名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

吉田和正の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

吉田和正のプロフィール

吉田和正、よしだ・かずまさ。日本の経営者。インテル株式会社社長。東京都出身。米国コロラド西州立大学社会学部卒業後、インテル米国本社に入社。エンタープライズ・サービス事業部部長などを務めたのち、日本のインテル株式会社に移り通信製品事業本部長などを経て社長に就任。米国本社のセールス&マーケティング統括部長・副社長なども務めた。

吉田和正の名言 一覧

キレられたときに、なぜ相手がキレているのか、認識のギャップを理解したうえで、それを覆す成果や対応を示せば相手はあなたを認めるでしょう。キレに向き合うことは、何よりあなたの成長にもつながるはずです。


インテルの創業者のアンディ・グローブは、よくキレることで有名です。私は本社入社組なので、彼と20年間一緒に働いていましたが、入社当時、アリゾナに勤めていたときに、初めて彼との会議に出席した際、彼はまさしくキレていて、「すごいところに来てしまった」と戦慄が走ったのをいまでもよく覚えています。そもそもインテルという会社は、非常に「デマンディング(要求水準が高い)」な会社です。グローブが会議でキレる理由も、部下の報告内容が彼の期待値よりはるかに下の水準だからです。


スピードと自信を持って前に進むために、デマンディング(高い要求水準)になるのは当然です。私も必要なときにはキレることで、サインを出さなくてはならないし、スタッフにも必死でついてきてもらいたい。


いま、インテルがとても大事にしているのが、”be bold”(大胆な発想)と、”velocity”(速さ)です。”be bold”は「リスクをとって前に進め」ということ。”velocity”は、「ただ速いだけではなく、ダイナミックに、川の流れのようにグワーッと一方向に向かっていけ」ということです。私たちは「動きというのは遅いものだ」という意識を持っています。だから「周りはもっと速い、だから危機感を持って速く進め」と常に自分にもスタッフにも言い聞かせています。


グローブ(インテル創業者アンディ・グローブ)は、「アウトプットが出ないマネジメント、目的がないマネジメントはありえない」と言います。インテル自体、「測れないものは達成できない」という考えで、そういう意味で非常に論理的な企業といえるでしょう。


「無駄をなくせ。本当に効率よく仕上げろ」これが、インテルの経営陣の、要求の核にあります。


成果を出せば “Good Job!” と言われますが、「じゃあ次はここまで」とすかさずバーを上げられる。エンドレスです。でも上げ続けるバーに対し、常に期待値を超える成果を出せるかといえば、いつもそんなことはない。しかし、インテルは、バーを上げ続けなくてはならないのです。期待値とのギャップのためにトップにフラストレーションがたまり、キレるのは、ある意味、当然のことだといえます。


グローブ(インテル創業者アンディ・グローブ)に対して、「ご期待に沿えるように」なんて言うと、「なんだそれは」とまたキレられる。自分が聞きたいのは、「期待を越えます」だと。みんな歯を食いしばって、「どうやったらその期待に応えられ、さらにその期待を超えられるのか」と考え、実行する。この状況に、私自身、「慣れた」という気持ちを持ったことは一度もありません。上がり続けるバーに対峙する文化。そのバーを超えることをスタッフにも期待しています。


上司がキレるのは別に悪いことではないと思います。キレるとき、そこにはキレた人の期待値とキレられた人の成果に、明確なギャップがあるからです。


早口で話が長くなる人は、外国人には「自信がない人」と思われる傾向があります。なぜなら、短い言葉では相手を説得できないから、うろたえて、あれこれと言葉を足していると映るからです。ゆっくりと話して、知らないことやわからないことにはためらわずに「I don’t know」と言う。こうした振る舞いの積み重ねが、お互いの信頼関係に大きく影響してくるのだと思います。


発言のあとに笑う、というのも日本人に多く見られることですが、これも外国人にとっては不気味に感じるようです。理由もなく笑うのは、心にもない発言をしたり、相手を馬鹿にしたりしている行為のように受け取られる危険性があるので、注意が必要です。


日本語の特徴なのかもしれませんが、日本人はイエスかノーかをはっきりと答えないケースがあります。相手は答えを求めているのに、日本人は状況説明から入ってしまうのです。すると相手がしびれを切らして、「Is that yes or no?」と答えを迫る。そういう会話をよく耳にしてきました。イエスかノーかの答えを求めている相手に対しては、まずはイエスかノーで答え、そのあとで説明をするのがマナーです。


まずは相手の話をしっかりと聞くことが大切です。そのためには、よく質問するのが効果的ですね。「最近はいかがですか?」「これについては、どうお考えですか?」とたずねたり、相手の答えに対しては「それはこういうことですか?」と確認しながら話題を掘り下げたりしていきます。私自身はあまり話しすぎないようにし、なるべく相手に話してもらうことで、より良い会議になると考えています。


