名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

吉田典史の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

吉田典史のプロフィール

吉田典史、よしだ・のりふみ。日本の人事ジャーナリスト。岐阜県生まれ、愛知県育ち。著書に『会社で落ちこぼれる人の口ぐせ 抜群に出世する人の口ぐせ』『悶える職場』『仕事なんかするより上司に気を使えよ』。

吉田典史の名言 一覧

仕事の力とは、総合力である。欠点や弱点ばかりを見るのではなく、広い視野で仕事力を見極めないといけない。じっくり観察すれば、上司の巧みなワザが見えてくる。


上司は部下に比べて経験や知識が豊富だ。だからこそ、自分が正しいと思い込むもの。そのプライドを傷つけないようにしながら説得しよう。上司と腹を割って話し合い、うまく説得できれば、上司から「頼れる参謀」と一目置かれるだろう。


もし、上司との関係がこじれたら、すぐに関係の修復に全力を注ごう。自分の非を認める姿勢を見せつつ、指示を素直に受け入れ、仕事を黙々とこなすことが大切だ。上司はその姿を見ている。


上司を中心とした職場になれば、基本的にはすべてが丸く収まる。


上司が変われば、吸収すべき「型」も変わるが、その積み重ねが仕事力を高めていく。こうして築き上げた「型」は、自分だけのものにすることなく、他の人にも伝えていってほしい。それが組織を強くする。


上司が考えを誤るのは、部下の側にも問題がある。上司は好き好んで無理難題を言いたいわけではない。普段から部下が「報連相」をマメにしていれば、上司もそんな仕事を振ることは、そう多くはないだろう。上司をうまくコントロールする最大の秘訣は、「二人三脚」と言えるほどに密な関係を日頃から築くこと。当たり前に思える結論だが、実はそれに尽きる。


大きな成果を出して自分の存在を誇示し、信頼を得る方法もあるだろう。だが、上司は常に自分の身を守りたいという防衛本能を持っている。場合によっては、上司を脅かす成果を出した後に意図的に潰される可能性もある。これを避けるためにも、上司との些細なやり取りの中で信頼を少しずつ高めていく方法を選択するといいだろう。


上司に言葉で伝える努力も必要だ。例えば、報告、連絡、相談などをする時に「課長から教えていただいた○○を実践しています」と話すといいだろう。「仕事ぶりを見てもらえれば分かるだろう」という考えは捨てた方がいい。上司の仕事のやり方を受け入れて頑張っていることを、積極的に伝えていこう。


「いい仕事をすれば認められる」と考えるのは甘い。他の社員もベストを尽くしているに違いない。自分が思っているほど、同僚の間で実力に大きな差はないものだ。その中で頭角を現すためには、上司をうまくコントロールする力が不可欠である。


上司の仕事の「型」を自分のものにすると、やがて双方で価値観や志を共有できる。信用が一層厚くなり、評価も高くなる。そうなれば、何かあった時でも、少々の無理が言えるようになる。このような関係がさらに深まると「絆」になる。ここまでたどり着ければ、怖いものなしだ。上司をまるで自分の意のままに、コントロールできるかもしれない。それが、部署にとって良い結果につながったりする。


実際に話し合うと、上司に誤りを認めさせ、自分の言い分を通すことがいかに難しいか分かるはずだ。だからこそ、自分から上司に歩み寄る姿勢を見せる必要がある。上司の話を聞くうちに自らの考えに誤りがあると分かったら、素直に謝ることも忘れずに。意固地になってはいけない。お互いの妥協点を探りながら話すことも大切だ。妥協点を見つけ、新たな目標を設定し、それを共有する。例えば、期限を延長してもらう、他の仕事を中断し、この仕事に専念することを認めてもらう、目標値を下げてもらうなど、条件をつけて引き受けるようにしたい。上司の考えを多少なりとも軌道修正できれば、自分も職場も良い方向に進む。


上司から無理難題を押しつけられた時、部下はどう対処すればいいか。まずは高ぶる感情を抑え、上司をうまく誘導する手順を考えよう。最初は「交渉のテーブル」を用意することを意識しよう。そのためにまずは、たとえ上司の考えが間違っていると分かっていても、それに従う意思を示す。すると、上司は話を聞く姿勢になる。「無理です!」や「おかしいです!」と初めから拒絶する態度は取らないようにしよう。相手が聞く姿勢になったら、今の目標のままで仕事を進めると問題が起きることを丁寧に説明する。ポイントは、具体的な事実を提示すること。感情的な話をしてはいけない。


上司が誤った指示を出してしまう理由はいくつかある。まず、上司にも得手不得手がある。経験不足の仕事や苦手にしている仕事では、目標設定を見誤りがち。仕事のアウトラインや力を入れるべきポイント、作業時間や予算、部下のやる気や職務遂行能力を正しく把握できなかったりする。部下は基本的に上司の指示に従うもの。だが、明らかに上司の指示に無理があったり、自分や部署に損害が出る場合は、上司に考えを改めてもらう必要がある。


