吉沢悠の名言

このエントリーをはてなブックマークに追加

吉沢悠のプロフィール

吉沢悠、よしざわ・ひさし、よしざわ・ゆう。日本の俳優。東京都出身。高校卒業後、夢カラオケオーディションで準グランプリを獲得し芸能界デビュー。その後、テレビドラマ、映画、舞台で活躍。


吉沢悠の名言 一覧

1 / 11

アメリカには歴史も文化もまったく異なる人たちが集まるので、日本人の感覚で「こう言えばこんな反応が返ってくるだろう」と思っても、それが通用しないことが多い。海外を見てきて最も強く感じたのは、「日本で成立するルールが絶対ではない」ということでした。


結局仕事が始まったら、最後までやり抜くしかない。だから与えられた仕事に対して疑問を持たず、カッコ悪くても「これがいいんだ!」と信じて、その役になりきってしまうことが大事。あとはその役のなかで、自分なりのおもしろさを見つけ出すこと。


自分なりの考えを持っていない人ほど、やがて自分自身をどんどん追いこむことになってしまうんじゃないかと思います。既存のルールで押しつぶされそうになったら、「このルールは自分には合わないんだ」と割りきって考えたほうがいいと僕は思いますね。


いま仕事に行きづまっている人がいるかもしれないけど、そんな時こそ長い休みを取るなど、自分をオフにするという選択肢もありだと思うし、それに罪悪感をもつ必要もないと思います。


中途半端に仕事をしている時って、立ち位置としてはオンとオフの中間くらいじゃないですか。そういう時ほど、全体の流れに流されてしまう。でも俳優としての活動を休業してアメリカに渡ったことで、東京とは違うものを感じ取ることができた。


役者を続けていると、必ずしも自分のやりたい役ではなかったり、他の共演者の方々と演技していても、どこか歯車が噛み合わなかったり……、ということもあります。20代前半の頃の僕は、それこそ他人のせいにしていたかもしれません。でもいまは、すべてが自分自身の責任だと思えるようになり、ひとつひとつ心をこめて、全力投球することの大切さを知りました。


吉沢悠の経歴・略歴

吉沢悠、よしざわ・ひさし、よしざわ・ゆう。日本の俳優。東京都出身。高校卒業後、夢カラオケオーディションで準グランプリを獲得し芸能界デビュー。その後、テレビドラマ、映画、舞台で活躍。

気に入ったらみんなとシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加
1 / 11

ページの先頭へ