吉田博一の名言

吉田博一のプロフィール

吉田博一、よしだ・ひろいち。日本の経営者。「住銀リース」社長・会長。大型リチウムイオン電池メーカー「エリーパワー」社長。東京都出身。慶應義塾大学法学部卒業後、住友銀行に入行。住友銀行副頭取、住銀リース社長・会長、慶應義塾大学大学院教授などを経てエリーパワーを創業。

吉田博一の名言 一覧

僕は、企業にとって「改革は愚の骨頂」だと思う。僕の戦略は、毎日変わる。試行錯誤の連続で、今日と昨日は違う。


人材を束ねて企業全体の進むべき方向性を決めることが、経営というもの。


市場の競争が活発になれば、原材料費が安くなり、結果として事業が先行している当社の立場が優位になる。


僕はこれまでの人生を、今日のために存在していたのだと考えています。


若さというものは、心の様相に反映されるものです。サミュエル・ウルマンの「青春」という詩のとおり、希望があれば、人は何歳でも若くいられます。


「老い先がもう長くないから」などと決め付けずに、やりたいことをやってバラ色の人生を目指してください。


工場は全自動で製造を行っており、最小限の人員で操業しています。人数を抑えることで、人材の流動化で生じる技術流出を防げるというメリットがあるのが特徴です。


需要の伸長にあらかじめ対応できるよう、生産体制の拡充を進めています。装置産業では、需要が生まれてから基盤を強化しても競争に勝つことはできませんから。


最も重要だったのが、安全性だ。そこで、リン酸鉄リチウムを正極材料に使うことが課題となった。だが、当時はリン酸鉄リチウムの採用が難しいと考えられており、弊社の技術者も「無理だ」と言っていた。だが我々としては、これが出来なければ企業としての未来がない、「会社をたたむか?」とまで激しく議論した。結果として大日本印刷の技術サポートもあり、正極にリン酸鉄が「塗れた」。だが、リン酸鉄リチウム正極材の蓄電池は、同業他社の製品と比べてエネルギー密度が低い。ここでも「壁」にぶちあったが、社長賞100万円を掲げて技術者たちを競争させたところ、あっという間に解決策が見つかった。


弊社にとって最も大切なことは「テクノロジー・マネージメント」だ。大切なことは、マネージメントから技術者への「テーマの与え方」だ。大手企業は大勢の技術者を採用する。だがそれが現実のビジネスに結びつくかどうかは別だ。「生き物のように先の動きが見えない」ビジネスにおいて、マネージメント側がどう方向を定めていくかだ。


マネージメントで最も大事なことは予知力だ。僕の経験の中で、MBAの学習体制のように、実経営がケーススタディのようになったことなどない。過去のデータは参考にはなるが、経営には予知力が必然だ。


「株主ありき」の経営体質ではなく、「従業員ありき、顧客ありき」に株主が並ぶような経営の方向性が大事だ。短期の収益確保、習慣的な株主利得を求めることは有益ではない。


シニアになれば健康管理が何より欠かせません。僕は30年ほど前から「真向法」という健康体操の一種を始めました。体が柔らかくなると、頭も柔軟になり、気力が生まれます。「真向法」を行っている限り、元気に活動できるのかなと思います。


起業して一番辛いと感じたのは、人に頭を下げられなくなっていた自分に気付いた時です。銀行役員になってからは、正直に言って相手が頭を下げてくださる方がほとんどでした。慶大にいた頃と、事業の開始時に協賛金や出資を募るため、企業回りしましたが、当初は思考回路を変えるのに苦労しましたね。会社では部下が雑用をやってくれ、お客様の多くが自分を褒めてくれるという環境では、自分が偉くなったように錯覚してしまうのかもしれません。


僕の誕生日である06年の9月28日に、たった4人で会社をスタートさせました。設立時のメンバーには技術者は1人もおらず、地球温暖化を防止したいという思いだけで事業を立ち上げた珍しいケースです。


電気自動車の普及にはリチウムイオン電池の量産化による価格低下が欠かせません。しかし、電池メーカーや自動車会社とも開発に及び腰。将来的な需要は間違いなく拡大するから、自分の手で普及させようと決意したのがエリーパワー設立のきっかけです。


海外では新興国メーカーの参入が相次ぎ、蓄電池市場における一層の競争激化が予想されます。我々の力だけで世界において大きな地位を占めることは不可能です。いろいろな企業と手を組むことで、製品の普及に努めていきます。


協賛金や出資を募ったとき苦労しました。ただ、僕は20~30代の時に営業を担当していて、当時はなかなかの実績を上げていたと自負しています。昔取った杵柄ではないですが、徐々に「預金や貸し出しの営業と同じだな」と思える余裕が生まれました。1日90軒を目標に営業先を訪問していた当時の経験が、今になって生きているのだと感じましたね。


