吉田憲一郎の名言

吉田憲一郎のプロフィール

吉田憲一郎、よしだ・けんいちろう。日本の経営者。「ソニー」社長。熊本県出身。東京大学経済学部卒業後、ソニーに入社。社長室室長、ソニーコミュニケーションネットワーク(のちのソネット)社長、ソニー副社長CFO(最高財務責任者)などを経て社長に就任。

吉田憲一郎の名言 一覧

時価総額が全てではないとはいえ、以前は時価総額で見たグローバル企業のトップは資源の会社が多かった。今は全てがテクノロジーの会社であり、テクノロジーの会社であるソニーがそこに入っていないことの危機感がある。今後も攻めるところは攻め、守るべきところは守っていきたい。


決めるべきことを決めるべきタイミングで決めて、責任をとることが重要だ。逆に、自分で決めなくてもいいことは下に任せる。


吉田憲一郎の経歴・略歴

吉田憲一郎、よしだ・けんいちろう。日本の経営者。「ソニー」社長。熊本県出身。東京大学経済学部卒業後、ソニーに入社。社長室室長、ソニーコミュニケーションネットワーク(のちのソネット)社長、ソニー副社長CFO(最高財務責任者)などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

堤剛

音楽、とりわけ演奏の面では、人を育てる難しさと結果が出てきた時の喜びは表裏一体です。


松井利夫

責任ある立場にいる者は、小さく嫌われることを避けようとしてはいけません。


弘兼憲史

サラリーマンは会議で自分の意見が通らなかったり、上からのプレッシャー、下からの突き上げなどで、日々タフであることを強いられています。でもだからこそ、やるときは思いっきり仕事し、遊ぶときは徹底的に遊ぶ。サラリーマンにもそんなメリハリが必要ではないでしょうか。


吉冨学

おいしいラーメンと金儲け、この二つを追っていました。儲かったんだから、贅沢してもいいじゃないかと。部下にも高い給料を払っていたし。でも、社長が金に走ると、部下も金の亡者になるんですね。
【覚書き|幹部が新しいラーメンチェーンをつくるため、社員を大量にひきつれて出ていってしまった事件を振り返った言葉。これ以降、おいしいラーメンを売るという原点に立ち返って一蘭は盛り返した】


重松理

私にはオフタイムの意識がありません。ほとんど仕事のことしか考えていない。それ以外は……ウイスキーを飲んでいます(笑)。まったく自覚はありませんが、ウイスキーを飲むことがきっとストレス解消にもつながっているんでしょうね。オンオフを切り替える時間なのかもしれません。


林野宏

よく、秀才ばかり雇っても企業は立ち行かないと言いますが、豊富な知識を持つ秀才は大変価値があります。問題は、その知識を知恵に変えることができるかどうかです。企業はスタッフ部門が知識や情報を知恵に変え、現場がその知恵を行動に移し、富に置き換えることで成り立っているのです。


金森重樹

私もそうだったように人生はあなた次第で大きく変わる。


成田和幸

会社は長い目で考えなければいけない。夢のあるワクワクするような50周年、そして次の100周年を目指していきます。


内藤誼人

相手を機嫌よくさせる、というのは「話させる」ための大事なポイント。人は上機嫌なときほど多弁になります。ですから、自分が話すときも、相手の機嫌がよくなるようにと意識してください。一見ネガティブな話題も、ポジティブな持っていき方をする。雨の日に商談で人に会ったとき、「雨だと嫌な気分になりますね」では、気分が落ち込んでしまう。それよりも「僕は雨の日が好きなんです。街路樹が雨に濡れてツヤツヤして、きれいですよ」と言えたら、相手もちょっといい気分になるじゃないですか。


藤田恭嗣

今までの半生や哲学、苦労話を知ってもらい、遠かった人が近くなるというのは企業家にとって重要なこと。


植木理恵

頭のいい人と聞くと、図書館に本がずらりと並んでいるように、脳内に知識がみっちりと詰まっている様子を連想しますが、実はそうではなく、せいぜい本棚が5つから7つくらい。逆に言えばそれしか本棚がないから、整理整頓が行き届いて、必要な本を素早く取り出せるのです。


本多静六

世俗的な成功の第一義はまずなんとしても経済生活の独立にある。これなくしては何ごとの成功もおぼつかなく、またどんな成功も本当の成功とは世間で認めてくれない。この人生に最も大切な経済生活の独立には、どんな職業であるかにかかわらず、積極的に働いて、消極的に節約耐貧するよりほかに道はない。


平井俊邦

ニーズを汲んでいけば、進化していくことはできる。


川岸亮造

コンサル会社で働いていた頃は複数のプロジェクトを掛け持ちしていました。どれも面白いけど「こなす」感じは否めない。ひとつに没頭できればもっと大きなインパクトを残せるのに……。そんな折りに会社の同期に農業界が抱える問題を聞かされたんです。この先農業界は変わる、そこで自分が没頭すればインパクトが出せる。そう思って同期と2人で起業しました。


町田勝彦

ライバル会社も、隣の部門も、同期で入社した同僚も、誰もが同じように努力を重ね、同じように頑張っている。その中で現状に満足しない気持ち、すなわち「もうちょっとの心」を持って事にあたれば成果が差となって現れてくる。会社は社員一人一人の「もうちょっとの心」で進化してゆくものだ。


ページの先頭へ