名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

吉江勝の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

吉江勝のプロフィール

吉江勝、よしえ・まさる。日本の経営コンサルタント。大学卒業後、三井物産、NTTなどを経て独立。著書に『人生を好転させるたった2つのこと 「自分には何もない」と思った時に読む本』『どんな人にも1つや2つ儲けのネタはある!』。

吉江勝の名言 一覧

どん底があったからこそ、いまがある。山あり谷ありの人生で幸運でした。


思い込み次第なんですよ。「俺はトップ営業マンだ」と常に演じて仕事をすると、実際にうまくいった。「デキる」「売れる」と考えていると、自然に顔つきも言葉もそうなるんです。


好きこそものの上手なれと言いますが、好きなこと、得意なことこそ大きな収入につながる。それを踏まえて自分自身を見直すことが可能性を広げることになる。


私自身が潜在意識の力でダメサラリーマンから這い上がれましたし、成功しているほとんどの人は、自分では気づかなくてもこういう潜在意識を活用しているものです。


地域や地方のトップを目指す。すると地方で評判になり、講演やコンサルタントの依頼など、仕事が広がる可能性が高い。


じつは自分の能力や才能を過小評価している人が多い。自分では当たり前のことだとか、苦手と思っているけど、やってみたら意外に評価をもらうことはありませんか? じつはそれこそ天職である可能性が高い。


いま求められているのは、最先端の専門知識ではなく、ちょっとした情報や知識。たとえばイカ釣りの知識を伝える本がバカ売れしましたが、著者は漁師でも専門家でもなく、ただ自分が好きだったことをまとめただけ。


吉江勝の経歴・略歴

吉江勝、よしえ・まさる。日本の経営コンサルタント。大学卒業後、三井物産、NTTなどを経て独立。著書に『人生を好転させるたった2つのこと 「自分には何もない」と思った時に読む本』『どんな人にも1つや2つ儲けのネタはある!』。

他の記事も読んでみる

出口治明

会社として残業をなくすためには、残業をやめることをルール化してしまうことですね。会社単位でも部署単位でも構わないので、上司の指示があったとき以外、勝手に残業することを禁じてしまうのです。こうすることで上司のマネジメント能力も高まるので、一石二鳥です。


山本真司

なんでもかんでも一度にやろうとせずに、「着眼両極、着手単極」でやることが大切です。全体像を見据えながらも、「今年は本業のスキルを高めよう。そのための投資は惜しまない」「来年はお金を貯めることに力を入れよう」というように、ひとつひとつ実行していき、数年間ですべてを実現していくやり方です。これなら中途半端に終わることなく、すべてを確実に実行していくことができます。


石川康晴

ストライプが創業したのは1994年。バブルが崩壊した後です。すでに業界は絶頂期を過ぎていました。そういう時期に、アパレル事業を始めたことで、旧来の常識に染まらずにやってこられたのかもしれません。


藻谷浩介

頭を鍛えるためには、まずはソクラテスが言う「無知の知」を自覚することです。自分が、いや、そもそも人間まだよく知らないことは、大宇宙はもちろん人間界にもたくさんあります。無知の知を自覚していると、つまり、自分には知らないことがあるということを知っていると、今手にしているセオリーだけでさまざまな現象をすべて解釈しようとするような思考停止の状態から解放されます。


木村尚敬

有事の際には連絡手段にも気を配りたい。平時においてはメールベースのコミュニケーションが便利だが、いざというときにはスピードが遅すぎるし、迫力も出ない。また、際どいことを頼まなくてはいけない場面もあるが、メールでは証拠が残ってしまうため、婉曲な伝え方になって真意が伝わらないこともある。スピーディに、かつこちらの思いを的確に伝えるには、メールよりメッセンジャー、さらにメッセンジャーより携帯電話のほうがいい。これは対部下だけでなく、対上司でも同じだ。ビジネスシーンで電話が使われる機会は減ってきたが、有事にはむしろ威力を発揮するのだ。


澤田秀雄

私は、プレッシャーの半分は思い込みではないかと思っています。その思い込みのために心が病んだり、身体を壊したりするのはもったいないと思いませんか?


河合利樹

これからの時代は、自社だけではなく、業界全体の発展が不可欠。


出口治明

歴史を知らずとも、じっくり考えることで同じ答えに至ることはあるでしょう。でも、考えている間に時間は刻々と過ぎ、手遅れになってしまうかもしれないのです。


安田隆夫

間違ってはいけないのは、変わるのは売り手側、すなわち店であって、絶対に相手を変えようとしてはいけない。店が変化することで、いつの時代にも、ワクワク・ドキドキするドン・キホーテを演出していくということである。


大薗誠司

売れない物も置いているのはお客様に買い物を楽しいと思ってもらいたいからです。


酒巻久

月に40冊前後本を読みますが「難しい本を無理して読むより、わかる本を読む」というのが私の読書の基本です。易しい本ばかりを読めというわけではありませんが、歯が立たない本を何時間もかけて字面だけ追っても、それでは読んだだけで終わってしまいます。読書はそこから何かを学び、自分なりの考えを人に語れるようにしなければ意味がありません。


新田信行

当組合に来てから、金融業界をメガバンクの立場だけでなく、信組の立場と両方から見ているわけです。金融業界としてできていない部分、もっと頑張らなければならない部分が非常によく見えてきました。