名言DB

9429 人 / 110879 名言

吉田典生(コミュニケーションコンサルタント)の名言

twitter Facebook はてブ

吉田典生(コミュニケーションコンサルタント)のプロフィール

吉田典生、よしだ・てんせい。日本のコミュニケーションコンサルタント。三重県出身。関西大学社会学部卒業。テレビ制作会社を経て出版プロダクションに入社。就職情報誌の編集、採用・就職支援事業などの業務に携わったのち独立。人材育成、組織、キャリア開発などのテーマを中心に執筆やコンサルティングを行った。

吉田典生(コミュニケーションコンサルタント)の名言 一覧

組織は上司が動かすものではない。前向きな言葉を投げかけて、改善策を練る。こんな部下の言動ひとつで社内の雰囲気が変わるし、解決できる課題は意外と多い。


小さな一歩でいい。とにかく続けること、そして少しずつ職場全体に広げることが大事。


私は「真のリーダーとは、できる人ではなく、伸ばす人」と言ってきました。後輩のわからない、できない状況に目を向け、そこからわかった、できた状況へと伸ばしてあげる。そうした意識を持つことは、真のリーダーシップを身につけるために大切な要素といえます。


細かいアドバイスがなくても、後輩は自分で課題を見つけて、解決に向けて動き出そうとする段階に差しかかると、先輩の役割は後輩に自分はできるという成功体験や達成感を少しでも多く味あわせることになります。営業の仕事でいうと、少し難しいけど頑張れば注文が取れる、そんな会社に行くよう部下を仕向けると良いかもしれません。


「それは違う!」「こうすべきだ!」などと、細かく指示を出さないこと。せっかくの部下の積極性に足かせをはめるような結果になりかねません。あくまで後輩がさらに自信を深める環境を用意してあげるのが先輩の役割です。


やってはいけないのは、モチベーションが低下している部下に、「頑張れ!」「もっと営業先を増やせ!」などと厳しい言葉を発することです。後輩が自分のスキルやノウハウが不十分だと自覚している状況で厳しい言葉を投げかけても、逆効果なのです。あくまで対話の姿勢を忘れてはいけません。


後輩たちが遭遇する多くの悩みは、この会社に入社してよかったのか、自分がやりたい仕事はこんなことだったのかなど、明確に答えが用意されていないものばかりです。したがって「こうしたらいいよ」などと、先輩も簡単にアドバイスできないものです。小手先のテクニックに頼るのではなく、先輩には部下と本音で語り合って欲しいものです。いま先輩である人にも、多かれ少なかれ後輩と似た経験はあるはずです。そのころの自分を振り返って、「僕も入社して、いまの君のような時期があった」などと切り出せば、部下にとっても悩みを打ち明けやすいはずです。そのためにも、先輩対後輩という関係だけでなく、この先輩に相談したいと思われる関係づくりを日ごろの対話を通じて築いておきたいものです。


心がけたいのは漫然と「この仕事をやるように」と指示を出すのではなく、ひとつひとつの仕事の背景までを含めて教えてあげることです。たとえば、営業のアポ取りの場合でも、営業部全体の仕事の流れの中で、アポ取りは何のために必要か、それによって部の営業成績や会社の業績にどう結び付くかなどと説明していきます。すると後輩も、自分に何ができなくて、これから何を身につけるべきかを正確に理解できるはずです。


後輩を伸ばすために大切なのは、「ビジネスの現場では、人の成長サイクルに共通した特徴がある」ということを理解することです。


会社で決められたプロジェクトの予算は変えられなくても、安い業者を見つけたり、交渉することなら一社員でもできる。部下の側から上司や組織に働きかけられることは結構ある。


サッカーでも野球でも、一流選手は自分のスタイルを持ちながらも、監督や戦術によって柔軟にプレイを変えられます。もし「あの監督の下では……」と言い訳してたら、使ってもらえず、技術が落ちていきますよ。


吉田典生(コミュニケーションコンサルタント)の経歴・略歴

吉田典生、よしだ・てんせい。日本のコミュニケーションコンサルタント。三重県出身。関西大学社会学部卒業。テレビ制作会社を経て出版プロダクションに入社。就職情報誌の編集、採用・就職支援事業などの業務に携わったのち独立。人材育成、組織、キャリア開発などのテーマを中心に執筆やコンサルティングを行った。

他の記事も読んでみる

ジム・ロジャーズ

投資家は我慢を知らなければならない。しっかり勉強した上で、投資するか、高過ぎるから買わないのかを決断しないといけない。


入山章栄

経営学でも長期ビジョンの重要性がよく言われます。例えば米デュポンは毎年、社内のトップ級が集まり、100年後の世界はどうなるかを、有識者を交えて真剣に議論するんです。そして、そこから逆算して、M&Aなどを考えているらしいです。この議論により、経営学的に言うと幅広い「知の探索」が可能になる。


天坊昭彦

時を上手くつかまえるには、ものごとの優先順位を考える必要があります。その際、私の基準は、「社会に役立つかどうか」です。会社が存続することは無論、従業員にとって重要ですが、果たしてその会社の事業は世の中の役に立っているのか?そこを考えると、ものごとの優先順位はおのずと見えてきます。


赤塚保正

暖簾を守るのではなく、常に挑戦し続けることで伝統は一緒に付いて来る。


内田幸雄

統合会社は「アジア有数の総合エネルギー・資源・素材グループ」を目指していますが、これを実現するためには「変革」が最も重要なキーワードと考えています。特に、全ての土台となる「経営基盤の強化」は重要であり、具体的には「新たなERPシステムの導入」「内部統制の強化」「人材育成」などの変革を推し進め、国際的な競争にも耐えうる体制を整えたい。その上で、海外事業へのチャレンジや機能材・電子材料などの事業拡大に取り組み、成長戦略を軌道に乗せて行きたいと考えています。


徳岡邦夫

現在、多くの企業が逆風にあえいでいますが、組織を小手先でいじるだけでは、困難を乗り越えるのは難しいのではないでしょうか。組織を変えるには、まずそこで働く人の意識を変えることが先決だと思います。組織の活性化は、人づくりから始まる、というのが私の考えです。


福田健(話し方)

謝っているのに、妙にエラそう強態度をとる人がいる。例えば、不祥事を起こした企業や教育委員会の記者会見を思い出してほしい。責任者は「誠に申し訳ありません」と深々と頭を頂げるが、次の瞬間にはデカい態度に戻る。「頭が高い」人たちだ。このタイプは、頭を下げると敗北感を味わうのか、変なプライドが邪魔をして、謝罪に大切な「素直さ」が見られない。本物のプライドがあれば、相手に迷惑をかけた事実を素直に受け入れてきちんと謝罪できるはずなのだが。


三池崇史

役作りという言葉にこだわりすぎると、台本のセリフとか登場人物の背景に演技が閉じ込められていってしまう。そこから彼らを解放するというのも、監督の役割だと思います。


松本康男(コンサルタント)

先日ある社長と話をしていますと、「せっかく採用した人材が辞めてしまった」と嘆いていました。一年も経たずにコストを掛けて採用した人材に辞めてしまわれると他の社員の士気にも関わりますので問題ですね。けれども最大の問題は、人が辞めてしまうことが事業の成長スピードの足を引っ張ってしまうことです。


江上治

正規・非正規を問わず、不遇な現状に悩んでいる人は、現状の世界でお金を得ていくのが正解なのか、今一度、考えてみてほしい。置かれた場所で咲くだけが自分の生き方なのか、ということである。