名言DB

9412 人 / 110637 名言

吉田典生(コミュニケーションコンサルタント)の名言

twitter Facebook はてブ

吉田典生(コミュニケーションコンサルタント)のプロフィール

吉田典生、よしだ・てんせい。日本のコミュニケーションコンサルタント。三重県出身。関西大学社会学部卒業。テレビ制作会社を経て出版プロダクションに入社。就職情報誌の編集、採用・就職支援事業などの業務に携わったのち独立。人材育成、組織、キャリア開発などのテーマを中心に執筆やコンサルティングを行った。

吉田典生(コミュニケーションコンサルタント)の名言 一覧

組織は上司が動かすものではない。前向きな言葉を投げかけて、改善策を練る。こんな部下の言動ひとつで社内の雰囲気が変わるし、解決できる課題は意外と多い。


小さな一歩でいい。とにかく続けること、そして少しずつ職場全体に広げることが大事。


私は「真のリーダーとは、できる人ではなく、伸ばす人」と言ってきました。後輩のわからない、できない状況に目を向け、そこからわかった、できた状況へと伸ばしてあげる。そうした意識を持つことは、真のリーダーシップを身につけるために大切な要素といえます。


細かいアドバイスがなくても、後輩は自分で課題を見つけて、解決に向けて動き出そうとする段階に差しかかると、先輩の役割は後輩に自分はできるという成功体験や達成感を少しでも多く味あわせることになります。営業の仕事でいうと、少し難しいけど頑張れば注文が取れる、そんな会社に行くよう部下を仕向けると良いかもしれません。


「それは違う!」「こうすべきだ!」などと、細かく指示を出さないこと。せっかくの部下の積極性に足かせをはめるような結果になりかねません。あくまで後輩がさらに自信を深める環境を用意してあげるのが先輩の役割です。


やってはいけないのは、モチベーションが低下している部下に、「頑張れ!」「もっと営業先を増やせ!」などと厳しい言葉を発することです。後輩が自分のスキルやノウハウが不十分だと自覚している状況で厳しい言葉を投げかけても、逆効果なのです。あくまで対話の姿勢を忘れてはいけません。


後輩たちが遭遇する多くの悩みは、この会社に入社してよかったのか、自分がやりたい仕事はこんなことだったのかなど、明確に答えが用意されていないものばかりです。したがって「こうしたらいいよ」などと、先輩も簡単にアドバイスできないものです。小手先のテクニックに頼るのではなく、先輩には部下と本音で語り合って欲しいものです。いま先輩である人にも、多かれ少なかれ後輩と似た経験はあるはずです。そのころの自分を振り返って、「僕も入社して、いまの君のような時期があった」などと切り出せば、部下にとっても悩みを打ち明けやすいはずです。そのためにも、先輩対後輩という関係だけでなく、この先輩に相談したいと思われる関係づくりを日ごろの対話を通じて築いておきたいものです。


心がけたいのは漫然と「この仕事をやるように」と指示を出すのではなく、ひとつひとつの仕事の背景までを含めて教えてあげることです。たとえば、営業のアポ取りの場合でも、営業部全体の仕事の流れの中で、アポ取りは何のために必要か、それによって部の営業成績や会社の業績にどう結び付くかなどと説明していきます。すると後輩も、自分に何ができなくて、これから何を身につけるべきかを正確に理解できるはずです。


後輩を伸ばすために大切なのは、「ビジネスの現場では、人の成長サイクルに共通した特徴がある」ということを理解することです。


会社で決められたプロジェクトの予算は変えられなくても、安い業者を見つけたり、交渉することなら一社員でもできる。部下の側から上司や組織に働きかけられることは結構ある。


サッカーでも野球でも、一流選手は自分のスタイルを持ちながらも、監督や戦術によって柔軟にプレイを変えられます。もし「あの監督の下では……」と言い訳してたら、使ってもらえず、技術が落ちていきますよ。


