名言DB

9413 人 / 110706 名言

吉村拓の名言

twitter Facebook はてブ

吉村拓のプロフィール

吉村拓、よしむら・たく。日本の経営者。中古投資用不動産売買仲介会社「パートナーズ」社長。千葉県出身。駒澤大学経済学部卒業。大手投資用不動産デベロッパー、アメリカ最大手金融機関、投資用不動産専門仲介会社などを経てパートナーズを設立。

吉村拓の名言 一覧

こんな時代だからこそ、原点に立ち返り、「人としっかり向き合う、寄り添う、提案する」という愚直な姿勢を積み重ねています。


社員が半期ごとに、自分自身との約束事を目標にすることで、自律的に業務へ携わるよう促しています。


創業以来突っ走ってきましたが、今年から経営スピードをさらに加速させます。今までの6年間は事業の基盤を堅実に固めてきて、新規事業を行うための機が熟してきたこともあり、今がまさに勝負どころです。


不動産投資を成功させる秘訣は、優良な物件を適正価格で購入することに尽きます。どんなに良い物件でも高値づかみしてしまえば、採算が取れません。我々は創業以来、培ってきた圧倒的な仕入れ力に自信を持っています。この強みを最大限生かし、顧客に良い商品、サービスをご提供しています。


11か条の企業理念を策定しました。「仕事は自分でつくれ」「仕事のご縁に感謝せよ」「愛する人のために働く」といった内容で、朝礼での唱和や理念カードの携帯を通じて、社員が理念を行動に落とし込めるようにしています。


むやみやたらな規模の拡大は追いません。どんなに業容を拡大しても、お客様に満足していただくという仕事の美学を大切にし続けます。そうすれば、景気に左右されない強固な事業基盤を築けるでしょう。


創業当初から一貫して業界未経験者や営業未経験者の獲得を進めてきました。教育担当者のつきっきりの指導が奏功し、入社した営業全員が着実に成績をアップさせています。社員育成には、「こいつのために」という愛情が欠かせません。


当社では、社員の人間力を徹底的に磨きながら仕事に取り組んでいます。営業全員がお客様に直筆でお礼状を書いて、感謝の意を伝えるよう徹底。契約管理業務に携わるメンバーも同様に、誠意を持ってお客様に接するなど、全員が顧客志向を貫いています。


ITが持つ可能性を駆使して、日本のみならず全世界へ向けて日本の優良な物件を紹介します。あくまでも日本の投資用不動産を軸に、ビジネスを大きくしていきます。この軸がブレることは決してありません。「不動産」かつ「お客様が十分なメリットを享受できる領域」で業務を拡大していくのが絶対条件です。


今後、日本でインフレが進めば、現金の価値が目減りする一方で、モノの価値は高まります。逆に借入金は実質的に目減りするので、不動産はインフレ対策として非常に優れた投資商品です。多くの方に是非知っていただきたい。


サービスの高度化に合わせて、人財の確保と教育が今まで以上に大切になります。いたずらに人数を増やすのではなく、我々の理念に共感できる方を、諦めずにしっかり育てることを貫き通しています。「企業は人なり」「人財が全て」です。最先端の技術、テクノロジーを取り入れつつも、最終的な顧客対応には人間力や営業力が必須です。これからも全社員一丸となり泥臭く仕事に取り組んでいきます。


吉村拓の経歴・略歴

吉村拓、よしむら・たく。日本の経営者。中古投資用不動産売買仲介会社「パートナーズ」社長。千葉県出身。駒澤大学経済学部卒業。大手投資用不動産デベロッパー、アメリカ最大手金融機関、投資用不動産専門仲介会社などを経てパートナーズを設立。

他の記事も読んでみる

戴正呉

シャープは現在、「Be Original.」というサブブランドを掲げています。これには2つの意味があります。一つは、創業者である早川徳次さんの起業精神を取り戻そうという意味。もう一つは、業界初、世界初の商品を生み出したかつての栄光こそがシャープのオリジナルであるという意味です。


岩田松雄

あまりにズバズバと上司に質問するのは気まずいという人もいるでしょうね。私が若い頃によく使っていた手は、こまめな報告をすること。仕事の途中で「現在こんな感じに進んでいます」と報告する。すると、もしも仕事のポイントがズレていたら「ちょっと違うよ」「頼んだのはこういうことだよ」と上司から修正が入るはず。結果として、質問したのと同じ効果が得られるわけです。報告をメールですれば記録が残りますから、後で上司に「こんなことを頼んだんじゃない」とひっくり返されるリスクも軽減できます。


