名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

吉田二美の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

吉田二美のプロフィール

吉田二美、よしだ・ふみ。日本の天文学者。福岡県出身。福岡教育大学教育学部特別教員養成課程卒業後、農林水産省門司農林水産消費技術センターに入省。働きながら大学で研究をつづけたのち、福岡教育大学大学院に入学し修士課程を修了。神戸大学大学院自然科学研究科で博士号取得。国立天文台天文情報公開センター新天体情報室リサーチアシスタント、国立天文台天文情報公開センター教務補佐員、台湾國立中央大学天文研究所博士後研究員、国立天文台ハワイ観測所研究員、東洋大学非常勤講師、国立天文台国際連携準備室専門研究職員・国際連携室専門研究職員などを務めた。

吉田二美の名言 一覧

私は天文学者としての場所を見つけられました。その理由は、周囲の雑音に耳をふさぎ、ときには無視しながら愚直に自分を信じて、前だけを見てきたことにあると思っています。


すこしでも自分のやりたいことや夢があるのであれば、それだけを見つめること。つまり人と自分を比較しないことです。もし比べるのであれば、理想の姿と現在の自分とを比較すべきです。


以前の職場では7年間勤務すると係長に昇進するのが暗黙のルールでした。しかし、そのときふと考えたのです。周囲の人間に倣えば昇進の話を受けるべきだけど、そもそも私は生涯いまの仕事を続けたいのだろうか、いまの仕事は「やれる」仕事ではあるけれど、「やりたい」仕事ではないのではないか……と。それからはとくに、前しか見なくなったように思います。


17時まで仕事をした後、勤務地の近くの駅から電車に乗り、自宅よりも遠い大学まで7年間通いました。大学では教授の研究のアシスタントのほかに、宇宙の本を翻訳して大学の教科書につかってもらったり、新しく建設する天体観測所の候補地を探すお手伝いをしました。就職してからも、なんとかして天文学や宇宙との接点を持っていたかったんです。
【覚書き|昼間仕事をしながら、夜は大学で研究をする生活をしていたときを振り返っての発言】


吉田二美の経歴・略歴

吉田二美、よしだ・ふみ。日本の天文学者。福岡県出身。福岡教育大学教育学部特別教員養成課程卒業後、農林水産省門司農林水産消費技術センターに入省。働きながら大学で研究をつづけたのち、福岡教育大学大学院に入学し修士課程を修了。神戸大学大学院自然科学研究科で博士号取得。国立天文台天文情報公開センター新天体情報室リサーチアシスタント、国立天文台天文情報公開センター教務補佐員、台湾國立中央大学天文研究所博士後研究員、国立天文台ハワイ観測所研究員、東洋大学非常勤講師、国立天文台国際連携準備室専門研究職員・国際連携室専門研究職員などを務めた。

他の記事も読んでみる

大坪勇二

仕事とは関係なく、成果につながらないモノを持ち歩くのをやめました。そして、「結果につながるアイテムを増やしました。たとえばやる気を出すために、自作のポイントカードとシールがその一つ。営業のアポイントが取れたらシールを貼ります。モチベーションアップに結びつけたんです。ほかにも目的に応じたキラーアイテムを厳選して揃えました。


菊川剛

手帳に記す内容は多岐にわたっています。新聞、雑誌や本を読んでいて琴線に触れる言葉があれば、すぐ書き写します。手帳を持ち歩かないオフのときは、小さなメモパッドをポケットに入れたり、傍らに置いています。


石坂典子

人はブランドにはお金を払います。他の業者にはない独自性や業界で突出したものを持っていれば、それがブランドになって、その会社に仕事を依頼しようと思うはず。


樋口卓治

ネタ帳をうまく使うコツは、懸案事項をいつも頭のなかに「箇条書き」にすることです。たとえば、「からくりTV」で「そろそろ新コーナーが必要かな」とか、「笑っていいとも!」で「あのコーナーをもっと面白く改良するにはどうすればいいかな」とか。自分が視聴者として気になったことを、つねに頭のなかに並べておきます。すると、本を読んだり、友達とお酒を読んでいるときでも、気になることやヒントが、アンテナに引っかかってくるわけです。


丹羽宇一郎

世界情勢が目まぐるしく変わる中で、不合理・非常識なことに時間を費やしている余裕はない。


井上高志

起業したい人や管理職になる人は、決算書の読み方を学んでおいた方がいいと思います。管理職になると、自分の部署の予算管理をすることになりますから、嫌でも身につける必要があります。


片倉達夫

新会社設立の一番の目的は、社内外に分かりやすいシンプルな組織への改革です。我々のミッションは、官公庁や法人のお客様の課題、すなわち社会課題をソリューション提案により解決し、社会や経営に貢献していくこと。共通の目的や価値観を持った人材がここに集結し、お客様の窓口となることで、パナソニックグループの全プロダクツや技術資産を活用したサービスインテグレーションをワンストップでご提供いたします。


小路明善

直観の「観」には観察の「観」と感性の「感」の2つが含まれます。観察とは、例えばデータや得意先の動きから消費動向などを自分なりに読む力。一方、感性とはデータに表れない部分を判断する力です。予測できないことが起きても、スピーディーで最適な経営判断を可能にするのは直感力だと思っています。


植木宏

営業で大切なのは訪問です。新規開拓なら、パンフレットを持って顔を出し、次にはサンプルを持参する。それを繰り返し、熱心な担当者が来たと認識してもらうことが大事です。逆に、長い時間をかける必要はないといえます。訪問を繰り返しているうちに、時間を取ってもらえるようになると同時に、店の課題も見えてきます。たとえばビールサーバーのメンテナンスに課題がある場合、清掃を頻繁に行うだけでも売上増につながるという提案が可能になるわけです。


吉岡隆治

自分と生まれた土地に誇りを持ち、オープンマインドで接すれば、世界中OKです。人は相手がいい人だと思ったら、自分の大切な人を紹介してくれるもの。そこから輪が広がり、ビジネスは後から付いてくる。


山極清子

指示を出すのが下手な上司が多い。経営側の意図を誤って伝えたり、まったく伝えずに「これ頼むね」と単なる作業として指示したり。部下が腐心して立てた企画書も、経営陣から「意図がまったく違う!」と突き返されて、また白紙からやり直しとなるわけです。


安田正

自慢話や自分語りとアドバイスは紙一重。アドバイスの目的は、本来「相手のために」です。思わず自慢話や自分語りをしてしまったときには、一言「あなたのために言っているんだよ」と言葉を添えます。それだけで受け止め方は随分違ってくるはずです。