名言DB

9419 人 / 110788 名言

吉澤準特の名言

twitter Facebook はてブ

吉澤準特のプロフィール

吉澤準特、よしざわ・じゅんとく。日本のコンサルタント。著書に『ビジネス思考法使いこなしブック』『外資系コンサルの仕事を片づける技術』『外資系コンサルが実践する資料作成の基本』ほか。

吉澤準特の名言 一覧

その作業が部下のキャリアアップにどのように寄与するのかを説明してあげてください。単純なデータ入力でも、中身を理解し、知識を蓄積しようという意識で入力していくと、その分野に関しては、その部下が一番詳しくなります。詳しい分野が増えれば増えるほど、周囲からの信頼も高まり、部下も仕事が楽しくなるはずです。


パンクしてしまうほど負荷が大きい場合、これは部下の仕事量を把握できていない上司にも責任があります。こういう場合は、担当部署全体のワークロードを可視化して、部下の仕事量を管理することが急務です。


上司への不満の原因は、なぜころころ意見が変わるのか、理解できない部分にあります。そこで仕事全体を俯瞰し、意見が変わった背景を理解することです。気まぐれでなく、妥当な理由で変わったと納得できれば、不満を持ちながら仕事しているよりも、はるかにストレスが軽くなるはずです。


仕事の優先順位を重要度で考える場合、自分の判断だけでなく上司の考えを仰ぐことが大切です。たとえば一年後に大きなイベントが決定しているなど、上層部しか知らない状況もあります。あなたにとって大した仕事ではないと思っても、実は重要なのかもしれません。


作業を外注する場合や相手の返答を待つケースなど、あなたが直接コントロールできない仕事は、たとえ期限が1カ月先であっても、すぐに着手するべきです。リードタイム(待ち時間)を加味せずに作業を進めた結果、期限に間に合わなかったケースは往々にしてあります。余裕を持って進めておけば、相手待ちで時間を無駄にすることもなくなります。


作業計画を立てるときは、省ける部分とそれに対するリスク対策も含め、最低でもこれだけはというミニマムの達成基準を設けておくことも大事です。さらに不測の事態に備えたプランも立てておけばいうことなしです。


ロジカルシンキングをいくらしても課題解決につながらず、煮詰まってしまうことがあります。そんなときは、目の前の課題からいったん視線を外して、他の領域に目を向けてください。すると、思わぬところから、課題解決のために転用できる知見を得ることができることがあります。


ビジネスマンが立ち向かわなければならない課題は、時に非常に大きく、そのままではどうすれば解決できるのかわかりません。そこで、要素分解をします。分解すると、そこで気づきが得られて、さらに細かく分解できます。


吉澤準特の経歴・略歴

吉澤準特、よしざわ・じゅんとく。日本のコンサルタント。著書に『ビジネス思考法使いこなしブック』『外資系コンサルの仕事を片づける技術』『外資系コンサルが実践する資料作成の基本』ほか。

他の記事も読んでみる

阿部譲

いくら教育しようとしても勉強する気のない人間はしないわけですからね。企業でも最近は社員教育に力を入れていますが、あれだって本人次第なんです。ああいった研修というのは副次的なもので本当の生きた勉強は仕事中ですよ。


林武志(経営者)

近年では環境産業が注目を集め、ライバル企業も増えています。当社は、大手家電メーカー等と比較できるほどの規模はありませんが、27年前から太陽熱温水器一本でやってきたという自負はあります。屋根の上の勝負では、絶対に引かないという気概だけは負けません。


森本雄司

ルミネ社長に就任して、最初の大きな挑戦は夏のセールを遅らせることでした。百貨店などは6月末や7月頭にセールを始めるのが一般的なのですが、当社はここ数年は、7月中旬に遅らせいました。今年度からさらに遅く、7月下旬のスタートにしたのです。いち早く売り上げを確保しようと、これまで各社が競うようにセールを前倒ししてきました。6月から夏物のセールをしたら、顧客は何が正規の価格か分からなくなり、各社とも疲弊してしまった。これでいいのかと、みんなが思っていたのにやめられずに来ました。


沢渡あまね

チームで共有する問題について一緒に考えることで、メンバー間に安心感と目的意識が生まれます。互いに思いを語ることでストレスが軽減されるうえ、話をする中で各人の適性や得意分野が明確になります。上司はそれらを俯瞰し、適材適所で仕事を配分しましょう。


原田泳幸

「マクドナルド、コーヒー無料キャンペーン」は2年越しで実現した私のアイデアです。去年は店の外でサンプリング・カップ(試飲品)を配っていましたが、あんな普通なことでは駄目です。店の中で無料で提供するから話題になるのだと社内の反対を押し切って、強引に実施したところ結果は大成功。キャンペーン期間中は客数だけでなく客単価も上がりました。これから戦力になるのは、こういうクレイジーな発想ができる人なのです。


小池百合子

勤務時間が短くなれば、仕事の優先度は変わります。そのとき「ワーク」だけでなく「ライフ」を見直すことにもなるはずです。働き方改革は自分改革です。個人個人が自分の時間の使い方、つまり自分の人生の優先順位を考え直すことで、日本の社会も変わっていくのです。


栗山年弘

技術屋のモチベーションは、未開拓、未踏の分野へのチャレンジにあると思います。


陰山英男

海外の人たちが歴史や文化の話題に詳しいのは地理的な背景が大きく関係しています。とくにヨーロッパのように隣国と地続きになっている地域の人たちは、他国に攻め入られ、支配されるリスクを常に背負ってきました。だから自分たちを守るための知恵として、自国はもちろん、他国の歴史や文化を理解する必要性があったのです。一方、日本は島国です。他国に支配される可能性も少なく、自国のなかの価値観だけで生きていくことが可能でした。グローバル化が進んだ現在になって、その差が現われてきたわけです。


ロバート・キヨサキ

結局、どんなビジネスであっても、成功するかどうかはセールスができるかどうかにかかっている。セールスのできない人ではビジネスは続かない。


横山光昭

30代は時間を味方にできるのが強みです。老後までの25年という時間を活用し、情報収集のみで終わらず運用することで、お金を増やしてほしい。ハイリスクな商品に手を出すことはお勧めしませんが、ミドルリスクくらいまでのものを狙えば、たとえ失敗してもやり直しがききます。