名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

吉村英毅の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

吉村英毅のプロフィール

吉村英毅、よしむら・ひでき。日本の経営者。「エボラブルアジア」社長。大阪府出身。東京大学経済学部経営学科卒業。大学在学中にValcom(のちのエボラブルアジア)を設立。

吉村英毅の名言 一覧

常に新しい景色を見ていたい、というのが私のモチベーションです。ビジネスが拡大するにつれて変化していく景色を追求したい。


国内外の競合に対抗するにはスピード感が重要。


人生どう生きるか、ただそれだけ。1回しかない人生ですから、どんどんビジネスを拡大して、どんどん変えて、影響が与えられる範囲まで広げていきたい。


私は本が昔から好きで、いろいろな経営者の本を読みますが、やはり成功された経営者の方は基本的に尊敬しています。いろいろな経営の形はありますが、やはりすごいなと。


多くの会社が、ベンチャーで立ち上がって、最初は勢いよく伸びても、どこかで成長が止まることが多いと思うんです。とにかく成長が止まらない会社を目指していきたい。


元々は旅キャピタルという会社を創業し、オンライン旅行事業をスタートしました。その後、海外でシステム開発を行うITオフショア事業を開始し、「旅行に限定することがない社名にしよう」ということで現社名に変更をしました。


吉村英毅の経歴・略歴

吉村英毅、よしむら・ひでき。日本の経営者。「エボラブルアジア」社長。大阪府出身。東京大学経済学部経営学科卒業。大学在学中にValcom(のちのエボラブルアジア)を設立。

他の記事も読んでみる

有馬裕一

今の自分があるのは、多くの幸運に恵まれた結果だと感じています。その一方で、幸運を呼び寄せるために相当の努力をしたという自負もあります。


秋元康

AKB48の人数が増えて、全員が歌ったりCDジャケットに写ったりテレビに出たりできなくなったとき、最初は僕が16人のメンバーを決めてたの。でもそのうちファンから「秋元はわかってない」という声が出てきた。だったらプロ野球のオールスターみたいに一年に一度、ファン投票で決めてもらおうって。
【覚え書き|AKB48総選挙を始めたきっかけについて語った言葉】


岡田光信

宇宙ゴミの回収方法についていろいろ仮説をつくって、世界中の専門家に意見を聞き、仮説を練り上げていきました。専門家に会うために、たぶん地球を3周はしたかな。その結果、ものになりそうなのが粘着剤でつかまえる方法でした。宇宙は真空なので粘着剤は蒸発すると考えられてきたんです。でも、よく調べてみると、粘着剤は高分子同士でくっついているので蒸発しないことがわかった。宇宙のエンジニアは電気工学や機械工学に強いのですが、化学の観点から考えると新しい発見がありました。


榊淳

お客様のデータを見れば細かいニーズが読み取れる。どうすれば施設の売上が上がるかを提案するのが我々の仕事の1つ。


山本遼(経営者)

不動産会社が高齢者を避けるのは慣習的なもの。変える余地はあります。孤独死に伴う空室や原状回復などのリスクがあるのは事実。でも大家さんが安心して物件を貸し出せるよう入居者の死亡事故を対象とした保険や保障の仕組み、事故を予防・早期発見する地域の見守りサービスとの連携を提案すれば、安心してもらえる。業界の慣習は捨てられるんです。


杉本宏之

少なくとも、仕事を始めて5年目、あるいは10年目くらいまでは、「仕事9、遊び1」くらいの割合で過ごすのがよいと思います。そうじゃないと、仕事面ではなかなか成長できないし、出世もおぼつかないでしょう。


千葉智之

たくさんの人に会っても、長い付き合いになる人はごくわずか。100人中1人かもしれません。その1人を増やすには、100人を増やして確率を上げるしかありません。初対面を繰り返すことで量より質の「いい人脈」が広がります。億劫だった初対面がいつしか楽しいものに。初対面のグッドサイクルが、本物の人脈の第一歩です。


井ノ上陽一

収入源が1つしかないから、失うことに怯えてしまう。収入減を複線化して、太くしなくてはと思った。

【覚え書き|独立当初を振り返って】


松井道夫

重要なことを考えるときには、自分をだまさないことも大切です。自分に素直になるといったほうがいいかもしれません。


小林大輝(小説家)

僕はあまり日本の小説が読めないんですね。その理由を、ちゃんと言語化はできないんですけど、とにかく読みづらくて。自分の読めるものを書こうと思ったら、こうなりました。


奥田務

経営統合のとき、「決してミックスさせてはいけない」と各担当者に伝えました。システム部門などの統合では、どうしても現場の担当者が、2社の長所を混ぜて「いいとこ取り」をしようとします。ですが業務運営やシステムは、ひとつの思想に基づいて構成されています。異なる思想で作られたシステムを、パーツごとに寄せ集めても、必ず破綻が生じてしまう。そうではなく、どちらを残すべきかを徹底的に議論し、まずは片方の方式を基に統合すること。そしてオペレーションが根づいた後で、捨てた方の良いところを修正して部分的につけ加える。これを大前提としました。


松尾静磨

当今は万事合理主義の時代になって、昔のような厳しい訓練がないので、いざという肝心なときに粘りがない。競技にしても、やれ向かい風が強かっただの、雨が降っていたのとコンディションのせいにするが、自分だけでなく相手も同じ条件でやっているのだ。日ごろの訓練が足りないから、とんでもない泣きごとを言ってしまうのである。