名言DB

9412 人 / 110637 名言

吉田徹(政治学者)の名言

twitter Facebook はてブ

吉田徹(政治学者)のプロフィール

吉田徹、よしだ・とおる。日本の政治学者。「北海道大学法学研究科」教授。東京都出身。慶應義塾大学法学部政治学科卒業、東京大学大学院総合文化研究科国際社会科学修士課程修了、同博士課程単位取得退学。日本貿易振興会(ジェトロ)を経て、北海道大学助教授・教授。

吉田徹(政治学者)の名言 一覧

リーダーシップを発揮する前提として、それについていく人々のフォロワーシップがあるんです。フォロワーの要求とリーダーの応答から成り立つアクションがリーダーシップなのです。リーダーシップが発揮できるかどうかは、我々の側にも責任がある。


自分たちがどう生きたいか、何を求めているかがはっきりしていれば、政治家に振り回されることはない。それは「ノーと言える日本」などといった消極的なノーではなく、自分たちの生き方をめぐる、もっと「積極的なノー」なんです。自分たちの運命を自分たちで決める。


ポピュリズムが不可避なのであれば、システムに貢献する形にしていく。人々の政治体制への不満をうまく包摂できれば、本当の「ピープルズ・パワー」という形のポピュリズムを生むことができます。


ポピュリズムの大きな特徴は、持続しないことなんです。ポピュリズムというのは、既存の政治に対する不満から大きくなる。そして、ここが民主主義のすごいところなのですが、ポピュリズムの起こす爆風を吸収して、より耐性のある体制に変わっていきます。つまり、今あるシステムと、未来のシステムの間にかかるブリッジとして、ポピュリズムは存在するんです。


吉田徹(政治学者)の経歴・略歴

吉田徹、よしだ・とおる。日本の政治学者。「北海道大学法学研究科」教授。東京都出身。慶應義塾大学法学部政治学科卒業、東京大学大学院総合文化研究科国際社会科学修士課程修了、同博士課程単位取得退学。日本貿易振興会(ジェトロ)を経て、北海道大学助教授・教授。

他の記事も読んでみる

岩崎久弥

少し高すぎたのではないか。決めてしまったことはやむをえないが、国家大衆のために譲るのだから、三菱の利益だけを考えてはいけない。三菱の事業は単に私利だけにとらわれてやっているのじゃない。いつも国家的見地に立っていることを忘れてはならない。
【覚書き|三菱の持っていた土地を東京駅の建設用地として売却した際、譲渡価格の交渉を担当した社員に言った言葉】


小林佳雄

表現する力を磨け。自分がどんなに優れた人格や能力を持っていて、情熱に溢れていても、相手に届かなければ持っていないのと一緒。


田中良和(GREE)

仕事に直接関係しない、情緒的な本を読むことで、合理一辺倒になりがちな経営の場にいても、人としての心のバランスを保つことができます。それと同時に、人生の根源を問う本からは、経営やビジネスマンに求められる情熱や熱量も学べるような気がします。


宮坂学

問題を直視し、危機感を持つことは重要だが、それだけでは気持ちが暗くなる。だから「俺たちは強い」と信じてやることが大事だと思っている。


ウォルト・ディズニー

ディズニーランドを子供だけのために作ってはいけない。人はいつから子供ではなくなるんだ?大人の中に、子供の心が消えてしまっているといいきれるかい?いい娯楽であれば、若者にも老人にも誰にでもアピールすることができる。親が子供を連れてこられる、そして大人だけできても楽しく過ごせるところ、僕はここをそんな場所にしたいんだ。


山内奏人

レシート買い取りのサービスは1日経たずに止めざるを得なくなりました。買い取り資金が圧倒的に足りなくなってしまったからです。僕たちが買い取るレシート画像は1枚10円で、1人1日10枚まで。せいぜい100円なので大丈夫だと思っていました。ところが、想像以上に反響がありまして。そこで、ビジネスモデルを見直して再開しました。レシートを買い取るのは同じですが、次は広告を流すモデルです。レシートを買ったあとの画面に、企業からの広告を出します。たとえば先日発表したのは、ガソリンスタンドのレシートを買い取るときに中古車買い取り会社の広告を出すというもの。ガソリンスタンドを使う人は車を持っているので、広告をクリックしてくれる率は高いと思いまして。


柳井正

海外に行って世界を見ないと、一流の経営者にはなれない。


加藤好洋

やる気さえあれば人は変わることができる。その場合、力で押さえつけるのではなく、相手を信じることから始めなければならない。


杉浦克典

大学卒業後、海外留学を経て外資系企業で3年間勤務しました。外の世界を経験するよう背中を押してくれたのは母です。社会人としての基本姿勢を学んだほか、27歳でスギ薬局に入社した後、企業文化の違いを通して改善点を見つけられるようにもなりました。


土川健之

好きなことに人生を懸けていれば、まず、負けることはありません。


名越康文

相手のペースに巻き込まれているなと感じたら、しっかり食事を取ることも大切です。人は胃袋が膨らむと、落ち着いて物事を考えられるようになります。上司や顧客に無理なことを振られたら、その場で返事をせず、親しい友人とおいしいランチを食べて考える。これが鉄則です。


小林秀雄(文芸評論家)

青年にとってはあらゆる思想が、単におのれの行動の口実にすぎぬ。


北尾吉孝

私は、ハウツー本よりも、歴史、哲学、先人の知恵に学ぶほうがいいと思います。多くの普遍的な情報を積み重ねると、直観力を養うことができます。すると、ビジネスとは関係ない分野の本を読んでいても、仕事のアイデアが浮かんでくるようになります。重要な決断も即時にできるようになります。


岩瀬大輔

ノートの活用には3つの段階があるということです。「予習=思考の発散や仮説の構築」「記録」「復習=思考の結晶化」。さらには、結晶化した思考を具体的な「アクション」へつなげる。ここまでやって、ようやく本当の意味で「ノートを活用した」ということになるのではないでしょうか。のプロセスを繰り返していれば、次のアクションのレベルを高めることにもつながるんです。


ダン・ケネディー

様々な分野で目を見張るような成功を収めた人の中には「あいつに目にもの見せてやる」という気持ちが励みになったと打ち明ける人が少なくない。不安や恐怖心に突き動かされて頑張る人も多い。なにをモチベーションの材料にするかについて、他人にとやかく言われる筋合いはない。その人によってそれが有効ならそれでいい。このようなネガティブな感情が好ましい結果を生む場合があることを認めないのは甘い考えだと言わざるを得ない。