名言DB

9,502 人 / 112,123 名言

吉村拓の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

吉村拓のプロフィール

吉村拓、よしむら・たく。日本の経営者。中古投資用不動産売買仲介会社「パートナーズ」社長。千葉県出身。駒澤大学経済学部卒業。大手投資用不動産デベロッパー、アメリカ最大手金融機関、投資用不動産専門仲介会社などを経てパートナーズを設立。

吉村拓の名言 一覧

こんな時代だからこそ、原点に立ち返り、「人としっかり向き合う、寄り添う、提案する」という愚直な姿勢を積み重ねています。


社員が半期ごとに、自分自身との約束事を目標にすることで、自律的に業務へ携わるよう促しています。


創業以来突っ走ってきましたが、今年から経営スピードをさらに加速させます。今までの6年間は事業の基盤を堅実に固めてきて、新規事業を行うための機が熟してきたこともあり、今がまさに勝負どころです。


不動産投資を成功させる秘訣は、優良な物件を適正価格で購入することに尽きます。どんなに良い物件でも高値づかみしてしまえば、採算が取れません。我々は創業以来、培ってきた圧倒的な仕入れ力に自信を持っています。この強みを最大限生かし、顧客に良い商品、サービスをご提供しています。


11か条の企業理念を策定しました。「仕事は自分でつくれ」「仕事のご縁に感謝せよ」「愛する人のために働く」といった内容で、朝礼での唱和や理念カードの携帯を通じて、社員が理念を行動に落とし込めるようにしています。


むやみやたらな規模の拡大は追いません。どんなに業容を拡大しても、お客様に満足していただくという仕事の美学を大切にし続けます。そうすれば、景気に左右されない強固な事業基盤を築けるでしょう。


創業当初から一貫して業界未経験者や営業未経験者の獲得を進めてきました。教育担当者のつきっきりの指導が奏功し、入社した営業全員が着実に成績をアップさせています。社員育成には、「こいつのために」という愛情が欠かせません。


当社では、社員の人間力を徹底的に磨きながら仕事に取り組んでいます。営業全員がお客様に直筆でお礼状を書いて、感謝の意を伝えるよう徹底。契約管理業務に携わるメンバーも同様に、誠意を持ってお客様に接するなど、全員が顧客志向を貫いています。


ITが持つ可能性を駆使して、日本のみならず全世界へ向けて日本の優良な物件を紹介します。あくまでも日本の投資用不動産を軸に、ビジネスを大きくしていきます。この軸がブレることは決してありません。「不動産」かつ「お客様が十分なメリットを享受できる領域」で業務を拡大していくのが絶対条件です。


今後、日本でインフレが進めば、現金の価値が目減りする一方で、モノの価値は高まります。逆に借入金は実質的に目減りするので、不動産はインフレ対策として非常に優れた投資商品です。多くの方に是非知っていただきたい。


サービスの高度化に合わせて、人財の確保と教育が今まで以上に大切になります。いたずらに人数を増やすのではなく、我々の理念に共感できる方を、諦めずにしっかり育てることを貫き通しています。「企業は人なり」「人財が全て」です。最先端の技術、テクノロジーを取り入れつつも、最終的な顧客対応には人間力や営業力が必須です。これからも全社員一丸となり泥臭く仕事に取り組んでいきます。


吉村拓の経歴・略歴

吉村拓、よしむら・たく。日本の経営者。中古投資用不動産売買仲介会社「パートナーズ」社長。千葉県出身。駒澤大学経済学部卒業。大手投資用不動産デベロッパー、アメリカ最大手金融機関、投資用不動産専門仲介会社などを経てパートナーズを設立。

他の記事も読んでみる

坂戸健司

同じ仕事をしていても、ある人は結果を出し、ある人は出ない。その差はどこにあるか。1つは発見力の違いであることが多い。発見力が高いと、多くの人に見えていないものが見え、観察が鋭くなり、目のつけどころが変わる。結果、情報収集はもちろん、発想や問題解決、気配りなどといった様々な能力が高まる。


伊藤邦雄

危機に直面したとき、ほとんどの会社は身を小さくして凌ぐだけ。しかし、凌いだだけでは体力はつかない。耐えるだけでなく、同時に進化できるかどうか。


山西治男

文法にこだわるあまり、人前で話せなくなるのは日本人の悪い癖。前置詞や三人称単数現在の「s」などの細かい部分は後から勉強すればいいのです。


小久保裕紀

自分が何になりたいのか、どこまでの成績を残したいのか、夢に出てくるぐらいの強い願望は必須。


西任暁子(西任白鵠)

エピソード、具体的な事例なしに、エッセンスだけを抜き出した抽象論だけを話すと、聞いている人はイメージが浮かびづらく、身近な問題として実感しづらいもの。


大貫卓也

シャンプーという市場は、資生堂も含め大量のブランドが存在していて、トップブランドでもシェアが2桁に行くか行かないかです。他に例を見ない激戦が繰り広げられている領域なのです。そのなかで、「新商品をゼロからつくりあげ、しかも一気にトップブランドにする」というのは、なかなかハードなミッションでした。だからこそ、ほかのビッグブランドと同じ土俵で戦ってはいけない。そこで、トイレタリー(洗面用品)発想ではなく、化粧品的なシャンプーをつくることにしたのです。
【覚書き|資生堂TSUBAKIの商品コンセプトづくりからパッケージデザイン、広告まで携わったことについて語った言葉】


青木仁志

ともすればみんな有形の資産にばかり目を向けがちですが、会社経営で本当に大事なものは無形の資産です。人を育てるということは、マインド、ノウハウ、スキルを伝承することですから、どれも形にはならない、目には見えないものです。私の信条である誠実さも、感謝の念も、愛も、あるいは志も、熱意も、みな無形のものです。


松田丈志

できるだけ他のコーチや選手から学ぼうとしたし、久世コーチにも受け身の姿勢で接するのではなく、自分の意見を言うようにしました。そんなふうに変われたのも、1人で何もかも乗り越えてやろうというストイックさだけで競泳と向き合うことに、限界を感じていたからかもしれません。


荒川詔四

メーカーが「これは良い製品だ」といって提案してきたのが日本の成功モデルだったが、これからはソフトを組み合わせて、お客様に価値を認めてもらえるものをつくらなければいけない。そう考えて、コアになる我々のモノづくりを進化させていく。


吉村篤(不動産)

10年以上住んだ入居者には毎月の家賃を1万円下げることをオーナーに推奨しています。それでも高利回りが実現可能で、入居者に住み続けてもらうことで空室リスクを免れることができるのです。入居者に長く住んでもらうことはオーナーにとって、家賃収入が確実に入ってくることと共に、初期投資額の回収時期が見えるという利点もあります。目標の利益金額まで貸し出してから、住み続けたい入居者に安く譲る場合もありますし、新築に建て直して当社が分譲販売することもできます。この出口戦略の練りやすさは、古家投資ならではです。


眞保智絵(鳥海智絵)

転機になった仕事は古賀(信行)社長の政策秘書です。社長が何を必要としているかを考え、役立つものを用意するのですが、あらゆる場面を想定し、想像力を働かせることの大切さを学びました。トップの判断を間近に見ていたので、そのプロセスを学べたのは大きな経験でした。


名越康文

相手のペースに巻き込まれているなと感じたら、しっかり食事を取ることも大切です。人は胃袋が膨らむと、落ち着いて物事を考えられるようになります。上司や顧客に無理なことを振られたら、その場で返事をせず、親しい友人とおいしいランチを食べて考える。これが鉄則です。