吉田幸弘(コンサルタント)の名言

吉田幸弘(コンサルタント)のプロフィール

吉田幸弘、よしだ・ゆきひろ。日本の人財育成コンサルタント。「リフレッシュコミュニケーションズ」代表。東京出身。成城大学卒業後、大手旅行代理店、学校法人、外資系専門商社、広告代理店などを経て独立。著書に『部下のやる気を引き出す上司のちょっとした言い回し』『部下がきちんと動く リーダーの伝え方』。

吉田幸弘(コンサルタント)の名言 一覧

部下指導の成果は、上司の話し方によって大きく変わる。成長しないことを部下のせいにせず、話し方にちょっとした工夫を加えてみてください。


人格を否定されて自信を失うと、人はできていたことまでできなくなってしまう。


言葉は武器にもなりますが、凶器にもなります。とくに感情が昂ぶったときにその場ですぐ口に出す言葉は、相手を深く傷つけます。


まずは意識的に部下の長所を探す姿勢を持ちましょう。「短所も裏を返せば長所だ」「結果に結びついていないが、可能性はある」などと、ポジティブな見方をするのです。


部下を叱るときは、自分の感情を落ち着かせるために少し時間を置いたり、場所を変えたりするとよいでしょう。紙に書きながら話すのも効果的な方法です。話のポイントを書いて、相手に見せながら、「私はここが問題だと思うんだけど」と話すことで、冷静に話ができます。


どんな部下にも必ず良いところがあります。「日報だけは毎日きちんと書く」「メールの対応だけは早い」といった程度のことでかまわないので、まずはそこをねぎらってください。


私がお勧めするのは、叱る前に前置きをすること。「今日はちょっと嫌なことを話すかもしれないけど」「話しにくいことなんだけど、ちょっといいかな?」という柔らかいクッションフレーズで前置きをすると、自分もひと呼吸置くことができますし、部下も「上司が自分に気配りしてくれているのだな」と感じて、そのあとに続く言葉を受け入れる心構えができます。


上司がいつも怒っていると、部下は何か言われたときに「この場をどうやって切り抜けようか」「どうやって逃げようか」と後ろ向きの発想しかしなくなります。「どうすれば改善できるか」という前向きな発想が出て来ないのです。


上司が部下を注意するときについやってしまいがちなのが、自分の感情をむき出しにしてしまうこと。部下を「叱る」のではなく、「怒る」になってしまう上司が多いのです。前者は相手に適切な行動改善を促す行為ですが、後者は単に自分の感情を相手にぶつけているだけです。


部下の行動に問題があったときに怒りを感じるのは人間として仕方のないことですが、それをそのまま口に出すのではなく、自分の中でいったん整理してから話す習慣をつけましょう。


大事なのは、部下の「人格」と「行動」をきちんと切り分けること。もっと積極的になってほしい部下がいても、「そんなに大人しいとリーダーは務まらないぞ」と人格を叱るのはNG。「君にこのプロジェクトを引っ張っていってほしいんだ」というように、あくまで「どのように行動してほしいのか」に置き換えて話すようにしてください。


部下からミスの報告を受けたら、まずは「今すぐできる対処」について指示をすること。事態が一段落したあとに、「今回は何が問題だったと思う?」「今後のためには何が必要?」などと話しあいましょう。


仕事ぶりについていろいろと注意したいところがある部下に対しては、そのすべてを注意するのではなく、10あれば、そのうちの3くらいだけ、とくに重要なことだけを注意するようにしましょう。そして、良いことをしたときは褒める。「飴と『ムシ』方式」です。


部下を指導するときは感情に振り回されないことも大切。感情にとらわれると事実関係で見落としてしまうことも増えますし、部下を萎縮させたり、反発を招いたりすることになります。まず、部下に伝えたいことを整理して、感情を平静にしてから話すことを、常に心がけましょう。


研修などを通して、部下指導に悩む数多くの上司の方々に接してきました。そうした方々に共通するのは、部下の悪い面ばかりを見がちだということです。そもそも、人間の思考はネガティブに傾きやすい。他の人の短所は長所の5倍も目につくとも言われています。そのために、上司はつい部下に対して文句を言ってしまい、褒めることは少なくなりがちです。すると、部下のやる気が落ちて、ますます成長が鈍くなります。


部下を叱らなければならないときもあります。そのときに注意すべきなのは、部下が「叱られるくらいなら、ミスをしても報告せずに隠しておこう」と思ってしまうような叱り方をしないこと。「なんで、この忙しいときにそんなことを言ってくるんだ」もNG。「早めの報告をありがとう」と、まずは報告したことをほめましょう。


コミュニケーションの「量」については、どの部下に対しても平等になるようにしましょう。長年接している部下に対しては、つい言葉をかける手間を省きがちになりますが、それが知らないうちに距離を生むこともあります。「わかっているだろうから、いちいち褒めなくてもいいや」と油断せず「ありがとう」「助かったよ」と折に触れて声をかけましょう。


