名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

吉田二美の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

吉田二美のプロフィール

吉田二美、よしだ・ふみ。日本の天文学者。福岡県出身。福岡教育大学教育学部特別教員養成課程卒業後、農林水産省門司農林水産消費技術センターに入省。働きながら大学で研究をつづけたのち、福岡教育大学大学院に入学し修士課程を修了。神戸大学大学院自然科学研究科で博士号取得。国立天文台天文情報公開センター新天体情報室リサーチアシスタント、国立天文台天文情報公開センター教務補佐員、台湾國立中央大学天文研究所博士後研究員、国立天文台ハワイ観測所研究員、東洋大学非常勤講師、国立天文台国際連携準備室専門研究職員・国際連携室専門研究職員などを務めた。

吉田二美の名言 一覧

私は天文学者としての場所を見つけられました。その理由は、周囲の雑音に耳をふさぎ、ときには無視しながら愚直に自分を信じて、前だけを見てきたことにあると思っています。


すこしでも自分のやりたいことや夢があるのであれば、それだけを見つめること。つまり人と自分を比較しないことです。もし比べるのであれば、理想の姿と現在の自分とを比較すべきです。


以前の職場では7年間勤務すると係長に昇進するのが暗黙のルールでした。しかし、そのときふと考えたのです。周囲の人間に倣えば昇進の話を受けるべきだけど、そもそも私は生涯いまの仕事を続けたいのだろうか、いまの仕事は「やれる」仕事ではあるけれど、「やりたい」仕事ではないのではないか……と。それからはとくに、前しか見なくなったように思います。


17時まで仕事をした後、勤務地の近くの駅から電車に乗り、自宅よりも遠い大学まで7年間通いました。大学では教授の研究のアシスタントのほかに、宇宙の本を翻訳して大学の教科書につかってもらったり、新しく建設する天体観測所の候補地を探すお手伝いをしました。就職してからも、なんとかして天文学や宇宙との接点を持っていたかったんです。
【覚書き|昼間仕事をしながら、夜は大学で研究をする生活をしていたときを振り返っての発言】


吉田二美の経歴・略歴

吉田二美、よしだ・ふみ。日本の天文学者。福岡県出身。福岡教育大学教育学部特別教員養成課程卒業後、農林水産省門司農林水産消費技術センターに入省。働きながら大学で研究をつづけたのち、福岡教育大学大学院に入学し修士課程を修了。神戸大学大学院自然科学研究科で博士号取得。国立天文台天文情報公開センター新天体情報室リサーチアシスタント、国立天文台天文情報公開センター教務補佐員、台湾國立中央大学天文研究所博士後研究員、国立天文台ハワイ観測所研究員、東洋大学非常勤講師、国立天文台国際連携準備室専門研究職員・国際連携室専門研究職員などを務めた。

他の記事も読んでみる

嶋基裕(経営者)

33歳のときに思い立って、人生の「55カ年計画」を立てたんです。そこから棚卸しして、会社をこんなふうに成長させたい、家族とこんなことがしたい、趣味を極めたい、旅したいなど、毎年の目標を書くことにしています。書くことで気合を入れるような意味合いもあるかもしれません。


北尾吉孝

成長企業を見極めるポイントは、パーキャピタルです。つまり従業員一人あたりの利益の絶対額です。重電やコンピュータの日立製作所や、富士通、NECなどの製造業はこの数値が下がっています。一方、誕生後あっという間に時価総額十傑入りしたグーグルは、その額が非常に高い。


齊藤寛(シャトレーゼ)

変化させてはいけない仕組みがある一方で、現状維持ではダメな部分もあります。消費者のニーズにいち早く応えるため、相談室に来た要望は全て私が目を通しています。これは必要だと思ったら、すぐに社内に号令を出します。意思決定は速いですよ。


吉村拓

創業以来突っ走ってきましたが、今年から経営スピードをさらに加速させます。今までの6年間は事業の基盤を堅実に固めてきて、新規事業を行うための機が熟してきたこともあり、今がまさに勝負どころです。


マーク・カガヤ

正しいのか分からないまま生きてきて、この先も生きていくけど、やってく中で積み重なるものはわずかにある。分からないままに進むことを受け入れただけなんだ。


矢野薫(NEC)

できる、できないではなく、変えていく必要がある。残念ながら、自分たちの手で実行していこうという意識がここ数年、薄れていたように感じます。しかし、今回の大震災で我々日本人は気付いたと思います。「やはり、何かあった時に自分がしっかりしていなければならない」という当たり前の事実に。


寺田千代乃

家具の運び方や扱い方など、現場レベルでどんどん工夫をして、それをマニュアル化していきました。もちろん試してみて、うまくいかなかったものは削除して、引越業務のノウハウをブラッシュアップしていったのです。


レイ・クロック

クオリティを保つため、すべての過程において作業は標準化されなくてはならず、クルー(スタッフ)は全員、同じ教育を受ける必要があった。


渡邉美樹

人生は仕事だけではありません。ある時期を過ぎたら人生の6つの柱(仕事、家庭、趣味、健康、財産、教養)のバランスをとることが大切です。


泉谷直木

信頼するに足りない上司の「発言」にはいくつかの類型がある。これらのような発言をする上司に「何でも話せ」と言われたら、慎重になったほうがいい。

  1. 「上からの指示だからやれ」というタイプ。こんな責任感が微塵も感じられない発言をするようでは、部下がやる気をだすことはありえない。
  2. 「競合他社がやっているから」というタイプ。思考放棄の最たるもので、経済か右肩上がりの時代ならともかく、その通りに進めても大抵のケースで失敗する。
  3. 「会社が危機だから、今やらないでどうする」と口癖のように言うタイプ。こういうタイプはやたら危機を振り回すだけで、本当の危機がおとずれても本人は危機意識を持たない場合が多い。
  4. 部下が何か書類を持ってきても「後で見ておくから」というノー・レスポンス・タイプ。部下としてはすぐに返事が欲しくて待っているのに何も応答しない。部下が最もストレスがたまるのは、このタイプだろう。

西室泰三

東芝という会社が、電球から原子力まで何でも作ることが安定と成長のもとになっていたという時代は過ぎたと考えています。我々は、何でも作るという発想から、得意なものを作る、上手にできるものを我々がやる。足りないところはよそから補うということを果敢にやらなければいけない。我々の力が足りないとか、よその力を合わせればもっと良くなるというのなら、そういう選択もある。アライアンス(共同事業)の話は当然出てきます。


村上龍

「どうすれば後悔しないで生きていけるか」を一度考えてみてはどうでしょうか。人生でもっとも恐ろしいのは失敗ではなく後悔です。失敗はリカバリーできることもありますが、「あのとき、こうしていれば」という後悔は、取り返しがつかず、一生背負うことになります。