名言DB

9,528 人 / 112,482 名言

吉田幸弘(コンサルタント)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

吉田幸弘(コンサルタント)のプロフィール

吉田幸弘、よしだ・ゆきひろ。日本の人財育成コンサルタント。「リフレッシュコミュニケーションズ」代表。東京出身。成城大学卒業後、大手旅行代理店、学校法人、外資系専門商社、広告代理店などを経て独立。著書に『部下のやる気を引き出す上司のちょっとした言い回し』『部下がきちんと動く リーダーの伝え方』。

吉田幸弘(コンサルタント)の名言 一覧

部下指導の成果は、上司の話し方によって大きく変わる。成長しないことを部下のせいにせず、話し方にちょっとした工夫を加えてみてください。


人格を否定されて自信を失うと、人はできていたことまでできなくなってしまう。


言葉は武器にもなりますが、凶器にもなります。とくに感情が昂ぶったときにその場ですぐ口に出す言葉は、相手を深く傷つけます。


まずは意識的に部下の長所を探す姿勢を持ちましょう。「短所も裏を返せば長所だ」「結果に結びついていないが、可能性はある」などと、ポジティブな見方をするのです。


部下を叱るときは、自分の感情を落ち着かせるために少し時間を置いたり、場所を変えたりするとよいでしょう。紙に書きながら話すのも効果的な方法です。話のポイントを書いて、相手に見せながら、「私はここが問題だと思うんだけど」と話すことで、冷静に話ができます。


どんな部下にも必ず良いところがあります。「日報だけは毎日きちんと書く」「メールの対応だけは早い」といった程度のことでかまわないので、まずはそこをねぎらってください。


私がお勧めするのは、叱る前に前置きをすること。「今日はちょっと嫌なことを話すかもしれないけど」「話しにくいことなんだけど、ちょっといいかな?」という柔らかいクッションフレーズで前置きをすると、自分もひと呼吸置くことができますし、部下も「上司が自分に気配りしてくれているのだな」と感じて、そのあとに続く言葉を受け入れる心構えができます。


部下の行動に問題があったときに怒りを感じるのは人間として仕方のないことですが、それをそのまま口に出すのではなく、自分の中でいったん整理してから話す習慣をつけましょう。


大事なのは、部下の「人格」と「行動」をきちんと切り分けること。もっと積極的になってほしい部下がいても、「そんなに大人しいとリーダーは務まらないぞ」と人格を叱るのはNG。「君にこのプロジェクトを引っ張っていってほしいんだ」というように、あくまで「どのように行動してほしいのか」に置き換えて話すようにしてください。


上司がいつも怒っていると、部下は何か言われたときに「この場をどうやって切り抜けようか」「どうやって逃げようか」と後ろ向きの発想しかしなくなります。「どうすれば改善できるか」という前向きな発想が出て来ないのです。


上司が部下を注意するときについやってしまいがちなのが、自分の感情をむき出しにしてしまうこと。部下を「叱る」のではなく、「怒る」になってしまう上司が多いのです。前者は相手に適切な行動改善を促す行為ですが、後者は単に自分の感情を相手にぶつけているだけです。


部下からミスの報告を受けたら、まずは「今すぐできる対処」について指示をすること。事態が一段落したあとに、「今回は何が問題だったと思う?」「今後のためには何が必要?」などと話しあいましょう。


仕事ぶりについていろいろと注意したいところがある部下に対しては、そのすべてを注意するのではなく、10あれば、そのうちの3くらいだけ、とくに重要なことだけを注意するようにしましょう。そして、良いことをしたときは褒める。「飴と『ムシ』方式」です。


部下を指導するときは感情に振り回されないことも大切。感情にとらわれると事実関係で見落としてしまうことも増えますし、部下を萎縮させたり、反発を招いたりすることになります。まず、部下に伝えたいことを整理して、感情を平静にしてから話すことを、常に心がけましょう。


部下を叱らなければならないときもあります。そのときに注意すべきなのは、部下が「叱られるくらいなら、ミスをしても報告せずに隠しておこう」と思ってしまうような叱り方をしないこと。「なんで、この忙しいときにそんなことを言ってくるんだ」もNG。「早めの報告をありがとう」と、まずは報告したことをほめましょう。


コミュニケーションの「量」については、どの部下に対しても平等になるようにしましょう。長年接している部下に対しては、つい言葉をかける手間を省きがちになりますが、それが知らないうちに距離を生むこともあります。「わかっているだろうから、いちいち褒めなくてもいいや」と油断せず「ありがとう」「助かったよ」と折に触れて声をかけましょう。


