吉澤準特の名言

吉澤準特のプロフィール

吉澤準特、よしざわ・じゅんとく。日本のコンサルタント。著書に『ビジネス思考法使いこなしブック』『外資系コンサルの仕事を片づける技術』『外資系コンサルが実践する資料作成の基本』ほか。

吉澤準特の名言 一覧

その作業が部下のキャリアアップにどのように寄与するのかを説明してあげてください。単純なデータ入力でも、中身を理解し、知識を蓄積しようという意識で入力していくと、その分野に関しては、その部下が一番詳しくなります。詳しい分野が増えれば増えるほど、周囲からの信頼も高まり、部下も仕事が楽しくなるはずです。


パンクしてしまうほど負荷が大きい場合、これは部下の仕事量を把握できていない上司にも責任があります。こういう場合は、担当部署全体のワークロードを可視化して、部下の仕事量を管理することが急務です。


上司への不満の原因は、なぜころころ意見が変わるのか、理解できない部分にあります。そこで仕事全体を俯瞰し、意見が変わった背景を理解することです。気まぐれでなく、妥当な理由で変わったと納得できれば、不満を持ちながら仕事しているよりも、はるかにストレスが軽くなるはずです。


仕事の優先順位を重要度で考える場合、自分の判断だけでなく上司の考えを仰ぐことが大切です。たとえば一年後に大きなイベントが決定しているなど、上層部しか知らない状況もあります。あなたにとって大した仕事ではないと思っても、実は重要なのかもしれません。


作業を外注する場合や相手の返答を待つケースなど、あなたが直接コントロールできない仕事は、たとえ期限が1カ月先であっても、すぐに着手するべきです。リードタイム(待ち時間)を加味せずに作業を進めた結果、期限に間に合わなかったケースは往々にしてあります。余裕を持って進めておけば、相手待ちで時間を無駄にすることもなくなります。


作業計画を立てるときは、省ける部分とそれに対するリスク対策も含め、最低でもこれだけはというミニマムの達成基準を設けておくことも大事です。さらに不測の事態に備えたプランも立てておけばいうことなしです。


ロジカルシンキングをいくらしても課題解決につながらず、煮詰まってしまうことがあります。そんなときは、目の前の課題からいったん視線を外して、他の領域に目を向けてください。すると、思わぬところから、課題解決のために転用できる知見を得ることができることがあります。


ビジネスマンが立ち向かわなければならない課題は、時に非常に大きく、そのままではどうすれば解決できるのかわかりません。そこで、要素分解をします。分解すると、そこで気づきが得られて、さらに細かく分解できます。


吉澤準特の経歴・略歴

吉澤準特、よしざわ・じゅんとく。日本のコンサルタント。著書に『ビジネス思考法使いこなしブック』『外資系コンサルの仕事を片づける技術』『外資系コンサルが実践する資料作成の基本』ほか。

他の記事も読んでみる

石田宏樹

イノベーションを起こすには、ただひたすら改善を繰り返すような態度とは決別し、この世界のあるべき姿を常に思い描き、場合によっては「クレイジー」な決断を行い、リソースを配分することが必要。


野坂英吾

創業8年目の2003年に最大の経営危機に陥りました。目標を達成するために、一気に6店舗をオープンさせました。それは果敢なチャレンジでしたが、会社に大きなダメージを与える結果となりました。新規オープンした6店舗が単月赤字を続けるだけでなく、既存店までが次々と赤字になってしまったのです。業績が不振になると会社の雰囲気も悪くなります。社員の不平不満も耳に入るようになりました。これまでの自分のやり方を否定されたようでショックを受けましたが、落ち込んでいても業績は回復しません。自らを奮い立たせ、売り上げが落ちた理由を分析することから始めました。


内田和成

私は1985年初頭にそれまで勤めていた日本航空を退社して、ボストンコンサルティンググループ(BCG)に入社しました。ひとつの会社の中でコツコツと力を蓄えながら出世していくような人生は面白くない、自分の力を限界まで出し切るような挑戦をしてみたいと考えての選択です。当時はそのような言葉はありませんでしたが、まさに「市場価値」だけで評価される世界を求めて飛び込んだわけです。


