名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

吉澤和弘の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

吉澤和弘のプロフィール

吉澤和弘、よしざわ・かずひろ。日本の経営者。「NTTドコモ」社長。群馬県出身。岩手大学工学部情報工学科卒業後、日本電信電話公社(のちのNTT)に入社。黎明期から移動体通信事業に携わり、エヌ・ティ・ティ移動通信(のちのNTTドコモ)に移籍。設備部担当課長、資材部担当部長、経営企画部担当部長、執行役員第二法人営業部長、取締役執行役員人事部長、NTTドコモ・ベンチャーズ社長、NTTドコモ副社長などを経て社長に就任。

吉澤和弘の名言 一覧

まず、お客様や社会の期待を超える。そして今の自分たちを超える。


私たちだけでできることは限られています。パートナーのアセットと当社のアセットを組み合わせて新たなサービスやビジネスをともに創出し、社会課題の解決に貢献していく、それが協創の取り組みです。


吉澤和弘の経歴・略歴

吉澤和弘、よしざわ・かずひろ。日本の経営者。「NTTドコモ」社長。群馬県出身。岩手大学工学部情報工学科卒業後、日本電信電話公社(のちのNTT)に入社。黎明期から移動体通信事業に携わり、エヌ・ティ・ティ移動通信(のちのNTTドコモ)に移籍。設備部担当課長、資材部担当部長、経営企画部担当部長、執行役員第二法人営業部長、取締役執行役員人事部長、NTTドコモ・ベンチャーズ社長、NTTドコモ副社長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

中野裕哲

起業するには「カネ」が必要です。まずは、起業全体でいくらかかるのかをきっちりと計算してみましょう。起業全体でかかるお金がわかったら、自己資金はどのくらい用意できるかを検討しましょう。また、自己資金で足りない分は、創業融資を借りるのがセオリーです。資金が足りない場合は、事業規模の縮小も要検討です。


田村裕

あるとき、「これは何のための緊張やねん」って思ったんですよ。「こんなアホらしいことない。だったらもう受からんでええわ」と思ったら、緊張しなくなりましたね。「どうでもええわ」って思うことが、一番の近道やって気づいたんです。
【覚書き|緊張のしすぎが原因でオーディションに落ち続けた当時を振り返っての発言】


野村克也

「選手が最も活きる場所、光る場所はどこだろう?」を念頭にしっかりと人を見る、適性を見抜く。野球の監督のみならず、チームを率いる時、これが外せない第一歩になる。実はこうして見抜いて適材適所に配置すること。それこそが、人を再生させるコツ。野村再生工場のカギだったんだよ。


船川淳志

海外出張はネットや本などでは体験できない学びを体験学習できる。海外出張は、これからのグローバル社会でのコアな人材になれるチャンスだと捉えて、存分にその意義を生かして、スキルアップを目指しましょう。


藤田晋

私が最も重視しているのは、提案者自身が自らのアイデアに熱狂しているかどうかです。それさえあればビジネスとして成功する可能性は大いにあります。反対に、どんなに優れて見えるアイデアでも、提案者がそれに熱狂していないときは、絶対に採用しないことにしています。


佐渡島庸平

漫画家は世間の人が思う以上に厳しい職業。朝早くから深夜まで、作品にずっとかかりっきりです。苦しくても、自分の心に鞭を打ち、作品のレベルを上げていける。それが天才たるゆえんだと思います。


田坂広志

成功者の体験談から智恵をつかもうとするならば、そこでつかんだと思ったものが、単なる知識なのか、自身の過去の体験と共鳴する智恵としてつかんだものかを判断しながら本を読まなければなりません。


竹田和平

株式投資は世の中を応援する手段。蓄財より花咲爺に。なんのために儲けるか。ほんとのポイントはそこ。


松井忠三

人間は環境によって育っていくものです。実際、優秀な経営者の中には、ストレートにトップまで上り詰めた方よりも、左遷や大病による休職、あるいは海外勤務の苦労など、紆余曲折を経た方が多いように感じます。彼らは、逆境の中で鍛えられたがゆえに、トップとして力を発揮できるのではないでしょうか。少なくとも、私の場合はそうだったと言えます。


上村光弼

近年、能力を引き出すコーチングが大ブームになり、多くの企業が導入しましたが、テクニックやスキルの習得に偏ってしまっている傾向があります。しかし、本当に大切なことは、コーチングする人の普段の「あり方」なのです。誰でも同じ事をあるAさんから言われたら納得するけれども、Bさんから言われると納得できない、反発してしまうという経験があるはずです。その違いは「その人への信頼」なのです。


松下幸之助

早いけれども雑だというのもいけないし、丁寧だが遅いというのもいけない。念入りに、しかも早くというのが、今日の名人芸なのである。


生田正治

後悔先の立たずですが、最先端の技術にチャレンジする際の事前の能力の検証に問題があったと反省しました。過度に信頼したのが原因でしょう。失敗だと思った瞬間に素直に失敗を認めました。【覚書き:北米部長時に北米航路のコンピュータシステム開発をした際の言葉。約120億の損失を出すこととなる】