名言DB

9419 人 / 110788 名言

吉田敬(お笑い芸人)の名言

twitter Facebook はてブ

吉田敬(お笑い芸人)のプロフィール

吉田敬、よしだ・たかし。日本のお笑い芸人。京都府出身。小杉竜一とお笑いコンビ「ブラックマヨネーズ」を結成。バラエティ番組で活躍。「M-1グランプリ」優勝。

吉田敬(お笑い芸人)の名言 一覧

20代のときに埋めてた種が成長して花になって、それをいま、花瓶に入れているだけ。

【覚え書き|売れる秘訣は何かと問われて】


番組のあとの反省会というか、話し合いも昔からずっと続けていること。僕に原因があることもあるし、自分では気づかんこともあるからね。


妬ましいという気持ちがあるということは、悪くないですよ。その分、がんばろうというガソリンが入っている状態やと思うので。


逃げを打つなら、「今ある仕事で、伝説を作ったろうかな」と考えた方がいい。


マイペースに自分ができることをやるしかない。ミミズの中でがんばっているうち、気づいたら蛇くらいにはなっているかもわからんし。


やめる勇気がないんやったら、また思い直してがんばれ。


悶々としているとき、大事なのは周りのせいにしないこと。環境のせいにすると、やってられへんから。自分のせいやと思っていれば、乗り越えられます。


前の相方には悪いですけど、そいつと僕の才能を足したところで限界があるなと。だから、より強いパートナーとして小杉を誘ったんです。売れたいという欲求には嘘をつけませんでしたから。


その場を面白くすることしか、オレは考えられへん。


ギャンブルに学んだことも多いんですよ。パチンコって出る台でも、出えへんときは出えへん。でも、勝つには回る台をやり続けるしかない。僕、パチンコで2年食うてましたから。


人はシュートを打って外して、シーンとなるのが一番怖いんです。だから、僕が外したら、リバウンドだけは頼むわっていうのは(相方に)言うてます。でも、仮に小杉がリバウンドを捕ろうとしてうまくいかなかっても、一人じゃないと思えるから次も打てる。売れた秘訣があるとしたら、そういうとこなんやと思います。


そもそもひとりでやれるんやったら、最初からピンで入っているわけで。そうやないから、コンビなんですよ。たとえば、僕のボケは一見、何を描いているのかわからん絵なんです。でも、小杉がツッコミで色を塗ると、初めてお客さんに「あ、こんなん描いていたのか」とにわっていく。


やっぱり地方から東京へ来た若手は黙ります。最初はひな壇でも一番後ろで、MCの人からも一番遠いところ。言うたら、そんなところに座っている人間はおらんでも番組は進んでいくんですよね。でもそこで、ばーっと前に出る。


上を見ろ、稼げ、稼げ、努力しろ、がんばれ。それが正しいという風潮があります。俺も20代、30代はテレビにバンバン出て、金を持っている人がうらやましかったですよ。でも、今はそこばっかりでもな、俺も洗脳されていたんやな……、という感覚になっています。


ディレクターの「こうしてくれ」をそのままやるのは、技術っちゅうのとは違うんちゃうかな。最低限のルールは守って、それ以上に面白いことをやるのが一番やと思うんです。むしろ、それができんかったら、僕らのギャラが上がった時に、その仕事はギャラの安い若手にとって代わられるなと思って。じゃあ、ギャラが高くても、「あの感じはあいつらにしか出せへんやん」という人にならんとあかん、と。


19の時に雇われ社長を2か月やったんです。お中元シーズンに、箱入りの素麺を贈り物用の化粧箱に詰め替えるって作業。これを200万円預かって請け負ったんです。人を雇わへんかったら、200万円全部僕のもんやけど、とても終わらへん。そこで、時給1000円で何人かバイトを雇ったんです。そしたら、明らかにできるヤツと、できへんヤツが出てきて。僕からしたら、できるヤツが同じ1000円で助かるなぁと思ってたんです。ところが、急にそいつが辞めるって言い出した。そのとき、僕は時給1500円を払ってでも辞めてほしくないと思った。だから、「周りには内緒や」って言って、バイト代を上げた。この体験は大きかった。人は辞めてほしくないヤツに、金を出してしまうんやなって。


