名言DB

9429 人 / 110879 名言

吉田徹(政治学者)の名言

twitter Facebook はてブ

吉田徹(政治学者)のプロフィール

吉田徹、よしだ・とおる。日本の政治学者。「北海道大学法学研究科」教授。東京都出身。慶應義塾大学法学部政治学科卒業、東京大学大学院総合文化研究科国際社会科学修士課程修了、同博士課程単位取得退学。日本貿易振興会(ジェトロ)を経て、北海道大学助教授・教授。

吉田徹(政治学者)の名言 一覧

リーダーシップを発揮する前提として、それについていく人々のフォロワーシップがあるんです。フォロワーの要求とリーダーの応答から成り立つアクションがリーダーシップなのです。リーダーシップが発揮できるかどうかは、我々の側にも責任がある。


自分たちがどう生きたいか、何を求めているかがはっきりしていれば、政治家に振り回されることはない。それは「ノーと言える日本」などといった消極的なノーではなく、自分たちの生き方をめぐる、もっと「積極的なノー」なんです。自分たちの運命を自分たちで決める。


ポピュリズムが不可避なのであれば、システムに貢献する形にしていく。人々の政治体制への不満をうまく包摂できれば、本当の「ピープルズ・パワー」という形のポピュリズムを生むことができます。


ポピュリズムの大きな特徴は、持続しないことなんです。ポピュリズムというのは、既存の政治に対する不満から大きくなる。そして、ここが民主主義のすごいところなのですが、ポピュリズムの起こす爆風を吸収して、より耐性のある体制に変わっていきます。つまり、今あるシステムと、未来のシステムの間にかかるブリッジとして、ポピュリズムは存在するんです。


吉田徹(政治学者)の経歴・略歴

吉田徹、よしだ・とおる。日本の政治学者。「北海道大学法学研究科」教授。東京都出身。慶應義塾大学法学部政治学科卒業、東京大学大学院総合文化研究科国際社会科学修士課程修了、同博士課程単位取得退学。日本貿易振興会(ジェトロ)を経て、北海道大学助教授・教授。

他の記事も読んでみる

上田研二

中小企業でまず求められるのは協調性。中小企業にもそれぞれ組織のカルチャーがあって、それに馴染めない人は長続きしません。


川邊健太郎

これだけ変化の激しい時代に、「さて、情報を集めるか」では遅い。普段から「情報感度」を高めておかなくてはなりません。


古森重隆

私が入社した1963年、米イーストマン・コダックは仰ぎ見る存在だった。売上高は17倍、カラーフィルムや印刷製版フィルムもコダックの方が性能は上。感光材料の主原料となるゼラチンや銀を取るために、牧場や銀鉱山を持っていたほどで、こんな会社に勝てるのかと正直思った。だが、富士フィルムは諦めずに技術を磨き続けた。最終的にコダックを追い抜いたと思ったのは、76年に「ISO感度400」という高感度カラーネガフィルムを発売した時である。コダックを上回る技術力を手にできたのは、生き延びるための激烈な競争の結果だ。


佐藤裕久

仲間が幸せな顔をしているときって、必ずお客さまも幸せな顔をしてるんですよ。そんなときに、「ああ、ええ感じやなあ」と、僕も幸せな気持ちになれます。


柴田昌治(コンサルタント)

深く考えたうえでの即断即決なら問題はありません。危険なのは、過去の成功体験をもとに、深く考えずに答えを出してしまうこと。


真弓・ナタリー・ユエン

時は「金」なりと言いますが、華僑の方々は時間を「命」だと考えています。面会ひとつとっても、例えば一時間なら、その人の命の中の一時間を分けてもらっているのだと考えます。


梅原一嘉

パートさんの売上意識を変えるのに、デジタルサイネージが効果的でした。従業員の休憩室に設置したデジタルサイネージは、お客様から頂戴した感謝の言葉をまとめた「39のありがとうワード」の他、各店舗のイベントの様子や全店の売り上げなどが分かるようになっています。売り上げがいい店は青、もう一歩は黄、悪いところは赤と、お互いの店の状況が色分けされて一目でわかるので、さすがに「頑張ろう」という気になってくれます。


本田健

今必要なのは、5年後、10年後にどう生きるのか、まずは自分自身のビジョンを決めることです。会社に身を置きつつ、今の分野で揺るぎないプロフェッショナルを目指すもよし、新規事業を立ち上げるのもよし。独立してフリーランスで働くなり起業するなりの自由な生き方を選ぶのもいいでしょう。いずれにしても、今のうちに心構えをしておくべき。そして、そのためにはどんな勉強が必要なのか、どんな仲間をつくったらいいか、誰をメンター(先生)として教えを請えばいいかなど、必要な情報を収集していきましょう。


ピーター・ドラッカー

リーダーを信頼するということは、リーダーを好きになることではない。常に同意できることでもない。リーダーの言うことが真意であると確信できることである。


平賀敏

人を使うには清濁併せのまなければならない。