名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

吉田幸弘(コンサルタント)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

吉田幸弘(コンサルタント)のプロフィール

吉田幸弘、よしだ・ゆきひろ。日本の人財育成コンサルタント。「リフレッシュコミュニケーションズ」代表。東京出身。成城大学卒業後、大手旅行代理店、学校法人、外資系専門商社、広告代理店などを経て独立。著書に『部下のやる気を引き出す上司のちょっとした言い回し』『部下がきちんと動く リーダーの伝え方』。

吉田幸弘(コンサルタント)の名言 一覧

部下指導の成果は、上司の話し方によって大きく変わる。成長しないことを部下のせいにせず、話し方にちょっとした工夫を加えてみてください。


人格を否定されて自信を失うと、人はできていたことまでできなくなってしまう。


言葉は武器にもなりますが、凶器にもなります。とくに感情が昂ぶったときにその場ですぐ口に出す言葉は、相手を深く傷つけます。


まずは意識的に部下の長所を探す姿勢を持ちましょう。「短所も裏を返せば長所だ」「結果に結びついていないが、可能性はある」などと、ポジティブな見方をするのです。


部下を叱るときは、自分の感情を落ち着かせるために少し時間を置いたり、場所を変えたりするとよいでしょう。紙に書きながら話すのも効果的な方法です。話のポイントを書いて、相手に見せながら、「私はここが問題だと思うんだけど」と話すことで、冷静に話ができます。


どんな部下にも必ず良いところがあります。「日報だけは毎日きちんと書く」「メールの対応だけは早い」といった程度のことでかまわないので、まずはそこをねぎらってください。


私がお勧めするのは、叱る前に前置きをすること。「今日はちょっと嫌なことを話すかもしれないけど」「話しにくいことなんだけど、ちょっといいかな?」という柔らかいクッションフレーズで前置きをすると、自分もひと呼吸置くことができますし、部下も「上司が自分に気配りしてくれているのだな」と感じて、そのあとに続く言葉を受け入れる心構えができます。


部下の行動に問題があったときに怒りを感じるのは人間として仕方のないことですが、それをそのまま口に出すのではなく、自分の中でいったん整理してから話す習慣をつけましょう。


大事なのは、部下の「人格」と「行動」をきちんと切り分けること。もっと積極的になってほしい部下がいても、「そんなに大人しいとリーダーは務まらないぞ」と人格を叱るのはNG。「君にこのプロジェクトを引っ張っていってほしいんだ」というように、あくまで「どのように行動してほしいのか」に置き換えて話すようにしてください。


上司がいつも怒っていると、部下は何か言われたときに「この場をどうやって切り抜けようか」「どうやって逃げようか」と後ろ向きの発想しかしなくなります。「どうすれば改善できるか」という前向きな発想が出て来ないのです。


上司が部下を注意するときについやってしまいがちなのが、自分の感情をむき出しにしてしまうこと。部下を「叱る」のではなく、「怒る」になってしまう上司が多いのです。前者は相手に適切な行動改善を促す行為ですが、後者は単に自分の感情を相手にぶつけているだけです。


部下からミスの報告を受けたら、まずは「今すぐできる対処」について指示をすること。事態が一段落したあとに、「今回は何が問題だったと思う?」「今後のためには何が必要?」などと話しあいましょう。


仕事ぶりについていろいろと注意したいところがある部下に対しては、そのすべてを注意するのではなく、10あれば、そのうちの3くらいだけ、とくに重要なことだけを注意するようにしましょう。そして、良いことをしたときは褒める。「飴と『ムシ』方式」です。


部下を指導するときは感情に振り回されないことも大切。感情にとらわれると事実関係で見落としてしまうことも増えますし、部下を萎縮させたり、反発を招いたりすることになります。まず、部下に伝えたいことを整理して、感情を平静にしてから話すことを、常に心がけましょう。


部下を叱らなければならないときもあります。そのときに注意すべきなのは、部下が「叱られるくらいなら、ミスをしても報告せずに隠しておこう」と思ってしまうような叱り方をしないこと。「なんで、この忙しいときにそんなことを言ってくるんだ」もNG。「早めの報告をありがとう」と、まずは報告したことをほめましょう。


コミュニケーションの「量」については、どの部下に対しても平等になるようにしましょう。長年接している部下に対しては、つい言葉をかける手間を省きがちになりますが、それが知らないうちに距離を生むこともあります。「わかっているだろうから、いちいち褒めなくてもいいや」と油断せず「ありがとう」「助かったよ」と折に触れて声をかけましょう。


