名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

吉田勝彦の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

吉田勝彦のプロフィール

吉田勝彦、よしだ・かつひこ。日本の競馬実況アナウンサー。兵庫県出身。高校卒業後、関西芸術アカデミー放送研究科に入学。在学中から競馬実況アナウンサーの仕事を開始。60年以上も実況実況アナウンサーとして活躍。「競馬場実況アナウンサー最長キャリア」としてギネス世界記録に認定された。

吉田勝彦の名言 一覧

いろいろな人から励まされてここまで来たのに、100%満足いく実況ができたことが一度もない。まだまだです。恥ずかしい限りです。


北島三郎さんに「思った実況ができなくて……。そろそろ後輩に道を譲ろうかな」とこぼしたとき、「俺だって足りねえんだよ。だから歌うんだよ」と言われました。北島さんでもそうなんだと。励まされると同時にどこか安心もしました。私も納得できるまで続けようと。


同い年でも向こう(岩崎良蔵)は18歳にして花形、僕はぺーぺー。一緒に風呂に入ったときに「俺も岩ちゃんみたいな騎手になれたらな」と冗談半分にこぼしたら「お前しゃべるために来たんやろ、ならしゃべりで騎手を男前にしてくれたらいいやんか」と言われた。それで実況アナウンサーとしての覚悟が決まりました。馬と競馬を知るために厩舎を手伝い始め、師匠や厩務員の会話を盗み聞きして馬のことを学びました。


白内障にかかり、見えなくなる前に馬を一生懸命見ようとそれまで以上に必死に馬を追った。すると不思議なことに馬の表情が見えるようになった。直線でトップなのに泣いている馬がいる。逆に後方にいるのに余裕で笑っている馬がいる。笑っている馬は必す伸びてくる。


吉田勝彦の経歴・略歴

吉田勝彦、よしだ・かつひこ。日本の競馬実況アナウンサー。兵庫県出身。高校卒業後、関西芸術アカデミー放送研究科に入学。在学中から競馬実況アナウンサーの仕事を開始。60年以上も実況実況アナウンサーとして活躍。「競馬場実況アナウンサー最長キャリア」としてギネス世界記録に認定された。

他の記事も読んでみる

ピーター・リンチ

【借金・負債の利子が株式投資の一般的なリターンよりも高いのはなぜかと問われ】彼ら(クレジットカード会社・銀行)にとって、あなたは株よりもよい投資対象ということになるのでしょう。


平野岳史

自信をもって言い切らないと、ハンコはもらえません。だから、「商品に惚れ込め」とよくいわれるのでしよう。それができないときは、会社にどんどん注文をつけるべきです。酒場で「ウチは商品力がなくってさ……」とグチっていても意味がありませんからね。それでも、どうしてもダメなら、転職を考えたほうがいいかもしれません。


金子太郎

このところ、製品の欠陥の隠ぺいや不良品発生の原因の秘匿といった企業の不祥事が相次いでいます。しかし「隠ぺい工作や嘘が発覚したら取り返しのつかないダメージを被る」との常識を経営者が持っていたら、存亡の危機は避けられたはずです。


野島隆久

「井の中のかわず」という言葉があるように、社内には目の前のお客様だけ満足していればいいという、おごりのようなものもあったと思います。フェース・トゥ・フェースが基本のサービス業として、配慮や優しさが足りなかったことは反省しています。


横田響子

女性はママ友など会社以外にも様々なコミュニティに属していて、普段から多様な視点に触れています。男性も趣味や地域のコミュニティに顔を出すなどして、経験の幅を広げるべきです。


川上量生

日本って特殊条件がいくつかあって、ひとつは衰えたとはいえまだまだ豊か。こんなに豊かな人たちが均質にいる国は世界でほかにない。そのうえ、新しいものが好きで、合理的に考えればお金を払う必要のないことに払う人たちもたくさんいますよね(笑)。それこそ新しいガジェットを次々と買ったり、握手券欲しさにCDを1000枚買ったりする人たちがいるわけですよね。合理的ではないけれど、面白いからやる。そういう文化がネットにも引き継がれて、日本というのはネット文化において世界の先行指標になりつつあります。


小枝至

日産リバイバルプランが成功したカギは、部門横断で議論し、意志決定の透明性を高めたことにあったと思います。


中田敦彦

ある番組で高田純次さんと5年間共演させていただいて感じるのは、高田さんが本当に適当な方だということ(笑)。しかしそれゆえに必要とされているのです。スタッフの要望、出てくる衣装など、ほぼ「いいよ~」と受け入れる。「それ着る必要ある?」などと面倒くさいことを言わない。僕たちは今、3代目のMCなのですが、高田さんは唯一、20年続けていらっしゃる。それは、一見するとマイナスな「適当さ」が、現場の人々にとって、非常に有難いことで、それが長い信頼関係を生んでいる理由の一つだと思っています。


鳥羽博道

「治に居て乱を忘れず」といわれます。平穏な時期が永遠に続くわけではありません。乱世は必ず来ます。その事態を予期して、悲観的に、できる限りの準備をしておくのがリーダーの役目です。そのうえで開き直るから、人は強さを発揮できるのです。


小屋洋一

「転職すると年収が下がる」といった理由で会社にしがみつくより、「いつでも独立できるだけの知識やスキルを磨いておこう」と考えるほうが、会社に居続ける上でもよいと思います。


了徳寺健二

経営には速度が必要。部下達には常に「鎧は走りながら着けろ」と叫んでいました。


佐藤可士和

「一般的にはそう言われているけれど、それは今も通用するのか、本当なのか」と再検証する「視点」を持つことが重要。前提を疑い、再検証することで、アイデアを考え始める土台ができます。