吉沢悠の名言

吉沢悠のプロフィール

吉沢悠、よしざわ・ひさし、よしざわ・ゆう。日本の俳優。東京都出身。高校卒業後、夢カラオケオーディションで準グランプリを獲得し芸能界デビュー。その後、テレビドラマ、映画、舞台で活躍。

吉沢悠の名言 一覧

アメリカには歴史も文化もまったく異なる人たちが集まるので、日本人の感覚で「こう言えばこんな反応が返ってくるだろう」と思っても、それが通用しないことが多い。海外を見てきて最も強く感じたのは、「日本で成立するルールが絶対ではない」ということでした。


結局仕事が始まったら、最後までやり抜くしかない。だから与えられた仕事に対して疑問を持たず、カッコ悪くても「これがいいんだ!」と信じて、その役になりきってしまうことが大事。あとはその役のなかで、自分なりのおもしろさを見つけ出すこと。


自分なりの考えを持っていない人ほど、やがて自分自身をどんどん追いこむことになってしまうんじゃないかと思います。既存のルールで押しつぶされそうになったら、「このルールは自分には合わないんだ」と割りきって考えたほうがいいと僕は思いますね。


いま仕事に行きづまっている人がいるかもしれないけど、そんな時こそ長い休みを取るなど、自分をオフにするという選択肢もありだと思うし、それに罪悪感をもつ必要もないと思います。


中途半端に仕事をしている時って、立ち位置としてはオンとオフの中間くらいじゃないですか。そういう時ほど、全体の流れに流されてしまう。でも俳優としての活動を休業してアメリカに渡ったことで、東京とは違うものを感じ取ることができた。


役者を続けていると、必ずしも自分のやりたい役ではなかったり、他の共演者の方々と演技していても、どこか歯車が噛み合わなかったり……、ということもあります。20代前半の頃の僕は、それこそ他人のせいにしていたかもしれません。でもいまは、すべてが自分自身の責任だと思えるようになり、ひとつひとつ心をこめて、全力投球することの大切さを知りました。


吉沢悠の経歴・略歴

吉沢悠、よしざわ・ひさし、よしざわ・ゆう。日本の俳優。東京都出身。高校卒業後、夢カラオケオーディションで準グランプリを獲得し芸能界デビュー。その後、テレビドラマ、映画、舞台で活躍。

他の記事も読んでみる

下村朱美

政府は若者が起業しやすいように補助金などの制度も整えていますが、何より大切なのは若い人が起業したいという夢を持つこと。


鈴木敏文

トップがどれほど怒っているかということは、やはり唾の飛ぶ範囲で話をしないとわかりません。それでも聞いていない奴がいるのですから。
【覚書き|なぜ東京本社に人を集めるのかと問われての発言】


小池修一郎

芸術家でも経営者でも、地位や名誉を有してなお、自分を活性化し続けられる人はそういません。


小川淳司

プロ野球チームにとって一番大事なことは、お客さんが入ってくれることです。そのためには勝つことが欠かせません。勝つためにはどうすればいいのか。私はそこから出発して、選手への接し方、選手の起用法などを考えています。


ジェイ・エイブラハム

経営者には、会社のあらゆる活動を動かす長期戦略がなくてはならない。見込み客の動向をつかみ、購入を決断させ、顧客にとって価値ある者を繰り返し買わせるまでの一連の戦略。そして、会社の全活動がその戦略を採用し、維持し、進めるものになっていなければならない。成功は、長期の戦略を持ち、知り、それに従うことで初めてやってくる。


西浦三郎

「作業」ではなく、創造性を持って「働く」ためには、会社にも社員にも余裕が必要です。


樋口廣太郎

あそこに見える比叡山の前に電柱が何本も立っているな。おまえ、あれを消せるか。(消すには)比叡山に意識を集中すればいい。俺は画家の東山魁夷先生から聞いて、自分でも練習したらできるようになった。いまは電柱なんて一瞬で消せるぞ。


阿部寛

観る人が新鮮な気持ちで楽しんでもらえる作品をつくるということを、いつも自分のテーマにしています。それに僕自身、同じところで満足したくないという気持ちもあります。勝算のあることだけを繰り返すのは、飽きてしまうんです。


高岡正次

製品開発は、独創的であればあるほど一つの壁を乗り越えると、さらに高い壁が現れ厳しい状況になんども立たされた。そして技術がなんとか形になれば、次は社会や市場への挑戦が待っている。


田中一弘(経営学者)

最も基本的なところでいえば、日々の業務を通じて良心を涵養すること。自分の一つひとつの行動の動機が、良心なのか、自利心なのかを弁別し、良心による行動と、そこから得られる「歓び」を大切にしていくのです。こうした取り組みを自らのキャリアを通じて積み重ねていくことが、良心を育てる一つの方法ではないかと思います。


森澤紳勝

1日のうち最も大切にしているのは朝の時間。ストレッチや食事をしがらゆっくり過ごして、その日の仕事やお会いする方のことを考える。1日に臨む気持ちを整える重要な時間です。


樋口武男

人間の心理は慎重になりやすく、合議に頼りすぎると、リスクを伴う決断がしにくくなる。


山谷親平

話は上手いことにこしたことはない。こじれた問題でも、話し上手の説得でほぐれることもある。いままでどんな人かと思っていたが、会って話してみたら、あんな良い人はいなかった、と言われる話し上手もいる。また、ちょっとした会話がもとで、にらまれていた上役かの誤解も解けたという人もいる。


石原壮一郎

大人にとって大切なのは、上司を崇め奉って満足しているのではなく、上司も部下もしょせんは「役割」の違いに過ぎないと認識して、ちょうどいい距離感や扱い方を見つけること。


寺田和正

昨年は原点回帰ということで、組織を文鎮型にしました。「自走する」とか、「発信力や受信力の強化」など様々なテーマで取り組んできましたが、一度出来上がった組織を変えることは難しい。そこで今年は、仕組みそのものを大きく変えていこうと考えています。創業27年ですが、初めてカンパニー制を導入します。今まで企画は企画、PRはPRというように社内が部門ごとに分かれていましたが、これからはサマンサタバサ、サマンサベガなどブランドごとのカンパニー制にし、それぞれ生産から販売まで行う。そうした仕組みを作らなければ、人材教育をしても上手く機能しません。カンパニーで完結するような仕組みを作っていく。6つのカンパニーとその他約10の管理部門がそれぞれの責任を持つ形になります。


ページの先頭へ