吉田幸弘(コンサルタント)の経歴・略歴

吉田幸弘、よしだ・ゆきひろ。日本の人財育成コンサルタント。「リフレッシュコミュニケーションズ」代表。東京出身。成城大学卒業後、大手旅行代理店、学校法人、外資系専門商社、広告代理店などを経て独立。著書に『部下のやる気を引き出す上司のちょっとした言い回し』『部下がきちんと動く リーダーの伝え方』。

他の記事も読んでみる

藤高郁夫

舞台は生き物のように動いてますよね。僕らはお客さんといつも一期一会なんですよ。初めて来るお客さんを中心に舞台をつくっていくので、常に革新的でありたい。イノベーションは絶対ですよね。


藤由達藏

ポイントは、見えないものの「見える化」にあります。漠然と大変そうに感じてやる気が出ないことも、見える化をすれば「これならやれそう!」と思えるのです。想像だけでやってもいいですが、実際に書き出したり体を動かしながらやると、より明確に見える化できますよ。


見波利幸

お荷物社員に共通するのは「自分の役割」を正しく認識していないこと。今の社会は基本的に「上が管理し、下が従う」システムなので、各自が自発的に考える姿勢が薄れがち。その意味で、こうした状態に陥る可能性はどの世代にもあるのです。それを防ぐには、自分ならではの「仕事の価値観」を今から確立しておくことです。上司が「管理」をしなくなる社会に備えるうえでもこの姿勢は不可欠。これからは、社員一人ひとりが自分のミッションを持つことが求められるでしょう。


日覺昭廣

小さなコスト削減の積み重ねも重要ですが、その上で、製造プロセスを根底から見直すことができればコストを大幅に削減できます。それを我々は革新的プロセス改善と呼び、コスト削減の切り札と捉えています。


鍵山秀三郎

人は人に対してたいへん大きな影響を与えうるものです。親子であれば親が節度を保ち、実践していれば、よい感性は子どもに継承されるはずです。また他人同士でも、お互いに影響を及ぼし合います。


ジャック・ウェルチ

企業は株主のものです。資本主義は、株主が自分の会社の成功を望むという原則に支えられています。株主は持続的な利益を望みます。持続的な利益は、満足した顧客、意欲的な従業員、繁栄するコミュニティ、健全な社会を生み出すのです。


知識賢治

部下が抱えている仕事を日ごろからきちんと把握しておき、問題が起きそうなときにはその場で注意やアドバイスを与える。そうした目配りもせず、改まった場でいきなり「君は駄目だ」と指摘するのでは、部下としても納得できないだろう。


樋口裕一

ネットにはありとあらゆる価値観に基づいたコンテンツが溢れているというのに、多くの人たちは自分の趣向に合ったものにしかアクセスしていません。結局、インターネットで世界が広がった気になっているのは自分だけです。世界中の人とつながっているといっても、それは同じ価値観の人だけでしかありません。


松下正幸

私は入社してすぐアメリカに留学し、いろいろな勉強をさせてもらいました。やはり若いうちに日本とは異質の文化に接して、違うものがあるのだと認識することが大事ですね。


中田誠司

当社には現場レベルの心構えとなるように企業理念を明文化した「大和スピリット」があります。そこに「お客様、金融・資本市場、そして社会全体からの信頼が、自らの持続的成長の源泉である」との一文があります。現在、金融庁は業界に対してフィデューシャリー・デューティー(顧客本位の業務運営)を求めていますが、その理念とも合致しているものです。


リチャード・カールソン

人を批判するとき、その相手について何かを言っているわけではない。その人を批判したいという自分の気持ちを伝えているだけだ。それどころではない。批判したところで問題はひとつも解決されないばかりか、世の中に怒りと不信を撒き散らす。いいことはひとつもない。


伊達公子

以前は、自分がこう思ったら人の話に耳を貸さないことがありました。頑なでしたね。テニスをする機会を与えてもらっているというのにそれに感謝できず、当然のことのように思っていたかもしれません。でもいまは、テニスが続けられることを本当にありがたく思っています。時間を大切にするようになったのも、そうした精神面の変化が影響していると思います。


織畠潤一

将来を一定のシナリオで予見できても「想定外」を予測することはできません。「想定外」が起きたとき、または次に起きそうなときに、即座に対応できる経営が求められる。


村田昭治

多くの優れた企業リーダーに接して感じていることがある。そのひとつは、ご自身の歩んできた経歴あるいは学んできた分野にたいする、自信と誇りをもっておられることだ。それはリーダーシップの大切なベースになるものだ。


板橋悟

結果を残す人は、目的意識が明確です。「自社のビジネスに応用することは可能か」、そのことを常に念頭に置き、記事を読み取っています。記事を利用して儲けにつなげようとする貪欲さを持っています。


ページの先頭へ