名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

吉村篤(不動産)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

吉村篤(不動産)のプロフィール

吉村篤、よしむら・あつし。日本の不動産投資家、宅地建物取引士。「フラクタル」社長。埼玉県出身。不動産会社勤務などを経て独立。著書に『空き家の再生 「利殖」と「資産防衛」の投資術』。

吉村篤(不動産)の名言 一覧

低収入の家庭や高齢者、社会的弱者と呼ばれている層にも貸し出し可能な家賃設定の物件も多いですから、生活保護受給者の方にも住んでいただけたらと思っています。その場合、家賃は自治体からの支払いになりますから、家賃が支払われないリスクはありません。オーナーが安定収入を得られる一方で、住む場所に困っている人を救出できる、オールハッピー法則のビジネスモデルです。


通常の7割程度の金額でリフォームできる業者と提携しているため、総額を安く抑えることができます。ただし、低コストだけを重視しているわけではありません。オーナー側からも入居者側からも選ばれる物件にするために、費用対効果を考えつつ適切なリフォームを実施します。安く仕入れ、リフォームコストを抑え、入居者に安く借りていただく。これが、9~14%という高利回りを実現できる理由です。


私自身、23年間不動産業界で働いてきて、個人でも様々な不動産投資を実践してきました。その中で最も投資効率の高い方法としてたどり着いたのが、この方法(築古木造戸建てへの投資)でした。木造の戸建てに投資する利点は、築22年という減価償却期間を終えると価値が急落する点。安価になった古家をリフォームして貸し出すと、初期投資額を抑えられるうえに回収期間が早いのです。また現在、全国の空き家率は増加の一途をたどっており、平成25年においては空き家数が820万戸、空き家率が13。5%となっています。空き家の再生は、この問題を解決する意義もあるのです。


不動産投資をするなら都心・駅近が良いと思う方は多いでしょう。ですが、都心は競合がひしめき合う地域のため、入居者を確保するのが難しい場合もある激戦区です。賃料を高く設定できる代わりに、空室リスクも覚悟しなければならないのが、都心の不動産投資事情です。一方で当社が手がけているのは、千葉県や埼玉県などの東京近郊で、平方キロメートルあたりの人口密度が1千人前後の地域最安値圏。競合他社が最も参入しづらい地域であるうえに、家賃設定は近隣のアパートの2LDKや2DKタイプとほぼ同額です。同じ家賃で戸建てが借りられるため、とくに家族連れの入居者が長期にわたって住んでくれるメリットがあります。


10年以上住んだ入居者には毎月の家賃を1万円下げることをオーナーに推奨しています。それでも高利回りが実現可能で、入居者に住み続けてもらうことで空室リスクを免れることができるのです。入居者に長く住んでもらうことはオーナーにとって、家賃収入が確実に入ってくることと共に、初期投資額の回収時期が見えるという利点もあります。目標の利益金額まで貸し出してから、住み続けたい入居者に安く譲る場合もありますし、新築に建て直して当社が分譲販売することもできます。この出口戦略の練りやすさは、古家投資ならではです。


吉村篤(不動産)の経歴・略歴

吉村篤、よしむら・あつし。日本の不動産投資家、宅地建物取引士。「フラクタル」社長。埼玉県出身。不動産会社勤務などを経て独立。著書に『空き家の再生 「利殖」と「資産防衛」の投資術』。

他の記事も読んでみる

堀場厚

グローバル化の時代、日本企業にはある強みがある。日本人は国や市場ごとの違いを正確に理解し、対応できる柔軟性を持つということだ。欧米でもアジアでも、普通の社員が現地になじめる。


郭台銘(テリー・ゴウ)

ライバル社に移籍しても構うものか。腐ったタマゴを産むニワトリは、場所や飼い主を替えても決してよいタマゴを産まないのだ。


似鳥昭雄

一生懸命仕事に取り組むことで自然に元気が出ますから、その意味では最大の健康法は仕事なのかもしれません。


古屋兎丸

ギャラが出る出ないとか全然関係なく、もう載っているだけでうれしくて。それより以前は、自分でお金を出して展覧会場を借りて、自分でダイレクトメールを刷って、それに比べたらタダで発表できているということのありがたさ。タダな上に、何千人、何万人という人が読んでくれているという、その感動というのはすごくありました。
【覚え書き|デビュー作がノーギャラだったことを振り返っての発言】


岡田康豊

ミドル世代に求められているのは、管理職も現場も任せられる経験豊富なプレイングマネジャー。35歳以上で転職を考えるなら、たとえ管理職であっても、自ら動き、課題を見つけ、解決する能力を保ち続ける姿勢が必要。


森稔

状況が変化すれば、それに合わせて微調整する必要はあるでしょう。しかし、志を見失って方向性まで変えてしまっては意味がありません。とくにリーダーはブレてはいけません。自分の信念や理想を貫いてこそ、リーダーたる資格があるのです。


杉本八郎

創薬のほとんどは失敗するのだから、挑戦しないよりはして後悔した方がいい。


上田準二

怖いと思うことから逃げるのもダメ。むしろ「怖いもの見たさ」くらいの心持ちの方がいい。その怖いところに自分も入れてもらいたい、という気持ちを持つことができれば、その組織の中で成長し、自分の希望していることも与えられるようになるはずです。


佐々木常夫

他人の気持ちは変えられないが、自分の気持ちは変えられる。


鳥越淳司

今は、何もしないでも商品が売れる時代ではありません。時には、常識を打ち破り、新たなニーズに応えなければなりません。


山崎富治(山﨑富治)

私が常日頃から強引なワンマン体制で下からの声を無視してきたならば、組合を作ろうとした社員たちを説得できなかっただろう。あの時点で労働組合が発足していたならば、山種証券は違った方向に歩き出していたかもしれない。何事も平素にあり。いつも必ず誰かが自分を見ている。日常の心がけが大切なのだ。私は生涯この言葉を肝に銘じていくであろう。


小林一雅(小林製薬)

商品の改善・改革はメーカーの使命です。