名言DB

9,528 人 / 112,482 名言

吉田忠雄の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

吉田忠雄のプロフィール

吉田忠雄、よしだ・ただお。日本の経営者。ファスナーメーカー「YKK」創業者。明治時代、富山県出身。魚津尋常高等小学校卒業後上京。古谷商店に入社。26歳でサイエンス商会(のちのYKK)を設立。世界的なファスナーメーカーを一代で作り上げた。

吉田忠雄の名言 一覧

人間、ひとりでは何にもできない。必ず他人さまの力に何らかの形で頼っている。ですから、その成果、例えば会社の収益もそうですが、社会のいろんな方々のお世話になって得られるものです。


人間、生まれた以上は働くべき。働く者のみが分配にあずかれる。


金も要らなきゃ、名誉もいらぬ。ヒト様のことに、余計な世話を焼いていただかなくて結構。


汗して働くということが、必要不可欠の条件。だから、働く気のない者、ただ手をこまねいていて儲けにだけ預かろうという精神の者に、うちの株はやりたくない。


失敗しても失敗しても、成功しろ。


失敗することを恐れていては思い切った働きはできない。同じ働くのなら精一杯の力をぶつけて働く。そこで失敗するのなら仕方ない。


わが社が100億円の損失を被ります。だから、皆さんは出し惜しみや値上げをしないでください。【覚書き|オイルショックの影響を消費者に負わせないため取引先を集め宣言した言葉。結果、40億円の損失を被ったが、取引先から大きな信頼を得ることになる】


YKKでは単に役員会の多数決で物事を決めるというやり方は採用していない。会議の多数決で決めると、ややもすると誰もが責任があるような、ないような状況の下で、安易に決められてしまうことが多い。全員の意見が一致した時には、実はその事業をはじめるのは遅いことが多い。


他人の繁栄を図らなければ、自らも栄えない。私はそれを善の循環と呼んでいる。個人や企業の繁栄が、そのまま社会の繁栄へとつながっていく。池に石を投げると、波紋が大きな輪になって広がっていくように。


「善の循環」を実践するうえで一番大切なのは貯金である。「貯金」とは何も貯金だけにとどまらない。人間が日々積み重ねる努力も、まさにこうした貯金なのである。


私は全員の賛成を持ってやっているということはしなかった。全員が賛成するような案はパンチがないし、全員が賛成するころにはもう後れを取っているものが多い。


働きながら、その成果の分配にあずかる。しかも、分配の中の一部を、さらに将来の飛躍のために貯蓄し、そして再び働き、その再分配にあずかる――。これが、私が今日までやってきた基本理念。


私は、自分で創立し、ここまで育ててきた。そしてその間、自分のものを、価値のあるものを社員に分配してきたんです。他人は私のことを、人使いがうまいとかなんとかいうが、「それじゃ、5万でも10万でも、自分のものを分けてあげてごらんなさい」というんですよ。


自分たちは会社が大きくなっても、いつまでも中小企業の精神でやろう。大企業を敬うことは大事だけれども、学ぶな。他人の真似をしても意味がない。大企業を参考にしてもいいけれど、あくまでも自分たちで、常に「新しい何か」をつくっていく必要がある。


私らも儲けさせていただきたいというのは、皆さんと変わりません。人類に、あるいは社会に貢献しながら、私たちも栄えたい。いくら奉仕、貢献したって、自分が滅びたのでは再び貢献することはできない。


収益の3分の1は大衆に、3分の1は関連産業ないしは新規技術開発や設備投資に、そして最後の3分の1を私どもが頂く。これを繰り返していけば、結局その成果が再び自分のところへ巡環してくる。子孫も豊かになる。


貯蓄も大事。貯蓄こそ人間が動物から区別されるポイントだとさえ思っています。これも人間の義務です。だってそうでしょう。天下の往来といえども、これは先祖の貯蓄からできている。学校も、病院もしかり。それを「宵越しの金は持たねえ」なんて輩は、結局搾取者ということになる。誰かのものを搾取しているわけですからね。一人前になったら、税金も払わねばならん、働きもせねばならん、そして一部を貯蓄して、自分の老後、あるいは後世の人に残していくのは義務なんです。


吉田忠雄の経歴・略歴

吉田忠雄、よしだ・ただお。日本の経営者。ファスナーメーカー「YKK」創業者。明治時代、富山県出身。魚津尋常高等小学校卒業後上京。古谷商店に入社。26歳でサイエンス商会(のちのYKK)を設立。世界的なファスナーメーカーを一代で作り上げた。

他の記事も読んでみる

エラスムス

予防は治療に勝る。


東英弥

何かをやりたいと思っているからこそ、夢を持ち、そのために人の話を聞きたいと思うもの。


執行草舟

たとえ苦しみの人生だったとしても、本当に生命が燃焼したのなら、それを他人が見て、あの人は幸福だと評価するのであって、本人が自分で評価することではないのです。実は歴史の中では、最も苦しい人生を送った人が最も幸福な人生を送ったと、後世の人たちは言っています。


平野岳史

一番うまくいった商談を思い出して、「今日も絶対うまくいく」と自己暗示をかけてから、商談に臨むようにしています。たとえば、講演の前などは、「大丈夫、大丈夫。私は講演がうまいし、私の言うことを聞いてつまらないと思う人はいない」と自分に言い聞かせるんです。


小林陽太郎

人間は、知識では測り知れないプラスアルファの部分、もしくは神秘さのようなものを数多く持っていると私は考えている。地位が高いとか低いということは関係なく、私たちは人間をそのような視点から見ていく必要がある。ゆえに知識と経験をふまえた上で、そこに自己観照という作業を加えて、時間とともに、人間を見る視点を磨いていかなければならない。


橋本雅治

ビジネスは苦しい時に諦めたらそこで終わりです。そこで諦めずに壁を乗り越えようとすること自体が成長に繋がります。


羽賀翔一

自分がいるからこそ、他人が存在し、他人がいるからこそ自分が存在している。


小泉秀希

基本を忠実に実行するだけでも、投資の成果は変わってくるもの。時間と資金を分散し、リスクを抑えて投資することから始めてみてはいかがでしょうか。


湯浅智之

最も大事なのは「人」。エンジンになれる人がいないと企業を成長させることはできない。いくら良い素材があったとしても、これに心の底から向き合っている人がいないと我々としても支援のしょうがない。これまでに多くの案件を手掛けてきましたが、思ったような成果を出せなかったケースではいつも人の問題がありました。


荒木秀夫

私はセールスドライバーとして入社しました。当時も今もお客様がお困りの事柄を解消することによりお客様からご支持をいただくという点は、何も変わっていません。


勝間和代

今を感じ、今を楽しみ、生産的な今に集中すれば、生産的でない「過去」や「未来」を憂う時間が減って、毎日をより生き生きと過ごせるようになる。


内藤大助

3度目の世界戦のときは、ファイトマネーは日本タイトル戦と変わらないくらいでした。でも、タイトルマッチできるだけでも、ものすごい幸せなことなんです。だって世界中に順番を待っている選手が山ほどいるわけですよ。その中で3回もできるなんてね。それ考えたらファイトマネーなんかなくたっていいくらいだったですから。