名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

吉田昌生の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

吉田昌生のプロフィール

吉田昌生、よしだ・まさお。日本のヨガコーチ、メンタルコーチ。「マインドフルネス瞑想協会」代表。福岡県出身。著書に「1日10分で自分を浄化する方法 マインドフルネス瞑想」「1日3分聴くだけ!心がスッキリ片付く習慣」。

吉田昌生の名言 一覧

自分の感じていることをあるがまま受け入れられるようになることで、他者に対しても受容的になり、共感する力が高まる。


多様な価値観を持つ他者を受け入れ、ともに協力しあえる力は、これからの時代のビジネスマンに欠かせない。


ストレスの原因のほとんどは、まだ起こってない未来に対する不安や、すでに終わったことへの後悔などが自然にわいてくること。そして、それに気づかずに巻きこまれていること。


これまで感じないようにしていた自分の中にあるネガティブな感情を認め、受け入れていくと、鈍っていた感受性が蘇り、喜びや幸福感、他者とのつながりなどを感じやすくもなる。


雑念はわくのが当たり前。わいたらダメと思うほど、かえって手放しにくくなります。雑念がわいてもジャッジをせず、ただフッと手放す。瞑想ヨガはその繰り返しで上達します。


川を木の葉が流れていくとします。その葉をつかもうとすれば、川に落ちて思考の激流に飲み込まれる。でも放っておけば、木の葉はただ流れ去るのみです。過去にも未来にもとらわれず、「今、ここ」でじっとしている。それが理想的な瞑想ヨガです。


最大のポイントは、頭のおしゃべりに「気づく」こと。思考している自分に客観的に気づければ、頭のおしゃべりに飲み込まれることはなくなるのです。瞑想ヨガを習慣化することで、「心を客観視する力」が鍛えられ、思考や感情が暴れにくくなってきます。いわば瞑想ヨガは脳の筋トレなのです。


呼吸法では呼吸をコントロールしますが、マインドフルネス瞑想では、呼吸をコントロールしません。マインドフルネスでは、「呼吸の質」ではなく、「注意の質」を大切にします。息を吸ってお腹が膨らむときには、その膨らむ感覚に気づき、息を吐いてお腹が縮んでいるときには、その縮んでいる感覚に気づくようにします。瞬間瞬間の呼吸の感覚に意識を向け続けることで、「注意力」が養われ、集中力が持続するようになります。


弓道や柔道にも通じますが、東洋には「心身一如」という考え方があります。心と身体はつながっているという意味です。実際に姿勢や呼吸が不自然なままで心を調えようとしても、なかなかうまくいきません。だからまずは意識して変えられる姿勢や呼吸を調えてから、心を調整する。それが瞑想ヨガを深める重要なコツなんです。


人は放っておくと、頭のおしゃべりをとめどなく続けてしまうもの。当然イヤな考えも思い浮かび、それが繰り返されてイライラや不満がたまっていく。でも瞑想ヨガを通して「思考をしている自分」に気付くことで、そうした連鎖を止められます。まずは安定した姿勢で静かに座り、目を閉じ、呼吸に意識を集中してみましょう。様々な「おしゃべり」が浮かんできますが、気づくたびに意識を呼吸に戻します。そうするうち、考えても仕方ない過去の後悔や未来の心配にとらわれなくなり、頭のなかが静かになります。


吉田昌生の経歴・略歴

吉田昌生、よしだ・まさお。日本のヨガコーチ、メンタルコーチ。「マインドフルネス瞑想協会」代表。福岡県出身。著書に「1日10分で自分を浄化する方法 マインドフルネス瞑想」「1日3分聴くだけ!心がスッキリ片付く習慣」。

他の記事も読んでみる

安藤広大

市場と対面している存在だと勘違いしている中間管理職は、良かれと思って上司が下した評価や決定したルールを批判する存在になる事があります。あくまでも、会社、上司が掲げた目標を達成するために、チームを率いるのが中間管理職の役割であります。会社、上司が決めた目標やルールについて、何か出来る立場にない事は理解しないといけません。


