名言DB

9419 人 / 110788 名言

吉田二美の名言

twitter Facebook はてブ

吉田二美のプロフィール

吉田二美、よしだ・ふみ。日本の天文学者。福岡県出身。福岡教育大学教育学部特別教員養成課程卒業後、農林水産省門司農林水産消費技術センターに入省。働きながら大学で研究をつづけたのち、福岡教育大学大学院に入学し修士課程を修了。神戸大学大学院自然科学研究科で博士号取得。国立天文台天文情報公開センター新天体情報室リサーチアシスタント、国立天文台天文情報公開センター教務補佐員、台湾國立中央大学天文研究所博士後研究員、国立天文台ハワイ観測所研究員、東洋大学非常勤講師、国立天文台国際連携準備室専門研究職員・国際連携室専門研究職員などを務めた。

吉田二美の名言 一覧

私は天文学者としての場所を見つけられました。その理由は、周囲の雑音に耳をふさぎ、ときには無視しながら愚直に自分を信じて、前だけを見てきたことにあると思っています。


すこしでも自分のやりたいことや夢があるのであれば、それだけを見つめること。つまり人と自分を比較しないことです。もし比べるのであれば、理想の姿と現在の自分とを比較すべきです。


以前の職場では7年間勤務すると係長に昇進するのが暗黙のルールでした。しかし、そのときふと考えたのです。周囲の人間に倣えば昇進の話を受けるべきだけど、そもそも私は生涯いまの仕事を続けたいのだろうか、いまの仕事は「やれる」仕事ではあるけれど、「やりたい」仕事ではないのではないか……と。それからはとくに、前しか見なくなったように思います。


17時まで仕事をした後、勤務地の近くの駅から電車に乗り、自宅よりも遠い大学まで7年間通いました。大学では教授の研究のアシスタントのほかに、宇宙の本を翻訳して大学の教科書につかってもらったり、新しく建設する天体観測所の候補地を探すお手伝いをしました。就職してからも、なんとかして天文学や宇宙との接点を持っていたかったんです。
【覚書き|昼間仕事をしながら、夜は大学で研究をする生活をしていたときを振り返っての発言】


吉田二美の経歴・略歴

吉田二美、よしだ・ふみ。日本の天文学者。福岡県出身。福岡教育大学教育学部特別教員養成課程卒業後、農林水産省門司農林水産消費技術センターに入省。働きながら大学で研究をつづけたのち、福岡教育大学大学院に入学し修士課程を修了。神戸大学大学院自然科学研究科で博士号取得。国立天文台天文情報公開センター新天体情報室リサーチアシスタント、国立天文台天文情報公開センター教務補佐員、台湾國立中央大学天文研究所博士後研究員、国立天文台ハワイ観測所研究員、東洋大学非常勤講師、国立天文台国際連携準備室専門研究職員・国際連携室専門研究職員などを務めた。

他の記事も読んでみる

門川大作

繁忙期と閑散期で観光客の数が違い過ぎると、観光業者も安心して正社員を雇えません。そこで、冬の閑散期などにイベントを開催することで、観光客を呼び込んでいます。繁忙期と閑散期の観光客数の差は10年前だと3.6倍でしたが、今は1.5倍とかなり平準化しています。


中谷巌

今まではとにかくお金儲けをしたらいいんだ、という企業論理の中で、業界でのシェアをどうやって高めていくか、ということばかり言われてきました。しかし、企業のシェアを高めるために、自分が身を粉にして家族も犠牲にし、何も考えずに突っ走ることにどういう意味があるのか。リーダーはこうしたことまで考えた上で自分たちの経営スタンスを考えなければならない。


坂本敦子

非常事態でも冷静に判断できるように、普段から思考の訓練をしておくことが大事。


伊藤絵美

「認知」や「行動」は自分で選択できます。上司に叱られたとき、強く言い返すこともできれば、笑顔で「アドバイスをいただき、ありがとうございます」と言うこともできる。自分の助けになる認知や行動を選択することで、ストレスを軽減させることができるのです。


俣野成敏

私は、時々、休日を小学6年生の「娘のための日」にしています。行きたい場所や行き方をすべて彼女に考えてもらい、彼女の思う通りのスケジュールで過ごす。すると興味深いことが分かりました。そうやって過ごした休日の方が、親が計画した予定に沿って連れ回すよりも、何倍も楽しく感じ、強く記憶に残るようなのです。つまり、休日でも主体性を持って計画的に行動することで、「あっという問に夜になってしまった……」と後悔する事態は避けられる。


手代木功

社員にも「自分がどんな仕事をしているのか、家族に説明してごらん」と話しています。家族に「何を言っているのかさっぱり分からない」と言われてしまったら、一般の方々に受け入れていただくのは相当難しいですから。


仙田満

世の中はどんどん変化していきますから、できることをこなすだけではリスクが高い。常に新しい領域を研究し、自分が置かれた環境を外に拡大していく努力をすべき。


北城恪太郎

一度しかない人生を自分の考えだけで生きることもできるが、変わることのないものに支えられて歩んでゆくべきではないだろうか。
【覚書き|若いころキリスト教の洗礼を受けたときを振り返っての発言】


今井繁之

営業マンは、個人の成績が重視され、個人プレーに陥りがちです。しかし、営業に課題解決力が求められる中、個人のアイデアや成功体験をチームで共有し、強いチームをつくることが必要になります。チームミーティングで営業実績を報告し、次はもっと頑張れとハッパをかけるだけでは、チームの活性化にはなりません。


砂山拡三郎(砂山擴三郎)

「あいつは情報が早くて豊富だ」と評判になればしめたものです。平社員でも重宝され、さらにいい情報をゲットでき、社内の認知度を高めてくれます。リストラが実施されたとき、この認知度がプラスに働きます。