名言DB

9419 人 / 110788 名言

吉田昌生の名言

twitter Facebook はてブ

吉田昌生のプロフィール

吉田昌生、よしだ・まさお。日本のヨガコーチ、メンタルコーチ。「マインドフルネス瞑想協会」代表。福岡県出身。著書に「1日10分で自分を浄化する方法 マインドフルネス瞑想」「1日3分聴くだけ!心がスッキリ片付く習慣」。

吉田昌生の名言 一覧

自分の感じていることをあるがまま受け入れられるようになることで、他者に対しても受容的になり、共感する力が高まる。


多様な価値観を持つ他者を受け入れ、ともに協力しあえる力は、これからの時代のビジネスマンに欠かせない。


ストレスの原因のほとんどは、まだ起こってない未来に対する不安や、すでに終わったことへの後悔などが自然にわいてくること。そして、それに気づかずに巻きこまれていること。


これまで感じないようにしていた自分の中にあるネガティブな感情を認め、受け入れていくと、鈍っていた感受性が蘇り、喜びや幸福感、他者とのつながりなどを感じやすくもなる。


雑念はわくのが当たり前。わいたらダメと思うほど、かえって手放しにくくなります。雑念がわいてもジャッジをせず、ただフッと手放す。瞑想ヨガはその繰り返しで上達します。


川を木の葉が流れていくとします。その葉をつかもうとすれば、川に落ちて思考の激流に飲み込まれる。でも放っておけば、木の葉はただ流れ去るのみです。過去にも未来にもとらわれず、「今、ここ」でじっとしている。それが理想的な瞑想ヨガです。


最大のポイントは、頭のおしゃべりに「気づく」こと。思考している自分に客観的に気づければ、頭のおしゃべりに飲み込まれることはなくなるのです。瞑想ヨガを習慣化することで、「心を客観視する力」が鍛えられ、思考や感情が暴れにくくなってきます。いわば瞑想ヨガは脳の筋トレなのです。


呼吸法では呼吸をコントロールしますが、マインドフルネス瞑想では、呼吸をコントロールしません。マインドフルネスでは、「呼吸の質」ではなく、「注意の質」を大切にします。息を吸ってお腹が膨らむときには、その膨らむ感覚に気づき、息を吐いてお腹が縮んでいるときには、その縮んでいる感覚に気づくようにします。瞬間瞬間の呼吸の感覚に意識を向け続けることで、「注意力」が養われ、集中力が持続するようになります。


弓道や柔道にも通じますが、東洋には「心身一如」という考え方があります。心と身体はつながっているという意味です。実際に姿勢や呼吸が不自然なままで心を調えようとしても、なかなかうまくいきません。だからまずは意識して変えられる姿勢や呼吸を調えてから、心を調整する。それが瞑想ヨガを深める重要なコツなんです。


人は放っておくと、頭のおしゃべりをとめどなく続けてしまうもの。当然イヤな考えも思い浮かび、それが繰り返されてイライラや不満がたまっていく。でも瞑想ヨガを通して「思考をしている自分」に気付くことで、そうした連鎖を止められます。まずは安定した姿勢で静かに座り、目を閉じ、呼吸に意識を集中してみましょう。様々な「おしゃべり」が浮かんできますが、気づくたびに意識を呼吸に戻します。そうするうち、考えても仕方ない過去の後悔や未来の心配にとらわれなくなり、頭のなかが静かになります。


吉田昌生の経歴・略歴

吉田昌生、よしだ・まさお。日本のヨガコーチ、メンタルコーチ。「マインドフルネス瞑想協会」代表。福岡県出身。著書に「1日10分で自分を浄化する方法 マインドフルネス瞑想」「1日3分聴くだけ!心がスッキリ片付く習慣」。

他の記事も読んでみる

篠原菊紀

仕事の難易度を客観的につけるのは難しいので、したい順を軸にしたほうがいい。困難な仕事でもワクワクするときってあるでしょう。


水野和敏

入社の四年後かな、「おまえは会社の大きさに甘えている。一回、外に出てお客さんに接してこい」と名古屋で出向の営業に出された。これで人生が変わったんだ。名古屋での営業成績はよかったよ。普通、営業というのは文系だから、お客さんの車が壊れたらサービスにつなぐしかない。でも俺は駆けつけてその場で修理できるからね。挙句に「こんな使い方しちゃダメ」と説教までしてた。お客さんもそのぐらい言われるほうが安心して買えるんだよ。


八木洋介

社会の成員として「いい人」が増えるのは素晴らしいことだ。しかし、変化の激しい時代に大組織を率いていくには、日本人一般が思っている以上に「強さ」という要素が重要になる。


川村隆

社長の役割は戦略を立て、実行し、抵抗勢力が出てきたら説得する、の繰り返しだ。自分たちの組織や会社をどんな形にしたいのか。ビジョンを描き、冷静沈着にやり切ることが大切だ。


野村修也

不祥事を起こす企業の多くは過去の結果だけを見て、「ウチはこれまでちゃんとやってきた」と主張します。しかし、それは消費者にとって何の言い訳にもなりません。利用者に必要なのは、「これからのリスクが管理されていること」であって、過去の結果ではないからです。


碓井稔

本来なら、モノ作りで新しいことをやっている会社の方が、金融機関より高い給料を払えるようにしないといけない。


ジェフリー・イメルト(ジェフ・イメルト)

企業の総合力を生かすために、ときには難しい、個人的にもつらい意思決定をしなければいけないのです。


鈴木喬(経営者)

優秀な人ほど、メンタルに問題を抱えて潰れていく。それではもったいないでしょう? リーダーは皆を元気にするのも大事な仕事。そのためには、まず自分が元気でなくちゃいけない。


吉田穂波

したいことがあるとき、「時間がないからできない」と決めつけるのは禁物です。思い切ってしてみると、驚くほど大きなパワーが発揮できるもの。時間がないときこそ、実はチャンス。


和田秀樹

結局、みんなと同じ見方をして、同じ考えを持ち、それを当たり前と思うビジネスマンには付加価値がありません。これは違うかもしれないと発想の転換が求められます。そのために、まず身の周りの「あたりまえ」を疑い、つきつめて考え、他人と逆の発想をするクセをつけることが一歩抜きん出ることにつながります。1日1つでいいからあたりまえを疑いましょう。