吉田敬(お笑い芸人)の経歴・略歴

吉田敬、よしだ・たかし。日本のお笑い芸人。京都府出身。小杉竜一とお笑いコンビ「ブラックマヨネーズ」を結成。バラエティ番組で活躍。「M-1グランプリ」優勝。

他の記事も読んでみる

岡本太郎

農作業でも、コンピュータの操作でも、強制された労働としてやれば苦役だが、自由な遊びとして創造的に取り組む限り、それは喜びだ。


羽鳥成一郎

指示待ち社員に戦略的思考を身につけさせるために、私は消費者目線に立つことの大切さを説きました。たとえばドラッグストアの利用客の8割は女性なのに、パッケージは地味なものばかり。「製薬会社は中身を磨けばいい」という考え方が支配的でした。そこで、マーケティング本部を新設し、異業種の女性を何人も送り込みました。


鈴木喬(経営者)

ブームで怖いのはしっぺ返しなんです。商品が調子よく売れているときというのは、たいていそこがピークです。急激な需要の増加に合わせて供給を上げていけば、いつかは供給が需要を上回る。そうなれば、待っているのは在庫と返品の山。


大山健太郎

たんに「計画が○○円で、達成率が○○%だから、もっと頑張ろう!」と発破をかけても、社員からすれば「一体、何を頑張ればいいんだろう」と腑に落ちないままでしょう。社員が最も知りたい「何をどう取り組むのか」という問いに答えていないからです。


今井登茂子

相手が目上の人の場合、依頼やお願いをする際に注意が必要です。あらたまって「お話が」「ご相談が」と言われたら、誰でも「何か問題が起きたのだろう」「よからぬ相談か」と警戒するでしょう。こういうときは、「お知恵を拝借したいのですが」「教えていただきたいのですが」というフレーズを枕にして話を始めます。そして必ず、その結果を相手に報告し、「おかげさまで○○できました。ありがとうございます」というお礼の言葉を忘れずに。


酒井誠(経営者)

私は触媒になりたいと思っているのです。それも既存企業同士ではなく、今後、自動車では自動運転やAIの活用が主流となり、これまで自動車と関わりのなかったIT企業が、技術革新の一翼を担うわけです。当社が触媒になって、例えば、アメリカのベンチャー企業が日本に売り込みたいときに、当社がコンサルティングを請け負ったり、メールの仕組みを使って自動車メーカーへのプロモーションの提案をしていきたいと思っています。


菅原貴弘

ネット上のトラブルを民間の力で解決していくことで、過度な規制が入らない状況を保つことが重要だと思っています。そうしなければネットビジネス自体の成長が止まってしまいますから。


三谷宏幸

元来、人を評価するにはパフォーマンス(業績)とバリュー(価値)というふたつの軸があります。バリューによる評価とは、顧客志向やチームワークといった企業にとって不可欠の価値に基づいて行動しているかを見るものです。もし稼ぎ頭でパフォーマンスは抜群でも、バリューの評価が低いという部下がいたら、その人は必ずしも高い評価に値せず、さらにはチーム全体を間違った方向に引っ張っていく可能性もあります。上司は部下にあるべき姿を知らせなければいけません。


飯塚悟志

かつてショートネタがブームになったときに「うちらは短いネタはやらない」って決めたんです。東京03の前に、豊本(明長)と2人で組んでいたコンビがブレブレだったから、「もうブレるのはやめよう」って。


速水もこみち

あるベテランの俳優の方が、「自分は死ぬ気で演技をやっている」と真顔でおっしゃるのを聞いて、ハッとさせられたことがあるんです。それくらいの真剣さがないと続けられないんだな、と。だから、いまの僕にとっては全部が勉強だと思っています。