桜井博志

それまでの失敗や成功の経験から私は、「世の中は道理で動いている」と確信しました。結果が出ないということは、どこかがおかしいからです。「このやり方は正しいし、自分は間違っていない。けれど、結果が出ない」ということは、ほとんどありません。結果が出なかったらその原因を考え、適宜修正、改善していけばいい。


山田ズーニー

できるだけ言葉を削ることは、自分の根本にある考えに近づく方法でもある。短い言葉だと意味がはっきりしますから。


村田昭治

私が奨めているのは、尊敬している人との会話、研修会や勉強会に自ら進んで出て行って討論に参加し、雑談の輪に入っていくことだ。その「知」のミキサーのもつ力は大きい。


小林陽太郎

前年にできたばかりの富士ゼロックスに入社したとき、MBA教育などで抱いている「よい会社」のイメージからすると、それはほとんど対極にあるような状態で、率直に言えば「ひどいところに来てしまった」という印象はぬぐえなかった。ところが入社後すぐにイギリスに渡り、1年数カ月仕事をして帰国してみると、その間に皆が、まるで人が変わったように一所懸命に働いていた。短期間で大きく成長を遂げた人たちの姿を見て、私は自分の未熟さに「穴があったら入りたい」気持ちになった。大学を出てビジネススクールにも行って、実業の経験もそれなりにしたにもかかわらず、「人は変わりうる」ということが理解できていなかったのだ。


小林学(ism)

SEOだけではなく、会社経営においても一時的な利益追求などせず、長期に継続していくことを大切にしています。


マット・ウィリアムズ(バスケットボール)

子供たちと全力で向き合うためには、いつもエネルギーを満タンにしておかねばならない。だから私は、たばこも酒も一切やりません。元から好きじゃないんですけれどね(笑)。


矢野博丈

もう守っているだけでは駄目。何でもいいから新しいことをせんといかん。とにかく自ら変化せんと滅ぶしかない。


オグ・マンディーノ

敵に怒りの炎を燃やすのは、ネズミを一匹退治するために家を焼くようなものです。誰もあなたが幸福になったり、全力を尽くしたりするのを邪魔することはできません。あなたが邪魔していいと許可を与えない限り。


元木昌彦

リーダーとしての私のモットーは、「人に期待をしない」ということです。「一致団結」「皆で力を合わせて」というスローガンは、響きとしては美しいけれど、現実的ではありません。「20%、80%の法則」ではないけれど、職場で目覚ましい働きをするのはせいぜい2割から3割です。それ以外の大多数に期待をかけるのは、所詮無駄というもの……、と言うとまた顰蹙を買うかもしれませんが部下が幼稚園レベルと思っていれば怒りも湧いてきません。むしろ温かい目で見守れるし、そのなかで、個々人の個性にあった仕事が出てくれば万々歳なわけです。


髙﨑秀雄(高﨑秀雄)

安い取引でも固定費を回収できればいいという考えもあるかもしれませんが、私はそれを許しません。ぎりぎりのところまでは構わないが、収益率を傷めてまで安値受注をどんどん受け入れるのはあり得ない。


唐池恒二

「ななつ星」では、博多を出発後にランチのにぎり寿司が出ますが、福岡で一番おいしいお寿司屋さんが毎回列車に乗り込み、握りたてをお客さまの目の前に出してくれるのです。これは手間以外の何ものでもありません。でも、それがお客さまを感動させるのです。


糸井重里

これまで以上に、仕事のことは考えています。ドラッカーで言えば、「顧客の創造」についてですよね。私たちは、何によって社会に憶えられるか、です。「あんたらがいて、よかったわ」と言われるチームに、ますますなっていきたいものです。僕ら「たいしたことないもの」なりに、働く気は、いままで以上に湧いていますからね。


ページの先頭へ