名言DB

9419 人 / 110788 名言

吉村英毅の名言

twitter Facebook はてブ

吉村英毅のプロフィール

吉村英毅、よしむら・ひでき。日本の経営者。「エボラブルアジア」社長。大阪府出身。東京大学経済学部経営学科卒業。大学在学中にValcom(のちのエボラブルアジア)を設立。

吉村英毅の名言 一覧

常に新しい景色を見ていたい、というのが私のモチベーションです。ビジネスが拡大するにつれて変化していく景色を追求したい。


国内外の競合に対抗するにはスピード感が重要。


人生どう生きるか、ただそれだけ。1回しかない人生ですから、どんどんビジネスを拡大して、どんどん変えて、影響が与えられる範囲まで広げていきたい。


私は本が昔から好きで、いろいろな経営者の本を読みますが、やはり成功された経営者の方は基本的に尊敬しています。いろいろな経営の形はありますが、やはりすごいなと。


多くの会社が、ベンチャーで立ち上がって、最初は勢いよく伸びても、どこかで成長が止まることが多いと思うんです。とにかく成長が止まらない会社を目指していきたい。


元々は旅キャピタルという会社を創業し、オンライン旅行事業をスタートしました。その後、海外でシステム開発を行うITオフショア事業を開始し、「旅行に限定することがない社名にしよう」ということで現社名に変更をしました。


吉村英毅の経歴・略歴

吉村英毅、よしむら・ひでき。日本の経営者。「エボラブルアジア」社長。大阪府出身。東京大学経済学部経営学科卒業。大学在学中にValcom(のちのエボラブルアジア)を設立。

他の記事も読んでみる

鳥居正男

過去18年間、3社の外資系製薬企業の日本法人を経営してきました。その経験から言えば、会社の大小に関係なく、社員は常に一生懸命頑張ってくれています。当然のことながら、その担当の仕事に関しては社長より社員の方が効率的に遂行できます。ですから、いかに社員に仕事を気持ちよくやってもらうかに腐心しています。


小林弘幸

忙しい人に実践していただきたいのが、週に一日完全にアポイントをいれないフリーの日を作るということ。これは手帳術の極意。人生を成功させるコツのひとつです。毎日の仕事のなかでは、少しずつ取りこぼしが出てくるもの。一日余裕があればそこでリセットできるし、急な予定の変更や、イレギュラーの仕事にも対応できます。私だったら、急な手術や突然の取材の依頼など。ぎりぎりで「どうしてもお願いします」というものが必ず出てきます。もし予定をぎちぎちに組んでいたら、そこで全てのスケジュールが崩れて、焦りが出てしまう。スケジュールの崩れは心の崩れにつながります。週に1日自由に使える時間があることで、心に余裕ができる。どんなに忙しくてもカレンダーを見た瞬間に心が落ち着く。そうすると、ムダなストレスを抱えることもなくなります。


東平豊三

お客様のために力を尽くすほど、見返りが大きい。


おおたわ史絵

私は内科医ですから、外科医と違ってメスもなければ他の道具も持たず、患者さんを治療するための最大の武器は言葉です。いかに患者さんに心を開いてもらえるか。聞く耳を持っていただけるかどうか。患者さんに「この医者を信頼してみよう」と思っていただけないと治療は良い方向に進みません。


安藤文男

今までのビジネスモデルというのが、あらゆる産業で過渡期を迎えていると思います。ですから、我々のビジネスも従来のように、大きなシステム開発の塊を託されて、「あとはお願い」で済んでいた時代から、今後はITを活用して新たなビジネスモデルを創造していかないといけない。


福岡かつよ

研修依頼のお声がけいただいたら、最初に行うことは、組織の現状や悩み、そして最終的に目指すラインまで細かくお聞きした上で弊社が提案できる内容をご説明し、ご理解いただいた上で「本当に私どもでいいか」を改めて判断していただくことです。研修をすることは、組織にとって最も大切な人材をお預けいただくようなもの。最も重要な資産への投資をお任せいただくわけですから一分の齟齬(そご)があってもいけません。相互の信頼が成り立って初めて成果が生まれるからです。


北尾吉孝

才能はそんなに大きな差はなく、努力をするかしないかの方がよほど重要です。


和田秀樹

大きな仕事を与えられたら、チャンスだと思って、自分ができることから手をつけていけばいい。いまは自分から動かない人間に対して冷たいし、能力がないとみなされがち。とにかく動かなければ評価はしてもらえませんから。


岩佐琢磨

私はゼロから1にするのが好きなんです。ただ、大手メーカーはゼロを1にするどころか、1を10にするチャレンジもほとんどしません。いまはまだ需要がないけど、次にこんなものをつくったら面白いというところはベンチャーなどの外部に任せて、それが10になったら豊富な資金で買収して、100に育てようという戦略です。これはパナソニックだけでなく、ほかの分野でチャンピオンになっている大手企業にも共通の傾向だったと思います。


出原洋三

長期的に、しかもグローバルに考えて「ここまでもっていきたい」という明確な夢やビジョンがないと、大きな環境の変化の中では揺らいでしまいます。どの山に登るかがハッキリしていれば、「目指すのはここだ」と、あとについてくる人にいつでも言うことができます。