吉田博一の経歴・略歴

吉田博一、よしだ・ひろいち。日本の経営者。「住銀リース」社長・会長。大型リチウムイオン電池メーカー「エリーパワー」社長。東京都出身。慶應義塾大学法学部卒業後、住友銀行に入行。住友銀行副頭取、住銀リース社長・会長、慶應義塾大学大学院教授などを経てエリーパワーを創業。

他の記事も読んでみる

相原孝夫

評判が良い人は、役職や実力、年齢などに応じて自分の役割を良く理解しています。それは他者の立場も理解できることの裏返し。相手が専門外であれば専門用語以外のわかりやすい言葉で説明したり、相手の余裕があるタイミングで話しかけたりするなどの配慮ができる人です。


出雲充

ひたすらの行動が人の縁を引き寄せてくれた。


出口治明

定年後、仕事以上に打ち込めることがなさそうなら、定年のない仕事を探してみるのはどうでしょう。ちなみにライフネット生命には定年がありません。定年で仕事をしなくなると外出も減って人と触れあわなくなる。その結果、心身ともに元気でなくなってしまう。日本はもっと、高齢者に働いてもらったらいい。


長島聡

日本メーカーは、グローバルで1つの品質基準しか持っていない企業が大半です。このため、新興国のニーズに合った品質の製品を開発するのが難しい。過剰品質でコスト高になってしまい、現地の消費者になかなか受け入れてもらえない。


奥野宣之

効率化するために書類をバンバン捨てるようにしています。プリントアウトして使った資料は即座に捨てますし、出先でもらったパンフレットも申し訳ないのですが、原稿を書き終えたら処分します。実際、それらが必要になることは滅多にありませんし、いざというときはもう一度もらえばいいのです。それにいまは、ほとんどの資料がネット上にありますから。レアケースのためにその書類を保管して探す方が、よほど手間がかかります。


香山リカ(精神科医)

じつは学生の頃から目標を立てたり、それに向けて努力するのが大の苦手。こうした傾向は医師になってからも続き、「みんな頑張ってるのに、どうして自分は仕事に目標を持つことができないんだろう」とコンプレックスを感じることもありました。けれど、40代半ばになって、「いまさら自分を変えることなんてできない。このままの私でもいいんじゃないか」と開き直るように。すると、自分では欠点だと思っていたことの良さが見えてきました。


松下幸之助

経営というものはだいたいは、社長の責任において、どうにでもなっていくもの。


森川亮

成長するためには、優先順位をつけることが大事。仕事ができない人というのは、優先順位がつけられないという本質的な問題があるので、それを指導しないといけません。


家入一真

僕は少しずつ自分にできることを見つけてきました。パソコンに興味を持ってプログラミングを覚えたのは、高校を辞めて引きこもっていた時期でした。学校では人と話すのが怖かったのに、インターネット上でいろいろな人とチャットをするのはとても楽しかった。こうしてパソコンの技術を覚え、「自分はもともと人とコミュニケーションをするのが嫌いじゃなかったんだ」と思い出したことが転機となり、のちに起業したり、新しいビジネスを生み出したりすることにつながったのだと思います。逃げた先で目の前にあることをやってきた結果、その積み重ねが、「僕はこれでよかったんだ」と自分を肯定する力になったように思うのです。


木暮太一

折に触れて、「これは本当に買うべきものなのか」と考える姿勢はとても大事。我々が使えるお金は有限です。少し意識するだけでも、ムダ遣いはかなり減ると思います。


岩本敏男(経営者)

当社は近未来の情報社会のトレンドと、それに伴う技術トレンドの予測を毎年発表しています。未来の社会トレンドと関連技術の予測を顧客へ提示することで、顧客と我々の間で何か火花が散って、面白いイノベーションが起こるのではと期待しているからです。


ジョン・キム(法学者)

短期的な目標を設定する際には、富士山よりエベレストを目指すことです。目標が高かろうが低かろうが、それを100%達成することは難しく、たいていは目標値の7、8割のところに落ち着きます。だからこそ限りなく高い目標を立てて、自分に強い負荷をかける必要があるのです。


千本倖生

私が、慶應義塾大学経営大学院の教授を辞め、「イー・アクセス」を創業した理由は、一つには巨大な流れとなるインターネットの魅力に抗することができなかったからですが、もう一つは、そうすることが必ず世の中のためになるという大義があったからです。


内藤誼人

何度も逆境に立たされた人、失敗を繰り返した人ほど、成功する率が高まるという米国のデータがあります。逆境に立たされたことのない人は、相手を判断する機会がありません。一見、順風満帆な仕事人生に思えても、定年退職した途端、会社関係からの年賀状がゼロになってはじめて、「皆、地位や肩書と付き合っていたのか」と知る。そんな悲しい結末を迎えぬよう、平時から人を見抜く状況をつくることが大切です。


山田敏夫

自社の名前をつけて、自社で決めた値段で売る。そうなると、これまでOEMでやってきた工場が、今までで一番良いモノを作ろうとするのです。


ページの先頭へ