吉田寿の名言

吉田寿のプロフィール

吉田寿、よしだ・ひさし。日本の組織・人事戦略コンサルタント。早稲田大学大学院経済学研究科修士課程修了。富士通人事部門、「三菱UFJリサーチ&コンサルティング」プリンシパル、「ビジネスコーチ」常務などを務めた。著書に『世界で闘うためのグローバル人材マネジメント入門』『人を活かす組織が勝つ』『リーダーの器は人間力で決まる』。

吉田寿の名言 一覧

ビジネスパーソンは、様々な仕事に巻き込まれながら苦労をし、その過程で人間力を磨いていく。


相手から声をかけてもらえるのは、とてもありがたいこと。だから、私は仕事を断りません。


頼られる人材になるためにも、「断らない」を実戦してみるといい。


一緒に仕事をしたいと思わせる巻き込み力のある人は、やはり人として魅力的ですよね。そういう魅力は、実務知識や専門知識、技術や技能などのテクニカルスキルを磨いていても身につきません。リーダーシップや折衝力や実行力といったヒューマンスキルを磨く必要があります。


大きなトラブルに遭遇した時や、切羽詰まった時こそ、人間力が問われます。動じてジタバタしたり、責任を放り投げて逃げてしまう人がいてもおかしくないケースで、腹をくくって落ち着いて仕事をこなす人がいたらどうでしょう。周りはそういった人についていきますよね。


吉田寿の経歴・略歴

吉田寿、よしだ・ひさし。日本の組織・人事戦略コンサルタント。早稲田大学大学院経済学研究科修士課程修了。富士通人事部門、「三菱UFJリサーチ&コンサルティング」プリンシパル、「ビジネスコーチ」常務などを務めた。著書に『世界で闘うためのグローバル人材マネジメント入門』『人を活かす組織が勝つ』『リーダーの器は人間力で決まる』。

他の記事も読んでみる

森川亮

守るより攻めよ。これは私が若いビジネスパーソンに言いたいこと。人口が減少していく日本では、「守り」の姿勢は強みとなるどころか、守れば守るほどリスクが高まっていく。


元谷芙美子

会社はこれまで1人のリストラもせず、1度の赤字もありません。今までに払った税金は1200億円以上。できる節税をしたうえで収益を上げて1円でも多くの税を納めることを心掛けてきました。雇用をつくり出し、需要を創造し、納税の義務を果たす――これらを同時に継続するのが、オーナーとしての社会貢献だと思います。


前原金一

頭ではその通りだと分かっていても、実際の言動が一致しているかどうかが大事。


山口勉(経営者)

近隣に大型家電量販店が続々と進出してきたことで経営難に陥ったとき、頭の中は、社員を守るということでいっぱいでした。彼らを路頭に迷わすことはできません。それに、社員一人を採用するのに、だいたい100万円以上のお金をかけていました。せっかく来てくれた優秀な人材をリストラすることになれば取り返しがつかない。そもそも規模の小さな会社ですから、うちに来たいと思ってくれる人が大勢いるわけではないという事情もあります。


葉山有樹

絵柄に関しては、過去にあったパターンのコピーに過ぎないというようなものには、どうしても本物の迫力は宿らないだろうと思っています。自分なりの図案を描けるようにならなければいけません。


アンドリュー・カーネギー

諸君の精力と思考とを、自分の使命に集中させよ!なすべきことを、とことんまでやりぬけ。あらゆる改善をし、あらゆることに精通し、なすべき仕事を完璧にマスターせよ!


朝倉千恵子

小学校の教員時代、問題は子どもにあるのではなくて、教える側にもあるのではないかと考えました。理解力のある子の教育はだれでもできる。しかし、飲み込みの遅い子どもを育ててこそ教育ではないか……。このことに気づいてから、私は「絶対に落ちこぼれをつくらない」と決めました。要は、分かるまで教えればいいのです。子どもがどこでつまずいているかを知り、そこを丁寧に教えることで、全員が理解できる。そして、テストでは百点満点を取るまで何度でもくり返すと決めたのです。そうすると、やっぱり子どもたちは、飲み込みの時間の違いはあれど全員が百点を取れるようになりました。


千玄室(15代目)

人間というのは、欲深いものです。「一切皆苦(いっさいかいく)」。欲があるから、生まれた時から死ぬまで苦しむのです。かといって、欲が全くなくなってしまっても、人間は枯れてしまう。枯れ木になってはいけません。ちょっと花を咲かせるくらいが、ちょうどいいのです。一般の人間が、悟りの境地になんてなかなか辿り着けるものではありません。


弘兼憲史

人生の中の長時間を仕事に費やすのだから、それを楽しまなければ意味がない。


樋口廣太郎

公園にでも行って3時間ほどひっくり返るといい。きっと寝転んでいるのが嫌になりますよ。そしたら、仕事場に戻る。会社のためのじゃなくて自分のためにね。


三谷宏治

いくら良い仕上がりでも、顧客の意図を無視して勝手につくったら、せっかくの努力も全部無駄です。


裵英洙(医療機関再生コンサルタント)

火事場の馬鹿力と呼ばれますが、人間は疲れていても働けます。締め切りが目前に迫ると、ヒリヒリ、ハラハラしつつも頑張れます。この気力によって疲労が隠されている状態は、実は危険です。たまになら、このような働き方もいいでしょう。しかし常に馬鹿力を出していたのでは恐ろしいことになります。私はたくさんの患者さんを見てきて実感しています。本人は疲労感がなくても、身体の奥底には疲労がこびりつき、最後には大きな反動を生むのです。


坂本孝

社会に貢献しないビジネスは長続きしません。なぜなら、自分の欲を満たすためのビジネスは、いつか欲望が途絶えてしまえば終わりだからです。人のため社会のためだと思えばこそ、困難も乗り越えられますし、世の中をもっと良くしたいという欲も出てきます。


工藤公康

「今よりも、一歩でも上の自分になりたい」。それは40歳を過ぎても変わらなかった。「メジャーリーグで投げたい」という思いがあったから、僕は自分を進歩させることに挑み続けられた。「これぐらいでいいよ」と満足していたら、自分を変えることなどできないと思う。


内沼晋太郎

本棚は、収納であると同時に、自分が何に興味や関心を持っているのかを可視化する道具でもあります。一冊ずつの本は書店にある膨大な数の本から選び出したもので、それだけでも自分の興味や関心を自覚することになりますが、さらに本棚に並べることで、自分でも気がつかなかった本同士の関係性を新たに見出すことができます。「3年前に買ったこの本と、これから読もうと思って買ったこの本とは、扱っているテーマが似ているな。自分はずっとこういうことに興味を持っていたのか」というような発見ができるのです。本棚を眺めているだけで、アイデアを得ることもあるでしょう。


ページの先頭へ