名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

吉沢康弘(吉澤康弘)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

吉沢康弘(吉澤康弘)のプロフィール

吉沢康弘、よしざわ・やすひろ。日本の経営者。東京大学大学院工学系研究科修了後、P&Gファー・イースト・インク、ヒューマンバリュー、ライフネット生命保険などを経てベンチャー支援企業インクルージョン・ジャパンを設立。

吉沢康弘(吉澤康弘)の名言 一覧

子供と私たち親世代とではネットの使い方が全然違う。親の感覚を押し付けるより好きにさせたほうが、子供のクリエーティブな部分を刺激する。


高年収層は、誰も知らない情報を発信することが自分の価値を高めると知っている。それには自分で考えたコンテンツをSNSで発表するのが手っ取り早い。


一度ゴールを設定したら、進行が遅れてもゴールは変えない。長めに取っておいた各作業の日数を、遅れている作業に割り振るなどして調整します。


実際に作業を進めていくと、多くの場合、スケジュールにズレが生じてきます。ゴールまでの日数や各工程にかける時間は、長めに設定しましょう。


全員で作業を洗い出し、日数を検討すると、「ここはもう少し時間が欲しい」「そこはもっと早くできないか」といった調整が公平にできる。誰かが一方的に進行を決めるのではなく、全員が合意して決めるので、「自分で決めた締め切りは守ろう」という意識が高くなる。


ガントチャートを作る際に大切なのは、メンバー全員でゴールのイメージを共有することです。つまり、いつまでにどうなっていればその業務が「完成」するのかを全員で決める。どんな完成形を目指すのか。それをベースに、必要な日数や作業工程を考えていきます。


高年収層は、学ぶべきものがそこにあるならコストはいとわないですね。特にネットだと移動時間や空いた時間に勉強することができますし、仲間内でも「あのアプリ、使えるよ」と情報をシェアしますから。そして、そのときの反応としては、「よし、今入れてみよう」という場合がほとんどです。


できる、ビジネスマンは使える飲食店を押さえているものですが、高年収層は様々なバイアスがかかっている既存のクチコミサイトを信用しなくなってきています。それよりも、信頼のおける知り合いのクチコミのほうが確実です。


高年収層は、新しいサービスをいち早く試し、自分のライフスタイルに合った方法で使いこなしています。変化が速い現代において、人と同じことをやっていては差別化できないということを誰よりもわかっている。


情報発信のコツは、ニュース記事などに対して、自分なりの見解や解釈、独自情報など8~12行くらいの簡潔なコメントを付けて投稿すること。なんにでも自分の意見、考えをもつという癖をつけると、仕事上でも様々な場面で活きてきます。


高年収層は、自覚して時間を区切り、メリハリをつけています。また、ネットはテレビなどと比べても中毒性が高く、無自覚でいると時間を奪われてしまうという恐ろしい特徴を、理解して使う必要があります。


リアルで知っている人としか友達にならないという傾向が感じられますがそれではネットワークが広がらない。たとえば高年収層同士の飲み会では、お互いに相手が初対面となる人を連れていき、ネットワークを広げます。新しいつながりをつくれば、知的好奇心が刺激され、ビジネスのヒントも見つけやすくなる。そうした貪欲さがフェイスブックの友達数に表れているように思います。


フェイスブックで友達になると出てくる共通の友達リストを見れば、お互いの仕事領域や人脈がわかります。私の感覚だと大体40~50人くらいは共通の友達が出てくるのですが、それを大きく下回る人は、かなりビジネス領域が違う人か、なんらかの理由があってSNSでつながりをつくることを拒否している人なんだろうと判断します。また、本当に信用した人しか友達登録しないという人もいるので、そういう人が共通の友達に入っていると信用できるなと思ったりします。


メールの返信が翌日だと、正直、めちゃくちゃ遅いという感覚です。だったらもう違う人にお願いする、となり、ビジネスチャンスを失うことにもなりかねません。結論が決まらない中途半端な案件があると、そこに意識が残り、ほかの仕事に対する集中力や効率に悪影響を及ぼします。それを避けるため、仕事ができる人は、自分のところにきた球は、とにかくすぐ返すという意識が強いのです。


