名言DB

9490 人 / 112001 名言

吉澤欣一の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

吉澤欣一のプロフィール

吉澤欣一、よしざわ・きんいち。日本の経営者。大同生命保険社長。

吉澤欣一の名言 一覧

若い社員に熱狂的な雰囲気が欠けている。上と下と両方がから互いに突き合い、攻め合う活力が欲しい。


吉澤欣一の経歴・略歴

吉澤欣一、よしざわ・きんいち。日本の経営者。大同生命保険社長。

他の記事も読んでみる

嶋田毅

悪気はなく一般論と個別論を混同する場合もありますが、相手をけむに巻くために意図的に一般論と個別論を混同した話をして結論を出さない人もいますので、気をつけてください。


把瑠都(カイド・ホーヴェルソン)

エストニアは人口約130万人の小さな国なので、海外でも活躍している有名人は本当に少ないんです。実際、英語圏で「エストニア人で誰か知っていますか?」と聞いても滅多に名前は出てきません。でも、アジアなら「把瑠都」と言ってくれる人がたくさんいます。この相撲で培った知名度を生かして、より多くの人にエストニアのことを知ってもらいたい。それは私のこれからのライフワークのひとつですね。


中西哲生

コメント力を磨く3つの方法

  1. 真逆の視点から考えてみる。
  2. 多方面において得意分野を持つ。
  3. 考える癖をつける。

わたなべぽん

家柄や学歴、親のしつけ、過去の恋愛を引きずって「自分はこういう風に生きていくしかない」と思っていても、人生は長いので意外と変われるもの。何かをやめることで新しいことがスタートするように、悲しいことがあったからこそ楽しいことが待っているのかもしれません。それを常に忘れずにいると、幸せに生きていけるんじゃないかなと思います。


西多昌規

やらなくちゃいけないと思っていてもなかなか手をつけられない仕事は、漠然とした見通しではなく、仕事量と期限とをきちんと整理することです。それは仕事の確実性をアップさせるだけでなく、結果的に心の負担を軽くする効果もあるのです。


庄田隆

会社が目指すのは「グローバル創薬型企業」ですが、こうした定性的な言い方だけでは実感がわきにくいものです。でも定量的な数字目標を示せば、社員は会社とベクトルを共有できます。私はこの中期経営計画を従業員向けの数字という意味もあると思っています。


元谷外志雄

2006年に当社も耐震強度不足問題に巻き込まれました。そこでいったん問題とされた構造設計士が関わった全ホテルの営業をストップし、確認が取れたところから順次営業を再開。これによってアパホテルに対するお客様の信用は一気に高まり、営業成績が伸びました。


町田勝彦

優秀な君たちには、いまは同じレベルにあるが、5年目ぐらいから差がつきはじめて、10年後には決定的な差が出ます。この差はなんでしょうか?先頭に立つ人間というのは、必ず他人よりもほんのわずかずつでも継続して頑張ったからなのです。
【覚書き:シャープの入社式で新人を前にしてのスピーチ】


中田亨

有効なダブルチェックは、一人が責任を持ってチェックし、その人の行動をチェックするためにもう一人が「突っ込み役」になること。「なぜこの数字なんですか?」「これで正しいのですか?」といった突っ込みに対して、もう一方はその理由を説明しなければなりません。その過程で曖昧さや思い込みが排除され、ミスが発見されやすくなるというわけです。


松田秀和(経営者)

多言語通訳を謳っている会社は、社内に東南アジア語のスキルチェック体制ができていないため、専門知識をもった通訳翻訳者を揃えることができない。そのため、市場の大きな英語や中国語の人材を確保しようとするが、当社はあくまでも後発のベンチャー。他社が手を出さない東南アジア言語に特化したから、ここまで来ることができた。


佐々木正悟

先送りの原因として、「恐怖心」がある場合があります。たとえば、クレーム対応や電話でのアポイントが苦手で、つい先送りしたくなる人は多いと思います。相手が拒絶したときのことをイメージしてしまい、憂鬱になるわけです。プレゼンでいえば、「大勢の人の前で話すのがイヤだから、逃げ出したくなる」という人もいるでしょう。こんなとき恐怖心を完全に取り除くのは難しいですが、そのレベルを下げることなら可能です。「相手がこういってきたらどうしよう」と想像するとき、人は最悪のケースを思い浮かべているものですが、そんな事態になるのは稀であるはずです。ほとんどの場合は、本来なら怖がる必要はないのです。ですから恐怖心が湧いてきたら、「この恐怖心は現実的なものだろうか」と自分に問いかけてみるのが有効です。


久代敏男

毎年、毎年、適性要員化というのばかりやってきました。希望退職の募集や指名解雇などはまったくせず、取引先や関係団体に受け皿をつくって、出向なり転籍という形で、人を減らしてきました。人事とは、人間が相手だから、義理人情の世界です。人間って論理で負けたら、怨念しか残さないんです。でも、全人格的に負けたら、子分になってしまいます。
【覚書き|人事部長時代を振り返っての発言。水産部門のリストラでは従業員を路頭に迷わせないよう活動したことを語った言葉】