名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

吉田典生(コミュニケーションコンサルタント)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

吉田典生(コミュニケーションコンサルタント)のプロフィール

吉田典生、よしだ・てんせい。日本のコミュニケーションコンサルタント。三重県出身。関西大学社会学部卒業。テレビ制作会社を経て出版プロダクションに入社。就職情報誌の編集、採用・就職支援事業などの業務に携わったのち独立。人材育成、組織、キャリア開発などのテーマを中心に執筆やコンサルティングを行った。

吉田典生(コミュニケーションコンサルタント)の名言 一覧

組織は上司が動かすものではない。前向きな言葉を投げかけて、改善策を練る。こんな部下の言動ひとつで社内の雰囲気が変わるし、解決できる課題は意外と多い。


小さな一歩でいい。とにかく続けること、そして少しずつ職場全体に広げることが大事。


私は「真のリーダーとは、できる人ではなく、伸ばす人」と言ってきました。後輩のわからない、できない状況に目を向け、そこからわかった、できた状況へと伸ばしてあげる。そうした意識を持つことは、真のリーダーシップを身につけるために大切な要素といえます。


細かいアドバイスがなくても、後輩は自分で課題を見つけて、解決に向けて動き出そうとする段階に差しかかると、先輩の役割は後輩に自分はできるという成功体験や達成感を少しでも多く味あわせることになります。営業の仕事でいうと、少し難しいけど頑張れば注文が取れる、そんな会社に行くよう部下を仕向けると良いかもしれません。


「それは違う!」「こうすべきだ!」などと、細かく指示を出さないこと。せっかくの部下の積極性に足かせをはめるような結果になりかねません。あくまで後輩がさらに自信を深める環境を用意してあげるのが先輩の役割です。


やってはいけないのは、モチベーションが低下している部下に、「頑張れ!」「もっと営業先を増やせ!」などと厳しい言葉を発することです。後輩が自分のスキルやノウハウが不十分だと自覚している状況で厳しい言葉を投げかけても、逆効果なのです。あくまで対話の姿勢を忘れてはいけません。


後輩たちが遭遇する多くの悩みは、この会社に入社してよかったのか、自分がやりたい仕事はこんなことだったのかなど、明確に答えが用意されていないものばかりです。したがって「こうしたらいいよ」などと、先輩も簡単にアドバイスできないものです。小手先のテクニックに頼るのではなく、先輩には部下と本音で語り合って欲しいものです。いま先輩である人にも、多かれ少なかれ後輩と似た経験はあるはずです。そのころの自分を振り返って、「僕も入社して、いまの君のような時期があった」などと切り出せば、部下にとっても悩みを打ち明けやすいはずです。そのためにも、先輩対後輩という関係だけでなく、この先輩に相談したいと思われる関係づくりを日ごろの対話を通じて築いておきたいものです。


心がけたいのは漫然と「この仕事をやるように」と指示を出すのではなく、ひとつひとつの仕事の背景までを含めて教えてあげることです。たとえば、営業のアポ取りの場合でも、営業部全体の仕事の流れの中で、アポ取りは何のために必要か、それによって部の営業成績や会社の業績にどう結び付くかなどと説明していきます。すると後輩も、自分に何ができなくて、これから何を身につけるべきかを正確に理解できるはずです。


後輩を伸ばすために大切なのは、「ビジネスの現場では、人の成長サイクルに共通した特徴がある」ということを理解することです。


会社で決められたプロジェクトの予算は変えられなくても、安い業者を見つけたり、交渉することなら一社員でもできる。部下の側から上司や組織に働きかけられることは結構ある。


サッカーでも野球でも、一流選手は自分のスタイルを持ちながらも、監督や戦術によって柔軟にプレイを変えられます。もし「あの監督の下では……」と言い訳してたら、使ってもらえず、技術が落ちていきますよ。


吉田典生(コミュニケーションコンサルタント)の経歴・略歴

吉田典生、よしだ・てんせい。日本のコミュニケーションコンサルタント。三重県出身。関西大学社会学部卒業。テレビ制作会社を経て出版プロダクションに入社。就職情報誌の編集、採用・就職支援事業などの業務に携わったのち独立。人材育成、組織、キャリア開発などのテーマを中心に執筆やコンサルティングを行った。

他の記事も読んでみる

長瀬朋彦

長いこと映画フィルムでは6割くらいのシェアを維持していましたが、いずれフィルムは無くなると考えていたので、現像だけでなくビデオの編集、そして映像制作へと徐々に映像事業の幅を広げてきました。


高島英也(髙島英也)

当社はビール大麦とホップの両方を育種(品種改良)から手がけています。ビールをつくるために農業からやっている会社は世界でもうちしかない。ただし、モノづくりのプロセスがお客様の価値に変わらなければ何の意味もない。


山崎将志

会話のない職場は運気が下がる。


岡田裕介(東映)

最近、つくづく思うのですが、オリンピックを見ていても「案外、日本やるじゃない」という話になりますよね。つまり、若者は若者で、ある種の価値観の中で、しっかりやっていける可能性があると思うんです。


平尾喜昭

本当に仕事に役立つ分析をするには、柔軟な姿勢こそが大切です。


渡部陽一

戦下の国のひとつ屋根の下にも、僕ら日本人と同じ家族の日常がある。


石井てる美

マッキンゼー時代、思い返せば、仕事が遅いというか、すべての仕事を抱え込み、効率的に処理できていなかった。


秋元康

日常の中で「面白い」と思えることがなくなったときが、僕が仕事を辞めるときでしょうね。


中山哲也

当社の経営信条の一つが「持つ経営」です。一般的に売れない在庫は置かないと言われていますが、当社は在庫があるから売れると考えています。売れているから在庫を抱えるのではなく、在庫が無いから売れないということで、現在約33万アイテムの在庫数を6年後までに50万アイテムにするべく在庫の拡充を進めております。


プレム・ラワット

私たちはとても仲のいい親子でしたから、父の死はつらい体験でした。乗り越えるのは非常に難しかった。けれど、そこではっきりしたこともありました。父が死んだのは、私が何かやったからでも、父が何かしたせいでもない。死は皆に同じように訪れるものであり、その悲しみを味わうのも自然なことなんです。日が昇り、沈むように、これも自然の流れなのだと理解しました。


稲盛和夫

僕は航空業界について何も知らない素人です。僕が持ってきたのは2つだけです。ひとつはフィロソフィー(哲学)、もうひとつは部門別採算制度です。
【覚書き|JALの経営再建に乗り込んだとき、幹部社員に向かって語った言葉。このあとJALはV字回復を果たした】


松下正幸

パナソニックの創業者の松下幸之助は、学校教育は小学校4年までしか受けていません。でも、学ぶことに貪欲で、どんな人からも知識を吸収しようとする人でした。自分よりずっと若い人や人生経験の少ない人からも、進んで何かを学ぼうとしていました。