名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

吉田幸弘(コンサルタント)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

吉田幸弘(コンサルタント)のプロフィール

吉田幸弘、よしだ・ゆきひろ。日本の人財育成コンサルタント。「リフレッシュコミュニケーションズ」代表。東京出身。成城大学卒業後、大手旅行代理店、学校法人、外資系専門商社、広告代理店などを経て独立。著書に『部下のやる気を引き出す上司のちょっとした言い回し』『部下がきちんと動く リーダーの伝え方』。

吉田幸弘(コンサルタント)の名言 一覧

部下指導の成果は、上司の話し方によって大きく変わる。成長しないことを部下のせいにせず、話し方にちょっとした工夫を加えてみてください。


人格を否定されて自信を失うと、人はできていたことまでできなくなってしまう。


言葉は武器にもなりますが、凶器にもなります。とくに感情が昂ぶったときにその場ですぐ口に出す言葉は、相手を深く傷つけます。


まずは意識的に部下の長所を探す姿勢を持ちましょう。「短所も裏を返せば長所だ」「結果に結びついていないが、可能性はある」などと、ポジティブな見方をするのです。


部下を叱るときは、自分の感情を落ち着かせるために少し時間を置いたり、場所を変えたりするとよいでしょう。紙に書きながら話すのも効果的な方法です。話のポイントを書いて、相手に見せながら、「私はここが問題だと思うんだけど」と話すことで、冷静に話ができます。


どんな部下にも必ず良いところがあります。「日報だけは毎日きちんと書く」「メールの対応だけは早い」といった程度のことでかまわないので、まずはそこをねぎらってください。


私がお勧めするのは、叱る前に前置きをすること。「今日はちょっと嫌なことを話すかもしれないけど」「話しにくいことなんだけど、ちょっといいかな?」という柔らかいクッションフレーズで前置きをすると、自分もひと呼吸置くことができますし、部下も「上司が自分に気配りしてくれているのだな」と感じて、そのあとに続く言葉を受け入れる心構えができます。


部下の行動に問題があったときに怒りを感じるのは人間として仕方のないことですが、それをそのまま口に出すのではなく、自分の中でいったん整理してから話す習慣をつけましょう。


大事なのは、部下の「人格」と「行動」をきちんと切り分けること。もっと積極的になってほしい部下がいても、「そんなに大人しいとリーダーは務まらないぞ」と人格を叱るのはNG。「君にこのプロジェクトを引っ張っていってほしいんだ」というように、あくまで「どのように行動してほしいのか」に置き換えて話すようにしてください。


上司がいつも怒っていると、部下は何か言われたときに「この場をどうやって切り抜けようか」「どうやって逃げようか」と後ろ向きの発想しかしなくなります。「どうすれば改善できるか」という前向きな発想が出て来ないのです。


上司が部下を注意するときについやってしまいがちなのが、自分の感情をむき出しにしてしまうこと。部下を「叱る」のではなく、「怒る」になってしまう上司が多いのです。前者は相手に適切な行動改善を促す行為ですが、後者は単に自分の感情を相手にぶつけているだけです。


部下からミスの報告を受けたら、まずは「今すぐできる対処」について指示をすること。事態が一段落したあとに、「今回は何が問題だったと思う?」「今後のためには何が必要?」などと話しあいましょう。


仕事ぶりについていろいろと注意したいところがある部下に対しては、そのすべてを注意するのではなく、10あれば、そのうちの3くらいだけ、とくに重要なことだけを注意するようにしましょう。そして、良いことをしたときは褒める。「飴と『ムシ』方式」です。


部下を指導するときは感情に振り回されないことも大切。感情にとらわれると事実関係で見落としてしまうことも増えますし、部下を萎縮させたり、反発を招いたりすることになります。まず、部下に伝えたいことを整理して、感情を平静にしてから話すことを、常に心がけましょう。


部下を叱らなければならないときもあります。そのときに注意すべきなのは、部下が「叱られるくらいなら、ミスをしても報告せずに隠しておこう」と思ってしまうような叱り方をしないこと。「なんで、この忙しいときにそんなことを言ってくるんだ」もNG。「早めの報告をありがとう」と、まずは報告したことをほめましょう。


コミュニケーションの「量」については、どの部下に対しても平等になるようにしましょう。長年接している部下に対しては、つい言葉をかける手間を省きがちになりますが、それが知らないうちに距離を生むこともあります。「わかっているだろうから、いちいち褒めなくてもいいや」と油断せず「ありがとう」「助かったよ」と折に触れて声をかけましょう。


研修などを通して、部下指導に悩む数多くの上司の方々に接してきました。そうした方々に共通するのは、部下の悪い面ばかりを見がちだということです。そもそも、人間の思考はネガティブに傾きやすい。他の人の短所は長所の5倍も目につくとも言われています。そのために、上司はつい部下に対して文句を言ってしまい、褒めることは少なくなりがちです。すると、部下のやる気が落ちて、ますます成長が鈍くなります。