吉沢康弘(吉澤康弘)の経歴・略歴

吉沢康弘、よしざわ・やすひろ。日本の経営者。東京大学大学院工学系研究科修了後、P&Gファー・イースト・インク、ヒューマンバリュー、ライフネット生命保険などを経てベンチャー支援企業インクルージョン・ジャパンを設立。

他の記事も読んでみる

須藤和臣

市民に健康への関心を高めてもらうには、体験や参加感が大切。単に情報に触れただけでは、人はなかなか変わらない。具体的なアクションが伴うことで課題を「わが事化」でき、改善にも前向きになれるのです。事後のアンケートで「もっと自分たちが参加できる取り組みを増やしてほしい」という市民の声に触れ、そのことを再認識しました。


西山昭彦

社外人脈を広げるうえでは、同業種・異業種交流会や社外勉強会などに参加するのが、手っ取り早いでしょう。私も数多く出席しましたが、その経験から出た結論は、「参加費が1万円を超える会はあまり役に立たない」ということです。まず参加費が安く、話が合いやすい、同業界の集まりから始めるのがいいと思います。


及川智正

最も大きいのはクチコミです。今はかなり大きな規模になりましたので、既に当社の仕組みを採用しているスーパーの売り場を見た他のスーパーから「うちでも採用したい」というお話を頂いたり、登録録している生産者から聞いて「俺も出荷してみたい」と新規に登録されたりですね。


野口美佳

時代を予測する感性を身につけるには、体感するのが一番です。業界や商材、ビジネスに関する感覚を現場で貪欲に吸収することが不可欠です。それと、私が実践しているのは、「なぜそれが欲しいのか」「なぜそう思うのか」を常に考えることです。そこに、ビジネスチャンスがあるのだろうか、と。


ドナルド・トランプ

混乱から変革が生まれる。必要に迫られてこそ創造性を発揮する余地ができる。


有田秀穂

ストレスの最高の解消法は「週末号泣」です。週末に感動する映画などを見て号泣し、たまった1週間のストレスを流す。泣くことの解消効果は、笑うよりも高い。泣くと、すべてを洗い流してスッキリできます。


上西京一郎

キャスト(従業員)の誰もが満点のサービスができているわけではありません。その質を高めるため、社員が覆面調査員になってパーク内を見回ります。いいサービスが目に入れば吸収し、改善すべきことはキャストたちに伝え、自らも戒めとするのです。


ビル・ゲイツ

都市から離れた地域にもネットへの快適な接続環境を提供する衛星通信会社に、私は個人的に出資している。都市部ならケーブルを通すのが一番経済的だが、人口密度の低い田舎ではケーブルは経済的ではない。低軌道衛星を使えば、地球のどこからでもケーブルと同じような高速の接続が可能になる。マイクロソフトの事業はそうしたものを提供することではないし、ケーブル網や通信企業を買収する気もない。それは、我々の専門ではないからだ。だが、それを推進するための支援は惜しまないつもりだ。


ドン・タプスコット

企業経営者はこれまで常識と思われていた既成概念の多くが根本的に変わりつつあるか、すでに変わってしまったことを、しっかり頭に叩きこんだ方がいい。


大谷竹次郎

私は興行で得た利益を自分のために利用しようとは露ほども思ったことはない。儲けた金にさらに足し前をして、いままで以上の立派な芝居を見せたいのが趣旨であった。


池田欣生

1日1万歩ずつ歩いている人と、全然歩かない人を比べて、どちらが若々しいかといったら、明らかに前者なわけで、やはり適度な運動を生活習慣にとりいれることも必要。


佐藤航陽

会社組織は利害を共にする共同体でありながらも足の引っ張り合いなどの競争が起こる。ただ社員間で同じ思想や価値観を共有できていれば、着地点を見つけやすい。逆に、共通認識のない組織は短命だと言えます。