吉沢康弘(吉澤康弘)の名言

吉沢康弘(吉澤康弘)のプロフィール

吉沢康弘、よしざわ・やすひろ。日本の経営者。東京大学大学院工学系研究科修了後、P&Gファー・イースト・インク、ヒューマンバリュー、ライフネット生命保険などを経てベンチャー支援企業インクルージョン・ジャパンを設立。

吉沢康弘(吉澤康弘)の名言 一覧

子供と私たち親世代とではネットの使い方が全然違う。親の感覚を押し付けるより好きにさせたほうが、子供のクリエーティブな部分を刺激する。


高年収層は、誰も知らない情報を発信することが自分の価値を高めると知っている。それには自分で考えたコンテンツをSNSで発表するのが手っ取り早い。


一度ゴールを設定したら、進行が遅れてもゴールは変えない。長めに取っておいた各作業の日数を、遅れている作業に割り振るなどして調整します。


実際に作業を進めていくと、多くの場合、スケジュールにズレが生じてきます。ゴールまでの日数や各工程にかける時間は、長めに設定しましょう。


全員で作業を洗い出し、日数を検討すると、「ここはもう少し時間が欲しい」「そこはもっと早くできないか」といった調整が公平にできる。誰かが一方的に進行を決めるのではなく、全員が合意して決めるので、「自分で決めた締め切りは守ろう」という意識が高くなる。


ガントチャートを作る際に大切なのは、メンバー全員でゴールのイメージを共有することです。つまり、いつまでにどうなっていればその業務が「完成」するのかを全員で決める。どんな完成形を目指すのか。それをベースに、必要な日数や作業工程を考えていきます。


高年収層は、学ぶべきものがそこにあるならコストはいとわないですね。特にネットだと移動時間や空いた時間に勉強することができますし、仲間内でも「あのアプリ、使えるよ」と情報をシェアしますから。そして、そのときの反応としては、「よし、今入れてみよう」という場合がほとんどです。


できる、ビジネスマンは使える飲食店を押さえているものですが、高年収層は様々なバイアスがかかっている既存のクチコミサイトを信用しなくなってきています。それよりも、信頼のおける知り合いのクチコミのほうが確実です。


高年収層は、新しいサービスをいち早く試し、自分のライフスタイルに合った方法で使いこなしています。変化が速い現代において、人と同じことをやっていては差別化できないということを誰よりもわかっている。


情報発信のコツは、ニュース記事などに対して、自分なりの見解や解釈、独自情報など8~12行くらいの簡潔なコメントを付けて投稿すること。なんにでも自分の意見、考えをもつという癖をつけると、仕事上でも様々な場面で活きてきます。


高年収層は、自覚して時間を区切り、メリハリをつけています。また、ネットはテレビなどと比べても中毒性が高く、無自覚でいると時間を奪われてしまうという恐ろしい特徴を、理解して使う必要があります。


リアルで知っている人としか友達にならないという傾向が感じられますがそれではネットワークが広がらない。たとえば高年収層同士の飲み会では、お互いに相手が初対面となる人を連れていき、ネットワークを広げます。新しいつながりをつくれば、知的好奇心が刺激され、ビジネスのヒントも見つけやすくなる。そうした貪欲さがフェイスブックの友達数に表れているように思います。


フェイスブックで友達になると出てくる共通の友達リストを見れば、お互いの仕事領域や人脈がわかります。私の感覚だと大体40~50人くらいは共通の友達が出てくるのですが、それを大きく下回る人は、かなりビジネス領域が違う人か、なんらかの理由があってSNSでつながりをつくることを拒否している人なんだろうと判断します。また、本当に信用した人しか友達登録しないという人もいるので、そういう人が共通の友達に入っていると信用できるなと思ったりします。


メールの返信が翌日だと、正直、めちゃくちゃ遅いという感覚です。だったらもう違う人にお願いする、となり、ビジネスチャンスを失うことにもなりかねません。結論が決まらない中途半端な案件があると、そこに意識が残り、ほかの仕事に対する集中力や効率に悪影響を及ぼします。それを避けるため、仕事ができる人は、自分のところにきた球は、とにかくすぐ返すという意識が強いのです。


吉沢康弘(吉澤康弘)の経歴・略歴

吉沢康弘、よしざわ・やすひろ。日本の経営者。東京大学大学院工学系研究科修了後、P&Gファー・イースト・インク、ヒューマンバリュー、ライフネット生命保険などを経てベンチャー支援企業インクルージョン・ジャパンを設立。