職場では理屈抜きに実績を残すことが求められる。さらに仕事にはスピードも大切だ。経験の浅い人が自己流で仕事を進めたところで、いい結果はなかなか出ない。達成すべきは自分が満足するレベルではなく、上司が求める結果である。上司の「型」、つまり勝ちパターンは、実績を素早く出せるツールなのだから、利用しない手はない。


上司は部下に優秀であることを求めるが、自分を脅かす存在は認めないものだ。仕事をしていくうえでの「型」を共有できれば、その警戒心を解くことができるかもしれない。そもそも「型」とは、若い頃から培ってきた仕事術の集大成である。上司が心を許す存在になるためにも、高い実績を上げるためにも、上司から「型」を受け継ぐ気持ちを持とう。


すべきは、上司が大切にしている、仕事をしていくうえでの「型」をマネること。例えば、上司が営業先に向かう前に、セールストークのポイントを他の社員とは違うやり方でメモしていたとする。それが上司の「型」だ。それは仕事の進め方や手法であり、数多くの場数を踏んで身につけた勝ちパターンとも言える。部下はその「型」を見つけ出し、実践して成果を出す。そうすると、上司は「自分が育てた」という自負心をくすぐられる。さらに、「こいつは見込みがある」とあなたを後継者候補として考えるようになるだろう。


吉田典史の経歴・略歴

吉田典史、よしだ・のりふみ。日本の人事ジャーナリスト。岐阜県生まれ、愛知県育ち。著書に『会社で落ちこぼれる人の口ぐせ 抜群に出世する人の口ぐせ』『悶える職場』『仕事なんかするより上司に気を使えよ』。

他の記事も読んでみる

川村誠

部下が自分の役割として、すべきことをしていないとき、いい加減に取り組んで判断を間違えたときは、真剣に叱りました。チームとしていい方向に導き、目標を達成するという使命がありますから。当時の部下から「怖かった」と言われます。


越智直正

丁稚時代、大将からは「売れすぎても失敗」「売れなくても失敗」と怒られ続けました。在庫が足りなくなっても、余っても、それは商売として間違っていると、叩き込まれたわけです。


貫啓二

働く時間を楽しんだのとそうでないとでは雲泥の差。自分が楽しめて、周囲からも「あなたがいてくれてよかった」と言われたら、気持ちいいですよね。


陰山英男

効率を常に意識して働いている人、特に「どんな状況で仕事の効率が落ちるか」をよく知っている人は仕事が速い。彼らは「頭の回転が悪くなる」ことに敏感で、そうならないように努めます。睡眠時間や睡眠の質、休みの日の過ごし方といった「休息時間」を大切にする傾向があります。


松岡正剛

書き手は最初の読み手。つまり読者と近い場にいる、作り手をえらく思わなくていい。


染谷光男

他社の商品との違いを知ってもらうには、やはり試食形式で直接食べていただくのが一番早い。このやり方は欧米もアジアでも同じです。


井上高志

心底「伝えたい」と思う内容を自分の中で明確化することが何より重要。思いが込められた話は、たとえ訥々(とつとつ)としていても相手の心に響くもの。


大原孝治

流通業とは「変化対応業」。次々とイノベーションを起こしていくというより、イノベーションによって起きた変化に素早く対応していくことが重要。


立石豊

ベテラン社員は定年後もアドバイザーとして勤務してもらっています。「黄綬褒章」を受けた人は「スーパーアドバイザー」という方が気になり、現在3人が在籍しています。こうしたベテラン社員は戦力であることはもちろん、知識を継承するという意味でも非常に重要です。


松井道夫

ソニーが初代ウォークマンを開発しようとしたとき、社員やお客さんが「録音機能がついていないものなど絶対に売れない」と言うのを聞いて、盛田(昭夫)さんだか井深(大)さんだか忘れましたが、「だったら、やろう」と決意されたそうですが、この話は私の中でストンと落ちました。「さすがだなあ」って。みんなが反対するからこそ、やる価値がある。だれもが賛成することはやる価値がない。やる前になるほどねというようなことをやってもしょうがない。


安本隆晴

見せかけの数字に騙されないようにするためには、常に損得勘定の意識をもっておくべきです。たとえば、「この店はお客が少ないけど、どこで儲けているのか」「電車の路線が延びたら、誰が儲かるのか」などと、日ごろの生活で損得の観点から疑問をもつわけです。そうした意識をもっていれば、「この広告の数字は過剰表現では?」などと気づけるようになるはずです。


臼井由妃

会社再建に奮闘していたころ、私は意識的に「成果を出しつつ輝き続けている人」を観察してみたところ、この人たちは整理整頓が上手だということに気が付きました。整理とは捨てること、整頓とは残ったものを元の場所に戻すこと。そして、これらの人たちをさらに観察すると、整理整頓の対象は、行動、情報、時間、思考、人間関係の五種類となりました。そして彼らは8割を捨てていました。