吉田春樹の名言

吉田春樹のプロフィール

吉田春樹、よしだ・はるき。東京出身。東京大学法学部卒業後、日本興業銀行に入行。日本興業銀行取締役産業調査部長、和光経済研究所社長・理事長、吉田経済産業ラボ代表などを務めた。そのほか、日本証券経済倶楽部経済研究会幹事長、日本国際フォーラム参与・副政策委員長、東アジア共同体評議会副議長などを務めた。

吉田春樹の名言 一覧

国の青春とは、国民の心の様相をいう。


復興とは、この国難を機として、新しい時代へ向け、これまでの社会組織やインフラを超えた国土や自治体を構築していくことではないだろうか。ただ従前の村や町を復旧するだけでは不十分なのだ。


吉田春樹の経歴・略歴

吉田春樹、よしだ・はるき。東京出身。東京大学法学部卒業後、日本興業銀行に入行。日本興業銀行取締役産業調査部長、和光経済研究所社長・理事長、吉田経済産業ラボ代表などを務めた。そのほか、日本証券経済倶楽部経済研究会幹事長、日本国際フォーラム参与・副政策委員長、東アジア共同体評議会副議長などを務めた。

他の記事も読んでみる

平尾喜昭

恰好をつけて不言実行では会社は立ち上げられません。有言実行で、自分がやりたいことを常に周囲に話してきました。それが人との出会いを生み、仲間を得ることにつながった。


南場智子

人も運も暗より明へ、寒より暖へ集まる。世の中には優秀な人はたくさんいるけれど、大きな「うねり」を作り出せる人は、優秀なだけでなく、人柄に大きさやおかしみがあるのではないでしょうか。


宮田真里子(経営者)

どんな方向で会社を軌道に乗せるか。思い悩んでいた最中、突然、主人が亡くなったのです。目の前は真っ暗。それでも決して子供や人前で涙は見せず明るく振る舞いました。ただ、当時の記憶はほとんどありません。毎日を淡々と過ごしていたのですが、ある日、気がついたのです。それは帰る家がある、電気や水も通って生活できる、さらに子供がいる。私は世界一幸せなんだと。主人の死もきっと意味があって起こったんだと考えられるようになったのです。2人の子供を抱えた一家の大黒柱となった私は身をもって実感した女性が仕事をしながら子育てのできる環境づくりにエネルギーを費やしていこうと決意しました。女性が生き生きと活躍できる社会をつくり、ワーキングマザーを応援したいと思うようになったのです。


出光佐三

会社がいよいよ駄目になったら、みんなと一緒に乞食をするまでだ。


武田双雲

どうせ稼ぐなら、喜んでもらいたい。「この人を喜ばせたい」と、心底思ったことがある人は、軸がブレませんから。


川崎貴聖

当社では北京・上海・台湾のオフィスをすべて現地の人に任せています。任せることで、現地のことを深く理解して事業を展開できるため、このやり方は私たちの大きな強みになっていると考えています。


石田宏樹

ベンチャー企業には、潤沢なリソースはありません。しかし、実現したい世界のビジョンであれば、大企業にも決して負けないものを持っています。


金川裕一(経営者)

目に見えないスタッフの努力が重要です。そうしたすべてのスタッフの頑張りがあって、当社がある。


安岡正篤

他人を変えようと思ったならば、まず自分を変えることである。


理央周

値下げをするのがいけないのは、「ブランド」が毀損されてしまうからだ。


ダ・ヴィンチ・恐山(品田遊)

2010年に初めて取材をしていただき、驚きました。でも、記事を読んだら知らない本に影響を受けたことになっていてさらにびっくりしました。どういう情報の行き違いがあったのか謎ですが、面白かったのでそのままにしてあります。


鍵山秀三郎

目の前の好都合こそ正しく、幸せにつながると勘違いしている人たちは、好都合の条件ばかりにとらわれてしまう。だから、世の中全体が自分勝手になってきたわけです。


福井威夫

仕事をこなしているだけでは駄目です。仕事を楽しむことが必要です。そうすれば成果である商品も、他社とは違ったものになります。


岡素之

商社の営業マンのDNAには拡大志向が組み込まれていて、押さえても抑えても突っ走るところがあります。当社の営業マンには、「営業は攻めだけでは駄目だよ。攻めと守りが同時にできて初めて一人前の営業マンになれるんだ」と言っています。守りの基本はコンプライアンス(法令順守)の徹底やリスク管理の実施です。


馬場信房

敵より味方が勇んでいるときは、それぞれ先を争えばよい。味方が臆して見えるときは、自分一人が進んできっかけをつくる。味方の中で手本になる人にふだんから親しみ、その人に負けないように働け。敵の兜の吹き返し(耳脇の兜の反り返っている部分)がうつむいていて、背中の指物(背中に指した小旗)が動揺していないならば、それは剛敵であるから避け、弱い敵へ向かってかかれ。


ページの先頭へ