他の記事も読んでみる

清水克衛

「まさか自分がそんなこと……」と思えるようなことをやれ。そうするとびっくりするくらい人は変わる。


澤田秀雄

できることはなるべく早く動く。何か起きた時にスピードを上げなければチャンスを逃すし、ピンチをチャンスに変えることはできません。


マーク・ベニオフ

戦略的なリスクテークが重要です。尊敬を集めるバスケットボール選手は、他の選手が打たない場面でもためらわずシュートを打ちます。このような選手はリスクのことをよく理解していると思いますよ。なぜなら、リスクを取れば失敗は多くなりますが、リスクを取らなければ点は入りません。


細谷功

完ぺきを求めるあまり作業時間がどんどんふくらんでいき、気が付いたらいつも締め切り直前という人もいるでしょう。このような人には、適切な時期が来るまで手を付けないことをお勧めします。時間に余裕があるとその仕事にかかりっきりになってしまい、他の仕事が回らなくなるからです。


谷井昭雄

たとえ適性に見合っていなくても、今いる部署で与えられた仕事に一所懸命取り組めば、おのずと適材適所になっていく。


佐藤綾子(心理学者)

ビジネス・パーソンのすべての表現には、なんらかの「意図性」が隠されています。人間は自分の意図によって、見せたいところを拡大し印象づけながら、人に会っているからです。それなのに、最も重要な情報発信媒体である「その人」を見抜かずして、どうして人脈ができるでしょうか。


森下一喜

本田宗一郎さんのように、経営者でありながら最後までものづくりに執着する経営をしたい。


笹氣健治

仕事と自分を一致させないことが非常に大切です。「他人は私を喜ばせるために生きているのではない」と、ことあるごとに3回唱えます。アポイントの電話を断られたりすると、まるで自分が否定されたように感じますが、そもそも相手は自分を喜ばせるために存在しているのではないと気づけば、傷つく必要はありません。


齋藤匡司

今期は温故維新の精神で、守るべきところと変えるべきところを見極めて、ブランド価値をさらに高めていきたい。


南雲吉則

第2の心臓とは、ふくらはぎのこと。この第2の心臓を動かし伸縮させる方法はひとつ。歩くこと。歩くとふくらはぎの筋肉が働き、血液が体中を循環する。これによって基礎代謝が高まって、腹にたまった内臓脂肪が自然と消費されていく。まず背中をピンと美しく伸ばす。そして脚を張り裂けんばかりに開いて最大歩幅で歩くことが絶対。すると自然とギュッギュッと、ふくらはぎポンプも最大になる。


ダン・ケネディー

重要なのは商品ではない。商品にまつわる「物語」なのだ。私たちは同じような商品を飽きるほど見せられている。だから商品だけ見せられても興味はわかない。私たちが興味を持つのは、魅力のある「物語」とドラマチックな商品説明、権威のあるお墨付き、有名人の推薦の言葉、消費者の体験談、ユニークなネーミングがそろっている場合だ。商品は二の次なのだ。


樋口廣太郎

私が社長に就任した当時は、ギョッとするような報告もいろいろありました。当時はお客様に自信を持って売れる商品がなく、その悪循環から販売店では在庫がたまって仕方がなかった。だから「お宅のビールは古すぎる」とよく怒られたものです。でもその声に謙虚に耳を傾け、正直に対応することが大切なのです。【覚書き|この苦情で賞味期限内でもビールの味が落ちることを自覚することができ、ビール業界初の3ヶ月間売れなかったものは即回収という損切り経営の原点となった】


山崎敦彦

建機も自動車と同じで4年に1回モデルチェンジがあるんです。それは選挙みたいなもので、ピンチでありチャンスでもある。その時に、使い勝手のいいものを提案してきたのが(高いシェアを獲得できた)大きな理由だと思います。


山本直美(チャイルド・ファミリーコンサルタント)

失敗とともに、達成度も認める健全な自己肯定力を身に付けておかなければ、あらゆる面で打たれ弱さを露呈していくことになる。自己肯定ができるようになれば、指摘された課題にも冷静に対応できるようになる。


小暮真久

読書の醍醐味を知ったのは、テーブル・フォー・ツーに関わるようになってからです。社会起業家として歩き出してはみたものの、目の前に立ちはだかる壁は大きく、ぶつかっては跳ね返されるということを何度も繰り返すうちに、さすがに心も弱ってきました。これが会社なら、上司や先輩に指導を受けたり、同僚に愚痴を聞いてもらったりできますが、僕の場合、まさに孤軍奮闘だったので、本に助けを求めたのです。


ページの先頭へ