名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

吉田徹(政治学者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

吉田徹(政治学者)のプロフィール

吉田徹、よしだ・とおる。日本の政治学者。「北海道大学法学研究科」教授。東京都出身。慶應義塾大学法学部政治学科卒業、東京大学大学院総合文化研究科国際社会科学修士課程修了、同博士課程単位取得退学。日本貿易振興会(ジェトロ)を経て、北海道大学助教授・教授。

吉田徹(政治学者)の名言 一覧

リーダーシップを発揮する前提として、それについていく人々のフォロワーシップがあるんです。フォロワーの要求とリーダーの応答から成り立つアクションがリーダーシップなのです。リーダーシップが発揮できるかどうかは、我々の側にも責任がある。


自分たちがどう生きたいか、何を求めているかがはっきりしていれば、政治家に振り回されることはない。それは「ノーと言える日本」などといった消極的なノーではなく、自分たちの生き方をめぐる、もっと「積極的なノー」なんです。自分たちの運命を自分たちで決める。


ポピュリズムが不可避なのであれば、システムに貢献する形にしていく。人々の政治体制への不満をうまく包摂できれば、本当の「ピープルズ・パワー」という形のポピュリズムを生むことができます。


ポピュリズムの大きな特徴は、持続しないことなんです。ポピュリズムというのは、既存の政治に対する不満から大きくなる。そして、ここが民主主義のすごいところなのですが、ポピュリズムの起こす爆風を吸収して、より耐性のある体制に変わっていきます。つまり、今あるシステムと、未来のシステムの間にかかるブリッジとして、ポピュリズムは存在するんです。


吉田徹(政治学者)の経歴・略歴

吉田徹、よしだ・とおる。日本の政治学者。「北海道大学法学研究科」教授。東京都出身。慶應義塾大学法学部政治学科卒業、東京大学大学院総合文化研究科国際社会科学修士課程修了、同博士課程単位取得退学。日本貿易振興会(ジェトロ)を経て、北海道大学助教授・教授。

他の記事も読んでみる

國貞文隆

情報収集というのは、やたらめったら情報を集めればいいというものではありません。あれもこれもと情報を集めていても、それが自分の仕事とまったく関係がなかったり、関係が薄いものであれば、無駄になってしまいます。サラリーマンにおける情報収集というのは、自分の仕事に生かすためにするものです。つまり、自分の仕事において何が必要かということを明確にする必要があります。


青野慶久

睡眠不足だと頭が働かないため、重大な判断を迫られる局面ではとくにしっかりと睡眠をとることが大切です。


野口孝広

自分は勘違いしていないか、驕った振る舞いをしていないかという反省力が問われる。


池本慶且

水に関する素人だからよかったのかもしれません。慣例にとらわれることなく、安心で安全な水、命や環境を守るための水、つまり、人助けになるような「世界になくてはならない水を創る」その一心で商品の開発、改良を重ねました。


牧野兼史

高専生を積極的に採用しているというよりは、大卒にこだわって採用しないスタンス。高専生は学びたいことややりたいことが明確で、真面目な人材が多い。


上田準二

私が社長に就任したとき、人事制度では年功型をやめました。やる気のある人間については、褒め称えて、天井にぶつかって痛いと言うまで胴上げする。例えて言えば、そんな制度にしたのです。


橘玲

時代の流れとともに、企業が求める人材も、組織のあり方も、仕事のやり方も大きく変わりつつある。これまでの価値観にとらわれ、ただ会社に依存し、組織にしがみつくのではなく、自分が輝ける働き方は何か、組織との関係をどう築くか、戦略的に選択することが必要。


藤原洋

クラウド時代だからクラウドサービスを提供しようという単純な考え方では、価格競争力のある巨大企業には勝てません。だから、より付加価値の高いサービスを構築する必要がある。


佐々木宏

いま、話題になっているテレビ番組については、たいていは録画して観ています。流行っている番組の合間にどういう風にCMが入っているのかが制作の参考になるし、それにやはりテレビはおもしろいですから。テレビがつまらないというのは、現役でテレビをたくさんは見ていない人の言葉なんじゃないのかな。


上野金太郎

仕事って、ひとつの角度から見ていると全体像が見えないんです。営業サイドから見たり、広報やアフターケアの視点から見たり、いろいろな角度から見ないと全体像がわからない。


吉松徹郎

ビジネスモデルを作るのが重要だと言っていても、しっかり売上げを立て、キャッシュが回らなければ、手のひらを返すように人は離れていってしまう。


杉山健二

「お客様が求めていることは何かを、一人一人が自分で考えろ」と社員に言っています。そして、そこから出てきた意見は必ず会社の施策に活かしていきます。