吉村英毅の名言

吉村英毅のプロフィール

吉村英毅、よしむら・ひでき。日本の経営者。「エボラブルアジア」社長。大阪府出身。東京大学経済学部経営学科卒業。大学在学中にValcom(のちのエボラブルアジア)を設立。

吉村英毅の名言 一覧

常に新しい景色を見ていたい、というのが私のモチベーションです。ビジネスが拡大するにつれて変化していく景色を追求したい。


国内外の競合に対抗するにはスピード感が重要。


人生どう生きるか、ただそれだけ。1回しかない人生ですから、どんどんビジネスを拡大して、どんどん変えて、影響が与えられる範囲まで広げていきたい。


私は本が昔から好きで、いろいろな経営者の本を読みますが、やはり成功された経営者の方は基本的に尊敬しています。いろいろな経営の形はありますが、やはりすごいなと。


多くの会社が、ベンチャーで立ち上がって、最初は勢いよく伸びても、どこかで成長が止まることが多いと思うんです。とにかく成長が止まらない会社を目指していきたい。


元々は旅キャピタルという会社を創業し、オンライン旅行事業をスタートしました。その後、海外でシステム開発を行うITオフショア事業を開始し、「旅行に限定することがない社名にしよう」ということで現社名に変更をしました。


吉村英毅の経歴・略歴

吉村英毅、よしむら・ひでき。日本の経営者。「エボラブルアジア」社長。大阪府出身。東京大学経済学部経営学科卒業。大学在学中にValcom(のちのエボラブルアジア)を設立。

他の記事も読んでみる

三枝匡

経営トップとしてどこまで我慢して見守るのか、どこでストップをかけるのか。40年近くあちこちでトップ経営者の仕事をやってきましたが、この判断だけはいまだに非常に難しい。そこでこそプロ経営者の腕が問われるような気がしています。


篠原菊紀

認知機能は歳を重ねるにつれ低下しますが、逆に、伸びる機能もあります。それが、「結晶性知能」です。認知機能には、「流動性知能」と「結晶性知能」の2つがあります。「流動性知能」は、短期的な記憶力、新しいルールの理解力、空間認知力、発想力など、新しいことに対処する力で、ワーキングメモリもこれに当たります。一方、「結晶性知能」は経験に基づく知恵や知識や経験のことで、これは経験を重ねることで伸びていきます。


小林昇太郎(コンサルタント)

従来は、収益や売上が大きいほど、いい企業とされてきましたが、今後は従来のやり方では収益は上がりません。企業規模に関わらず、市場に真の豊かさや幸せを提供できる企業が伸びると思います。


岸見一郎

よく思っている人や評価している人は、あまりそれを言葉に出さない。人は悪口をいうときのほうが声高になるもの。


金子靖代

厳しい声をいただくのは、お客様の期待の表れでもあります。もう店に行かないと思ったら、厳しい意見も言って下さらないからです。


中村繁夫

ポイントは「自分のスケジュールをオープンにしておく」こと。そうすれば部下は、「社長はこの時間は空いているな」ということがわかるので、連絡しやすくなる。


西澤敬二

私は物事をつらいとか、苦労といったふうにあまり考えないたちで、ヒトや物事に先入観を持たないし、好き嫌いもあまりない。


ピエール・ルメートル

読者は登場人物に自分を重ね合わせて楽しさを味わっていきます。だからまずヒロインに対して感情移入してもらう必要があった。その第一印象を次々に変化させることで、読者に作品の中を散歩してもらおうと考えた。


阿部観

クライアントと会ったら、やはり愛想のいい人のほうがいい。挨拶をちょっと大きな声でとか、それだけでも変わる。


深野康彦

意思の疎通は、「できることからはじめる」ということに尽きます。歩み寄りの第一歩としてすべきことは、本当に些細なことでいいのです。そのひとつが「一緒にご飯を食べる」こと。そんなのは当然だと思われるかもしれませんが、意外とできていないのが実情ではないでしょうか。食卓を囲めばお互いに無言ということはないでしょうし、子供の話や最近の出来事など、なんでもいいので、会話をしてみましょう。


松井道夫

私は社内の会議にはほとんど出ませんが、広告に関するものは別です。当社には営業というものがないので、広告のコピーを考えるのはひとつの営業行為です。これは社長の自分が考えるのが一番だと思うからです。


澤田貴司

新聞やネットの情報などは、浴びるように読んでいる。だが、すべて斜め読みなので、なんらかの意識や意図がなければ目の前を通り過ぎるだけだ。その中から自分にとってのお宝情報をキャッチするには、頭の中に「軸」が必要だ。たとえば1年後、3年後、10年後のファミリーマートの姿を徹底的に考えてみる。組織をどうするか、ダイバーシティを重視すべきか、高齢化社会でコンビニが果たす役割は何かなどといった具合に大きなテーマが次々と浮かぶ。そうして延々と考えていると、互いに関係ないように思えていたものごとが、やがて収斂していく。それが「軸」となり、目の前を通り過ぎるはずの情報をキャッチできるようになるのだ。


吉野聡(産業医)

面と向かってはいいにくいことも、メールだと言いやすく、攻撃的になる場合もあります。表情や音声が読み取れないやりとりは、誤解が生じやすく、トラブルも起きやすい。間接的なコミュニケーションが多いほど、イライラが増幅しやすい。


片田珠美

上司の思い込みで「おまえはちゃんとお客様に足を運ばないからダメなんだ」と頭から決めつけてはいけない。必要な情報を集め、データを見せながら「君の営業成績は他の人に比べてあまりよくない。それはどうしてだろう」と質問形式で進めていく。そのやり取りの中から原因と打開策を本人に気付かせるのである。


澤村諭

近年、人類のサステナビリティにかかわる地球規模の社会問題が相次いで浮上してきました。その多くは、従来の考え方や過去の技術の延長では簡単に解決することはできません。こうした状況の中で、企業が果たすべき役割も変わるべきだと思っています。半導体・電子部品メーカーのロームは、「省エネルギー」や「小型化」の技術を追求しながら、様々な形で社会に貢献するつもりです。


ページの先頭へ