吉田典生(コミュニケーションコンサルタント)の経歴・略歴

吉田典生、よしだ・てんせい。日本のコミュニケーションコンサルタント。三重県出身。関西大学社会学部卒業。テレビ制作会社を経て出版プロダクションに入社。就職情報誌の編集、採用・就職支援事業などの業務に携わったのち独立。人材育成、組織、キャリア開発などのテーマを中心に執筆やコンサルティングを行った。

他の記事も読んでみる

中田亨

会社の情報漏洩の多くが、いわゆる「風呂敷残業」、つまり仕事を家に持ち帰ることから生まれています。「不必要な書類は作らない」とルール化することで、一石二鳥の情報漏洩防止になるのです。


安藤文男

優秀なエンジニアを育てるのは労力も時間もかかるわけで、教育方法を含めて根気よく人材を育てていきたい。


福井正憲

大事なことは、お金を儲けようとあまり思わないこと。むろん損をするのは嫌いですが、商売は金儲けのためにするのではありません。社会のために何をするのか。社会に貢献しなければならない。それが人間の生きがいであるし、そのプライドが大事。


泉谷直木

私たちの第一次顧客は小売店です。小売さんが抱えている課題は何か、提案すべきことは何か。それを判断するには、相手を深く知らなければいけません。消費者に対しても同じですが、ニーズを知ることなしに対策はあり得ません。


越智直正

世の中に「枝葉」のことを書いてある本はたくさんあるけれど、「根本」を教えているのは古典だけだ。だから皆さん、古典を読みなはれ。


若林克彦(経営者)

良いアイデアは人を幸せにします。毎朝社員全員で近所を掃除するのも、理念現れです。清掃することで世のための徳を重ねるだけでなく、心も浄化され、ひらめきも得やすくなります。


朝倉智也

革新というのは一気に起こる大きな変化とは限りません。当社のビジネスも同じで、小さな変更や改良を積み重ねていけば、いつか先進的なサービスと認められるときが必ず訪れる。その後もなお愚直に努力を重ねるうち、それが万人の認める大きな革新に成長するのです。


数土文夫(數土文夫)

社長就任以来、ステークホルダー(利害関係者)とのコミュニケーションの大切さを改めて感じており、最近、社内で「4R」について話します。「PR(広報)」「IR(株主を含む投資家など資本市場の関係者に対するPR活動)」「SR(株主との関係性だけに対するPR活動)」、そして「ER(従業員に対するPR活動)」です。


村上太一

中途採用の面接では、前職の経営者の意思決定について意見を聞くようにしています。「なんであんな決定をしたかわからない。とにかくダメだった」と言うのではNG。どんな経営者でも、考えに考えたうえで意思決定をしているものです。経営者の真意を汲み取る訓練をすれば、思考力は高まると思います。


マックス・ヴェーバー

最初の教育者は空腹である。


首藤由憲

お客様目線に立った商品開発が最重要だと改めて実感しています。社内の議論がお客様目線から少しでも外れるといい商品は生まれません。


フィル ナイト

レストランを開きたいと思っても、厨房で一日23時間働く覚悟がなかったら、やめたほうがいい。


佐々木正

早川(徳次シャープ創業者)さんは商売下手だけど、哲学がいい。早川さんは、「佐々木さんね、何か良いものを考えてちょうだい」と言うんだね。我々がつくるものは、大衆を幸福にするもんや。大衆に売ろうと思ったら、会社をたくさんつくらんといかん。シャープにはまだそれだけの金がない。それなら、リーダーシップをとって、人に真似されるような企業をつくってくれと。技術を取られたら、また次の技術を開発する。その代わり、特許料はいただくと。


青崎済

新しいことに挑戦するとき、完璧を目指しては何も出来ない。「良いものが出来たけど、まだ完璧かわからない」と二の足を踏んでいると、よそから次々に同じようなものが出てきてしまう。


山根多恵

吉田屋の女将になったきっかけは、「やる気のある若い人に経営ごと旅館を任せたい」という意向を持っていた先代と出会ったことです。もちろん旅館業は未経験でしたが、話があったその日の夜には「やる」と決断しました。