研修などを通して、部下指導に悩む数多くの上司の方々に接してきました。そうした方々に共通するのは、部下の悪い面ばかりを見がちだということです。そもそも、人間の思考はネガティブに傾きやすい。他の人の短所は長所の5倍も目につくとも言われています。そのために、上司はつい部下に対して文句を言ってしまい、褒めることは少なくなりがちです。すると、部下のやる気が落ちて、ますます成長が鈍くなります。


吉田幸弘(コンサルタント)の経歴・略歴

吉田幸弘、よしだ・ゆきひろ。日本の人財育成コンサルタント。「リフレッシュコミュニケーションズ」代表。東京出身。成城大学卒業後、大手旅行代理店、学校法人、外資系専門商社、広告代理店などを経て独立。著書に『部下のやる気を引き出す上司のちょっとした言い回し』『部下がきちんと動く リーダーの伝え方』。

他の記事も読んでみる

亀井民治

社員が会社を誇りにできるのはやはり、お客様や地域の方々から評価され喜ばれた時だ。社員が会社を誇りにできてこその会社経営である。


三浦善司

立て直しのためにリコーフランス社長として赴任したのだが、最初に全員を集めて、わざと「経済的理由による解雇をします」とスピーチした。ショック療法だ。本社機構も丸の内のような場所から、郊外に移した。いわゆる丸の内レディのような社員は辞めていった。偉そうにしていた社員は、別の偉そうにしている社員の部下につけた。


宮嶌裕二

上場によって得られたチャンスは大きく、会社を次のステージに進める原動力になった。


野坂英吾

私の趣味はランニングで、年間に数回フルマラソンや100kmを走るウルトラマラソンの大会にエントリーし、完走しています。長い距離を走ることで、途中での食事や休憩の重要さを改めて知ることが出来ます。フルマラソンのときには必死で気付かなかったことに、ウルトラマラソンを走ってみると見えてくることがありました。視点を変えてみることで、フルマラソンを走る際に改めて取り入れられることがあると気付きました。これは経営にも言えることです。


荒川詔四

入社2年目、タイの工場に日本人幹部として赴任しました。意気込んであれこれ指示しましたが、現地スタッフは動いてくれませんでした。私が自分の考えばかり押し付けていたからです。現地スタッフにしてみれば、自分の声を尊重してくれない上司には従えないということでしょう。その苦い経験を機に、「人を動かしたいなら、まず相手の話を聞くことから」と考えるようになりました。


木村惠司(木村恵司)

「アズ・ワン・チーム」、すなわちひとつのチームとして、総力戦で取り組む。組織の垣根を越えて、縦のラインも横のつながりも全部巻き込んでいく。リーダーシップを発揮すべき人も、自分だけで行動するのではなく、リーダー同士でよく連携していくことが重要です。


前澤友作

ウサイン・ボルト(短距離走金メダリスト)がどんなに足が速いといったって、100メートル9秒台は切れません。逆に足が遅い人でも、15秒あれば走れてしまう。その差はわずか6秒。つまり、人間の能力にはそれほど差はないのです。


石川太郎(石川彌八郎聖豊)

お金を上手に活用するためには、収入源ごとに使い道を決めること。かっちり決めておけば、使い道がブレない。


岩田松雄

私は日々の仕事の中で、何度もミッションについて自分の考えを語りかけました。朝礼で語り、マネジメントレターに書き、日々の会議やミーティングで触れる。また、ミッションに適う行動をしている人を朝礼などで褒めました。こうしてミッションの浸透を図った結果、業績が好転していきました。


大美賀直子

自慢グセの人は「ありのままの自分」を受け入れられた経験が少なく、自己評価が低い。


水野和敏

昨今は社員に対する投資という責務を果たさない経営者が「私の若い時はこうだった。だから、従業員にもそうあってほしい」などと一方的なことを言っている。従業員を育てる努力をせず、「何で君は育たないんだ」と言うのは筋違いですよ。


土光敏夫

私が最も重視するのは「早期・重課・鍛錬主義(早いうちに、重い課題を与え、鍛え上げる)」である。どんな人でも若いうちから、能力を上回る程度の仕事を与え、厳しく鍛える。そのような困難に立ち向かい、努力を重ね、苦労を積まねば人は育たぬ。実力と人間は形成されぬ。教育はキレイごとではダメなのである。