吉澤欣一の名言

吉澤欣一のプロフィール

吉澤欣一、よしざわ・きんいち。日本の経営者。大同生命保険社長。

吉澤欣一の名言 一覧

若い社員に熱狂的な雰囲気が欠けている。上と下と両方がから互いに突き合い、攻め合う活力が欲しい。


吉澤欣一の経歴・略歴

吉澤欣一、よしざわ・きんいち。日本の経営者。大同生命保険社長。

他の記事も読んでみる

江口祥一郎

上手くいかなかった場合には躊躇なく撤退します。撤退できるからこそ挑戦もできる。


石原慎太郎

人間は、とくに男は、ある時、自らの弱さをかまえて、死ぬほどつらい、いやむしろ死んだ方がましだと思うほどの辛さを味わうことが必ずある。人は同情をかざしていろいろ言ってくれても、最後は自分ひとりぎりぎりの選択をしなくてはならぬ人生の時があるものだ。それに勝っても負けても、それをくぐらなくては一人前の競争者、一人前の勝負師、一人前の男にはなり得ない。


藤田紘一郎

現代人は我慢をしすぎなのではないでしょうか。ストレスは腸内環境の悪化の非常に大きな要因。それを避けるためには何より「我慢しない」こと。これがこのストレスの多い社会で元気に生きる秘訣。


中鉢良治

40代というのは、それまでの自分が手掛けてきたフィールドではベテランですが、マネジメントという分野では超新人です。それは新しい体験だから、面白おかしくて、のめり込めます。一方で、一段、一段責任が重くなっていき、一種の倦怠感みたいなものが生まれます。その倦怠感とチャレンジ精神のバランスをうまくとることが肝要です。


酒井誠(経営者)

お客様から様々な要望を受けて実現させています。例えば、自動車メーカーが世界で生産拠点を展開する際、まず品質面で安心な日系の部品メーカーから調達したいというニーズがあります。これには日系企業だけを検索する機能を加えて、さらに検索結果をグーグルマップ上に表すことができますので物流ルートの検討といったニーズにも対応できます。


上原昭二

一つの物事を成し遂げるには、全力を注げということです。四方八方に目配り気配りをし、常になぜそうなるのかを考える。経営者としての原点は、そこにあると思う。私は部下からの報告を聞くとき、なぜそうなるのかと問い返すことが多い。意識しているわけではないのですが、あらゆるケースを想定して、それに答えられるだけの報告でない場合は、なぜという問いかけをしているようです。


イチロー(鈴木一朗)

最大の武器?それは、何かにトライしていこうとしている自分がいるということです。自分では、向こうでいまある状態を出してみたい、という感覚なんです。いまの僕の現状ではもっと上は見えてこないですから。


林野宏

消費者は見ていますよ。どこが真剣に消費者のことを考えていて、どこが真似しているだけなのかを。


大貫卓也

『TSUBAKI』の広告については、新しい自分流の広告ではなく、資生堂のやり方で突破すべきだと思っていました。それも、自分が若いころから憧れていたような、圧倒的なスケール感があって、世の中を揺さぶるような「資生堂の広告」をつくりたかった。かつての資生堂がやっていたキャンペーン広告のようなイメージです。資生堂の手法で成功することが重要だったんです。


西山昭彦

自己投資をケチって貯金ばかりしていると、将来の不安を払拭するどころか、仕事のスキルがあがらず、リストラされる危険すらあります。


カルロス・ゴーン

私には溶け込もうという強い意志がありました。それまで、さまざまな国で生活し、まったく異なる文化を経験していましたが、どこにいた時にも、常にその国に同化したいと思っていました。どこに行っても、私は単なる旅行者でいようとは思いませんでした。入植者でもなければ、移民でもない。その国の人になろうとしたのです。


伊勢彦信

成功の秘訣は「投資を恐れず、革新を恐れず」ということ。


土屋雅稔

会話に文法は必要ないと思う人もいるかもしれませんが、話すときは、頭の中で英作文をしているため、文法を思い起こす必要があります。それに、単語だけをつなげたサバイバル的な話し方よりも、文法を使いこなせるほうが、好印象なはずです。一見、回り道と思われる文法の学習も、聴くため・話すための基礎を強化しているのです。


村上憲郎

日本の消費者は品質に対する要求がことのほか細かい。そして最近は、少しのミスも許さないという風潮があります。これは企業だけの話ではありません。政治家に対してもそうです。ちょっとしたミス、ちょっとした失言がすぐに命取りになる。メディアにも責任があります。これでは日本全体が臆病になるのは当然です。


二宮雅也

これまでアンケートなどを通じてお客さまのニーズを把握するよう努めてきましたが、やはりお客さまに一番近いところでしか本当のニーズはつかめない。


ページの先頭へ