名言DB

9,502 人 / 112,123 名言

吉江勝の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

吉江勝のプロフィール

吉江勝、よしえ・まさる。日本の経営コンサルタント。大学卒業後、三井物産、NTTなどを経て独立。著書に『人生を好転させるたった2つのこと 「自分には何もない」と思った時に読む本』『どんな人にも1つや2つ儲けのネタはある!』。

吉江勝の名言 一覧

どん底があったからこそ、いまがある。山あり谷ありの人生で幸運でした。


思い込み次第なんですよ。「俺はトップ営業マンだ」と常に演じて仕事をすると、実際にうまくいった。「デキる」「売れる」と考えていると、自然に顔つきも言葉もそうなるんです。


好きこそものの上手なれと言いますが、好きなこと、得意なことこそ大きな収入につながる。それを踏まえて自分自身を見直すことが可能性を広げることになる。


私自身が潜在意識の力でダメサラリーマンから這い上がれましたし、成功しているほとんどの人は、自分では気づかなくてもこういう潜在意識を活用しているものです。


地域や地方のトップを目指す。すると地方で評判になり、講演やコンサルタントの依頼など、仕事が広がる可能性が高い。


じつは自分の能力や才能を過小評価している人が多い。自分では当たり前のことだとか、苦手と思っているけど、やってみたら意外に評価をもらうことはありませんか? じつはそれこそ天職である可能性が高い。


いま求められているのは、最先端の専門知識ではなく、ちょっとした情報や知識。たとえばイカ釣りの知識を伝える本がバカ売れしましたが、著者は漁師でも専門家でもなく、ただ自分が好きだったことをまとめただけ。


吉江勝の経歴・略歴

吉江勝、よしえ・まさる。日本の経営コンサルタント。大学卒業後、三井物産、NTTなどを経て独立。著書に『人生を好転させるたった2つのこと 「自分には何もない」と思った時に読む本』『どんな人にも1つや2つ儲けのネタはある!』。

他の記事も読んでみる

齋藤孝(教育学者)

組織として目標に届かないことは当然ある。こういう時こそ上司の出番だろう。重要なのは「修正」だ。個人の努力や工夫が結果に結びつかないとすれば、新たな手を打つ必要がある。それはちょうど、サッカーやバスケットボールのプロチームが試合で劣勢に立たされた時、監督(ヘッドコーチ)が戦術の変更を指示する感覚に近い。そのバリエーションの豊かさが、名将の証しだ。


宗次徳二

着実に堅実にやっていくことが基本。その中で新業態も開発していく。


寺田和正

昨年は原点回帰を掲げましたが、それだけでは駄目だった。そこで今回は仕組みの変更に踏み切りました。「仕事は楽じゃないけど楽しい」というベンチャースピリッツを押し出してきましたが、もう原点回帰では駄目な時代なのです。今年は仕組みを変えるという進化形にもっていく。成果に向かって働ける仕組みを創る。これは仕事を楽しむためにとても大切なことで、まさに原点進化です。


心屋仁之助

100点にこだわることは仕事上でもマイナスに働きます。なぜなら、常時自分を駆り立てていると、いずれ疲れて、すり切れてしまうからです。


御立尚資

ホワイトカラーの仕事には、複数の部門にまたがったり、部門間の調整が必要になる仕事も少なくありません。電話一本で非公式な社内情報を教えてくれる社内ネットワークを持ってこそ、仕事の勘所をおさえながら仕事を進めることができます。


国部毅(國部毅)

組織は、トップと各部門のコミュニケーションをうまく取れるようにすることと、報告がすぐ上がるようにすることが大切です。


入沢元

海外に進出する会社はタイのバンコク、ベトナムのホーチミンのように、その国の中心都市にまず1店舗を出して、そこから広げていこうとします。それは国の担当を何人も置けるだけの体力があるからやれることで、うちくらいの小さなラーメン屋はそんなことはできません。まずは大石(インドネシア法人社長)がいるインドネシアで一番になってから、その評判を持ってシンガポール、ベトナムなどへ広げていく。中小企業はそういうやり方しかできません。


益子修

現場の社員と議論する中で、経営判断のミスが、いかに社員に重い負担を課すかということを実感しました。彼らの苦しみの場に立ち会わなければいけないと強く思いました。
【覚書き|社長に就任し、経営再建に取り組み始めた当時を振り返っての発言】


美崎栄一郎

「申し訳ないけど、今週中にできる?」と緊急の仕事を頼まれることもあるでしょう。こうした仕事は重要性が高いことが多いので、「できます!」と答えられれば、チャンスが巡ってきやすくなります。そのためには、週の後半に一日、原則として予定を入れない日を作っておくこと。


有川浩

あの本を出した時点では「これ以上のものは書けない」と思っていましたが、今は「さらに先へ進みたい」とワクワクしています。


平井伯昌

人間的な成長が伴っていなければ、競技の結果にはつながらない。過去の実績を見てもそれは明らか。


岸良裕司

全く同じ仕事をしている人は、1人もいない。しかも、評価する側も人間。その前提を考えれば、公平な評価を期待すること自体が不毛です。