名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

吉村英毅の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

吉村英毅のプロフィール

吉村英毅、よしむら・ひでき。日本の経営者。「エボラブルアジア」社長。大阪府出身。東京大学経済学部経営学科卒業。大学在学中にValcom(のちのエボラブルアジア)を設立。

吉村英毅の名言 一覧

常に新しい景色を見ていたい、というのが私のモチベーションです。ビジネスが拡大するにつれて変化していく景色を追求したい。


国内外の競合に対抗するにはスピード感が重要。


人生どう生きるか、ただそれだけ。1回しかない人生ですから、どんどんビジネスを拡大して、どんどん変えて、影響が与えられる範囲まで広げていきたい。


私は本が昔から好きで、いろいろな経営者の本を読みますが、やはり成功された経営者の方は基本的に尊敬しています。いろいろな経営の形はありますが、やはりすごいなと。


多くの会社が、ベンチャーで立ち上がって、最初は勢いよく伸びても、どこかで成長が止まることが多いと思うんです。とにかく成長が止まらない会社を目指していきたい。


元々は旅キャピタルという会社を創業し、オンライン旅行事業をスタートしました。その後、海外でシステム開発を行うITオフショア事業を開始し、「旅行に限定することがない社名にしよう」ということで現社名に変更をしました。


吉村英毅の経歴・略歴

吉村英毅、よしむら・ひでき。日本の経営者。「エボラブルアジア」社長。大阪府出身。東京大学経済学部経営学科卒業。大学在学中にValcom(のちのエボラブルアジア)を設立。

他の記事も読んでみる

田中優子(江戸文化研究者)

経営者や上司は若手が聞きやすい雰囲気をつくる必要があるでしょう。目標だけ与えて、あとは放っておくのは、少なくとも今の時代には適しません。現代は大量生産・大量消費から、ソリューション事業にシフトしています。そうした時代には、モノを売るにしても、お客さんの相談に真摯に向き合いながら売る必要があるでしょう。顧客との対応は外に対するコミュニケーションですが、その姿勢は中、つまり職場にも求められます。職場の内外で、コミュニケーションを取りやすくする。これは企業が伸びていくためにも必要なことだと思います。


モンテスキュー

ほとんどの場合、成功するか、成功しないかは、成功に要する時間を、知ってるか、否かに等しい。


ビル・ゲイツ

一度決断したあとに再び同じ問題にこだわると、決断の実行の妨げになるばかりか、決断を下すことも躊躇するようになる。そもそも、本当に心が決まっていないなら、決断を下す意味などないじゃないか。


水尾順一

上司が部下を支援し、権限を委譲すれば、彼らは上司の顔ではなく、顧客の顔を見て仕事をするようになる。逆に、上司がトップダウンで「これをやれ」「あれをやれ」と命令すると、部下は「指示待ち人間」になってしまう。


和田裕美

他人をハッピーにできる人が好かれ、不快感を与える人が嫌われる。とても単純なこと。人から笑顔を引き出せるか、そこがポイント。


佐藤公平

企業が将来ずっと、社会に役立つものとして残っていくためには、個社だけ頑張ってもダメで、業界が変わり、業界のイメージから変わってもらわないといけない。


戸塚隆将

企画書の作成のような完成に要する時間が長い仕事でも、ただ後回しにするのではなく、先に5分だけでもやっておくのがコツです。少しでも手を動かすことで何が必要かが見えてきますし、その後、他の作業をしている間にアイデアがひらめくこともあります。


松本正義

BtoBが中心の研究は時間がかかりますが、未来の地図を思い浮かべて出口戦略を描かなければならない。


加瀬豊

会議に出席する際、十分に考えを練ってから会議に臨むべきです。厳選されたメンバーであれば、意見を持たないはずはありません。意義もあってしかるべきです。十分に議論を尽くしたうえでの結論であれば、当然実行に移すまでのスピードも速くなります。


所ジョージ

最初にウジウジ悩まずに、まずやってみる。いろいろ手を出す。それだけで毎日を面白がれるようになりましたね。そうしたら、結果もついてくるもんです。思うほどついてきていないけど(笑)。


所ジョージ

自分がやること全部を光らせようとすると、人の意見に縛られる。「なによ、アレ」と言う人がいても結構! 駄目な部分も一杯あって、たまに光るでしょ、ぐらいのスタンスが一番です。


八塩圭子

私は何かを始めたら、結果にたどり着くことより、過程そのものが楽しいんです。大学院のときだって、いま思えば一緒に学んだ同士とのネットワークこそが、かけがえのないものだったし、日本酒の利き酒師や、ワインコーディネーターの資格も取りましたが、資格そのものより、新しい世界を経験したという気持ちが強かったです。