ピョートル・フェリクス・グジバチ

厳しさはやはり必要。相手が本当にデタラメな行動をとっていたら、危ない目に合う前にフィードバックを伝えるべき。相手を潰すような「厳しさ」ではなくて、相手のことを思って助言する「厳しさ」が大事。要は「優しさ」があっての「厳しさ」なんです。


江上剛

56歳の頃、知人に誘われてマラソンを始めました。走り始めてわかったのは、朝のジョギングは健康にいいだけでなく、仕事にもいい影響を与えるということ。無心で走っていると、頭の中はリラックスかつ集中力のある状態になっていきます。坐禅を組んでいるときに似ていると思うので、名づけて「走禅」です。本物の禅僧にそのことを話したら笑われましたが、走禅の状態に入ると、発想が豊かになります。原稿に行き詰まって困っていたのに、走っている最中にいいアイデアが浮かんだという経験は一度や二度ではありません。


弘兼憲史

2人の同じぐらいの能力の部下がいたとしたら、やる気や大人としての礼儀、愛嬌のある部下の方に、「チャンスを与えてあげよう」「いろんな経験をさせてあげよう」「力になりたい」と思うもの。


檀れい

実は私も、成績が良くなくて……役がもらえない悔しさを悟られないよう、強がってばかりいました。私の場合は、阪神淡路大震災で劇場が閉鎖したことがきっかけでした。舞台に出たくて宝塚に入ったのに、自分は一体何をしてきたのか。寮の一室で自問するうちに、「できない自分をごまかすより、笑われてもやりたいことをやろう」。そう吹っ切れたんです。


鈴木喬(経営者)

トップが、「この商品でトップを取る」と大号令を発して営業政策をフル動員すれば必ずトップは取れる。まず、首位獲得をやりきる。その後に本当の果実が待っている。大企業が参入してきてもトップにいれば、対応策は柔軟に繰り出せる。


安東弘樹

僕の一番のストレス解消法は車の運転なので、現場に愛車で向かえるようになったのも(フリーになった)嬉しい変化です。地方出張も車です。今朝も福井県から車で帰ってきたのですが、行きたかった金沢市の古民家カフェにも足を延ばしてきました。禁煙で落ち着ける雰囲気のカフェへ、車で行くのが好きなんです。


奥谷禮子(奥谷礼子)

すべて自分でリスクを取る。起業家には、その覚悟が大切。


江幡哲也

ビジネス文書の書き方は、リクルート時代に先輩からきっちりと鍛えられました。新人の仕事は、まずOJTとして日報を書くことから始まります。ノートの左側に一日の報告や感想を書いて、先輩がそれをチェックして右側に返答を書く。日報の目的は報告・連絡・相談ですが、返答で文章を注意されることもあり、これがいいトレーニングになりました。弊社でもこのスタイルを採りいれています。紙ではなくメールですが基本は同じです。


宗次徳二

私は現場第一主義なので、とにかく、最初の頃は毎日、全店舗を回っていました。そこで、ことあるごとに接客第一、お客様のことを最優先で考える。売り上げや利益も大事だけれど、ほかのどんな店にも、接客だけは負けない、そういう想いを従業員に伝え続けました。それを続けていく中で、片腕と呼べる部下も育って、増えていく店舗にも対応できるようになっていきました。


大川隆法

経営者は、矛盾する性格を持っていなければ駄目です。大胆にやるべきときには大胆にやらなければいけないし、不動心を持ち、「動かざること山のごとし」で、じっと耐える力も要ります。しかし、「機を見るに敏」で、即時対応していく変化の速さも要るのです。


渡部昭彦

転職は衝動的にするのではなく、3手先を考えることが大切。45歳以上に企業が期待するのは専門性で、まずこれがなければ入り込めませんが、そのあとで自分はどうキャリアを展開したいのかを描くこと。それはまた転職をするということだけではなく、転職先での展開も含めてです。