名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

吉澤準特の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

吉澤準特のプロフィール

吉澤準特、よしざわ・じゅんとく。日本のコンサルタント。著書に『ビジネス思考法使いこなしブック』『外資系コンサルの仕事を片づける技術』『外資系コンサルが実践する資料作成の基本』ほか。

吉澤準特の名言 一覧

その作業が部下のキャリアアップにどのように寄与するのかを説明してあげてください。単純なデータ入力でも、中身を理解し、知識を蓄積しようという意識で入力していくと、その分野に関しては、その部下が一番詳しくなります。詳しい分野が増えれば増えるほど、周囲からの信頼も高まり、部下も仕事が楽しくなるはずです。


パンクしてしまうほど負荷が大きい場合、これは部下の仕事量を把握できていない上司にも責任があります。こういう場合は、担当部署全体のワークロードを可視化して、部下の仕事量を管理することが急務です。


上司への不満の原因は、なぜころころ意見が変わるのか、理解できない部分にあります。そこで仕事全体を俯瞰し、意見が変わった背景を理解することです。気まぐれでなく、妥当な理由で変わったと納得できれば、不満を持ちながら仕事しているよりも、はるかにストレスが軽くなるはずです。


仕事の優先順位を重要度で考える場合、自分の判断だけでなく上司の考えを仰ぐことが大切です。たとえば一年後に大きなイベントが決定しているなど、上層部しか知らない状況もあります。あなたにとって大した仕事ではないと思っても、実は重要なのかもしれません。


作業を外注する場合や相手の返答を待つケースなど、あなたが直接コントロールできない仕事は、たとえ期限が1カ月先であっても、すぐに着手するべきです。リードタイム(待ち時間)を加味せずに作業を進めた結果、期限に間に合わなかったケースは往々にしてあります。余裕を持って進めておけば、相手待ちで時間を無駄にすることもなくなります。


作業計画を立てるときは、省ける部分とそれに対するリスク対策も含め、最低でもこれだけはというミニマムの達成基準を設けておくことも大事です。さらに不測の事態に備えたプランも立てておけばいうことなしです。


ロジカルシンキングをいくらしても課題解決につながらず、煮詰まってしまうことがあります。そんなときは、目の前の課題からいったん視線を外して、他の領域に目を向けてください。すると、思わぬところから、課題解決のために転用できる知見を得ることができることがあります。


ビジネスマンが立ち向かわなければならない課題は、時に非常に大きく、そのままではどうすれば解決できるのかわかりません。そこで、要素分解をします。分解すると、そこで気づきが得られて、さらに細かく分解できます。


吉澤準特の経歴・略歴

吉澤準特、よしざわ・じゅんとく。日本のコンサルタント。著書に『ビジネス思考法使いこなしブック』『外資系コンサルの仕事を片づける技術』『外資系コンサルが実践する資料作成の基本』ほか。

他の記事も読んでみる

浜田宏一

大勢の人を率いていこうとすると対立も起きますから、ただアグレッシブにリーダーシップを発揮すればいいわけではありません。そこで外交能力も鍛えられる。


橋下徹

専門家レベルではないにせよ勉強することは必要だし、いろいろな経験を積んでおかなければならない。これらの勉強や経験は適切な論点設定や追加の論点設定をするときにも必要なことだ。そして当該問題の領域とは全く異なる領域の事柄が、腑に落ちる手助けや論点設定の役に立ってくれることも多い。


守島基博

アメリカのマサチューセッツ工科大学スローンスクールの研究によると、現場リーダーの仕事のうち、最も頻繁にみられるのは、センスメーキング(意味づけ)だという。混沌とした状況や、雲の上の戦略に、部下が理解できるような意味を付与することと言いかえてもよい。この研究によれば、リーダーがそれをするだけでも部下のモチベーションは大きく違うという。戦略の現場に合わせた意味付けは、極めて重要なリーダーシップ行動なのだ。


林要(経営者)

マネジメントという仕事は、目標を実現するための役割の1つにすぎません。しかし、逆に考えれば目標実現のためには、マネジメントという手法を身につけることは、決してムダにはなりません。


吉田松陰

天下才なきにあらず、用うる人なきのみ、哀しいかな。


徳岡邦夫

僕が思う一流というのは、世の中にいい影響を与えられる存在のことだと思います。お金や地位などではなくて、その人やモノ、あるいは組織の存在がたくさんのいい流れを生み出すのが一流ということではないでしょうか。


田口佳史

私もこれまで顧客に「何を望んでいるか」と問い続けてきましたが、もはやその問いが意味を成す時代ではありません。顧客すら「見えていない」要求に応えていけるかどうかが重要。


一力健

大企業の組織の中にいては、必要性を痛感していても、集団主義で凝り固まっている経営の仕組みを変えるのは容易なことではありません。しかし、新しい会社ならしがらみがないので何にでも挑戦できます。


藤井清孝(経営者)

自分の論理にどこか穴がないか、チェックする姿勢も大事です。自分のロジックは正しいはずなのに、他人が動いてくれないというとき、「どうしてわかってくれないんだ」と相手を責めるのではなく、「自分が見落としている前提条件があるのではないか」と考えてみるのです。相手の立場になって、その人がどんなロジックで動いているのかを理解しようと努力すれば、また違うロジックが構築できるはずです。


宮内誠

父(オリックス会長・宮内義彦)が教えてくれたことはほんの5つくらいしかありません。父のすごいところは、同じことを何十年も言い続けていることです。しかもその言葉の背景も教えてくれる。


宇治原史規

勉強の意味をひとつひとつ考えずに取り組んだら、正しい努力はできません。勉強というと、がむしゃらにやる人がいますけど、そうやって、やったつもりになるのが一番危険です。もし、今何か勉強しているのなら、今の勉強法に意味があるのか、立ち止まって考えたほうがいいと思います。


橋谷能理子

その場にいなかった人にも伝わるように話すには、ボキャブラリー(語彙)の豊富さも必要。