研修などを通して、部下指導に悩む数多くの上司の方々に接してきました。そうした方々に共通するのは、部下の悪い面ばかりを見がちだということです。そもそも、人間の思考はネガティブに傾きやすい。他の人の短所は長所の5倍も目につくとも言われています。そのために、上司はつい部下に対して文句を言ってしまい、褒めることは少なくなりがちです。すると、部下のやる気が落ちて、ますます成長が鈍くなります。


吉田幸弘(コンサルタント)の経歴・略歴

吉田幸弘、よしだ・ゆきひろ。日本の人財育成コンサルタント。「リフレッシュコミュニケーションズ」代表。東京出身。成城大学卒業後、大手旅行代理店、学校法人、外資系専門商社、広告代理店などを経て独立。著書に『部下のやる気を引き出す上司のちょっとした言い回し』『部下がきちんと動く リーダーの伝え方』。

他の記事も読んでみる

田中角栄

私は、「腐った橋を渡っても、橋は自分が渡ったあと落ちる」と信じてきた。


神津里季生

日本の取引慣行は、まるで、お客様に言われたことは全て受けなければならないという面がありますが、見直さなければいけないと思います。私もそうですが、消費者としてはよいものが安ければいいと考えます。それを一歩立ち止まって、どうしてこの値段になっているのか、多少値段が高くても、よいものがそれなりの値段で買える社会が持続することの大切さを、みんなで考えなければいけない。


島津源蔵(2代目)

家庭を滅ぼす人

  1. 自分の一家と国家とのつながりを知らぬ人。
  2. 両親及び兄姉を敬わず夫婦和合せぬ人。
  3. 身分相応を忘れる人。
  4. 毎日不平を言うて暮す人。
  5. 相互扶助を知らぬ人。
  6. 嘘を言い我が儘を平気でする人。
  7. 不用の物を買いたがり無駄事に多くの時間をつぶす人。
  8. 夜ふかし朝寝をし実力を養成しない人。
  9. 失敗したとき勇気を失う人。
  10. 非礼なことを平気でする人。
  11. 今日積む徳が明日の出世の因となることを知らぬ人。
  12. 先輩を軽んじ後輩に親切を尽さぬ人。
  13. 他人の悪口を言い、争いを好む人。
  14. 秩序を守らぬ人。
  15. 今日一日の無事を感謝せぬ人。

野口仁

あと3カ月だけ頑張らせてください。それまでに結果を出せなければ考えます。
【覚書き|磁気テープの記録大容量化のカギを握っている磁気体「バリウムフェライト(BaFe)」の研究中止が決まったときの発言。研究打ち切りの1週間前に同磁気体の可能性証明に成功。大容量磁気テープはグーグルなどでも採用された】


藤田伝三郎

物事の整理ができない者は大きな事はできない。小さな事でも決しておろそかにしてはならない。


吉松徹郎

私自身、30年後どうなっているのだろうと想像します。今と変化しているなら誰が最初の第一歩を踏むのだろうと、よく逆算して考えているようにしています。その時に第一歩になる会社が私たちであれば良いと思いますし、私たちでないのなら、その会社になる確率の高い会社と今から資本と業務の両面で提携を組みたいと考え、努力しています。


鹿島茂

考えあぐねた末に、思考をいったん止めてぼーっと過ごした後にアイデアがひらめくというのは、我々でもよく経験することである。1つの切り口だけで物事を見ていると解決策が見つからない。ところが、ある時間を経て、無意識下に沈殿していた2番目の切り口が浮かび上がってくると、とたんに新たな視野が開けてくるのである。


家訓・社是・社訓・経営理念

タビオ創業の理念
凡(およ)そ商品は、造って喜び、売って喜び、買って喜ぶようにすべし。造って喜び、売って喜び、買って喜ばざるは道に叶わず。


坂井宏行

日頃から整理整頓する。失敗は不注意や散漫な心から起きるもの。常に段取りよくやる姿勢で日々臨めば、周囲に迷惑をかけるようなミスを防げる。


北島義俊

印刷全体を取り巻く環境が変わったという意味では、新たな市場が広がる可能性がある一方で、危機的な状況でもあると考えています。


弘兼憲史

どんな仕事でも「嫌々やる」のではなく、「好きになる努力をすること」は大事なことです。自分で締め切りを設定することで、ゲーム感覚が生まれ、やる気を高めることができる。


馬場正尊

まず自らが実験台になることが重要だと思っていたので、もともと東京の西側の中目黒に事務所を構えていたのですが、東側の日本橋に引っ越してきたのです。ここは、もともと一階が駐車場。二階が倉庫だった小さな物件をRプロジェクトの考え方で内装に手を入れてオフィスにしたものです。計5つの駅が徒歩10分圏内という抜群の立地で、家賃は10万円です。