吉永小百合の名言

吉永小百合のプロフィール

吉永小百合、よしなが・さゆり。日本の女優、歌手。東京都出身。早稲田大学第二文学部卒業。幼少期から子役として活躍。数々の映画、テレビドラマに出演。日本アカデミー賞最優秀主演女優賞、ブルーリボン賞主演女優賞、キネマ旬報賞主演女優賞、報知映画賞主演女優賞ほか多数の賞を受賞。紫綬褒章を受章。

吉永小百合の名言 一覧

スポーツ選手とかは結果が全部数字に出ますよね。だけど私たちの仕事っていうのは、どこまでやれるか自分の感覚しかなくて、どこで幕を下ろすのか。ただ昔は「引退」っていうと、そのまま原節子さんのように、誰の目にもふれないで生きていけたけれど、今は難しい。だからやっぱり考え直して、自然な形で表現者として生きていくのが一番よいかな、と。


実際私も子供のころ、すごく貧乏だったんですけど、みんな貧乏だったんですよ、ほとんど。だからそれはちっとも恥ずかしいことじゃなかったし、むしろそういう経験は、私自身にとっては財産になっていると思うんですけど。今の子供たちは、そういう厳しい体験をしていないでしょう。これから大きくなったときに、ちょっと心配な気がします。


吉永小百合の経歴・略歴

吉永小百合、よしなが・さゆり。日本の女優、歌手。東京都出身。早稲田大学第二文学部卒業。幼少期から子役として活躍。数々の映画、テレビドラマに出演。日本アカデミー賞最優秀主演女優賞、ブルーリボン賞主演女優賞、キネマ旬報賞主演女優賞、報知映画賞主演女優賞ほか多数の賞を受賞。紫綬褒章を受章。

他の記事も読んでみる

三枝利行

社内のモノサシで物を言われると腹が立ちます。もう時代は変わったんだ、そのモノサシじゃ測れないよって。


山本明弘

私どもは10期連続増収増益でした。ただし、当期純利益は減益にしました。企業というものは、一本調子では天まで上がっていきません。10期連続増収増益という、ある意味節目の時に、一度地固めをしようと。


三村明夫

いま私たちが直面しているような危機は、日本にとって初めてでも何でもない。第2次世界大戦後もそうだし、バブル崩壊もそう。リーマンショックも東日本大震災もそうだが、そういう危機ってみんなが意識できる危機だった。対策がそうとうきつくても、国民は受け入れる。そうやって危機を乗り切ってきた。国民も、国家も、適切に危機を認識できれば、それはそれで物事は動くもの。


澤田秀雄

ハウステンボス再建1年目は集客の伸びを重視し、料金を安く設定しましたので、特に海外からのお客様が伸びました。2年目は、これ以上の集客は難しいと判断し、客単価を上げる戦略へ切り替えました。そのため集客の伸びは抑えられましたが、客単価の向上に伴い、結果的に売り上げの前期比は1年目の130%に対し2年目は135%となったのです。


宮本武蔵

書物を読むばかりでは兵法の道に達することはできない。この書に書き付けたことを、自分自身のこととして、ただ書物を見るとか、習うとか思わず、物真似をするというのではなく、すなわち、自身の心の中から見出した道理とするよう、常にその身になって、よくよく工夫しなければならない。


長榮周作(長栄周作)

何よりもまず、素直な心で基礎を形成しておかなければ、大きく成長していくことは難しい。


川本佐奈恵

32歳で勉強を始めるまで、英語をひと言も話せなかったんです。専業主婦として3人の子育てに追われ、英語とは無縁の生活でした。そんな私が英語の勉強を始めたのは、「このまま何ひとつ成し遂げることなく、歳を取っていくのは絶対に嫌だ」という気持ちがあったからです。


岩瀬大輔

投資ファンドでは、出来るだけ鞄持ちとして会議や商談の場に連れて行ってもらいました。立派な経営者の方々に身近に触れることができたのは良い経験でした。


阪本順治

異国で映画を撮る場合、コミュニケーションを取るまでの時間が長くかかるし、思いどおりにならないことも多々あります。今回は社会主義国での撮影でしたので、許可が出るまでに時間がかかることも多かった。物資も足りないから調達するのも大変でした。大きなチャレンジではありましたが、毎日、新しいものが生まれる現場でもありました。


桐山一憲

自分たちの身をきれいにして取引を透明化し、得意先のビジネスを応援することで活路を切り開く。その考え方は、いま振り返っても間違っていませんでした。


岡本太郎

みんなどうしても安全な道の方を採りたがるものだけれど、それが駄目なんだ。人間、自分を大切にして、安全を望むんだったら、何もできなくなってしまう。計算づくでない人生を体験することだ。


中尾浩治

日本人は交渉力やアピールカが欧米人に比べると弱いとも感じています。それも固定した上下関係の中にいすぎるから、交渉力やアピールカが弱くてもやっていけることが影響しているのではないでしょうか。


唐池恒二

お客様は、こちらの手間を見抜き、手間がかかっていない商品やサービスにはお金を払わない。「手間をかけることの大切さ」に社員一人ひとりが気づくことが、お客様から愛されるブランド構築の基。


又吉直樹

自分が面白いと思う核の部分は変えませんよ。そのものを変えたら、それは自分が芸人に向いていないということやと思うから。でも、アプローチの仕方、表現の方法をわかりやすくすれば、多くの人に伝わります。


白井一幸

日本ハムファイターズの二軍監督になった私が取り組んだのは、育成方法の改革でした。ただ、育成の対象としたのは、選手というより指導者であるコーチたちです。長年一軍が低迷しているチームを強くするには、二軍の指導方法から変えるしかないと考えたのです。


ページの先頭へ