名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

吉田典生(コミュニケーションコンサルタント)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

吉田典生(コミュニケーションコンサルタント)のプロフィール

吉田典生、よしだ・てんせい。日本のコミュニケーションコンサルタント。三重県出身。関西大学社会学部卒業。テレビ制作会社を経て出版プロダクションに入社。就職情報誌の編集、採用・就職支援事業などの業務に携わったのち独立。人材育成、組織、キャリア開発などのテーマを中心に執筆やコンサルティングを行った。

吉田典生(コミュニケーションコンサルタント)の名言 一覧

組織は上司が動かすものではない。前向きな言葉を投げかけて、改善策を練る。こんな部下の言動ひとつで社内の雰囲気が変わるし、解決できる課題は意外と多い。


小さな一歩でいい。とにかく続けること、そして少しずつ職場全体に広げることが大事。


私は「真のリーダーとは、できる人ではなく、伸ばす人」と言ってきました。後輩のわからない、できない状況に目を向け、そこからわかった、できた状況へと伸ばしてあげる。そうした意識を持つことは、真のリーダーシップを身につけるために大切な要素といえます。


細かいアドバイスがなくても、後輩は自分で課題を見つけて、解決に向けて動き出そうとする段階に差しかかると、先輩の役割は後輩に自分はできるという成功体験や達成感を少しでも多く味あわせることになります。営業の仕事でいうと、少し難しいけど頑張れば注文が取れる、そんな会社に行くよう部下を仕向けると良いかもしれません。


「それは違う!」「こうすべきだ!」などと、細かく指示を出さないこと。せっかくの部下の積極性に足かせをはめるような結果になりかねません。あくまで後輩がさらに自信を深める環境を用意してあげるのが先輩の役割です。


やってはいけないのは、モチベーションが低下している部下に、「頑張れ!」「もっと営業先を増やせ!」などと厳しい言葉を発することです。後輩が自分のスキルやノウハウが不十分だと自覚している状況で厳しい言葉を投げかけても、逆効果なのです。あくまで対話の姿勢を忘れてはいけません。


後輩たちが遭遇する多くの悩みは、この会社に入社してよかったのか、自分がやりたい仕事はこんなことだったのかなど、明確に答えが用意されていないものばかりです。したがって「こうしたらいいよ」などと、先輩も簡単にアドバイスできないものです。小手先のテクニックに頼るのではなく、先輩には部下と本音で語り合って欲しいものです。いま先輩である人にも、多かれ少なかれ後輩と似た経験はあるはずです。そのころの自分を振り返って、「僕も入社して、いまの君のような時期があった」などと切り出せば、部下にとっても悩みを打ち明けやすいはずです。そのためにも、先輩対後輩という関係だけでなく、この先輩に相談したいと思われる関係づくりを日ごろの対話を通じて築いておきたいものです。


心がけたいのは漫然と「この仕事をやるように」と指示を出すのではなく、ひとつひとつの仕事の背景までを含めて教えてあげることです。たとえば、営業のアポ取りの場合でも、営業部全体の仕事の流れの中で、アポ取りは何のために必要か、それによって部の営業成績や会社の業績にどう結び付くかなどと説明していきます。すると後輩も、自分に何ができなくて、これから何を身につけるべきかを正確に理解できるはずです。


後輩を伸ばすために大切なのは、「ビジネスの現場では、人の成長サイクルに共通した特徴がある」ということを理解することです。


会社で決められたプロジェクトの予算は変えられなくても、安い業者を見つけたり、交渉することなら一社員でもできる。部下の側から上司や組織に働きかけられることは結構ある。


サッカーでも野球でも、一流選手は自分のスタイルを持ちながらも、監督や戦術によって柔軟にプレイを変えられます。もし「あの監督の下では……」と言い訳してたら、使ってもらえず、技術が落ちていきますよ。


吉田典生(コミュニケーションコンサルタント)の経歴・略歴

吉田典生、よしだ・てんせい。日本のコミュニケーションコンサルタント。三重県出身。関西大学社会学部卒業。テレビ制作会社を経て出版プロダクションに入社。就職情報誌の編集、採用・就職支援事業などの業務に携わったのち独立。人材育成、組織、キャリア開発などのテーマを中心に執筆やコンサルティングを行った。

他の記事も読んでみる

石井知祥

昔から「いい言葉」に出会うと、それを頭に残し、判断に迷ったときや苦しくなったときには、それを当てはめるようにしてきました。


安藤楢六

人生とは、一見不幸に見えるものの中に大きな因子をはらんでいるものだ。


佐藤孝幸

長期計画は、計画の途中で変更してもいいでしょう。時代は常に動いているのに、過去に立てた目標に固執するのはナンセンスです。現在の状況に合わせて、目標そのものを変えたり、リスケジュールする柔軟さが欲しいものです。


矢部輝夫

「安全はトップダウンで始まり、ボトムアップで完成する」という言葉があります。要するにトップが動かなくては始まらない。ただ、大きな方針を示して、最初の段階をしっかり整えれば、あとは現場で一番経験を持っている人が実行してくれる。


一瀬邦夫

難局を乗り切れたとき、会社は強くなる。大切なのは、ピンチのときの正確な判断。ギブアップでなく、確実に分析を行うこと。


久保華図八

経営理念に「敬愛」を掲げ、社員には「すべてに愛を持って取り組む」ことの大切さをいつも伝えています。お客様に喜んでいただけるサービスを提供し、地域の方々に必要とされ、その結果、愛されることが私たち自身の喜びになる。こうした好循環が、バグジーの周囲では生まれています。


加藤照和

創業者がいる間は存在そのものが理念ですから、それをあえて文章化する必要はないのかもしれません。しかし2代目以降はそれが必要になります。そして、正しい経営理念を持つためには、その背後に正しい人間観の裏打ちが必要です。


関下昌代

順調に人生の階段を上がってきた人は、失敗に対する免疫がありません。だから仕事でトラブルが起きるとパニックになってしまう。逃げたり、ミスを隠したり、人のせいにしたりします。当然、評価はがた落ちです。


ジム・ロジャーズ

私は、その企業の利益率が高くても、借金がたくさんあれば長続きしないと判断し、空売りをする。


木川理二郎

会社というものは、モノをつくって、売って、カネを回収できて初めて成り立ちます。そこまでやって営業と言えるのです。


坪田信貴

経験からいうと、多くの親御さんは学歴や社会的地位に関係なく、お子さんに「なんでこんなこともできないの?」とか「お兄ちゃんは○○なのに、あなたはなぜ××なの?」といった接し方をします。人はそれぞれ違うのが当たり前。なのに、家族や兄弟は一緒、「同じ遺伝子で同じ育て方をしているのに……」とつい考えてしまうようです。


田﨑史郎(田崎史郎)

政治記者として一番難しいのは、やはり「どうやって相手に食い込むか」です。そのために、ほかの記者とは同じ場所で仕事をしないことを心がけました。たとえば懇談会では、政治家一人に対して十数人の記者がいるわけでしょう。それじゃ意味がなく、いかに一対一、一対二、三人ぐらいの形で話せるかが大事です。