名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

吉沢悠の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

吉沢悠のプロフィール

吉沢悠、よしざわ・ひさし、よしざわ・ゆう。日本の俳優。東京都出身。高校卒業後、夢カラオケオーディションで準グランプリを獲得し芸能界デビュー。その後、テレビドラマ、映画、舞台で活躍。

吉沢悠の名言 一覧

アメリカには歴史も文化もまったく異なる人たちが集まるので、日本人の感覚で「こう言えばこんな反応が返ってくるだろう」と思っても、それが通用しないことが多い。海外を見てきて最も強く感じたのは、「日本で成立するルールが絶対ではない」ということでした。


結局仕事が始まったら、最後までやり抜くしかない。だから与えられた仕事に対して疑問を持たず、カッコ悪くても「これがいいんだ!」と信じて、その役になりきってしまうことが大事。あとはその役のなかで、自分なりのおもしろさを見つけ出すこと。


自分なりの考えを持っていない人ほど、やがて自分自身をどんどん追いこむことになってしまうんじゃないかと思います。既存のルールで押しつぶされそうになったら、「このルールは自分には合わないんだ」と割りきって考えたほうがいいと僕は思いますね。


いま仕事に行きづまっている人がいるかもしれないけど、そんな時こそ長い休みを取るなど、自分をオフにするという選択肢もありだと思うし、それに罪悪感をもつ必要もないと思います。


中途半端に仕事をしている時って、立ち位置としてはオンとオフの中間くらいじゃないですか。そういう時ほど、全体の流れに流されてしまう。でも俳優としての活動を休業してアメリカに渡ったことで、東京とは違うものを感じ取ることができた。


役者を続けていると、必ずしも自分のやりたい役ではなかったり、他の共演者の方々と演技していても、どこか歯車が噛み合わなかったり……、ということもあります。20代前半の頃の僕は、それこそ他人のせいにしていたかもしれません。でもいまは、すべてが自分自身の責任だと思えるようになり、ひとつひとつ心をこめて、全力投球することの大切さを知りました。


吉沢悠の経歴・略歴

吉沢悠、よしざわ・ひさし、よしざわ・ゆう。日本の俳優。東京都出身。高校卒業後、夢カラオケオーディションで準グランプリを獲得し芸能界デビュー。その後、テレビドラマ、映画、舞台で活躍。

他の記事も読んでみる

村上太一

どっちでもいいことを無駄に悩みたくない。仕事でさまざまな意思決定をしなければならないので、それ以外で決めることはできるだけ減らしたい。


山田昇(ヤマダ電機)

だって、皆さんね、たとえば電気製品を買われるときに、自分の住まいの広さや間取りを考慮して購入されるように、全部住まいに関連する商品ばかりなんですよ。家電という側面で住宅のことを考えると、家丸ごと、算出できる業種なんですよ、家電というのは。


市村洋文

人が興味を持つのは、「店が雑誌に載っていた」という情報ではなく、「雑誌に載っていた店が実際にどうなのか」ということ。接待をする際にも、実際に行って美味しかった店に連れて行かなきゃダメ。自分のお金で行って、自分の舌で確かめるのがポイントです。


小倉広

信頼は、約束を守ることによって高まります。提出物の期日を守る、会社の決めたルールを守る、与えられた数字を達成する。こうして約束を日々守ることでしか、仕事での信頼を蓄積することはできません。


吉川稲美(吉川稻)

私は、起業する女性の方に毎回指摘する大事な点が2つあります。1つ目は、何の目的で起業するのかをはっきりとさせておくことです。なぜ起業するのかということをしっかり自分の中で見つめて欲しいと思います。そして2つ目は、起業するということは自分の人間としての成長もあると思いますが、社会にも貢献するという思いを込めて取り組んでもらいたいということです。この2点をふまえ、ぜひ勇気を持って起業していただきたいです。


秋元康

一度、山のてっぺんまで行ければ、次のてっぺんには、とても行きやすい。


中村比呂志

最初は地道な作業に終始しました。全国のホテルに「我々は全国チェーンを目指しています。経営が厳しいホテルでも我々は必ず再生できます」といった文面のDMを発送しました。このDMを手掛かりに車1台で、北は青森から南は四国まで縦断して駆け回り、ホテルオーナーと面談することが最初のスタートでした。


土屋雅稔

学習を習慣づけるには、よく言われるように、少しのスキマ時間でもいいから毎日のように英語に触れることが基本です。


盛田昭夫

井深(大)さんと私は、しょっちゅう自分たちでモノをつくったり、使ったりしているんです。こういうものが欲しい、ああいうものが欲しいというところからアイデアが出てきますね。


中山和義

言葉にこそ、人を変える力がある。


窪田良

みなさん、目が見えることは当たり前だと思われているでしょう。しかし、本当は有難いことなのです。


田中仁(経営者)

サングラスは試行錯誤を経て昨年から、ようやく売れるようになりました。一昨年までは、サングラスが日本人の購買行動になかなか結び付かなかった。日本では「悪い人」というイメージが強かったのかもしれませんね。「日常生活で普通に掛けてもいいもの」ということが、なかなか浸透しませんでした。おそらく、日本人の性格に同質化を求める傾向があるからだと思います。それが、サングラスを掛けている人が増えると、掛けてもいいものとどんどん広がる。その始まりが昨年なのかもしれません。ようやく地道な紫外線啓蒙、ファッションサングラス啓蒙活動か実を結び「普段から掛けていいもの」となった。特に今年は夏前に売り切れてしまい、販売ピーク時に店頭に在庫がないという状況になりました。