とも知っているものを意外な組み合わせにされると、興味を持つんだよね。そんなふうにアレンジで攻めるのはいい方法。「ゼロから考えなくちゃ!」と自分を追い込むと袋小路に入っちゃいますよ。


有馬利男

会社にとって有用な価値とは、経済的価値だけでなく、社会的価値、人間的価値の総合であり、これらを統合的に高いレベルにまで押し上げてゆくことが求められます。


橘フクシマ咲江

エグゼクティブのみんながみんな、流暢に話すわけではありません。中には訥々とした話し方をする方もいらっしゃいます。ただ、話術に個人差はあっても、優秀なエグゼクティブは一般的に「誰に対しても、自分の考えをしっかり伝える」ことに長けています。


遠藤保仁

ゲームを支配し、勝つ確率を高めるためには、他の選手が何を考え、何を感じているのかを、よく理解している必要があります。同時に、こちらが考えたり感じたりしていることを、他の選手によく理解してもらう必要がある。そのためには、遠慮なく言い合うことが不可欠なのです。


樋口廣太郎

トップとして最悪なのは、部下が何か報告しようとしたとき「それは前に聞いた」などと突っぱねる態度です。部下はやがて口も心も閉ざしてしまうでしょう。これではレーダーをもぎ取られた管制室みたいなもので、企業は迷走してしまいかねません。知恵や情報が集まらなければ、正しい改革のビジョンを打ち出すことができないからです。


内藤誼人

人間は、現実に危険な状態でなくても、イメージするだけで生理反応が起きるようになっています。現実と空想の区別ができない。だから、ネガティブなことをイメージすると、現実にツラい状況が起こったときと、まったく同じ生理反応が起こります。その結果、肉体的にも異常が出てくるわけです。


矢部太郎

読むのも変化があるものが好きかもしれないです。成長とか変化とかしなければずっと続くんですよね。でも現実は変化していくから……だからこそ、みんなは変化しないものが読みたいんでしょうか。そう考えると、今の連載では、もしかしたらみんなが読みたくないものを描くことになるかもしれない。まだ考えを整理できてないのですが。


中西英一(経営者)

顧客を感動させる製品やサービスを生み出し続けることが善い会社の条件。


仲村トオル

「積極的に忘れる」ことを心がけています。撮影が終わったら台詞を忘れて、頭の中のハードディスクが空っぽになるように。撮影が終わった役柄の台詞が急に蘇ってくることもありますが、そんなときは忘れるために別のことを考えます。


ジェリー・ヤン

成長に必要なのはテクノロジーなエンジニアリングではなく「ソーシャルエンジニアリング(人の心理を読んで活動すること)」である。