名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

吉沢康弘(吉澤康弘)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

吉沢康弘(吉澤康弘)のプロフィール

吉沢康弘、よしざわ・やすひろ。日本の経営者。東京大学大学院工学系研究科修了後、P&Gファー・イースト・インク、ヒューマンバリュー、ライフネット生命保険などを経てベンチャー支援企業インクルージョン・ジャパンを設立。

吉沢康弘(吉澤康弘)の名言 一覧

子供と私たち親世代とではネットの使い方が全然違う。親の感覚を押し付けるより好きにさせたほうが、子供のクリエーティブな部分を刺激する。


高年収層は、誰も知らない情報を発信することが自分の価値を高めると知っている。それには自分で考えたコンテンツをSNSで発表するのが手っ取り早い。


一度ゴールを設定したら、進行が遅れてもゴールは変えない。長めに取っておいた各作業の日数を、遅れている作業に割り振るなどして調整します。


実際に作業を進めていくと、多くの場合、スケジュールにズレが生じてきます。ゴールまでの日数や各工程にかける時間は、長めに設定しましょう。


全員で作業を洗い出し、日数を検討すると、「ここはもう少し時間が欲しい」「そこはもっと早くできないか」といった調整が公平にできる。誰かが一方的に進行を決めるのではなく、全員が合意して決めるので、「自分で決めた締め切りは守ろう」という意識が高くなる。


ガントチャートを作る際に大切なのは、メンバー全員でゴールのイメージを共有することです。つまり、いつまでにどうなっていればその業務が「完成」するのかを全員で決める。どんな完成形を目指すのか。それをベースに、必要な日数や作業工程を考えていきます。


高年収層は、学ぶべきものがそこにあるならコストはいとわないですね。特にネットだと移動時間や空いた時間に勉強することができますし、仲間内でも「あのアプリ、使えるよ」と情報をシェアしますから。そして、そのときの反応としては、「よし、今入れてみよう」という場合がほとんどです。


できる、ビジネスマンは使える飲食店を押さえているものですが、高年収層は様々なバイアスがかかっている既存のクチコミサイトを信用しなくなってきています。それよりも、信頼のおける知り合いのクチコミのほうが確実です。


高年収層は、新しいサービスをいち早く試し、自分のライフスタイルに合った方法で使いこなしています。変化が速い現代において、人と同じことをやっていては差別化できないということを誰よりもわかっている。


情報発信のコツは、ニュース記事などに対して、自分なりの見解や解釈、独自情報など8~12行くらいの簡潔なコメントを付けて投稿すること。なんにでも自分の意見、考えをもつという癖をつけると、仕事上でも様々な場面で活きてきます。


高年収層は、自覚して時間を区切り、メリハリをつけています。また、ネットはテレビなどと比べても中毒性が高く、無自覚でいると時間を奪われてしまうという恐ろしい特徴を、理解して使う必要があります。


リアルで知っている人としか友達にならないという傾向が感じられますがそれではネットワークが広がらない。たとえば高年収層同士の飲み会では、お互いに相手が初対面となる人を連れていき、ネットワークを広げます。新しいつながりをつくれば、知的好奇心が刺激され、ビジネスのヒントも見つけやすくなる。そうした貪欲さがフェイスブックの友達数に表れているように思います。


フェイスブックで友達になると出てくる共通の友達リストを見れば、お互いの仕事領域や人脈がわかります。私の感覚だと大体40~50人くらいは共通の友達が出てくるのですが、それを大きく下回る人は、かなりビジネス領域が違う人か、なんらかの理由があってSNSでつながりをつくることを拒否している人なんだろうと判断します。また、本当に信用した人しか友達登録しないという人もいるので、そういう人が共通の友達に入っていると信用できるなと思ったりします。


メールの返信が翌日だと、正直、めちゃくちゃ遅いという感覚です。だったらもう違う人にお願いする、となり、ビジネスチャンスを失うことにもなりかねません。結論が決まらない中途半端な案件があると、そこに意識が残り、ほかの仕事に対する集中力や効率に悪影響を及ぼします。それを避けるため、仕事ができる人は、自分のところにきた球は、とにかくすぐ返すという意識が強いのです。


