名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

吉田二美の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

吉田二美のプロフィール

吉田二美、よしだ・ふみ。日本の天文学者。福岡県出身。福岡教育大学教育学部特別教員養成課程卒業後、農林水産省門司農林水産消費技術センターに入省。働きながら大学で研究をつづけたのち、福岡教育大学大学院に入学し修士課程を修了。神戸大学大学院自然科学研究科で博士号取得。国立天文台天文情報公開センター新天体情報室リサーチアシスタント、国立天文台天文情報公開センター教務補佐員、台湾國立中央大学天文研究所博士後研究員、国立天文台ハワイ観測所研究員、東洋大学非常勤講師、国立天文台国際連携準備室専門研究職員・国際連携室専門研究職員などを務めた。

吉田二美の名言 一覧

私は天文学者としての場所を見つけられました。その理由は、周囲の雑音に耳をふさぎ、ときには無視しながら愚直に自分を信じて、前だけを見てきたことにあると思っています。


すこしでも自分のやりたいことや夢があるのであれば、それだけを見つめること。つまり人と自分を比較しないことです。もし比べるのであれば、理想の姿と現在の自分とを比較すべきです。


以前の職場では7年間勤務すると係長に昇進するのが暗黙のルールでした。しかし、そのときふと考えたのです。周囲の人間に倣えば昇進の話を受けるべきだけど、そもそも私は生涯いまの仕事を続けたいのだろうか、いまの仕事は「やれる」仕事ではあるけれど、「やりたい」仕事ではないのではないか……と。それからはとくに、前しか見なくなったように思います。


17時まで仕事をした後、勤務地の近くの駅から電車に乗り、自宅よりも遠い大学まで7年間通いました。大学では教授の研究のアシスタントのほかに、宇宙の本を翻訳して大学の教科書につかってもらったり、新しく建設する天体観測所の候補地を探すお手伝いをしました。就職してからも、なんとかして天文学や宇宙との接点を持っていたかったんです。
【覚書き|昼間仕事をしながら、夜は大学で研究をする生活をしていたときを振り返っての発言】


吉田二美の経歴・略歴

吉田二美、よしだ・ふみ。日本の天文学者。福岡県出身。福岡教育大学教育学部特別教員養成課程卒業後、農林水産省門司農林水産消費技術センターに入省。働きながら大学で研究をつづけたのち、福岡教育大学大学院に入学し修士課程を修了。神戸大学大学院自然科学研究科で博士号取得。国立天文台天文情報公開センター新天体情報室リサーチアシスタント、国立天文台天文情報公開センター教務補佐員、台湾國立中央大学天文研究所博士後研究員、国立天文台ハワイ観測所研究員、東洋大学非常勤講師、国立天文台国際連携準備室専門研究職員・国際連携室専門研究職員などを務めた。

他の記事も読んでみる

井村雅代

叱るときに心がけていることは「叱る絶対三点セット」を厳守することです。まず、相手の「悪いところをハッキリ指摘し」、次に「直す方法を指導する」。最後に「それでいいかどうか、直ったかどうか、OKかNGかをきちんと伝える」。叱るだけで直す方法を言わなかったら、選手は自信を無くすだけです。テレビは、私が叱っているところしか映さないですけど(笑)。


鈴木与平(8代目)

鈴与グループの一つひとつの事業会社を見ると、全国や世界に通用する特別なノウハウがあるわけでもありませんし、そう大したことはない。ただ、ローカルでは圧倒的に負けないという部分が今のうちの強みだと思うんです。


大原孝治

近年、時代の変化は早くなる一方。情報のスピードが早ければより一層、企業には変化対応力が求められる。


岸見一郎

仮に上司がマネジメント能力のない人であっても、それはあくまで上司の問題であって、部下の問題ではありません。上司の態度を言い訳に仕事上の努力を怠っていると、結局損をするのは自分です。


和地孝

いったん降格しても復活してくる社員が多いのはなぜか。本人に対し、なぜ降格したのか、どこが悪いのかを、上司からはっきり伝えるようにしたからです。きちんと伝えれば、本人が奮起する材料になります。


浜田宏

世界のビジネスエリートは、常に生きるか死ぬかの真剣勝負です。とくにトップになるにつれ、意思決定を誤れば翌週から席がないという、サバイバルの世界です。だからこそ強烈な責任感があるし、常に背水の陣という危機感もある。真剣度合いが違います。


酒巻久

キヤノングループの企業理念は「共生」です。すべての人類が末永く共に生き、共に働き、幸せに暮らしていける社会を目指すことです。私は経済学者ピーター・ドラッカーが唱えた人間尊重の経営に共感しています。理系出身の私は、同じく理系出身でシティ・バンクのジョン・リード元頭取が行った改革を参考にしました。「不良資産の縮小」「人員削減」「不採算部門の閉鎖」「子会社の整理」「採算割れ部門からの撤退」の5つです。ただし、人員削減は最後の最後。時間、スペース、不良(品)、人・物の移動距離、二酸化炭素の排出量などを半減させる改善活動「TSS1/2(タイム&スペース・セービング1/2)」を徹底的に推進したところ、4年後の2002年に目標を達成しました。

【覚え書き|キヤノン電子の経営再建時を振り返って】


瀧本哲史

自分の「仮説」が不確かなものでも、自分と似たリソースの人に相談すると、同じようなロジックから、同じような結論に至り、賛同ばかりを集めてしまう恐れがあります。年齢、性別、学歴、業種、趣味……。強度のある「仮説」とは、このようなリソースの異なる人々に意見を求めていくなかで、進化して最終的に導かれるものなのです。


弘兼憲史

組織のトップである以上、「部下のミスは、上司の責任」と考えるべきです。事態を収拾するよりも、自己保身のために言い訳を並べたり、他人事のように振る舞ったりするのは、決してかっこいいとは言えない。


澤田道隆

これまでの企業は、売り上げや利益を増やし、利益の一部を寄付するような形で、社会貢献をしてきました。しかし今、ESG(環境・社会・企業統治)を軽視することはリスクになっています。環境問題に対応しない、女性が活躍できない、従業員の健康が守れないなど、ESG対応の遅れは許されない。だから花王はESGにウエートを置いて取り組みます。


永守重信

利益を2倍にしようと思ったら、2倍の努力では足りない。2乗倍の4倍の努力が必要。利益を3倍にしようと思ったら、9倍頑張らないと。


林成之

相手の話の中から自分の仕事などに関係のある「キー」を意識的に探すように聞くと、そこで面白さが発見でき、脳が「面白い」というレッテルを貼ってくれます。