吉田幸弘(コンサルタント)の経歴・略歴

吉田幸弘、よしだ・ゆきひろ。日本の人財育成コンサルタント。「リフレッシュコミュニケーションズ」代表。東京出身。成城大学卒業後、大手旅行代理店、学校法人、外資系専門商社、広告代理店などを経て独立。著書に『部下のやる気を引き出す上司のちょっとした言い回し』『部下がきちんと動く リーダーの伝え方』。

他の記事も読んでみる

鈴木喬(経営者)

私は体が小さい。それでも小さいなりに、大きいやつとの喧嘩の仕方は、子供の頃から体に叩き込んでいる。だからだろう。会社を経営するようになってからも、事業規模が小さいことをハンディだと感じたことはない。


内藤明人(内藤進)

最高が叫ばれている「モノづくり」の現場では、技術力だけでなく、「なぜつくるのか」という哲学を持ち、心技一体でことにあたらない限り、顧客の信頼を得ることはできません。


安河内亮

「集合天才・共創」という考え方があります。1人で出来ることは小さい。しかし、それぞれの専門性を持つ人たちが集まり、同じ目的を持って事に当たれば、1人では到底成し得ないことが実現する。


川西修

米生産者は自己責任で好きな分だけ生産できるようになりました。しかし、生産量を増やしこれまで以上の利益を享受したいと考えるのであれば、その見返りとして新しい販路を自力で発掘しなければなりません。これまでは、決められた生産量をJAが窓口となり全農がすべてを買い取ってくれるシステムに依存してきた生産者にとっては、販売ルートの新規開拓は盲点になるのです。直化したシステムが戦後50年続いてきましたから、勝算のないまま自己責任でどうぞと言われても生産者は戸惑ってしまうのは当然です。生産者に話を聞くと、我々はどんなブランディングをし、誰をターゲットに販売すればいいのか皆目見当がつかないという悲鳴が聞こえてきます。そこで、我々は、そのお手伝いを可能とする産地ブランディング事業をスタートしたのです。


酒巻久

重要なのは、今抱えている仕事を、「自分次第で何とかできるもの」と、「自分だけでは対処できないもの」に分けることです。もし前者であれば、考えるも何も、とにかく今すぐ全力でやればいい。後者であればすぐに手をつけず、様子を見る必要があります。やはり、考えてもどうにもならないのですから、考えるだけ無駄です。


岩崎博之(経営者)

右か左かと迷った時も、どちらでもいいからその場でとにかく決めてしまいます。後から間違えたと分かったら、「あの決断は間違えていたな、ごめんね」と謝ればいいのです。


尾賀真城

さすがに20代は、読書をしなかったですね。20代は得意先を回るのが忙しかったのと、あと、最初は独身寮に入っていたものですから、土日は麻雀で忙しくて。ただ、30代になって新聞を読んでいると、お恥ずかしい話、自分の知らないことが出てくるんですよ。30代なのに、この程度のことを知らないとまずいな、というのがあって。読書は、そのときに触発されたものを読むという感じですね。戦争だったり、神社仏閣だったり。知らないものを知ろうとすると、新書系がいいですね。あと小説だと、やっぱり歴史ものが多いですね。


藤巻幸夫(藤巻幸大)

若い頃の僕も、「お金には興味がない。お金に左右されるような人生は嫌だ」、そう考えていた時期があった。でも、あるとき気づいたんだ。一流の大人になろうと思ったら、お金は必要であり、お金を持つことを否定しちゃいけないということに。


村口和孝

結局は人が企業を発展させていくので、幹部にどんな人をそろえるかということはすごく重要だ。


三國清三

30代は、自分の料理を求め、暴走した時期だった。わかってほしいという思いばかりが先走り、力技で成功を手に入れた。しかし当時の私は、自分の料理を表現する言葉をもっていなかった。「料理とは、素材の表現にほかならない」―――。シンプルだけど本質的な言葉は、30代の暴走期があって、ようやく見つかったものなのである。


安河内哲也

気の合わないメンバーとチームを組んで行なうプロジェクトなどに対しては、積極的に向き合う気持ちも失せてしまいがちです。しかし、こうした場面でも、無理やりにでも楽しむことで驚くほど状態が変わることがあります。「この経験で成長できるかも」「これを機に、この人のよいところを見つけられそうだ」などなど、前向きな言葉を声に出して気持ちを高めましょう。


吉田晴乃

「上司の評価が低空飛行」ならば、まず、あなたが会社から何を求められているのか、もう一度考えてみるべきでしょう。上司は必ず、あなたに望んでいる仕事の優先順位と成果に基づいて評価するからです。