名言DB

9425 人 / 110833 名言

吉楽裕の名言

twitter Facebook はてブ

吉楽裕のプロフィール

吉楽裕、きちらく・ゆたか。日本の経営者。美容室チェーン「11cut(イレブンカット)」を展開する「エム・ワイ・ケー」社長。中央大学商学部卒業。家業の魚屋経営、鮮魚チェーン専務などを経て、52歳でエム・ワイ・ケーを設立。

吉楽裕の名言 一覧

チームワークを活かせば、一人で得られる何倍もの成果を得ることができる。


試行錯誤の積み重ねをしていく中で、イレブンカットの評判が広まり始め、お客様に来ていただけるようになった。


イレブンカットではチームワークで業務にあたります。髪を切って接客する人がいて、裏でマネジメントする人がいて、それぞれが自分の強みを活かす。そうして組織で動くことで、一人では成し得ない成果が得られることを全員で学んでいきます。


現代の美容室に行く人たちが求めているのは「確かな技術で、安く、早く」です。自分たちは市場のニーズはどこにあるのかというところから考えたので、イレブンカット独自のシステムを見つけることができました。


ある美容雑誌に、客が美容室に不満を感じているワースト5は「値段が高い」「時間がかかる」「予約が面倒」「メニューが多すぎる」「商品を売りつけられる」と書かれていた。この反対のことをやればうまくいくのではないかと思った。


女性の社会進出が進み、情報化社会の到来で、女性が美容室にお金をかけなくなった。これまでの美容室ビジネスのモデルチェンジが求められていた。目指したのは生活必需品としての美容室。


イレブンカットではプラス1をビジネススキルとか、社会的技術という表現をするのですが、(美容師の)技術だけではなくマネジメントもできたり、人材教育ができたり、自分なりのプラス1があれば、それだけで他の美容師より魅力的になると思います。そうすれば、技術だけの競争とは別のところで生き残れて、何歳になっても美容師を続けられます。


イレブンカットの語源は、もっと工夫を、もっとサービスを、もっと思いやりを……と、「もっともっと」をプラスしていく美容室にしたいという思いから、プラス1プラス1のイレブン「11」にしたんです。イレブンカットは美容師としての技術だけでなく、プラス1の「自分の強み」を身につけられる、これが最大のメリットだと思います。


初めはお客さんがこなくて。ものすごく安い料金が逆に周囲の反応を悪くしていたんですね。「あんなに安くて技術は大丈夫なのか」って。そこで、まずは来てもらって体験してもらわないとイメージが払拭できないと考えて、「タイムサービス 先着10名様 カット500円!」っていうのをやりました。魚屋がオープンする時の「鮭1本500円!」と同じ発想です。そうしたら、当日に10名のお客様が店頭に並んでくれていたんです。


魚も人の髪型も同じものはない。職人が自分で判断できる裁量が必要だ。


吉楽裕の経歴・略歴

吉楽裕、きちらく・ゆたか。日本の経営者。美容室チェーン「11cut(イレブンカット)」を展開する「エム・ワイ・ケー」社長。中央大学商学部卒業。家業の魚屋経営、鮮魚チェーン専務などを経て、52歳でエム・ワイ・ケーを設立。

他の記事も読んでみる

中川裕(経営者)

我々不動産事業の場合は、ホテルの運営会社や、外食事業者など、様々な分野の方々とつながりを持ち、価値を見いだしてもらえる取り組みを進める必要があります。時には、他の不動産会社やゼネコンとも連携する。その分、大きな責任があると思います。


児玉康孝

コンビニのような従来のFCは本部と加盟店が対立するという構造的な欠陥を持っていると考えています。消費期限切れのコンビニ弁当をめぐり、破棄を指示するFC本部と値引き販売で売り切りたい加盟店の利益相反などが、その事例として挙げられます。そうした本部と加盟店が対立するのではなく、共存する全く新しいFC事業モデルを当社は構築してきました。その結果、当社のFC事業の加盟店から脱退した方はほとんどいません。


ジャック・ドーシー

ツイッターにしてもスクエア(スマートフォンをカード決済端末にするサービス)にしても、我々の需要から生まれたものだ。ツイッターは「世界で起きている何か」を私が見たかった。スクエアは共同創業者でガラス職人だったジム・マッケルビーがクレジットカード決済を提供していなかったばかりに、作品を売り損ねたところから生まれた。


北川邦弘

資産運用を進めるに当たっては、自らの感情をコントロールすることが実はとても大事。失敗するパターンとしては、自分を抑えられずに過大な投資をしてしまう、逆に臆病になり過ぎてお金が減ることを極度に怖がってしまう。こうしたケースがとても多い。


磯辺剛彦

企業が追い風に乗っているとき、その成長をどうとらえるか。私は、成長は経営者がコントロールすべきものだと考えます。ある状況ではアクセルを踏み、違った状況ではブレーキを踏む。これも経営者の重要な役割。


青野慶久

そろそろ帰ろうというタイミングで、急に仕事を頼まれることもありますが断ります。無理して受けると「あの人はギリギリで頼んでも大丈夫」と思われて、また繰り返される。その姿勢を貫いていれば、やがて相手も変わってきますから。


鈴木喬(経営者)

よく、ヒット商品を生み出すにはどうすればいいのかと聞かれますが、やはり改良や改善といった従来の延長線上でいくら考えてもダメでしょうね。周囲が反対するぐらいの独創的な発想がないと、常識を変える新しい価値は生まれません。


庄野直之

営業は、窓口の担当者の人事評価が上がるような提案をしてあげなさい。


安藤百福

知的財産で事業を固めていても、新しい市場には必ず新規参入者が出てくる。異議申し立ての多いほど、その特許には実力がある。異議を退けて成立した特許はもっと強力である。発明したと思っていても世界では同じことを考えている人が3人いる。


中田亨

ミスの内容を書き連ねたミス防止ノートは、部下や後輩を指導する際にも役立ちます。気をつけなければいけないシーンがたくさん載っている業務の虎の巻です。渡すだけで、指導者としての評価が高まるでしょう。