ビジネスであるからには、次のチャンスにつなげていくことが大切です。「次のミーティングも、ぜひセッティングしたい」と思ってもらうには、相手との信頼関係の構築が不可欠です。とくに初対面の場合は、一度のミーティングで信頼関係をどれだけ構築できるかがカギですね。


どんなミーティングでも、お互いの貴重な時間を費やしているわけですから、終わったあとに「It was a great meeting!」と言ってもらえることが大切です。そのためには、ミーティングの目的を事前にきちんと理解しておかなくてはなりません。挨拶のための顔合わせなのか、交渉のための会議なのか、あるいは情報交換が目的なのか。その理解をもとにミーティングを進めていけば、時間の配分を間違えることもありません。


吉田和正の経歴・略歴

吉田和正、よしだ・かずまさ。日本の経営者。インテル株式会社社長。東京都出身。米国コロラド西州立大学社会学部卒業後、インテル米国本社に入社。エンタープライズ・サービス事業部部長などを務めたのち、日本のインテル株式会社に移り通信製品事業本部長などを経て社長に就任。米国本社のセールス&マーケティング統括部長・副社長なども務めた。

他の記事も読んでみる

城繁幸

転職に成功する人と失敗する人の違いの一つは「幅のある専門性」があるかないかです。たとえば人事畑出身の人を比べても、ずっと採用だけやってきたという人材は、専門性はあっても幅が狭すぎます。対して、「人事制度の設計や運営を中心にやってきたが、採用や教育訓練も一通り経験している」といった守備範囲の広い専門能力を持った人材は好まれます。


田口智隆

名投資家はプロとして、一瞬の判断の狂いが莫大な損失につながりかねない大リスクを背負って、常に緊張の伴う決断を強いられています。だからこそ、銘柄選択や売買タイミング認リスク対策において、一般の投資家とはひと味もふた味も違う哲学を持っているのです。


上田準二

私の自由になる時間は朝の通勤の車の中だけです。1時間10分から20分ほどの時間ですが、この時間帯は絶対に携帯電話を使いません。集中して半期先、一年先のことを考えています。


原田マハ

執筆にあたって宝塚の洋菓子屋さんに取材をしたのですが、パティシエがとても素敵な方で。すごく楽しそうにお菓子を作ってらして、帰る時には外まで見送ってくださったんです。その時に、とてもきれいなお辞儀をされたんですね。普段からされていなければ、とっさにできることではありません。その時「お客様に対して、いつも丁寧に接していらっしゃる方なんだな。深々としたきれいなお辞儀が、人生の素敵なクセになっているんだな」と思ったんです。そこから「こんなにきれいなお辞儀ができる方って、どんな人生を送ってきたんだろう」と考え、この物語に結びついていきました。

【覚え書き|小説『スイート・ホーム』について】


稲盛和夫

最初から無理だと諦めてしまっては、何ごとも成功しない。


藤本篤志

営業力を強化するために何より重要なのは、営業にまつわる幻想を捨て、現実を直視すること。凡人営業マンのパフォーマンス向上のため、具体的な対策を実行することです。とりわけ、スーパー営業マン待望論、スーパー営業マン育成論という幻想に取りつかれているマネジャーはいますぐ目覚めて欲しい。やり方次第で凡人でも十分な営業結果は出せる。営業センスがゼロでも営業はできる。


井上康生

勝負の世界は非情。腹を決め、覚悟を持たなければ苦しい日々の連続に打ち勝てない。


秋津壽男

ベストは「家族サービス」と「趣味」を両立させること。たとえば、家族サービスといえばアミューズメントパークやショッピングが定番ですが、自分の好きな分野に家族を引きずり込むのです。釣りが趣味なら、子供に教え込む。奥様が反対しようと子供が「パパと行く!」と言えば作戦成功です。3回に1回だけでも実現できれば十分。これで、家族も自分も休息できます。


東英弥

今は組織を取り巻く情報環境が複雑化しています。現状を冷静に分析し、様々な物事や多様な価値観を踏まえ、「社会情報」が入り組んだ状況を整理し、分析・論究を行うことが広報においても喫緊の課題です。


小山昇

即断即決して失敗して血を流しながらも経験を積んでいく人と、失敗を恐れるあまり決断を先延ばしにする人では、仕事のスピードだけでなく判断力も差がついていきます。若いうちは失敗すればするほどいい。「もっと考えたほうが」「もっと情報を集めてからのほうが」という暇があったら、さっさと決断して実行に移す。これに勝る時間術はありません。


長瀬朋彦

映像産業は今後も変貌を遂げるでしょうが、私たちが果たすべき役割はいつの時代にもあると思います。これからもオンリーワンであり続けるためにも、映像にこだわっていきます。


清水照雄

36歳で部長になったころは、朝6時半出社でした。毎朝、守衛のおじさんのところに鍵を取りに行って、自分でオフィスを開けていました。それが一種のルーティンになっていたから、朝早く出社しないと、一日の気分が乗らない。だから多少はつらくても「えいやっ!」と、無理やり起きていました。