名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

吉田敬(お笑い芸人)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

吉田敬(お笑い芸人)のプロフィール

吉田敬、よしだ・たかし。日本のお笑い芸人。京都府出身。小杉竜一とお笑いコンビ「ブラックマヨネーズ」を結成。バラエティ番組で活躍。「M-1グランプリ」優勝。

吉田敬(お笑い芸人)の名言 一覧

20代のときに埋めてた種が成長して花になって、それをいま、花瓶に入れているだけ。

【覚え書き|売れる秘訣は何かと問われて】


番組のあとの反省会というか、話し合いも昔からずっと続けていること。僕に原因があることもあるし、自分では気づかんこともあるからね。


妬ましいという気持ちがあるということは、悪くないですよ。その分、がんばろうというガソリンが入っている状態やと思うので。


逃げを打つなら、「今ある仕事で、伝説を作ったろうかな」と考えた方がいい。


マイペースに自分ができることをやるしかない。ミミズの中でがんばっているうち、気づいたら蛇くらいにはなっているかもわからんし。


やめる勇気がないんやったら、また思い直してがんばれ。


悶々としているとき、大事なのは周りのせいにしないこと。環境のせいにすると、やってられへんから。自分のせいやと思っていれば、乗り越えられます。


前の相方には悪いですけど、そいつと僕の才能を足したところで限界があるなと。だから、より強いパートナーとして小杉を誘ったんです。売れたいという欲求には嘘をつけませんでしたから。


その場を面白くすることしか、オレは考えられへん。


ギャンブルに学んだことも多いんですよ。パチンコって出る台でも、出えへんときは出えへん。でも、勝つには回る台をやり続けるしかない。僕、パチンコで2年食うてましたから。


人はシュートを打って外して、シーンとなるのが一番怖いんです。だから、僕が外したら、リバウンドだけは頼むわっていうのは(相方に)言うてます。でも、仮に小杉がリバウンドを捕ろうとしてうまくいかなかっても、一人じゃないと思えるから次も打てる。売れた秘訣があるとしたら、そういうとこなんやと思います。


そもそもひとりでやれるんやったら、最初からピンで入っているわけで。そうやないから、コンビなんですよ。たとえば、僕のボケは一見、何を描いているのかわからん絵なんです。でも、小杉がツッコミで色を塗ると、初めてお客さんに「あ、こんなん描いていたのか」とにわっていく。


やっぱり地方から東京へ来た若手は黙ります。最初はひな壇でも一番後ろで、MCの人からも一番遠いところ。言うたら、そんなところに座っている人間はおらんでも番組は進んでいくんですよね。でもそこで、ばーっと前に出る。


上を見ろ、稼げ、稼げ、努力しろ、がんばれ。それが正しいという風潮があります。俺も20代、30代はテレビにバンバン出て、金を持っている人がうらやましかったですよ。でも、今はそこばっかりでもな、俺も洗脳されていたんやな……、という感覚になっています。


ディレクターの「こうしてくれ」をそのままやるのは、技術っちゅうのとは違うんちゃうかな。最低限のルールは守って、それ以上に面白いことをやるのが一番やと思うんです。むしろ、それができんかったら、僕らのギャラが上がった時に、その仕事はギャラの安い若手にとって代わられるなと思って。じゃあ、ギャラが高くても、「あの感じはあいつらにしか出せへんやん」という人にならんとあかん、と。


19の時に雇われ社長を2か月やったんです。お中元シーズンに、箱入りの素麺を贈り物用の化粧箱に詰め替えるって作業。これを200万円預かって請け負ったんです。人を雇わへんかったら、200万円全部僕のもんやけど、とても終わらへん。そこで、時給1000円で何人かバイトを雇ったんです。そしたら、明らかにできるヤツと、できへんヤツが出てきて。僕からしたら、できるヤツが同じ1000円で助かるなぁと思ってたんです。ところが、急にそいつが辞めるって言い出した。そのとき、僕は時給1500円を払ってでも辞めてほしくないと思った。だから、「周りには内緒や」って言って、バイト代を上げた。この体験は大きかった。人は辞めてほしくないヤツに、金を出してしまうんやなって。