田中良和(GREE)

会社とは業態を転換していくものです。グーグルは検索の会社ですが、今や世界最大のOSメーカー。アップルはPCメーカーから携帯メーカーになりました。昔はソニーというラジオの会社がやがてゲームや映画を手がけるとは誰も思わなかったでしょう。


ニケシュ・アローラ

長期的な成功を勝ち取るためには、やはり次世代の企業家を探さねばならない。


羽田圭介

「自分の進む道は、間違いではない」という自信は、たとえ経済的に恵まれなくても、自分を精神的に支えてくれる。


柿山丈博

一番厳しかったのは大学卒業時に会社を設立した時のこと。様々な可能性をよく考えたかったので、たくさんの経営者の方に話を聞いて回りましたが、全員が全員違うことを言うわけです。結局自分で決めなきゃいけないと理解して、自分で会社を運営することを選んだわけですが、当然資金が必要になる。そのために走り回ったのは相当な試練でしたね。当時は大分痩せました。


似鳥昭雄

以前は楽をするのが好きでしたが、誰かのためにと高い目標に向かって皆で努力する達成感を知ったあとは、たとえ休みがなくても仕事が楽しいのです。


塚本こなみ

経営に損益の分岐点があるように、人の心にも「感動の分岐点」というものがあると思います。それを超えたら涙するくらい感動する、というポイントです。ほんとうに感動すると人に話したくなるし、また来たいと思う気持ちが高まります。感動分岐点は人、そして業績を動かすポイントではないでしょうか。しかし、感動分岐点を超えるためには、どうしても「圧倒的」である必要があるのです。


青野慶久

睡眠不足だと頭が働かないため、重大な判断を迫られる局面ではとくにしっかりと睡眠をとることが大切です。


藤本秀朗

幹部が一堂に会して顔を合わせつつ、研修を行うこともできなくはない。だが、時代がどんどん変化するなかで、研修そのものに意味がなくなっているのではないかと私は思う。「皆さん、きょうの午後一時から研修があります。常務からお話があります」と言っても、真剣に話を聴いてもらえるはずがない。それよりも、トップみずからが旬の話題をとらえ、「これは○△君にとって、ちょうどいい機会だから話しておこう」と時機を逸せずに話して聞かせるほうが効果は高い。


熊坂隆光

社長に就任して以来、私が社員に言っているのは「IT時代でも新聞社はアナログが勝負だ」ということです。新聞社はIT産業の最先端技術を取り入れ、IT化が進んでいます。さはさりながら、アナログが最も大切な会社でもある。新聞づくりがIT化されたといっても、パソコンが取材をしてくれるわけではありません。パソコンが1軒1軒営業に回って「産経新聞をご購読下さい」とやってくれるわけでもありません。やはり記者が夜討ち、朝駆けをしたり、普段からつき合いのある取引先、役所、警察をまわってネタを取ってくる。営業マンにしても、ガード下の焼き烏屋で1杯やりながら、企業の広告担当者とコミュニケーションを図って広告を取ってくる。IT機器は、こうしたことを代行してはくれません。ですから、電子新聞の時代、IT化の時代といっても、新聞社の基本はやはりアナログなんです。


松岡修造

生き方の基本を自分主体においたうえで、組織の中では自分のポジションを理解して行動する。良い仕事をしていくには、これが一番大事だと僕は思っています。


大山健太郎

本を読んだり勉強したりしたことは、そのときは覚えていても、半年もすれば忘れてしまいます。それよりも、「なぜ?」「どうして?」と疑問に思ったことを自分なりに考えて、突きつめていくほうが深く残ります。日頃の興味関心が引き出しを増やしてくれます。


小路明善

私だって、これまでのビジネス人生を振り返ると、成功と失敗は51勝49敗といったところじゃないでしょうか。一勝でも勝ち越すことが大切だと思っています。


デイビッド・セイン

日本人がよく使うけれど英語にはない表現について。「お疲れ様です」「お世話になっております」などがそうですね。日本では礼儀として、失礼のないように行う挨拶の表現が、ネイティブ圏にはないんです。なぜかというと、アメリカやヨーロッパは人の移動が多いという歴史的な背景があり、失礼かどうかということよりも、安全な人間かどうかということのほうが大事になるからです。だから、HiとかHmとか、表現は何でもいいので、目が合ったら常に、怒ってないよ、安全だよ、という合図を送ること自体が大切なのです。ぜひ、これも実践してみてください。