吉江勝の名言

吉江勝のプロフィール

吉江勝、よしえ・まさる。日本の経営コンサルタント。大学卒業後、三井物産、NTTなどを経て独立。著書に『人生を好転させるたった2つのこと 「自分には何もない」と思った時に読む本』『どんな人にも1つや2つ儲けのネタはある!』。

吉江勝の名言 一覧

どん底があったからこそ、いまがある。山あり谷ありの人生で幸運でした。


思い込み次第なんですよ。「俺はトップ営業マンだ」と常に演じて仕事をすると、実際にうまくいった。「デキる」「売れる」と考えていると、自然に顔つきも言葉もそうなるんです。


好きこそものの上手なれと言いますが、好きなこと、得意なことこそ大きな収入につながる。それを踏まえて自分自身を見直すことが可能性を広げることになる。


私自身が潜在意識の力でダメサラリーマンから這い上がれましたし、成功しているほとんどの人は、自分では気づかなくてもこういう潜在意識を活用しているものです。


地域や地方のトップを目指す。すると地方で評判になり、講演やコンサルタントの依頼など、仕事が広がる可能性が高い。


じつは自分の能力や才能を過小評価している人が多い。自分では当たり前のことだとか、苦手と思っているけど、やってみたら意外に評価をもらうことはありませんか? じつはそれこそ天職である可能性が高い。


いま求められているのは、最先端の専門知識ではなく、ちょっとした情報や知識。たとえばイカ釣りの知識を伝える本がバカ売れしましたが、著者は漁師でも専門家でもなく、ただ自分が好きだったことをまとめただけ。


吉江勝の経歴・略歴

吉江勝、よしえ・まさる。日本の経営コンサルタント。大学卒業後、三井物産、NTTなどを経て独立。著書に『人生を好転させるたった2つのこと 「自分には何もない」と思った時に読む本』『どんな人にも1つや2つ儲けのネタはある!』。

他の記事も読んでみる

出口治明

何かをやり遂げたい強い思いを持ち続ける人は、迷っても失敗しても、何度でも立ち上がる強さがある。周りも手を差し伸べたくなり、思わぬ応援を得られたりもする。


養老孟司

いかに住まうかとは、いかに生きるかということです。天災はいつ起こるかわかりません。環境やエネルギーの問題などを考え合わせても、そのときどきで都合のいいところを選んで暮らす生き方があってもいいでしょう。


上西京一郎

クレームのお手紙やお電話をいただいたら、しっかり受け止めて現場にすぐ下ろし、直すところを直すのは当然です。見落としがちなのはサイレントの部分です。声になって出てこないゲスト(お客様)のネガティブな心理、黙って去るゲストの泣き声です。


藤田晋

逆境でも、前向きに働き続けられるかどうか。それには、現在のポストや給料ではなく、それまでの経験で得た「見えない報酬」が効いてくると思っています。見えない報酬とは、会社から表彰されたり、上司から褒められたり、人から感謝されたりした「うれしい経験」です。働き続ける中で、自分の会社を好きになったり、仲間を大事に思えることも、ある意味で報酬と言えるでしょう。そういった見えない報酬をたくさん得ている人は、高いモチベーションを維持して働くことができます。会社の経営状態が厳しい時でも、粘り強く働けますし、年収がアップするからといって、安易に転職することもないでしょう。働いた対価は、何も出世や金銭的な報酬だけではないのです。


伊藤真(弁護士)

伝える力とは、相手の求めているものを読み取る力です。伝えるためには、常に「相手が求めていることは何だろう?」と意識しながら話すことが必要です。


松本晃(経営者)

運動部みたいな鼓舞の仕方はしませんよ。鼓舞するって、僕流に言えば「夢を持とうよ」ってことです。会社も個人も夢を持とうと。会社が夢を達成したら、それは個人のところへ返ってくる。そしたら楽しいよと。


野路國夫(野路国夫)

初めての海外出張で、まずアラバマ州のお客さんのところへ行きました。英語がきちんとしゃべれなくても、建機というモノがあれば何とかなりました。あそこが壊れたとか、ここがおかしいとか、技術屋同士の会話は難しくありません。


樋口廣太郎

管理職十訓

  1. 組織を活性化しようと思ったら、その職場で困っていることを一つずつつぶしていけばよい。人間は本来努力して浮かび上がろうとしているのだから、頭の上でつかえているものを取り除いてやれば自ずと浮上するものだ。
  2. 職位とは、仕事のための呼称であり、役割分担を明確にするためにあるものだと考えれば、管理職とは何かがキチンと出てくる。
  3. 先例がない、だからやるのが管理職ではないか。
  4. 部下の管理は易しい。むしろ上級者を管理することに意を用いるべきである。
  5. リーダーシップとは、部下を管理することではない。発想を豊かに持ち、部下の能力を存分に描き出すことである。
  6. YESは部下だけで返事をしてもよいが、NOの返事を顧客に出すときは、上司として知っていなければならない。
  7. 人間を個人として認めれば、若い社員が喜んで働ける環境が自らできてくる。
  8. 若い人は、我々自身の鏡であり、若い人がもし動かないならば、それは我々が悪いからだと思わなければければならない。
  9. 若い人の話を聞くには、喜んで批判を受ける雅量が必要である。
  10. 結局職場とは、人間としての切磋琢磨の場であり、錬成のための道場である。

    土井健資

    年に一回の社員旅行も大事なイベントです。毎回、大宴会を開いて、全員がおおいに語り合います。弊社の宴会では、乾杯したら、まず上の立場の者がみんなに注いでまわるんです。そういったコミュニケーションも、間接的に理念の共有に役立っているのではないでしょうか。


    石橋善一郎

    経営再建で人員削減や原価低減に取り組むのは本来最優先でやるべきことではありません。企業の特徴を考えたうえで、一番強いところを生かすために戦略の優先順位をつけるのが経営の役目でしょう。


    吉野佳秀

    今回の上場で社員、特に古株は金持ちになりました。若い人が大金をつかむと仕事なんてする気が無くなり、辞める者がいるかもしれないと思っていましたが、1人もいませんでした。それが本当に嬉しい。どんな会社でも必ず上場した時に役員が抜けますが、専務は銀行に借金をして税金を払っている。トップがそうしているから、社員たちも生活を変えません。心から良い社員だと思っています。


    菊入みゆき

    必死に仕事をしているのに成果が出ないときには、自分の気持ちを確認することが重要です。「いま、背骨はまっすぐかな」「自分の軸の中心にいるかな」などとつぶやいて、まずは姿勢を正しましょう。


    鈴木純(経営者)

    リターンが十分返ってくるなら、拡大戦略を取る。リターンに疑問符が付くなら投入する資源を絞って、投資効率を最大化する。利益が出ていても先細りなら、いいタイミングで次の成長の原資に変える。結局、既存事業はこれら3つに分類されます。「君たちのステージはどこなんだ」と各事業部門に問いかけています。


    リチャード・ブランソン

    何故私が航空業界にチャレンジしたか。それは、既成の航空会社が料金に見合ったサービスを提供していなかったからです。そこで、私たちが質の高い、コストに見合ったサービスを提供することで独占状態に風穴を開けられると考えたのです。私にとっては、「ヴァージン」とは、「チャレンジ精神」と同義語なのです。


    稲盛和夫

    私が創業した京セラは、もともとは中小零細企業です。私は、社員が希望を持てる会社にしたいという一心でやってきました。それには何が大事かというと「思い」です。それも非常に強い思いが必要になる。


ページの先頭へ