吉田敬(お笑い芸人)の経歴・略歴

吉田敬、よしだ・たかし。日本のお笑い芸人。京都府出身。小杉竜一とお笑いコンビ「ブラックマヨネーズ」を結成。バラエティ番組で活躍。「M-1グランプリ」優勝。

他の記事も読んでみる

松下幸之助

何か重要なプロジェクトを任せる時、熱心に仕事をする人と賢い人、どちらに任せるか。答えは熱心な人だ。


野口真一

お前はプロに入るのが目標なのか? それともプロで活躍したいのか?
【覚え書き|教え子への問いかけ】


小池龍之介(小池龍照)

狂信的な方や、かたくなさだけでは瞑想も成長しない。ユーモアは仏教でも不可欠です(笑)。


岸田雅裕

一番欲しいもの以外を選ぶなら、お金が貯まるまで我慢した方がいい。


鈴木宗男

努力をすれば必ず人は認めてくれるはずだが、いくら頑張っても報われないときがあるのも事実です。そのときには、手柄は人に渡しましょうと思っていれば人を恨む気持ちもおさまるものです。


野中正人

しまむらは、さすがに百貨店レベルの品質を目指してはいませんが、お客様の期待より少しでも品質が低ければ、「やっぱり安ものね」と思われてしまいます。期待より少し高ければ、「あら、案外いいじゃないの」といっていただける。この見極めが非常に難しい。常に、お客様の期待を少しだけ超える品質を保つこと。これがしまむらにとって、とても大切なことなのです。


中村貞裕

あらかじめクライアントには、「今回のプロジェクトは何が目的なのか?何がゴールなのか?」ということを聞いておきます。僕の満足度が60%や70%であっても、クライアントが喜んでくれたり、クライアントの目的が達成できたのなら、僕も満足するようにしています。


安永竜夫

心の準備もしていなかったので心底驚いた。しかし託された以上は、社長職をきっちり務めようと思い、その場で腹を括った。
【覚え書き|社内序列32人抜きで社長に指名された時を振り返っての発言】


石川光久

社長が夢を語って、みんなが同じ方向を向くだけでは、競争力は持てないんです。社長一人が夢を持ち続けるというんじゃ妄想だし、それはうぬぼれです。言ってみれば、スタッフが社長に夢を語らせてくれるというのが正しいんじゃないかな。うちみたいに集団作業で映画を作っているところは、どれだけ夢を持った個人が集まっているかなんです。ふつう会社に入ると、歯車になってしまって自分のやりたいことがどんどん縮小して夢もなくしてしまうけど、それじゃだめだね。


日覺昭廣

これまでは「将来、この事業は大きくなるから投資が必要だ」と言って、どちらかというと甘い判断で投資をしていたのですが「将来、なんとかなる」と言って「なんとかなった」試しはないので(笑)、「固定費の伸び率」が「限界利益の伸び率」よりも小さくなければいけない、という考え方で体質を強化しながら、投資を考えていくことにしました。


小笹芳央

みなさんを取り巻くビジネス環境について、振り返ってみましょう。この10年くらいはまさに、激動と言ってもいい時代でしたよね。そして、それはこれからも続く。つまり、あなたも変化への適応が求められているのです。


小松易

デスク周りの分類や配置は、基本的には自分が使いやすいように創意工夫しながら取り組めばいいでしょう。ただし、自分さえわかればいいという分類や配置は避けるべきです。外出先で会社に置いてきた書類が急に必要になり、同僚に探してもらうといったことも起こり得るからです。異動や急な入院などで、同僚に仕事を引き継いでもらわなくてはいけない場合もあるでしょう。その際、自分にしかわからない配置をしていると、ミスや業務の遅延を招きます。理想は、会社の業務のことをまったく知らない新入社員が見ても、すぐに理解できる分類や配置にすることです。