名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

吉田幸弘(コンサルタント)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

吉田幸弘(コンサルタント)のプロフィール

吉田幸弘、よしだ・ゆきひろ。日本の人財育成コンサルタント。「リフレッシュコミュニケーションズ」代表。東京出身。成城大学卒業後、大手旅行代理店、学校法人、外資系専門商社、広告代理店などを経て独立。著書に『部下のやる気を引き出す上司のちょっとした言い回し』『部下がきちんと動く リーダーの伝え方』。

吉田幸弘(コンサルタント)の名言 一覧

部下指導の成果は、上司の話し方によって大きく変わる。成長しないことを部下のせいにせず、話し方にちょっとした工夫を加えてみてください。


人格を否定されて自信を失うと、人はできていたことまでできなくなってしまう。


言葉は武器にもなりますが、凶器にもなります。とくに感情が昂ぶったときにその場ですぐ口に出す言葉は、相手を深く傷つけます。


まずは意識的に部下の長所を探す姿勢を持ちましょう。「短所も裏を返せば長所だ」「結果に結びついていないが、可能性はある」などと、ポジティブな見方をするのです。


部下を叱るときは、自分の感情を落ち着かせるために少し時間を置いたり、場所を変えたりするとよいでしょう。紙に書きながら話すのも効果的な方法です。話のポイントを書いて、相手に見せながら、「私はここが問題だと思うんだけど」と話すことで、冷静に話ができます。


どんな部下にも必ず良いところがあります。「日報だけは毎日きちんと書く」「メールの対応だけは早い」といった程度のことでかまわないので、まずはそこをねぎらってください。


私がお勧めするのは、叱る前に前置きをすること。「今日はちょっと嫌なことを話すかもしれないけど」「話しにくいことなんだけど、ちょっといいかな?」という柔らかいクッションフレーズで前置きをすると、自分もひと呼吸置くことができますし、部下も「上司が自分に気配りしてくれているのだな」と感じて、そのあとに続く言葉を受け入れる心構えができます。


部下の行動に問題があったときに怒りを感じるのは人間として仕方のないことですが、それをそのまま口に出すのではなく、自分の中でいったん整理してから話す習慣をつけましょう。


大事なのは、部下の「人格」と「行動」をきちんと切り分けること。もっと積極的になってほしい部下がいても、「そんなに大人しいとリーダーは務まらないぞ」と人格を叱るのはNG。「君にこのプロジェクトを引っ張っていってほしいんだ」というように、あくまで「どのように行動してほしいのか」に置き換えて話すようにしてください。


上司がいつも怒っていると、部下は何か言われたときに「この場をどうやって切り抜けようか」「どうやって逃げようか」と後ろ向きの発想しかしなくなります。「どうすれば改善できるか」という前向きな発想が出て来ないのです。


上司が部下を注意するときについやってしまいがちなのが、自分の感情をむき出しにしてしまうこと。部下を「叱る」のではなく、「怒る」になってしまう上司が多いのです。前者は相手に適切な行動改善を促す行為ですが、後者は単に自分の感情を相手にぶつけているだけです。


部下からミスの報告を受けたら、まずは「今すぐできる対処」について指示をすること。事態が一段落したあとに、「今回は何が問題だったと思う?」「今後のためには何が必要?」などと話しあいましょう。


仕事ぶりについていろいろと注意したいところがある部下に対しては、そのすべてを注意するのではなく、10あれば、そのうちの3くらいだけ、とくに重要なことだけを注意するようにしましょう。そして、良いことをしたときは褒める。「飴と『ムシ』方式」です。


部下を指導するときは感情に振り回されないことも大切。感情にとらわれると事実関係で見落としてしまうことも増えますし、部下を萎縮させたり、反発を招いたりすることになります。まず、部下に伝えたいことを整理して、感情を平静にしてから話すことを、常に心がけましょう。


部下を叱らなければならないときもあります。そのときに注意すべきなのは、部下が「叱られるくらいなら、ミスをしても報告せずに隠しておこう」と思ってしまうような叱り方をしないこと。「なんで、この忙しいときにそんなことを言ってくるんだ」もNG。「早めの報告をありがとう」と、まずは報告したことをほめましょう。


コミュニケーションの「量」については、どの部下に対しても平等になるようにしましょう。長年接している部下に対しては、つい言葉をかける手間を省きがちになりますが、それが知らないうちに距離を生むこともあります。「わかっているだろうから、いちいち褒めなくてもいいや」と油断せず「ありがとう」「助かったよ」と折に触れて声をかけましょう。