吉沢康弘(吉澤康弘)の経歴・略歴

吉沢康弘、よしざわ・やすひろ。日本の経営者。東京大学大学院工学系研究科修了後、P&Gファー・イースト・インク、ヒューマンバリュー、ライフネット生命保険などを経てベンチャー支援企業インクルージョン・ジャパンを設立。

他の記事も読んでみる

二宮尊徳(二宮金次郎)

わざわいは過去の因縁によって来る場合もある。名僧が強盗にあったときの歌に「前の世の借りを返すか、いま貸すか、いずれ報いはありとしぞ知れ」と詠んだとおりだろう。決して迷ってはならない。


伊藤洋之輔

中抜きを排除したことで、業者から中傷を受けることもありますが、全く気にしていません。顧客にとって良い事業を行っていれば必ず報われる。そう信じています。


外村仁

経営的な視点で見ると、結果的に効率的なんです。例えば、無料の社員食堂。社員全員の食費を負担していますから、一見コストがかかりそうに見えます。しかし、米国は日本のようにオフィスビルを出るとすぐに食事ができる場所がありませんから、駐車場まで歩いてクルマに乗ってとやっていると、すぐに1時間以上取られてしまうわけですね。だったら、食事を無料にしてでも会社の中で済ませてもらい、時間を効率的に使ってもらった方が、会社から見ればはるかに生産性を高められます。社食を無料にすれば、お金を管理する決済事務も不要ですし、レジ打ちの人を雇う人件費も不要です。出張理容店や歯医者、クリーニングやオイル交換も基本は同じ理由です。


弘兼憲史

情報がものすごいスピードで流れ、溢れている時代です。同時に情報は、日々更新されていくものでもあります。極端な話、今日得た情報は、明日には価値のない情報かもしれない。だから僕は、仕事のために利用した情報は、どんどん頭から捨てていくように意識しています。必要な情報は必要な時にあれば十分。


佐藤秀峰

漫画家になるために最も必要なことは、「漫画を描き続けられる才能」だと思います。実際、僕の周りでも、描き続けている人はみんな漫画家になっている。逆に、なれない人というのは、どこかで描くのをやめちゃうんですよ。


石田礼助(石田禮助)

一国の生活水準の高低は、運送力いかんにかかっている。


新浪剛史

私はよく「経営はサイエンスだが、アートでもある」と言っています。ロジカルな思考は当然重要なのですが、最終的な判断を決めるのは知見に基づく直感なのです。


安井義博

最後発で苦戦続きの事業を離陸させるには、当事者たちが相当な熱意を持って取り組むことが欠かせません。


成毛眞

フェイスブックに関していうと、友達の数が多ければ多いほどいいと考え、なかには5000人を超える人と友達になっていることを自慢げに話す人もいる。しかし、データが重くなるだけで、メリットよりもデメリットのほうが大きくなるだけではないか。最も大切なのは、どれだけ価値ある情報のやり取りができる友達がいるかである。


滝野一征

起業してからのここ数年間は、働いていたときには会うことが出来なかった偉大な経営者らと会う機会を得るようになりました。小さな会社でもトップに立つと景色が変わる。彼らのアドバイスから学ぶことは非常に多い。


渋沢健(渋澤健)

論語に「これを知る者は、これを好む者にしかず、これを好む者は、これを楽しむ者にしかず」とあります。ものごとを知ることは大事ですが、知るよりも好きであること、好きであることよりも楽しむことがもっと重要だと説いています。「知る」や「好む」は孤独な作業ですが、「楽しむ」ことの延長には社会との接点があります。楽しそうにしていると「何やってるの?」と人が集まってくるんです。


内藤忍

情報はランダムに集めたところで、何かの形になるわけではないのです。情報収集そのものは重要ですが、仕事の中でアウトプットを意識しながら集めていく方が、はるかに効率がいいでしょう。