名言DB

9425 人 / 110833 名言

吉田仁志の名言

twitter Facebook はてブ

吉田仁志のプロフィール

吉田仁志、よしだ・ひとし。日本の経営者。神奈川出身。米国タフツ大学卒業後、伊藤忠商事に入社。在職中にスタンフォード大学大学院コンピュータサイエンス研究科修了、ハーバード大学経営大学院でMBA取得。米国ケンブリッジ・テクノロジー・パートナーズに入社。同社日本法人立ち上げを行い、日本法人社長を務める。その後、ノベル日本法人社長、ノベル米国本社上級副社長などを経て、SAS Institute Japan社長、日本ヒューレット・パッカード社長などを務めた。

吉田仁志の名言 一覧

営業で大事なことは3つあります。それは『しつこさ、しつこさ、しつこさ』です。とはいえ、単に粘ればいいというものではありません。どうしたらお客様の役に立てるかを考え、10個ぐらい興味を惹きそうな話題を用意して売り込みに行くわけです。そうしてお客様の反応を伺いながら、スイートスポットに当たった話題を深掘りしていくのです。大切なのは、絶対に諦めないことです。


仕事をする上で常に心がけてきたのは、「人が作ったものは変えられる」と認識すること。仕組みでも制度でも、何でもおかしいと思ったら変えればいい。また、自分のキャリアには自分で責任を持つこと。最終的に、会社や上司は自分のキャリアの支援はしてくれても面倒はみてくれません。


伊藤忠での仕事やアメリカでの経験を通じて、会社を動かすのは経営陣だということを身に染みて感じていました。自分は人に動かされるよりも、動かすほうに回りたい。そう思ったんです。


いまやっていることが、目標に対してどう貢献するかを常に考えるということが必要です。たとえばMBAの入学願書一つをとっても、用意された質問に答えるだけでは、10数倍の競争を勝ち抜くことはできません。まず自分のアピールポイントを考え、質問への回答はそれを表現する手段として考えるべきなのです。


新生HPE(ヒューレット・パッカード・エンタープライズ)の主戦場となるITハードウエア市場は、コスト・スペック競争が終わり、顧客に全く新しい価値を提供する新しい競争の時代に突入した。古い慣習を捨てなければ戦えない。そのためには企業を根本から変える必要がある。


吉田仁志の経歴・略歴

吉田仁志、よしだ・ひとし。日本の経営者。神奈川出身。米国タフツ大学卒業後、伊藤忠商事に入社。在職中にスタンフォード大学大学院コンピュータサイエンス研究科修了、ハーバード大学経営大学院でMBA取得。米国ケンブリッジ・テクノロジー・パートナーズに入社。同社日本法人立ち上げを行い、日本法人社長を務める。その後、ノベル日本法人社長、ノベル米国本社上級副社長などを経て、SAS Institute Japan社長、日本ヒューレット・パッカード社長などを務めた。

他の記事も読んでみる

川村和夫

利益志向を徹底するのは意外に大変難しいところがあり、売り上げ優先になってしまいがちです。マネジメントの改革が必要であり「利益の出ない売り上げはいらない」と社内で言い続けました。


アマデウス・モーツァルト

いつ、どのようにやってくるのか、私にはわかりません。
【覚え書き|作曲のアイデアをどう得ているのか聞かれての発言】


前原金一

自分たちのミッションをはっきりさせ、それに向かって頑張っている企業は強い。


本間道博

役員候補性が集められる経営塾で、最も重視されるのは人間力です。CIL(キヤノン・イノベーティブ・リーダー研修)から始まる研修の体系は人間力を鍛えるプロセスです。


澤上篤人

暴落相場なんてマスコミ中心に大騒ぎするから誰でも分かる。そこで買っておけばよいだけのこと。暴落時に買っておけば、どこで売っても利益となる。


尾山基

もともと当社は体育会系の社員が多いんです。いまもベースは体育会でキャプテンをやっていたとか、陸上をやっていたとかいう人材です。だからファイティングスピリットはあるはずなんです。


園山征夫

企業が成長していくと、社長や個人の知恵なんて小さなもので、たくさんの外に向かったアンテナが必要になります。そのアンテナこそ、現地現場の社員です。現場は既に競合商品の情報を持っていますから、本社で今さら会議や情報収集をするよりも、現場の持つ情報やアイデアを吸い上げアクションを起こす方が大切です。


篠原欣子

皆さんも恋をしたことがあるでしょう。恋をするとその人のことを全身全霊で気にかける。仕事も同じです。恋人と同じように全霊で気にかけると、様々なことが見えてきます。


脇若英治

トレーダーの適正を測るには、一週間かけてトレーディングのシミュレーション・ゲームをやらせて、そこでデシジョンの仕方などをみれば、一目瞭然です。私は会社の人事にも関与していますが、トレーダーにかぎらず、この人がどんな仕事に向いているかは、すぐにわかります。それを見抜けなければ、会社の人事はできませんからね。


赤井益久

計画の実現には、たえず同じ話をすることで教職員全員が理念や問題を共有し、常に全員のベクトルが一致するように努めています。