研修などを通して、部下指導に悩む数多くの上司の方々に接してきました。そうした方々に共通するのは、部下の悪い面ばかりを見がちだということです。そもそも、人間の思考はネガティブに傾きやすい。他の人の短所は長所の5倍も目につくとも言われています。そのために、上司はつい部下に対して文句を言ってしまい、褒めることは少なくなりがちです。すると、部下のやる気が落ちて、ますます成長が鈍くなります。


吉田幸弘(コンサルタント)の経歴・略歴

吉田幸弘、よしだ・ゆきひろ。日本の人財育成コンサルタント。「リフレッシュコミュニケーションズ」代表。東京出身。成城大学卒業後、大手旅行代理店、学校法人、外資系専門商社、広告代理店などを経て独立。著書に『部下のやる気を引き出す上司のちょっとした言い回し』『部下がきちんと動く リーダーの伝え方』。

他の記事も読んでみる

アレン・マイナー

壁にぶつかった時に乗り越えるには、自分たちの持っているビジョンに対する情熱で乗り越えるしかない。


レイ・クロック

私はマクドナルドを名前以上の存在にしたかった。安定した品質と運営が標準化されたレストランシステムの代名詞にしたかった。


川野幸夫

ナショナルブランドの加工食品などのコモディティ商品はスケールメリットが効くので、中小スーパーも共同仕入れなどの工夫によって安さを追求することができます。しかし、大手との競争に勝つためには、生鮮品や総菜などのライフスタイル商品の魅力が決め手になります。こだわりが必要です。


似鳥昭雄

創造して破壊して、破壊して創造する。そのプロセスが大切なのです。


勝間和代

ちょっとずつやっていけば、憧れにも手が届く。


兒玉義則

入社後、アドバイザーとして店舗に配属されました。本当に貴重な経験でした。お客様とお話をすることで、お客様がどんな点を気にされ、何に不安を抱かれるのかを直接知ることができます。どんな説明がわかりやすいのか、何を明確にすればご納得いただけるのかも学びました。


鍵山秀三郎

毎朝、立派な経営理念や社訓を唱和させている会社がありますが、では会社がその通りになっているかといえば、全然そうなっていない。むしろ掲げている理念とは違うことをやっている会社の方が多い。私は立派な理念を掲げるよりも、毎日の仕事、社員の生活を通しての行いが、社会の規範やルールに反しない、社会に迷惑をかけない、ということの方が大事だし、またそういうことに気をつけて仕事をやってきたわけです。社会には規則にはなってないが、やってはならないことがたくさんあります。立派な経営理念を守るよりも、社会のルール、規範を自然に守れる人間、社員であって欲しいというのが私の願いです。


林文子

BMWで業績最下位支店の支店長に就任してから、部下を褒めることに徹しました。「あなたのこういうところは本当に素敵ね」「あなたのやり方、とっても勉強になったわ」といった言葉をかけ続けたのです。その結果、「自分たちはダメだ」と思い込んでいた部下たちが自信を持つようになりました。それとともに支店の業績も急回復し、私が着任して半年後には目標達成率ナンバーワンの支店に躍り出たのです。


堀正岳

人気ブログを書いている人たちが声を揃えていうのは、「たとえ持っている情報が不完全な状態でも、つねにアウトプットをしていたほうが、結果的に価値のある情報が集まってくる」ということです。ブログを読んだ人たちから、「それについてはこんな調査結果がありますよ」というように有益な情報が寄せられるからです。つまり、情報を出し続けている人のところに、価値ある情報は集まってくるというわけです。


見舘好隆

上司自身が前向きに輝いて仕事しているだろうか。この人のようになりたいと思わせる魅力的な人がいる職場では、若手の離職率も低いはずだ。若手をなじるのは天に唾する行為に等しく、結局は自分たちに返ってくる。


北条早雲

古語に、「子の刻(午前0時)に寝て寅の刻(午前4時)には起きよ」と言っているが、そのようなことは、人によって当てはまるのである。つねに寅の刻に起きるのがよろしく、辰巳(八時から十時まで)の刻までも寝ていたのでは、主人への出仕も叶わず、御奉公にも事欠くことになるのみならず、また、自分の用事をもすることができず、全くつまらない次第であって、毎日暮らしているのも無駄なことである。


水口和彦

悪い報告が遅れがちな部下は、過去に上司に悪い報告をした時に、「バカヤロウ」と叱責された経験がある場合が多い。「悪い報告はしない方が得」と条件付けされたわけです。